芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:旧ジャニーズ > SixTONES


    田中樹がサンジに似合っていると思ったけど、もしかしたら他のメンバーにも合うキャラがいるかもしれないね。

     6人組グループ・SixTONESの田中樹が、9日放送のフジテレビ系『ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV』(後3:30※関東ローカル)に出演する。大好きなキャラクターである『ワンピース』のサンジにふんした田中が、自分との共通点や、「SixTONESメンバーを『ワンピース』キャラに例えると?」など、ワンピ愛にあふれたトークを展開した。

    【場面カット】それぞれワンピースのキャラに扮したかまいたち、田中樹

     「週刊少年ジャンプ」史上初めての『ワンピース』地上波冠番組で、今回の企画は「芸能界悪魔の実」。前回ゲストの和牛・水田信二もサンジのコスプレをしていたが、そのあまりのクオリティーの高さに山内健司も「実写版でやれそうなサンジやん!」と絶賛する。

     まず、田中とサンジには2つの共通点があるというが、それは「女性に目がないこと」と、「マザコンっぽいところ」…とSixTONESメンバーの証言から明らかになった、気になる共通点の真相はいかに。

     「悪魔の実」企画では恒例の「好きなキャラベスト3」も発表。田中はメインキャラクターたちよりも“アウトロー”なキャラに魅力を感じるそうだが、トークを進めるうちに、好きなキャラが漫画のコマで描かれている立ち位置と、自分のSixTONES内での立ち位置にある共通点が浮かんでくることに。

     そして、SixTONESメンバーを『ワンピース』に登場するキャラクターに例えてみることに。まず、センターを務めるジェシールフィ。立ち位置だけでなく、底抜けの明るさをもっているところと、いざというときに頼りになるところがまさしくルフィにぴったりなんだとか。

     さらに、松村北斗は、物語の重要人物トラファルガー・ローの恩人でもあるコラソンチョイス。第一印象での近づきにくさとは打って変わって見せる、親しくなった人への表情やイメージの変化などが松村と似ているという。その他のメンバーたちを田中は何のキャラに例えたのか、そして、「200メートル先から歩いてきたのにその場にいる全員が振り向いた!」という、ある大先輩の覇気に驚愕(きょうがく)したエピソードも披露する。

    9日放送『ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV』に出演するSixTONES・田中樹 (C)フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】田中樹、SixTONESのメンバーを『ワンピース』キャラに例えると? “サンジ”コスプレも披露】の続きを読む


    田中樹さんのストイックな姿勢には、本当に驚かされますね。

    4月13日(木)に放送される「ダウンタウンDX」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)は、「クセ強芸能人のこだわりライフSP」。ゲストアンゴラ村長、風間俊介かまいたち沢村一樹SixTONES・田中樹、ティモンディ村重杏奈ら“クセ強芸能人”のこだわりライフVTRで完全再現する。

    【写真】風間俊介、あるこだわりを告白しスタジオメンバーを驚かす

    風間俊介「最初から最後まで見ないと気が済まない!」

    初登場の風間は、パソコンダウンロードバーを「最初から最後まで見ないと気が済まない!」といった癖を持ち、最長3時間ダウンロードバーを見ていたことを報告。さらに風間は「ダウンロードバーが戻ることもあれば、一気に進むこともある。その奇跡の瞬間はずっと見ていないと立ち会えない」と猛烈にアピールする。

    また、朝ギリギリまで寝るために「翌日の私服に着替えてから寝る」と話すアンゴラ村長にスタジオ一同が驚く中、田中が恐る恐る「自分もやっている」と手を挙げる。そして「僕もギリギリまで寝ていたいんですよ。マネジャーさんからの呼び鈴で起きるんです」と告白する。

    かまいたち・濱家隆一が窮地に立たされる!?

    「外で汚れた体をお風呂場で洗い流すといった考え方なんで…」という山内健司は、入浴後に少しでも外に出たら再度入浴するといい、近くのコンビニへの買い物はもちろん、玄関前の置き配ですら、ちょっと離れていたらアウトと話す。さらに山内は、温泉に行った際の他人には理解できない“クセ強”な行動を明かす。

    一方、濱家隆一は「『白ごはんに一番合う食べ物は?』といった永遠のテーマがあるじゃないですか。僕の中ではポテトサラダなんです。だから弁当の一番端っこにあるポテトサラダを白米に塗り込んで塗り込んで食べるんですよ」と解説。

    話を聞いた松本人志は「いやいや濱家、無理に話を作らんでもええよ」と苦言を呈し、さらに浜田雅功から「何回も見てんの?」と振られた山内の返答で、濱家が窮地に立たされることに。

    沢村一樹の酒のアテに浜田雅功も目が点

    続いて、沢村が五目チャーハンの具材をアテに飲酒することを再現VTRで知った浜田は「沢村、何あれ?」と質問。沢村は「お酒飲む時におつまみが欲しいんですよ。本当はスナックを食べたいんだけど、食べ過ぎは体に良くないのでチャーハンの具材を一つずつ食べるんです。それだけで2時間くらい楽しめるんです」と笑う。

    SixTONES・田中樹は「決まったものしか食べない」

    さらに、田中は「決まったものしか食べない!」と宣言。松本が「新たな店を開拓するとかないの?」と聞くと、田中は「怖いんですよ!」と即答する。

    浜田からも「期間限定メニューとかは食べるの?」と質問が飛ぶが、田中は「期間限定なんて食べないです。絶対。めちゃくちゃうまかったら定番メニューになっているはずじゃないですか!」と声を荒げる。それを聞いた山内も「いつも食べているメニューは勝ちが確定している」と激しく同意する。


    4月13日放送の「ダウンタウンDX」にSixTONES・田中樹が出演する/(C)YTV


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】SixTONES・田中樹の強いこだわりに山内健司が激しく同意 風間俊介は“奇跡の瞬間”に執着<ダウンタウンDX>】の続きを読む


    語る。

    モデルプレス=2022/12/04】SixTONESの松村北斗が、3日放送のラジオSixTONESオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送/毎週土曜よる23時30分~)に出演。新海誠監督の最新映画『すずめの戸締まり』で共演した女優の原菜乃華とのエピソードを語った。

    【写真】森七菜、松村北斗と初共演で下調べも情報掴めず

    ◆松村北斗、原菜乃華とのエピソード告白

    この日番組では、松村が原と舞台挨拶で全国を回った時のエピソードについてトーク。「俺と原さんって年齢が結構違うの。俺27歳なんだけど、原さん19歳とかだったはずなんだけど、だから会話が(人気マンガの)『HUNTER×HUNTER』っていう偶然好きなものが共通した話題しかなくて『なかなか距離の詰め方が…』なんて言ってたけど」と年齢差ゆえなかなか親しくなれない雰囲気があったのだという。しかし「全国回ってるうちに、結構仲良いというか、普通に話ができるようになってきた」と明かした。

    また「いい先輩でありたいなと思って」と年上としてかっこよく、リードできる先輩でありたかった松村。そこで、舞台挨拶前の取材などでは「グループ業、アイドル業ってさ取材って結構多いじゃん。だからちょっと生意気だけど、慣れてるかなって」と「原さんがちょっと言葉詰まったら、俺が先に答えるとか、ちょっと先に声出してみるとか、譲ってとか」と先輩らしい態度を意識していたのだそう。メンバーの田中樹からは「いい先輩じゃないですか、気の利く先輩だし」と褒められ、松村は「その日も先輩としても立ち振る舞いはしたわけ」と振り返った。

    ◆原菜乃華、松村北斗のラジオに興味津々

    その後、松村は「砕けた」と原と仲が深まり「松村さんってなんでそんなにトークというか、喋りが上手いんですか?」と聞かれたのだそう。「多分俺のこといい先輩として思ってるの」と嬉しそうに話した松村は「『松村さんのラジオを聴いたんです。マネージャーさんから面白いって聞いたんで。上手ですよね』って」と原がこのラジオを聴いてくれたと明かし「トークゾーンってあるじゃないですか?あれってどうやって作ってるというか、あれってその場で作ってるんですか?」と原が興味津々だったとも明かした。

    さらに、オチがわからないと面白さが半減してしまう回を聴いた原に「いい先輩像崩れたくない」という一心で「実はオチまで辿り着かないとわからない話なんですよ。オチまで辿り着かなかった、そっちの笑いに行ったのがあって…」とわざわざトークの流れの説明までしたと告白。しかし原の様子から、ラジオの仕事について原が詳しいのかもしれないと感じたそうで、「結局全部話したのね、オチまで」と先輩として尊敬してほしい一心で、最後まで長々と説明したとも話した。

    ◆松村北斗&原菜乃華、実は“同期”だった

    楽屋に帰ってからも「原さんが来てくれたの」と気遣いがあったと明かした松村は「そしたら原さんが、もしかしたら年末最後になる可能性があるので『お世話になりました』っていうのと、『トークとかで困った時に助けてくれた。本当にお世話になりました。助けられました』って」と原と彼女のマネージャーからも感謝されたという。「お礼に」と共通の趣味の『HUNTER×HUNTER』のグッズを贈られたことも明かした。

    結果として先輩らしい振る舞いに感謝をされた松村だったが、最後には実は「原さん子役からやってたから」「めちゃめちゃ同期だったんだよね」と、芸歴は同じぐらいだったという衝撃のオチも付け加えた。(modelpress編集部)

    情報:ニッポン放送

    Not Sponsored 記事】

    原菜乃華 (C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】「すずめの戸締まり」SixTONES松村北斗、原菜乃華からのプレゼント明かす “いい先輩”として振る舞うも衝撃のオチ】の続きを読む



    Z世代には信じられなかったかもしれない。

    アイドルグループSixTONESの森本慎太郎(25歳)が、8月13日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウン vs Z世代 ヤバイ昭和あり?なし?」(日本テレビ系)に出演。ネズミ取り器やハエ取り紙などの使用法を聞き、「昭和って何でも殺すんですか?」と驚いた。


    昭和生まれの世代には常識的だった出来事を題材に、昭和世代とZ世代で年の差トークを繰り広げる番組で、ネズミ捕り器やハエ取り紙などが紹介される。


    ダウンタウンら昭和世代の出演者が使い方を説明すると、若い世代の出演者には刺激が強く、驚いたり拒否反応を示す人も。

    SixTONES・森本が「昭和って何でも殺すんですか?」と驚くと、ダウンタウン松本人志は大笑い。浜田雅功が森本の頭をはたいてツッコミを入れ、昭和世代の島崎和歌子が「駆除、駆除」とマイルドに言い換えた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】SixTONES森本「昭和って何でも…」に松本人志大笑い】の続きを読む


    二刀流

    1 湛然 ★ :2022/07/17(日) 05:32:08.36ID:CAP_USER9
    2022.07.17 デイリースポーツ
    京本大我 タッキー副社長の“やっちゃいなよ”で座長&音楽「二刀流」ミュージカル
    https://www.daily.co.jp/gossip/2022/07/17/0015477659.shtml
    笑顔で製作発表会見を行った(左から)内海光司、新妻聖子、京本大我、真彩希帆

    (出典 i.daily.jp)



     SixTONES・京本大我(27)が16日、都内で行われた主演ミュージカル「流星の音色」(8月2~17日、東京・新橋演舞場。8月31日~9月4日、京都・南座)の製作発表会見に出席した。ジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明氏(40)が演出を手掛ける初ミュージカル作品で、京本自身も主演と音楽を担当。滝沢氏の“YOU、やっちゃいなよ”精神に背中を押され、座長と音楽の二刀流に挑む。

     大きな挑戦に、京本は身震いする思いだった。座長と音楽の二刀流。「自分にとっては珍しい経験。主演だけでなく音楽にも携わらせていただく。その分、思い入れも強いです」と力を込めた。

     約1年半前、滝沢氏と交わした何気ない会話が発端だった。「ミュージカルがやりたい」「音楽もやりたい」と願望を口にすると、かねてから京本の歌唱力や音楽センスを評価していた同氏は「やればいいじゃない」と後押し。恩師のジャニー喜多川前社長から受け継がれた“YOUやっちゃいなよ”の精神で実現した。

     テーマ曲は思いがけない形で誕生した。滝沢氏に「なるはやで」と要求されたといい「夜、家でお酒をたしなみながらピアノを触っていたらいい感じのワンコーラスができた。ボイスメモを滝沢君に送ったら『それでいこう』と決まりました」と京本。超速で出来上がった楽曲に、滝沢氏は「すごくピュアでまっすぐなメロディー」と絶賛。京本はメインテーマ曲を含む7曲の作詞作曲を担当し、作品の世界観を彩る。

     2人のつながりは深い。京本が初舞台を踏んだのは、滝沢氏が主演した「One!」。その後も「滝沢演舞場」「滝沢歌舞伎」シリーズに計7回出演し舞台人としての基礎を学んだ。また「高校生の頃、2世と言われるのが嫌という葛藤にもアドバイスをいただいたり。迷ったときはいつも導いてくれた」と感謝し「いつか滝沢君に恩返しというか、新橋演舞場で座長として帰ってこられたらという夢をぼんやり描いていた」と話した。

     そんな師弟コンビが繰り広げるのは、1年に1度だけ橋が架かる2つの星を舞台に、初めての恋と悲劇を描くファンタジー。京本は海の星の王子を演じる。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】京本大我 タッキー副社長の“やっちゃいなよ”で座長&音楽「二刀流」ミュージカル】の続きを読む

    このページのトップヘ