芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 安達祐実


    親としては難しいけど、やっぱり恋愛相談は友達や先輩に相談した方が良いかもね。でも娘さんの意見も大切にしてあげてほしいですね

    安達祐実

    12日深夜放送『EXITV!~FODの新作・名作をPon!Pon!見せまくり!!~』(フジテレビ系)に人気女優・安達祐実が登場。娘との「恋バナ」について赤裸々に語った。

     

    ■42歳でほぼ初挑戦?

    EXIT・りんたろー。と兼近大樹がレギュラー出演する同番組。今回は安達がゲスト出演し、主演を務めるドラマ『愛してるって、言いたい』の魅力を解説していく。

    「根性で這い上がる役が多かった」ため、今作はほぼ初となる恋愛ドラマ。「自分が恋愛をガッツリする役があんまりなくて、42歳にしてこういう役がくるのかと思って。スゴい恥ずかしかったですね」と撮影を振り返る。

     

    関連記事:山之内すず、現在の恋愛観を赤裸々告白 恋人よりも「マジ早く家族作りてぇ」

    ■恋愛感情を忘れて…

    プライベートでは2度の離婚を経験した安達は、「恋愛ってどうするんだっけ?」と迷ってしまうほど恋愛から遠ざかっていると苦笑。恋愛感情を監督から学びながら作品に挑んだと明かす。

    ときめいている顔とか恥ずかしいじゃないですか」と本音を漏らし、「恥ずかしがらない」ように芝居をしたと熱弁した。

     

    関連記事:矢吹奈子、HKT48卒業後の恋愛観を告白 「結婚願望はめちゃくちゃあります」

    ■安達と娘の恋バナ

    りんたろー。は「娘さんと恋バナとかしたりするんですか?」と質問。安達は「高2ですしね…多感な時期です」「恋バナめっちゃしますよ」と高校2年生の娘とは恋愛について語っていると告白する。

    母親というよりは女友達寄りで娘と恋バナをしているのだが、「私が育ってきた環境がやっぱ特殊だから、『ママの話は参考にならない』ってよく言われるんですけど」と言及し、兼近らは「賢いなー」「めちゃめちゃリアル」と爆笑していた。

     

    関連記事:シュウペイが仲良しのジャニーズと食事中に話すこととは… 「男子高校生みたいな」

    ■「娘が高2」に仰天

    「意外にウブ」な娘との恋バナや日常のやり取りを楽しんでいるという安達。

    視聴者は娘が高2という点に反応。「ええええ、娘さんが高2ーー? 驚愕なんですけど」「娘さん、高校2年生なの!? そんなに大きくなったんだ!! ビックリ」と驚く声が散見されている。

    安達祐実、高2の娘と恋バナするも辛辣な意見 「ママの話は参考にならない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】安達祐実、高2の娘と恋バナするも辛辣な意見 「ママの話は参考にならない」】の続きを読む


    26年ぶりの朝ドラ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/22(火) 08:58:30.53

    2/22(火) 8:15配信
    東スポWeb

    26年ぶりの朝ドラで演技下手の女優を演じる安達祐実

     NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演中の女優・安達祐実(40)がこのほど、同局を通じ、自身が演じる美咲すみれについてコメントした。

     子役のころから活躍する安達の朝ドラ出演は、1991年の「君の名は」、96年の「ひまわり」以来26年ぶり3度目。久しぶりの朝ドラに「日本中の家庭で朝の風景の一部となっていますし、私自身も日常で子どもが学校に行く準備を手伝いながら観ています。そういう国民的なドラマに出演できるというのは本当に光栄です。ふだん私が出演する作品について、あまり感想を言わない家族も今回は『すごいね!良かったね!」と珍しく反応してくれました」とにっこり。

     さらに「これまで私の作品をあまり観てこられなかった方たちや〝朝ドラ〟のファンの方々からもコメントいただいたりもして、その影響力に改めて驚いています」と話した。

     安達が演じるすみれはかつて、ヒット時代劇に出演し人気を博した女優という役どころ。努力家だが、報われないもどかしさを抱えて生きている。

     安達は「もろさが透けて見える人間像を作れたら、すてきな人物になるかなと感じています」と語った上で、「ただあまりお芝居が上手ではないという女優の役どころなので、かえって難しいですね。台本に『棒読みで』とあるのですが、どの程度の下手さで演じればいいのか、どこまでやればいいのか悩んでいます」と苦笑した。

     当の本人はすみれとは違い「めちゃくちゃ感覚派人間で、台本にはほぼなにも書きません」という。その理由について「面倒くさいからということではなく、初めて台本を読んだ時に、その時の自分が受けた印象や感情をそのまま表現したい、なるべく自分の中から自然に湧き上がる感情を大事にして演じたいからです。そうすることで、初めてその芝居をご覧になる方が見て感じる感覚と同じになるのではないかなと思っています。今のところは、それで痛い目にあってないのでこの方法でやっています」と明かした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df0bf4100c145b911bd37a16133377ad08c1119c


    【【芸能】安達祐実 26年ぶり朝ドラの役どころは「どの程度の下手さで演じればいいのか悩んでる」】の続きを読む

    このページのトップヘ