芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ナ行 > 仲間由紀恵


    『トリック』(英語: TRICK)は、テレビ朝日系列放送の日本のフィクションテレビドラマシリーズ。または同ドラマシリーズの映画化作品。シリーズ第1作は2000年7月7日から放送され、2014年公開の映画『トリック劇場版 ラストステージ』とスペシャルドラマTRICK
    74キロバイト (5,937 語) - 2024年3月3日 (日) 11:53

    (出典 sirabee.com)


    19歳であんな大役をこなしていた仲間由紀恵さんは本当に凄いですね。今後の活躍も楽しみにしています

    1 湛然 ★ :2024/03/13(水) 05:46:20.54 ID:gM1at5zz9
    仲間由紀恵、転機はあの名作ドラマ出演…ネットは当時の年齢に驚き「19歳!?」
    2024年3月12日 21時7分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20240312-OHT1T51260.html?page=1


     女優の仲間由紀恵(44)が12日、フジテレビ系「突然ですが占ってもいいですか?」(午後8時)に出演した。

     占った星ひとみは「19歳の頃に転機があった」と指摘。仲間は出身地の沖縄でスカウトされ、19歳だった2000年に放送が始まったテレビ朝日系ドラマ「TRICK」で注目を集めた。出世作とも言える作品に出会った年齢だけに、仲間は納得した様子。2002年に第1シリーズが放送され、人気を不動のものにした日テレ系ドラマ「ごくせん」については「大声を出して同世代の男の子たちをどなる行為が想像できなかった。無理して元気を出してやっていた。役に慣れるまでつらかったし、きつかった」と振り返っていた。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【テレビ】仲間由紀恵、転機はあの名作ドラマ出演…ネットは当時の年齢に驚き「19歳!?」】の続きを読む


    仲間由紀恵さんの演じる山田奈緒子が大好きで、毎週楽しみにしていました。「トリック」が終わると聞いた時は本当に寂しかったです。「えっ、終わるんだ」という気持ち、よくわかります。

    1 湛然 ★ :2023/11/18(土) 06:40:41.17 ID:8T6P302J9
    仲間由紀恵、代表作「トリック」への思いを語る「離れるのが本当に寂しくて…“えっ、終わるんだ”って」
    [ 2023年11月12日 22:42 ] スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/11/12/kiji/20231112s00041000726000c.html
    仲間由紀恵 Photo By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/11/12/jpeg/20231112s00041000347000p_view.webp


     女優・仲間由紀恵(44)が12日放送のTBS「日曜日の初耳学」(日曜後10・00)に出演し、自身の代表作である「TRICK(トリック)」シリーズについて語る場面があった。

     2000年からスタートした同作品。当時まだ21歳だった仲間だったが、ギャグやアドリブといった“むちゃぶり”に見事に対応し、コメディエンヌという新境地を開拓した。

     監督を務めた堤幸彦氏から「急に“えへへへて笑って”と言われて。意味が分からなくて、抵抗ありまくりでしたね」というが、徐々に感覚をつかんでいったという。

     「凝り固まった常識を壊してもらった作品で。離れるのが本当に寂しくて“えっ、終わるんだ”って思いましたね。あぁ、仕事だったんだって。毎日トリックのために生きてましたから」と、完結した際には大きな喪失感を味わったことを明かしていた。

    (おわり)

    【【テレビ】仲間由紀恵、代表作「トリック」への思いを語る「離れるのが本当に寂しくて…“えっ、終わるんだ”って」】の続きを読む


    仲間由紀恵さん、おめでとうございます!双子の男児を育てながら女優活動をされている大変さは想像に難しく、本当にすばらしいママですね。

    1 湛然 ★ :2023/05/12(金) 05:25:21.22ID:TQbbBEnr9
    仲間由紀恵ベストマザー賞 双子の4歳男児のママ「楽しくも慌ただしい日々」
    5/12(金) 2:00 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2023/05/12/0016341533.shtml
     育児の大変さを語る仲間由紀恵(撮影・伊藤笙子)

    (出典 i.daily.jp)

     「第15回ベストマザー賞2023」授賞式に登壇した(左から)丸田佳奈、登坂絵莉、仲間由紀恵、AI、綿矢りさ、ヨンア(撮影・伊藤笙子)

    (出典 i.daily.jp)



     女優・仲間由紀恵(43)が11日、「第15回ベストマザー賞 2023」の芸能部門に選ばれ、都内で行われた授賞式に出席した。

     双子の4歳男児のママである仲間は「母にしてもらって4年。楽しくも慌ただしい日々を過ごしています」と話した。2014年に俳優の田中哲司(57)と結婚し、18年6月に2人を出産。日々の育児や家事を振り返り「片付けたかった引き出しや棚が4年間そのまま。したかった家中の窓を掃除できたのは2回」と打ち明け、「やらなければいけないこともたくさんあって、子育てしながら仕事をしていくやり方の正解は見つかっていません」と苦笑した。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】仲間由紀恵ベストマザー賞 双子の4歳男児のママ「楽しくも慌ただしい日々」】の続きを読む


    仲間由紀恵さんが美容液のプロデュースをするとは驚きました!期待しています。

    仲間由紀恵

    女優の仲間由紀恵が20日、都内で開催された美容液「TENAL(テナル)」新商品発表会に出席。同美容液をプロデュースする上で大変だったことや、こだわった部分について語った。発表会には、医師でタレント友利新も登壇した。


    画像をもっと見る

    ■たくさんわがままを聞いてもらった

    友利新、仲間由紀恵

    医薬部外品の同美容液には、ナイアシンアミドとグリチルリチン酸ジカリウムの2つの有効成分や、豊富な保湿成分を配合。シワ改善・シミケア・肌荒れなどの肌トラブルに、この1本でアプローチできる。6日より、公式オンラインストアで販売されている。

    プロデュースをすることになった経緯を聞かれた仲間は「年齢を重ねてきまして…。ある時期から、使っていた美容液が合わなくなり、その後も他の商品を使ったんですけど、何も合わなくなって焦った時期があったんです。『もう肌がきれいになることはないのかな…』と悩んでいた時に、『美容液を作りませんか?』とお話を頂戴して、自分と同じ悩みを持つ方々の力になれたらいいなと思い、プロデュースをさせてもらいました」と話した。


    関連記事:「まつげ美容液」おすすめ3選 マスクで際立つ目元のケア

    ■自分がほしい美容液を追求

    仲間由紀恵

    「自分がほしい物を作りたい」という思いでプロデュースをしたとのことで「シワの改善やシミケア、コラーゲンを増やす成分を入れたかったので、ナイアシンアミドを入れさせていただきました。『効果がほしい!』と思って、いろいろとわがままを聞いてもらいましたね」と回顧。

    制作する上で大変だったことは「あまりない」とコメントし、「楽しく取り組ませていただきました」と笑顔を見せていた。

    ・合わせて読みたい→「目元用コンシーラー」おすすめ3選 クマやくすみを絶対見せない

    (取材・文/Sirabee 編集部・だい坊

    仲間由紀恵、美容液を初プロデュース 「効果がほしい」とこだわり語る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】仲間由紀恵、美容液を初プロデュース 「効果がほしい」とこだわり語る】の続きを読む


    相棒でも活躍する。

    1 湛然 ★ :2022/05/08(日) 06:49:23.90

    仲間由紀恵スペシャルインタビュー、ロングバージョン
    2022年5月7日 10時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20220506-OHT1T51242.html?page=1
    仲間由紀恵(カメラ・矢口 亨)

    (出典 hochi.news)



     2014年の「花子とアン」(吉高由里子主演)以来、8年ぶりの朝ドラ出演。仲間が生まれ育った沖縄が舞台で、今年は沖縄の日本復帰50年の節目でもある。

     「朝ドラはやはり特別ですね。仕事関係や沖縄にいる知り合いからも『見てるよ』と言われます。毎日放送されて、爽やかに笑って、泣ける物語だから、ドラマの中の家族と一緒に生活している感覚で見てもらえたら。でも、評判に一喜一憂することはありません。スタッフ、キャストが熱い思いで作っているので、それだけで大成功です」

     演じる優子は家族に惜しみなく愛情を注ぐ、心優しい女性だ。

     「やんばるの自然のように、明るく前向きな女性です。私が好きなのは家族で食卓を囲む場面。飼っていた豚のアババを料理にして騒動になった時、三女・歌子を演じた子役の布施愛織ちゃんが『アベベは正月に食べるの?』と無邪気に言った場面は印象に残っています。琉球舞踊を習っていたので、カチャーシーにも注目していただきたいです」

     賢三が亡くなり、優子は借金返済のため工事現場で働くことに。暢子が高校に進学してからも朝は畑仕事、昼は共同売店、夜は内職で必死に働き、4兄妹を育てている。

     「大森さんとは家族がさまざまな顔を見せてくれる度に視線を交わして、気持ちを共有していました。黒島さんは、とても真っすぐなお芝居をして暢子の役柄にぴったり。暢子はいずれ東京へ旅立つことになります。不安も抱えていると思いますが、料理人になりたいと心に決めて行くので、親心としては精いっぱい楽しんでもらいたいと願っています」

     沖縄の文化を全国に発信する貴重な機会にもなる。

     「1960年代から長い期間の物語。戦争のことも含め沖縄の歴史を知ってもらえるのはありがたいこと。その中で生きられることが光栄。私は沖縄出身ですが、東京で過ごした期間も長いので、発音が東京風になっています。方言指導の先生に教えていただきながら、間違えないように気を付けています。あと、朝ドラとは直接関係ありませんが、首里城が焼けてしまったので、早く復興してほしいと思っています」

     優子が語る愛情あふれる言葉が「心に響く」と話題を集めている。暢子が就職を希望した眞境名商事で理不尽な対応を受けた場面では「自慢の娘です」と擁護。就職が決まらず、暢子が焦っている時には「やりたいことをやって、それで失敗しても自分の財産になる。だけど、やらされて失敗したら、それは誰かを恨むことになるかもしれない」と気遣った。

     仲間は14歳で沖縄のドラマで女優デビュー。その後、上京して芸能活動を本格始動した。売れないマジシャンを演じ、阿部寛(57)との軽妙なやり取りで注目された00年のドラマ「TRICK」(テレビ朝日)、任侠集団の跡取り娘でありながら不良ぞろいの高校に赴任した熱血教師を演じた02年の「ごくせん」(日本テレビ)が大人気となり、シリーズ化された。

     「『TRICK』では、自分の常識が全部壊されて、自由にお芝居をしていいと学びました。『ごくせん』では青臭いかもしれないけど、誰かを信じる気持ちが、自分を信じることにもなる。それが大人になっても大事だと教えられました」

     「TRICK」「ごくせん」で共演した生瀬勝久(61)とは家族ぐるみの付き合いだ。

     「生瀬さんは遊びの達人なんです。釣りに行ったり、家族旅行に参加させていただいたことも。『一緒に楽器をやろう』と言われてアルトサックスを買ったけど、1回練習しただけで飽きてしまったり、熱帯魚をそれぞれの家で飼育したり、私が絶対にやらない遊びを教えてくれました」

     06年のNHK大河ドラマ「功名が辻」に山内一豊の妻・千代役で主演。女優として不動の地位を確立し、NHK紅白歌合戦の司会も4度務めた。「とにかく演じる役柄をリスペクトして、特別な人だと思わないこと。教師、小説家、医者、狙撃の名手…特殊能力を持っていても、リアルな人間として演じることが大事。懸命に生きる日常がないと、共感してもらえない」と心掛けている。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【芸能】仲間由紀恵 「『TRICK』では、自分の常識が全部壊されて、自由にお芝居をしていいと学びました」】の続きを読む

    このページのトップヘ