芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 泉ピン子



    「おしん」と「渡鬼」は泉ピン子さんの代表作品であり、彼女の演技力には本当に感銘を受けます。彼女の長いキャリアを振り返ると、一貫してプロフェッショナルな姿勢を持ち続けてきたことが伝わってきますね。

    イギリスのお茶の間で最も愛された大女優、“ノリー”ことノエルゴードンをご存知だろうか?世界で初めてカラーテレビに登場した女性であり、1960~80年代にかけて4,500話以上が放送された連続テレビドラマクロスローズ」の主人公、メグを約18年間にわたって演じた。さらに、司会を務めたトーク番組で女性として初めて英国首相にインタビューをしたレジェンドでもある。そんな英国テレビ界のパイオニア的存在のノリーだが、人気絶頂期に自身が看板であるはずの「クロスローズ」から突然の解雇通告を言い渡されてしまう…。

    【写真を見る】泉ピン子に森光子、山岡久乃といった往年の大女優を思いださせる、ノリーとは何者?

    イギリス芸能史に深く刻まれたこの降板劇と、そこから這い上がっていくノリーの姿を描くドラマシリーズ「NOLLY ソープオペラの女王」(全3話)がAmazon Prime Video チャンネルスターチャンネルEX」にて独占配信中だ。主演はイギリスを代表する演技派、ヘレナ・ボナム・カーター。大きな挫折を味わいながらも、それに屈することなく、大衆を味方に付けながら男性中心のテレビ業界に立ち向かっていくノリーを、時に感動的に、時にユーモアを交えながら演じていく。

    このドラマNHK連続テレビ小説おしん」(最高視聴率62.9%)や「渡る世間は鬼ばかり」(平均視聴率20.6%)などに出演し、ノリーと同じく国民的女優として人気を博してきた泉ピン子が鑑賞。実は「スターチャンネル」は開局以来の契約者であるほか、日頃から数々の海外ドラマを衛星放送やサブスクで観ており、お気に入りのドラマリアリティ番組、ドキュメンタリーなどを次々とあげるほど詳しい。そんな“海ドラ通”の泉に、本作の魅力、ノリーに共感したところについて語ってもらった。

    ■「ノリーには看板である自分を切ったら番組がなくなるという自負があった」

    イギリスでは知らぬ者はいないほどの大スター、ノリーが新たな道を見つけていく晩年の姿を描く「NOLLY ソープオペラの女王」。長寿ドラマシリーズクロスローズ」はノリーの主演作というだけでなく、長年にわたってスタッフキャストと家族のような関係を築いてきた思い入れの深い作品だった。彼女の栄光と苦悩に満ちた女優人生に様々な角度からスポットライトを当てて物語は進んでいく。

    本作について「いっきに観てしまいました」と語る泉ピン子。「ノリーが18年間も一つの役をやり続けていたことに、同じ女優として自分を重ね、見入ってしまいました。大変だっただろうな、同じ役をずっと続けていて飽きなかったのかなって(笑)」。

    泉は数々の代表作を抱え、特に名脚本家、橋田壽賀子の作品に多く出演してきた。なかでも、一世を風靡した「渡る世間は鬼ばかり」は全10シリーズで、2011年最終回後のスペシャルも含めると511回も続いた。そんな自身の経験を振り返りながら、ノリーに思いを馳せる。「私は『渡る世間は鬼ばかり』を33年やっていました。ノリーとは時代が違うから、『渡る世間は鬼ばかり』を撮っていない時には、2時間ドラマに出演したり、ほかの番組に出させていただいたりしていましたが、それでも橋田先生に『もう辞めたい』と言ったことがあります。『辞めたいから、(役を)殺してほしい』って(笑)。そしたら、『あなたの肩に何人の人間が乗っていると思っているの!』と怒られましたよ。まあ、それぐらい長くドラマを続けていくというのは大変なことなんです。だから、18年間も続けてきたノリーには、作品から看板である自分を切ったら番組がなくなるだろうという自負があったと思うんです。それが本当に切られたんだから、晴天の霹靂だったに違いないですよね」。

    ■「このドラマは1人の人間のプライドに関する物語であり、男性社会での女性の戦い方の見本を描いていると思います」

    ドラマは彼女が主演する「クロスローズ」の収録風景や上記の活躍の数々を織り交ぜながら、解雇されたことが国を挙げての大騒動になる様子も描かれている。業界の荒波をくぐり抜け、確かな地位を築いてきたノリーは大勢の国民に愛されていたこともうかがえる。泉は「このドラマは1人の人間のプライドに関する物語であり、男性社会での女性の戦い方の見本を描いていると思います」とコメントする。

    続けて、印象に残った劇中シーンエピソードをいくつか挙げてもらった。「ノリーは解雇を告げられると、テレビ局よりも先に新聞記者たちに自分の降板に関する情報を漏らします。あのシーンは痛快ですね。テレビ局といえば男社会。いまでこそ、“パワハラ”、“セクハラ”への対策が強化され、少しはマシになったとはいえ、まだまだ女性の立場は弱いじゃないですか。ましてや、ノリーの時代は完全に男社会でしょう?でも、彼女は決して黙っているのではなく、先手を打つ。自分から降板になったことを話すのは恥ずかしいしプライドもあるでしょう。でも勇気ある行動に出て、現場の苦労を考えることもなく偉そうにしている男たちをやり込めるところは小気味いいですよね。また、一般の人に混ざってバスに乗るシーンで、番組をバカにする、頭の固そうな中年男性をギャフンと言わせるシーンも爽快でした!しかも彼女が視聴者に心から愛されていたこともよく伝わる場面でもありましたね」。泉は“おしんシンドローム”の後、エジプトベトナム、北極など世界各国で「おしんマザー!」と声をかけられた思い出があるという。バスの乗客たちがノリーに親しく話しかけるシーンと重なるエピソードだ。

    ■「トニーはホントに良き友人。あのキャラクターはとてもいいですね」

    しかし、世間の声にプロデューサーたちが耳を傾けることもなく、ノリーは番組を降板され物語は進んでいく。その後、デビュー当時ミュージカル女優を目指していた彼女にとって原点である舞台に戻り、傑作ミュージカルジプシー」のステージにも立つが、目指していたウエストエンド(英国のブロードウェイ)には行けず、ほかの舞台のオーディションにも参加。そこには自分よりも年若い女優たちが、少しノリーを見下したように目を向けながら「どうしてドラマを辞めたのか」と聞いてくるなど、ノリーは60歳を過ぎてからの挫折も味わうことになる。ただ、そんな彼女に寄り添う親友や理解者がいる。

    ノリーは生涯独身であったことでも知られているが、「クロスローズ」の共演者である年下の俳優、トニー(オーガスタス・プリュー)、コメディアンラリー(マーク・ゲイティス)といった男友だちがおり、悩む彼女を支え助言を与えたりもする。泉はそうした親友たちの存在も見どころだと話す。

    「最初、トニーはただの運転手なのかと思っていたらドラマの共演俳優だったんですね。彼女のアパートメントの真向かいの部屋に住んでいて、窓越しにやり取りしたり、呼ぶとすぐに駆け付けたり、落ち込んでいたら励ましてくれたり。ホントに良き友人。あのキャラクターはとてもいいですね。アパートのロケーションもおもしろくて、よく探してきたなと思いました(笑)」。

    ■「古き良き時代のノリーの姿と多くの先輩方の姿が重なり、懐かしくなりました」

    ノリーが降板すると番組の人気も急降下。ノリーは行く先々で、「なぜ辞めたのか」と訊ねられては「わからない」と答えるシーンが何度も差し込まれる。そして視聴者からテレビ局への非難の電話や投書が殺到するシーンも映しだされるなど、ノリーの女優としての運命は一体どうなるのか?と最後まで目が離せない展開が続いていく。

    本作は80年代という時代設定で、レトロファッションインテリアなども見どころとなっている。そんななか、赤い髪の毛に大きなサングラスと毛皮のコート、そして愛車のロールス・ロイスに乗って登場するいかにも大物女優なノリー。一方で、一人暮らしの家で静かに暮らすつつましやかなノリーの日常も描かれる。その対照的な姿も魅力的で、泉も楽しんだそうだ。

    「ノリーが毛皮のコートをフワッと羽織る。あの瞬間、『私は女優よ』というか、ノリーにとって毛皮のコートが大物女優の象徴なんでしょうね。このような大女優って、昔はたくさんいらっしゃいましたね。劇中のノリーは60代前半なんですか?ノリーは日本で言えば森光子さんのような方だったのではないでしょうか。あるいは、山岡久乃さんもノリーのイメージと重なりました。そう言えば、ノリーが家で台本を開いて、セリフを覚えるシーンがあります。あれを見ていて、自分のことを思い出しました。橋田先生の台本は、長ゼリフが多くて覚えるのが大変で。私は自分のセリフを抜き書きして覚えていたんです。それは森さんから教わった方法で、書いたものを持っておくと、何かお守りみたいにもなっていたんですよ(笑)」と懐かしそうに振り返る。

    「ノリーは、家に帰ると、一つ一つ部屋のスイッチを付けていく。あれは彼女なりのルーティンワークだったんでしょうね。また、ノリーの意外と質素な日常生活からは杉村春子先生を思い出しました。本当に、この古き良き時代のノリーの姿と多くの先輩方の姿が重なり、懐かしくなりました」。

    ■「このドラマの一番の魅力はヘレナ・ボナム・カーター

    そして、なによりドラマの魅力として泉が挙げたのが、主演女優ヘレナ・ボナム・カーターの存在。カーターと言えば、「ハリー・ポッターシリーズをはじめアクの強いキャラクターで知られるが、『英国王のスピーチ』(10)や、近年はドラマ「ザ・クラウン」で中年期のマーガレット王女を演じ、アカデミー賞ゴールデン・グローブ賞など数々の賞にノミネートもされてきた。

    「本当にこの作品のヘレナすごいと思います。50代になると、なかなか女優が活躍できる作品がない。きっとそれはハリウッドでも英国でもそうだし、日本だってそうです。そんななかで、50代のヘレナが役者人生を賭けてノリーを演じている。その底力が本当にすばらしい。このドラマの一番の魅力はヘレナ」と現在57歳のカーターを絶賛する。

    ■「ヘレナ・ボナム・カーターが本当に美しくてやり切ったというすばらしい表情を見せます」

    チャーミングでもあり、気軽に一般庶民から声をかけられる親しみやすさもある。一方で、女優としての矜持を守り、男社会に対しても信念を曲げない強さもある。そんなノリーをカーターは文字どおり体現しきっている。「クライマックスで、ノリーがふと振り返るシーンがあるんです。その時の顔は、もうノリーではなく、ヘレナ・ボナム・カーター自身の顔です。本当に美しくてやり切ったというすばらしい表情を見せます。ぜひ、そのシーンを見逃さず最後まで楽しんでみてください」。

    こう言ってインタビューを締めくくった泉。羽織っていたルイ・ヴィトンコートを取材スタッフが「ステキですね」と伝えたところ、「女優ですもの!」といたずらっぽく微笑んで立ち去った。

    ノリーは日本にとってはあまり馴染みのない人物かもしれない。しかし、このドラマで彼女が歩んできた道程は現代社会にも通じるところが数多くあり、様々な理由で理不尽にさらされている人々の共感をさそう。演じたカーターの熱演にも注目しながら、「NOLLY ソープオペラの女王」を楽しんでほしい。

    取材・文/前田かおり


    「NOLLY ソープオペラの女王」の魅力を日本の国民的大女優、泉ピン子が語る/撮影/杉映貴子


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】「おしん」「渡鬼」泉ピン子が英国の伝説女優に重ねた生き様「長くドラマを続けていくというのは大変なこと」】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/02/06(月) 13:23:51.76ID:I2n1advg9
    2/6(月) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL

     今春TBS系で放送予定なのが、人気脚本家の故・橋田壽賀子さん(享年95)の追悼スペシャルドラマ「ひとりぼっち ー人と人をつなぐ愛の物語ー」。

    「渡る世間は鬼ばかり」で橋田さんとタッグを組んできた石井ふく子(96)プロデューサーが担当するが、出演者に故・橋田さんと石井プロデューサーの寵愛を受けていた泉ピン子(75)の名前が見当たらない。このことから、ピン子がドラマ業界から消えるのでは、という声が関係者から上っている。

    「追悼ドラマの主演はジャニーズ事務所の嵐の相葉雅紀(40)と発表された。他の役者はまだ、発表されてませんが、相葉の相手役に上戸彩(37)。脇を固めるのは、『渡る世間は鬼ばかり』のメンバーだった角野卓造(74)、中田喜子(69)、藤田朋子(57)。それに、えなりかずき(38)。ナレーションは石坂浩二(81)の予定です。渡鬼を支えてきた泉ピン子の名前がないのは、昨年、橋田さんの死を冒涜するようなピン子の言動が影響したとしか考えられない」(ドラマ制作関係者)

     橋田さんは昨年4月4日未明に、静岡県・熱海市の自宅で急性リンパ腫で死去。生前,故・橋田さんを“ママ”と呼んで慕っていたピン子は、その最期を看取ったとコメント。6月2日には、自身が主演の朗読劇「すぐ*んだから」の記者会見で、故・橋田さんの葬儀費用が35万円と激安で執り行われたと発言。

    ■ミソをつけた橋田さんの遺骨問題

     さらに「火葬場で特別に分けてもらった」と言う遺骨の一部を海に海洋散骨する計画を話し、その後、事務所を通じて海洋散骨したとマスコミに報告している。

    「ピン子の言動について、橋田さんが設立した『橋田文化財団』の関係者が『週刊新潮』で『35万円と言う葬儀費用は正しくない。泉ピン子さんがお骨を持っているかどうかはわかりませんが財団側から差し上げたことはない』と証言。記事では、“飛鳥Ⅱの横浜・神戸クルーズでピン子は何をまいたのか。魚の骨か”と疑問を呈した」(芸能ライター)

     ピン子はこの報道に「一部遺骨を火葬場に特別に分けてもらった」と否定。「年寄りをいじめて楽しいのか?」と世間の同情を買った。

    「ピン子がいくら否定しても、彼女を知るドラマ関係者は財団の言っていることが正しいと思ってます。ピン子としては美談のつもりで、情報をマスコミに提供したようですが、反対に故・橋田さんの死を冒涜した結果になった。石井プロデューサーはピン子の言動を無視できなくなった」(前出・ドラマ関係者)

    「追悼ドラマに、えなりかずきもキャステイングに予定していた。ピン子は親しい和田アキ子のラジオ番組で、えなりを“あのガキ”と罵倒したこともあり、ドラマ関係者は二人の共演はNGと判断。ピン子はキャステイングされなかったんです」(前出・芸能ライター)

     ピン子の直近のドラマ出演は、昨年7月から9月にかけて放送されたNHKの火曜ドラマ「プリズム」の2話のゲスト出演のみ。民放ドラマからはここ数年お声がかかっていない。

    「共演者がピン子の傲慢不遜な態度を敬遠するからです。残るはTBS系の和田アキ子の冠バラエティ番組『アッコにおまかせ!』の準レギュラーですが、昨年2月に同番組でジャニーズ事務所を退所した中居正広のことに触れて、以前、SMAPが解散したことにピン子が『仲が良かったら続いているわよね』と言った発言にクレームが殺到したんです。TBSとして怖くて使えないと、その後はほとんど出てません」(番組制作会社スタッフ)

     しゃべることが商売なのに、口は災いの元とは皮肉な話だ。

    (本多圭/芸能ジャーナリスト)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b6a62bdc7ccee34e21928ba1f76ae3e7d3395038

    【【芸能】泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ】の続きを読む


    語る。

    1 jinjin ★ :2022/08/01(月) 00:24:31.08ID:CAP_USER9
    泉ピン子語ったえなりかずきの“共演拒否”騒動への思い「悪口を言われても気にしない」


    『おしん』『渡る世間は鬼ばかり』など数々の国民的ドラマに出演してきた女優、泉ピン子(74)。
    “元気印”の彼女も古希を超え、さらに昨年、「ママ」と慕った橋田壽賀子さんを看取ったことで、自らの人生の閉じ方について考えるように。
    現在は8月4日から主演を務める朗読劇『すぐ*んだから』の準備に励むかたわら、自身の終活も進めている。

    (中略)


    そんななか、3年前に突如巻き起こったのが、このドラマで息子を演じたえなりかずき(37)との共演拒否騒動だ。

    「あれも、最初は橋田先生が雑誌で語ったことから始まったの。私が私生活まで立ち入って小言を言ったって? 私には、かずきでも誰でも、収録後に無駄話をしてる時間なんてなかったの。だって、次の橋田先生の長台詞を頭に入れるので、それどころじゃない。そもそもかずきとは、ここ何年も会ってないんだから。

    以前は役柄同様、子供のように思った時期もあったけど、今は向こうも、いい大人。だから、その考えることに、私からどうこう言うつもりはないし、悪口を言われても私は気にしません。

    みんな驚くけど、かずきだけでなく『渡鬼』の役者仲間の電話番号もほとんど知らない。数少ない親交のあった野村昭子さん(享年95)も7月に亡くなった*。30年も一緒にラーメン作るシーンを撮ってきて、もういいわよ。そもそも、仕事場には友達を作りに行ってるんじゃないってことよ」


    全文ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8999197cff185aed68243abb1c892ef344a9ae73?page=1

    【【芸能】泉ピン子、えなりかずきの“共演拒否”騒動への思い 「私からどうこう言うつもりはないし、悪口を言われても気にしない」】の続きを読む


    報告した。

    1 湛然 ★ :2022/06/17(金) 05:12:30.37
    泉ピン子、橋田壽賀子さんの散骨終えた…豪華客船で1時間かけ「先生は大好きな海に帰りました」
    2022年6月17日 4時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20220616-OHT1T51236.html?page=1
    散骨時に船内につくられた橋田寿賀子さんの「祭壇」

    (出典 hochi.news)



     女優の泉ピン子(74)が16日までに、公私に交流が深く、昨年4月に死去した脚本家・橋田壽賀子さん(享年95)の散骨を終えたことを明らかにした。

     ピン子は橋田さんと一緒に国内外を旅した豪華客船「飛鳥」に14~16日乗船。15日午前に約1時間かけて散骨を行ったという。「無事終わり、ほっとしている。先生は大好きな海に帰りました」と報告した。

     遺品の箸箱も持参し、乗船前からずっと涙が止まらなかったというが「これで気持ちの整理がついた。私の中の一周忌。(橋田との)手紙や写真を整理する覚悟ができた」ともコメント。橋田さんの納骨はすでに終わっており、少量の骨が海にまかれたようだ。

    (おわり)

    【【芸能】泉ピン子、橋田壽賀子さんの散骨終えた…豪華客船で1時間かけ「先生は大好きな海に帰りました」】の続きを読む

    このページのトップヘ