芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:旧ジャニーズ > Snow Man



    彼の安全が最優先です。

    「木を見て森を見ず」という言葉の意味を、ヒシヒシと感じられる現代。SNSやネット上での一部発言を見て、相手の人間性を理解した気になるのは、現代人が陥りやすい罠である。

    以前X上では、かねてよりネット上で問題視されていた「アイドルファンのマナー」に、一石を投じる投稿が話題となっていた。

    【関連記事】都内駅に現れた看板、初見殺しすぎる正体にギョッとした 予想外の「誕生秘話」に耳を疑う…

     
    画像をもっと見る

    ■昨日までなかった張り紙が…

    今回注目したいのは、アイドルグループ・Snow Manのファン(渡辺翔太推し)という、sさんが投稿した1件のポスト。

    「昨日までなかったけど今朝来たら張り紙が」という書き出しから始まる投稿には、駅ホームの写真が添えられており、同グループメンバーの目黒蓮を起用した『午後の紅茶』の広告が確認できる。そして、広告手前のホームドアには「お願い」と書かれた張り紙が…。

    代々木八幡駅

    こちらは「危険ですので撮影は点字ブロックより内側で行って下さい」と、注意を促す内容であった。

     

    関連記事:駅で遭遇した7文字の張り紙、完全に意味不明と思いきや… 「天才のアイデア」と称賛の嵐

    ■「たった1人」がマナーを守らないだけで…

    「推し活」という言葉が、世に浸透して久しい昨今。そのスタイルは人それぞれだが、推し活に限らず何事も、声が大きかったり言動が派手な人物が目立ってしまうのは世の常である。

    ネット上では、駅構内などに掲出された広告付近を陣取り、通行人の移動を妨げるように写真撮影に勤しむアイドルファン、アニメファンの様子がしばしば波紋を呼んでいた。

    そのため、アイドルファンやアニメファンに対して「マナーを守らず写真撮影をする集団」というイメージを抱く人も、少なからずいるのではないだろうか。

    これは非常に難しい問題で、当然全てのファンがそうしたマナー無き推し活(という名の迷惑行為)をしているワケではない。しかし、一部ファンの迷惑行為が「◯◯のファンはマナーが悪い」という全体への認識に繋がり、マナーやモラルを遵守するファン、ひいては「推しそのもの」の名誉を損なう事態へと繋がってしまうのだ。

    sさんも張り紙の内容を受け、「みんなルールを守って、運転の妨げにならないよう、駅や乗客の皆様に迷惑にならないように撮りましょう」「撮影禁止とは言われてないからね。ありがたいね。お仕事の邪魔にならないように応援しようね」と、丁寧に呼びかけている。

    同ポストには「推しの評価を下げないように気を付けたいね」「素敵すぎるから夢中になっちゃいますけど、ルールは守ってみんなで楽しみたいですね」など、共感の声が多数寄せられていた。

    代々木八幡駅

    そこで今回は件の張り紙が掲出された経緯や、現地の実態を探るべく、同駅を運営する「小田急電鉄株式会社」に、詳しい話を聞いてみることに。すると、驚きの事実が明らかになったのだ…。


    関連記事:GLAY、ファンの過激な迷惑行為を受け注意喚起 タクシー運転手まで…

    ■広告の「掲出前」からそんな事態に…


    話題の広告が掲出されているのは、東京渋谷区代々木八幡駅。同駅では2021年3月より日本最長(124m)の交通広告看板を設置し、大きな話題となっていた。

    今回の「お願い文」を掲出した経緯について、小田急の担当者は「ホームドアに寄りかかる、身を乗り出す、点字ブロック上に留まる、といった行為が散見されたため、全てのお客さまの安全確保等のため『お願い文』をホームドア内側、およびホーム端部に掲出することになりました」と説明する。

    なお、今回の『午後の紅茶』広告自体は4月28日より掲出されているものだが、広告のサイズが大きいため、22日の終電後から5日間かけ、張り替え作業を行ったそう。

    詳細な経緯について、小田急担当者は「張り替え作業期間の序盤から、お客さまが撮影されていた背景があり、『お願い文』は27日より掲出しています」と、補足している。

    張り替え時でもそれだけの反響があったのならば、張り替え完了後はどうなってしまうのか…現地の駅員らは不安を感じていたことだろう。

    取材を実施した5月13日時点でも「お願い文」は引き続き掲出されているほか、「ポスターの撮影は、列車をお待ちのお客さまやお並びのお客さまにご配慮をお願いいたします」といった注意喚起のアナウンスを実施しているという。

     

    関連記事:駅で遭遇した7文字の張り紙、完全に意味不明と思いきや… 「天才のアイデア」と称賛の嵐

    ■「ファンは推しの鏡」

    地方から遥々、今回の広告を見にやって来たというポスト投稿主・sさんは「本当に圧巻で、その場から動けなくなるような感動を味わいました」と、当時の心境を振り返る。しかし感動の一方で、一部ファンの迷惑行為にはモヤモヤを覚えてしまう。

    sさんは「まだファンになって日は浅いですが、目黒さんのお仕事へ向ける姿勢や思いに、胸を打たれる方が多いと、ひしひし感じています」「人一倍努力家で真剣にお仕事と向き合う目黒さんや、そんな目黒さんを起用してくださったキリンビバレッジさんに残念な思いをしてほしくない、今後も素敵なものをともにつくってほしい、何より『ファンは推しの鏡』であることを忘れたくないという思いで、今回ポストしました」とも語ってくれたのだ。

    前出の通り、駅ホームには様々な対策が講じられたが、それでもギリギリの位置から撮影したり、電車が来る直前までカメラを構える人物を目にしたという。

    そうした光景に対し、sさんは「目黒さんの看板をとても楽しみに来ているという思いはみんな同じはずなのに、険悪な空気感が漂い、残念な気持ちになりました。ただ、もちろんルールを守って撮影している方もいます。その方たちまで乗客、利用者の方々から悪く思われてしまうのだと思うと、とても悲しくなりました」と、心情を吐露している。

    他のファンへの風評被害も深刻な問題だが、sさんが何よりも懸念していたのは「撮影禁止」や「広告の取り外し」といった、鉄道会社側の対策だろう。

    代々木八幡駅

    こういった事例は他の界隈でも見られ、たとえばキャンプ場や川べりにゴミを放置する悪質なキャンパーが原因で、キャンプ場そのものが「封鎖」されてしまう…といった具合である。

    余談だが、漫画『ふたりソロキャンプ』には、こうした問題を的確に指摘した「自分たちの遊び場を自分たちで荒らして使いづらくするなんて馬鹿みたいじゃないか」という台詞が登場し、趣味を持つ人々に感銘を与えていた。

    今回の取材に際し、sさんが口にした「私たちの行為ひとつで推しの活躍の場が、増えたり減ったりすることを心に留めておかなくてはならないです。いつでも推しに、胸を張れるファンでいたいと思います」という言葉は全てのSnow Manファン、いや全ての「推しを持つ人々」の代弁と言えるだろう。

    駅ホーム内での撮影行為について、小田急からは「当社では本件に関わらず、駅務室を除く駅構内での写真撮影を禁止してはおりませんので、他のお客さまにご配慮頂き、安全を確保してマナーを守ったうえで、撮影をお楽しみ頂けますと幸いです」と、非常に懐の広いコメントが得られた。

    小田急の担当者は「ホームドアに寄りかかったり、身を乗り出したり、点字ブロックの上に立ち止まるようなお客さまがいらっしゃった際には、お声がけをさせて頂くこともございます。全てのお客さまに、安全で気持ち良く駅をご利用頂けるよう、環境整備をしてまいります」とも呼びかけている。

    大きな声を上げることや、全身でアピールすることでなく、いかなる時もマナーとモラルを守って応援する姿勢こそが「真の推し活」であることを、胸に刻んでおきたい。

     

    関連記事:ドアに挟まれた龍のイラスト、一瞬ギョッとするが… ポスター掲出の理由に思わず納得

    ■執筆者プロフィール

    秋山はじめ:1989年生まれ。『Sirabee』編集部取材担当サブデスク

    新卒入社した三菱電機グループのIT企業で営業職を経験の後、ブラックすぎる編集プロダクションに入社。生と死の狭間で唯一無二のライティングスキルを会得し、退職後は未払い残業代に利息を乗せて回収に成功。以降はSirabee編集部にて、その企画力と機動力を活かして邁進中。

    X(旧・ツイッター)を中心にSNSでバズった投稿に関する深掘り取材記事を、年間400件以上担当。ドン・キホーテハードオフに対する造詣が深く、地元・埼玉(浦和)や、蒲田などのローカルネタにも精通。

    目黒蓮の前に現れた警告、その理由にギョッとした Snow Manファンの悲痛な声に共感の嵐


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】目黒蓮の前に現れた警告、その理由にギョッとした Snow Manファンの悲痛な声に共感の嵐】の続きを読む


    目黒蓮のこれからの活動がどんな風に変わっていくのか楽しみですね。引き続き応援していきたいです!

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/03/07(木) 21:15:29.34 ID:7GtCEoru9
    2024年3月7日 20:50

    「Snow Man」目黒蓮が7日、インスタグラムを更新し、キリンビール、キリンビバレッジと直接契約を結んだことを明らかにした。

     SMILE―UP.(旧ジャニーズ事務所)のタレントは一連の問題を受け、スポンサーからCM出演を見直される事態になった。目黒は昨年6月からキリンの「午後の紅茶」のCMに出演していたが、一連の問題により一時、見合わせになっていた。

     キリンホールディングスはこの日、目黒と直接契約を結び、午後ティーのCMを継続すると発表。これについて目黒もインスタで説明した。

     以下、全文(原文ママ)。

    この度、キリンビールさん、キリンビバレッジさんとの直接契約をさせて頂くことになりました。
    少し長くなりますが言葉を受け取って頂けたら嬉しいです。

    昨年事務所の問題が起きてからキリンホールディングスの皆様には、この問題に対して本当に真摯に向き合って頂いておりました。

    話し合いを重ね、たくさんの厳しいお言葉、そしてたくさんの温かいお言葉を頂きました。

    この問題にしっかり向き合いながら僕を守ってくれて、たくさん寄り添って頂きました。

    事務所も、僕自身も何ができるのかをたくさん考えました。

    どういう結論になるかわからない段階のときに、すぐに手を離すことをせず十分考えて頂き、そして僕自身にもあたたかく直接向き合って頂いていましたので、僕自身も、全てを受け入れ向き合っていきますということをお伝えしました。

    キャンペーンに一度でも参加させて頂けただけで、自分の心には一生残る思い出になりましたし、僕のことを起用頂いたことへの感謝でいっぱいでした。

    それでも協議を重ねて頂き、この度改めてキリンビバレッジさんと、そしてキリンビールさんと直接契約に至ることとなり、本当に感謝しています。

    たくさんの考え方や、違う思いをお持ちの方々が多くいらっしゃるのも理解しています。

    ただ、キリンビバレッジさん、キリンビールさんは目をそらすことなくこの問題を受け止めてくださり、厳しく、温かく、僕に対してまで寄り添い続けてくださったことだけはお伝えさせてください。

    直接たくさんの言葉や考えを受け取って、問題としっかり向き合い、話し合い、何をすることが人権を守るということなのか深く考えてくださり、僕は本当に自分の心を守ってもらいました。
    今後もこれまで同様、キリンビバレッジさん、キリンビールさんとしっかりコミニュケーションを取っていきたいと思います。

    僕自身は信じてくださった方々の期待を裏切ることがないように、何事にもまっすぐ、一生懸命取り組みたいと思います。日頃から応援してくださってるみなさんにも本当に感謝しています。

    僕は常に自分らしく、自分を信じるということを大切にしています。
    自分にとって褒められたり良い言葉さえも、決して左右されないように、心を入れ過ぎない、心の平穏や力を、自分以外の誰かに頼ることは違うという考えがあるのですが、間違いなく、たくさんの声援が僕の心の支えのひとつになっていました。

    今後も僕にできることを、まっすぐ向き合って頑張っていきたいと思います。

    そして、どうか僕の心を支えてくれた午後の紅茶と、新しく生まれるキリンビールをみなさんにも愛して頂けたら嬉しいです。

    目黒蓮

    東スポWEB
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/294641

    関連スレ
    【SMILE-UP.】キリンHD、目黒蓮の広告契約は「継続起用」 問題に関与しないタレントに「人権を尊重する観点で悪い影響」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1709791212/

    【【全文】Snow Man目黒蓮がキリンとの直接契約発表 インスタに異例の1000字声明発表】の続きを読む


    Snow Manの目黒蓮くんが連ドラ単独初出演するということで、注目が集まっていますね!彼の演技力に期待しています。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/05/09(火) 04:59:32.53ID:X4VsMQQo9
    2023年05月09日 04:00

     Snow Manの目黒蓮(26)が連続ドラマ初主演を務める。7月期のTBS「トリリオンゲーム」(金曜後10・00)で「ドラマ化をきっかけにこの作品をもっとたくさんの人に共有して面白さを分かち合いたいです」と意気込んでいる。

     昨年、川口春奈(28)と共演したフジテレビドラマ「silent」が放送のたび、関連ワードがツイッターの世界トレンド入りするなど社会現象に。今田美桜(26)と共演した主演映画「わたしの幸せな結婚」(3月公開)も7日までに26億2000万円の興行収入を記録している“今最も旬な男”。連ドラではグループのメンバーらと主演したことはあったが、単独では初となる。

     同名漫画が原作で、性格が正反対である中学の同級生とともに起業。大企業からの妨害もはね返しながら型破りな方法で1兆ドル(トリリオンダラー)を稼いで、この世の全てを手に入れようと成り上がっていく。

     これまで好青年を多く演じてきたが、今作では天性の人たらしで底知れぬ野心家の“世界一のわがまま男”。今月中にクランクインする予定で、新境地に「自分自身と真逆のキャラクターなので、不安もありますが、ワクワクしています」と話している。

     公開中の映画「TOKYO MER~走る緊急救命室~」など多くの作品に引っ張りだこの俳優、佐野勇斗(25)と初共演。真面目で不器用なエンジニア役を演じる佐野は「僕自身は機械が苦手なのでタイピング含め、いろいろとガクに近づくために練習しています(笑い)」と懸命に役作りに取り組んでいる。勢いのある2人が大きな化学反応を引き起こしていきそうだ。(糸賀 日向子)

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/05/09/kiji/20230509s00041000002000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【【芸能】Snow Man目黒蓮 ついに!!連ドラ単独初出演 7月期のTBS「トリリオンゲーム」】の続きを読む


    Snow Manの初の4大ドームツアーが決定した。彼らは常に新しいことに挑戦しています。このツアーも彼らがどんなパフォーマンスを見せてくれるのかな。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/03/20(月) 20:32:38.88ID:6q9OOL6+9
    3/20(月) 20:30配信 スポニチアネックス

     Snow Manが初の4大ドームツアーを行うと20日、発表した。5月26~28日の京セラドーム大阪を皮切りに東京、福岡、名古屋の各ドームを回り、全10公演で46万人を動員予定。グループは単独でドーム公演を行うのも初となる。また、3枚目のアルバム「i DO ME(アイドゥーミー)」が5月17日に発売されることも発表された。

     ◆Snow Man(スノーマン) 09年に前身の「Mis Snow Man」が結成され、12年から6人組の「Snow Man」に。19年1月に向井康二、目黒蓮、ラウールが加入。20年1月に「D.D.」でCDデビューを果たした。ファーストアルバム「Snow Mania S1」とセカンドアルバム「Snow Labo. S2」はともにミリオンを達成しており、今作の売り上げにも注目が集まる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcd33d3034014d15f09fc4a430472dcf3deff080

    【【芸能】Snow Man 初の4大ドームツアー開催が決定】の続きを読む


    首位になる。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2022/12/15(木) 19:26:21.55ID:8iCADImt9
    2022-12-15 17:00 ORICON NEWS

     人気グループ・Snow Manの目黒蓮が、21日発売のファッション誌『ViVi』2月号(講談社)で発表される恒例企画「国宝級イケメンランキング 2022年下半期』において『NOW部門』で1位を獲得したことがわかった。

     本戦とも言えるNOW部門の1位に輝いた目黒は、Snow Manのメンバーとしても個人としても、バラエティー、歌番組、CMに雑誌のカバー、ネットニュースと、その名前を見ない日はないほど大活躍。これまで同ランキングで幾度となく2位にランクインしてきたが、下半期で最も話題となったフジテレビ系連続ドラマ『silent』(毎週木曜 後10:00)の好演もあり、ついに首位に輝いた。

     1位になった感想について「僕を好きでいてくれる人のイチバンでありたいので、うれしいです」と、どこまでもファン思いな目黒らしい温かい回答。そして、『silent』について「みなさんと一緒で、実は僕もドラマを見ながら泣いているんです(笑)」と恥ずかしそうに明かした。

     また撮影では、目黒初の1位にふさわしい最高のカットを撮るべく、入念にシミュレーションし、準備にいつもの時間の倍をかけたViViスタッフ。「よろしくお願いしますー!」と目黒がスタジオに入ってきて、カメラマンがシャッターを切るとモニターには、あまりに尊い姿が。その場にいた全員から、思わず「おおー!」と驚嘆の声がもれるほどで、最高に“イケてるカット”を連発した。

     結果、想定していた撮影時間の半分で終了。「さすが、目黒さん!」と全員が感動した現場となった。インタビューではドラマで共演している鈴鹿央士の印象や、Snow Manメンバーの国宝級な言動についても披露。仲の良さが垣間見えるほっこりエピソードが盛りだくさんとなっている。

     またスターの登竜門となっているNEXT部門(22歳以下が対象)では、俳優・鈴鹿央士が首位に。『silent』の人気ぶりを改めて伺わせる結果となった。そして“大人の色気”あふれるADULT部門(30歳以上が対象)では山田裕貴が2度目の1位を獲得し、見事殿堂入りを果たしている。

     NOW部門、NEXT部門、ADULT部門のランキングの2位以降は、『NETViVi』上できょう15日の午後9時に発表する。

    https://www.oricon.co.jp/news/2260722/

    【【芸能】Snow Man目黒蓮『国宝級イケメンランキング』ついに首位「僕を好きでいてくれる人のイチバンでありたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ