食べている感覚がないって、どんな食べ物なんだろう?興味津々です。

女優・タレントの影山優佳(22歳)が、4月7日に放送されたスポーツ番組「ABEMAスポーツタイム」(ABEMA)に出演。大好物を明かし、それは「食べている感覚がない」と語った。


番組はこの日、ドジャース山本由伸投手には、日本のプロ野球時代からの専属シェフがMLBでも帯同していることを紹介。食事管理を徹底する山本投手の“食”にまつわるクイズを出題した。

「信じられない食べ方をするほど、大好物な食材は?」の問いに、影山は「アスリートなのに、糖質や脂質を摂りすぎているってこと?」と予想し、「ドーナッツ!」と回答。自信をのぞかせる影山だったが、正解は「イカ」。山本投手はお寿司屋さんで「とりあえずイカ10貫を注文」するほどの“無類のイカ好き”だった。

この流れで、影山にも大好物を質問すると、「もんじゃが好き。もんじゃゆっくりと無限に食べられるから止まらなくなっちゃう。食べている感覚がしなくないですか?」と返答。これに、元サッカー日本代表の槙野智章は「食べている気はするけどな…(笑)」とツッコミを入れた。


(出典 news.nicovideo.jp)

【【芸能】影山優佳が大好物明かす、それは「食べている感覚がない」】の続きを読む