芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優マ行 > 観月ありさ



    43周年も33周年もおめでとうございます!ありささんの歌声やパフォーマンス、これからもずっと応援しています。

     俳優の観月ありさ(47)が15日、自身のインスタグラムを更新。芸能活動43周年、歌手デビュー33周年となったことを報告した。

    【写真】惜しげもなく圧巻の美脚を披露した観月ありさ

     観月は満面の笑みを浮かべた自身の単独ショットを公開し、「芸能活動43周年!歌手デビュー33周年!迎えました〜」と報告。「これからも、新しい事に常にチャレンジし続け。ありのままのありさで突き進んでいきたいと思います」とつづり、「今年はもっと。 ファンの皆様とも近くでお会いできる機会を作れたらなと思っています」と語った。

     この投稿に「おめでとう」「相変わらず美しくてスタイルも抜群で最高です」「これからもずっとファンです」などの声が寄せられている。

    観月ありさ (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】観月ありさ、芸能活動43周年&歌手デビュー33周年を報告「ありのままのありさで突き進んでいきたい」】の続きを読む



    観月 ありさ(みづき ありさ、1976年12月5日 - )は、日本の女優、歌手、モデル。 東京都練馬区出身。ライジングプロダクション所属。明治大学付属中野高等学校中退。 4歳の頃からCMや雑誌などで子役モデルとして活動。 1989年にフジテレビ系で放送れた『教師びんびん物語II』の生徒役で連続ドラマ初出演。…
    71キロバイト (6,981 語) - 2024年2月19日 (月) 20:12


    観月ありさと小池徹平の共演、とても楽しみです!大胆なシーンにどんな展開が待っているのか、とても興味深いですね。

     俳優の観月ありさ高橋克典が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『離婚しない男』(後11:30)に出演することが決定した。

    【場面カット】ホテルで誘惑する藤原紀香

     同作は、漫画家・大竹玲二氏による漫画『離婚しない男』(講談社ヤングマガジンKC)が原作。鈴木おさむ氏による地上波連ドラ最後の脚本作品で、妻の不倫に気づかぬフリをしながら不倫の証拠を日々収集し、父親が親権を獲得するという困難な壁に立ち向かう男の姿を描くリコン・ブラックコメディー。

     観月はマサト小池徹平)が務める芸能事務所「ポールサニープロダクション」の社長・大洗美子を演じる。大洗は基本的にはシンガポールにおり、久しぶりに日本に帰国。大洗はマサトと綾香の不倫関係を知り「汚らわしい!」と大激怒。その際に、あるとんでもない行動でマサトを追い込む。“おさむワールド”全開の超過激なセリフも飛び出し、大きなインパクトを放つ。

     観月は、今回のオファーがあった際の心境を「鈴木おさむさんには、何度もお仕事でご一緒させていただき、とてもお世話なっておりますので、地上波連ドラ最後の脚本作にお声がけしていただいて、すごくうれしかったです」と振り返る。そして脚本を読んだ感想を聞かれると「まさにおさむワールドがさく裂といった感じで(笑)。筆が乗ってらっしゃると言いますか、『これも、あれも面白いかも?』とニヤニヤしながら書いている姿を想像しながら読ませていただきました」とコメント。

     また、小池徹平とはドラマ『おひとりさま』(2009年/TBS系)以来の共演となるが、「とても大胆なシーンでの共演となって…驚いています(笑)。でも小池さんは、何かを投げれば、きちんと受け取って投げ返してくださる方ですので、肩肘張らずに演技ができました」と語った。

     また「芸能事務所の社長という役柄ですので、威圧感がありながらも、堅苦しくならずに、面白さを追求して大洗美子という人物を演じられればと思っています。1話からアクセル全開ですが、引き続き楽な気持ちで…おさむさんもおっしゃっていましたが、ビールを片手に(笑)、楽しんでいただければと思います!」とアピールした。

     そして高橋は、離婚弁護士・財田トキ子の過去にまつわる、重要な役どころとして登場。「今回、鈴木おさむさんの地上波連ドラ最後の脚本作品ということで、何かご協力できればと思いました。出演させていただけることになり大変うれしく思います」と心境をコメント。ワンシーンのみの出演にもかかわらず、さすがの存在感を披露する。

    観月ありさ『離婚しない男』に出演決定(C)テレビ朝日


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】『離婚しない男』観月ありさが出演決定 小池徹平と「とても大胆なシーンで共演」 高橋克典も出演へ】の続きを読む

    このページのトップヘ