芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:


    【衝撃】福岡の女性芸能人のレベル、最強すぎるwwwww ギコあんてな(,,゚Д゚)

    残業がなく「週休3日」でも生産性が高い国と日本の違い、働くことに対する価値観を劇的に転換するべき - アンテナバンク

    永瀬廉&板谷由夏 「東京タワー」初回から衝撃ラストに「急展開すぎる」と反響 - みるみるアンテナ

    人気ジャンル「悪役令嬢」モノ、オススメアニメランキング【おすすめ9選】

    【発狂】鉄オタYouTuber非常停止ボタン!老人と電車で乱闘 - 時間待ちあんてな

    最近ギャグ漫画にハマってるんやけどなんかオススメある? キター(゚∀゚)ー! アンテナ


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    残念ながら打ち上げが行われなかったということは、終了の現実を受け入れるためのスッパリとした決断だったのかもしれません。でも、22年間も続いた長寿番組としての歴史は、永遠に語り継がれることでしょう。

    1 湛然 ★ :2024/04/21(日) 06:23:41.05 ID:m05Mau309
    雛形あきこ めちゃイケは「打ち上げなかった」 22年間の長寿番組も…「みんなすごいピリついていて」
    2024年4月20日 19時45分 スポニチアネックス
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/04/20/kiji/20240420s00041000691000c.html


     タレントの雛形あきこ(46)が20日放送のTOKYO MX「サバンナ高橋の、サウナの神さま」(土曜後5・55~)に出演。18年3月に放送を終えたフジテレビのバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」の裏話を明かした。

     前身の深夜番組「めちゃモテ」出演時は、トーク番組だという触れ込みでオファーを受けたが「思ってたトーク番組と違うと。みんなすごいピリついてて。総合演出の(片岡)飛鳥さん、ナイナイのお2人とか、やっちゃん(光浦靖子)とかの絶対みたいな関係が出来上がっていて。一つのコーナーに取り組む姿勢がすごいストイックなんですよ。私もそういなきゃいけないのかなって」と畑違いのバラエティーに右往左往。

     「ある日、みんな集められて、ここは学校で誰とも友達にならないようなやつを集めたところだから。それぞれキャラクターが違うやつだからって言われたんですよね。違うやつになれってことなのかなあ?って。みんなそれぞれのキャラクターを持たなきゃいけないんだって思ったんですよ。(鈴木)紗理奈、やっちゃんとは何が違うんだろうって考えてなきゃいけないんだと…」と自らの立ち位置やキャラを真剣に考えていた。

     MCの「サバンナ」高橋茂雄が「片岡飛鳥さんの指揮のもと、みんな仲良くもしてないし…っていうのをよく聞きました」と言われ、「そうです。22年間やって打ち上げがなかった番組なんで。大きなイベントやったとしても、サッと帰るみたいな」と、なれ合わない関係性だったという。

     長い時間かかる収録が週2日あったといい「火曜と水曜だったんですけど、火水に自由はない!って思っていました。月曜の夜とか、何で呼ばれたのかわからない時と*ごい嫌でしたね…ほんとにただ呼ばれるだけの時とかもあって。あーとにかくできますようにって」と祈るような気持ちだったと明かした。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【テレビ】雛形あきこ めちゃイケは「打ち上げなかった」 22年間の長寿番組も…「みんなすごいピリついていて」】の続きを読む


    山口達也さんの新しいスタートです。いろいろあったけど、今度こそは不祥事を起こさないでほしいです。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/01/04(木) 12:36:42.77 ID:21nUanPw9
    2024年1月4日 12時20分

     人気グループ「TOKIO」元メンバーで3月22日に起業したことを発表した山口達也氏が、今月からテレビCMに出演していることが4日、明らかになった。介護事業などを展開する鹿児島市の「株式会社ACG(あおぞらケアグループ」の企業CMで、山口氏はこの日、X(ツイッター)で出演を報告した。

     山口氏は「鹿児島市「あおぞらケアグループ(株式会社ACG)」様のコマーシャルに出演させていただきます 自分が病気になって初めて介護の現場を知りました微力ながら力になれればと思います」とコメント。

     青い背景をバックに山口氏が「1人では進めない道も、みんながいたから乗り越えられた 支えてくれる人への感謝 それが僕の新しいスタート」などと語りながら歩くCMの映像を投稿した。

     同社の公式SNSでも「1月より弊社のテレビCMが流れています。山口達也さんの様に、生きることの困難さに向かい合い、日々を懸命に生きている皆さんに、寄り添えるような会社でありたいと思います」とのコメントし、メイキング映像などがアップされた。

     SNS上では「わああ!久しぶりの優しいお声」「コマーシャルに出演おめでとうございます!」「久しぶりに声が聞けて嬉しく思います」「達ちゃんの優しい声を久しぶりに聞いてうるうるしてます」などの声が寄せられている。

     山口氏は2018年4月に未成年女性に対する強制わいせつの容疑で警視庁に書類送検。その後、当時のジャニーズ事務所を契約解除となり「TOKIO」も脱退した。そして20年9月には酒を飲んでバイクを運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された。23年3月に「株式会社山口達也」を立ち上げたことを報告。会社の事業内容は各種依存症者向け講演活動や企業向け各種危機管理セミナーなどで、会社のHPおよび自身のツイッターも開設。HPでは「『アルコール依存症』は、完治しないと医師に宣告されました」と公表した。

    https://hochi.news/articles/20240104-OHT1T51033.html?page=1

    (出典 hochi.news)

    【【元TOKIO】山口達也氏、テレビCM出演を報告「新しいスタート」 ファン歓喜「久しぶりの声」「おめでとう」】の続きを読む


    転職をした。

     会社員から2022年4月に芸能活動を開始し、ミスFLASH2023のグランプリの栄光を掴んだ舞が、最新イメージDVD「橘舞/ミスFLASH2023」(アイドルワン)を4月20日リリースする。

    【写真】橘舞のヨガポーズ

     「ミスヤングアニマル2022」において審査委員特別賞を受賞後、「ミスFLASH2023」においてグランプリに輝くという、史上初の快挙を成し遂げたスーパールーキー・橘舞。グラビア界最注目の逸材が、バレエ・ヨガで鍛えた柔軟ポーズも見せつける。

    ■橘舞 (Tachibana Mai)
    1995年4月15日おひつじ座
    身長164cm B89(F) W61 H85
    趣味:舞台鑑賞
    特技:バレエ・ヨガ

    橘舞イメージDVD「橘舞/ミスFLASH2023」(アイドルワン)


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【会社員からグラビア界に進出し「ミスFLASH」を受賞した期待のルーキー・橘舞、最新イメージDVD発売】の続きを読む


    語る。

    1 フォーエバー ★ :2023/01/02(月) 09:36:34.46ID:NApmg4EX9
    1/2(月) 9:06配信

    原哲夫氏(C)日刊ゲンダイ

    「お前はもう*でいる」──。1980年代、少年たちのハートをわし掴みにした大ヒット漫画「北斗の拳」。1983年9月、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載が始まると、瞬く間に大人気漫画へと駆け上がった。連載開始から40周年を迎える生みの親に、ざっくばらんに語ってもらった。

    「ナニワ金融道」青木雄二が生きていたら何を語ったか

     ◇  ◇  ◇

    「40周年と聞いて思い出すのが、石ノ森章太郎先生の『サイボーグ009』が連載開始40周年を迎えた際、記念色紙を描いたことです。その時に『連載40周年かあ……、すごいなあ……』と思っていましたが、ついに『北斗の拳』も40年経ってしまったのかと思うと、やはり感慨深いところがありますね」

    「北斗の拳」の連載期間は約4年10カ月。毎週20ページに及ぶ執筆は、苦労の連続だった。

    ■描き終わったら*だように寝る

    「徹夜で描いてはロクに風呂も入らず、描き終わったら*だように寝て、起きたらすぐ次号に取り掛かる。この繰り返しでした。体のケアの仕方も知らないし、運動もしていなかったから、どんどん歩けなくなったり、肩こりや腱鞘炎が悪化したり……。身体的には無理な状態が続いていたとはいえ、『北斗の拳』が読者に喜んでいただけていたので、ノって描けていました。本当は絵を徹底的に描き込みたいタイプなので、1コマ1コマをアートみたいな絵で埋めて、全部カラーにしたかったのですが、週刊連載では締め切りがあるので、最後はガーッと一気呵成に描き上げていました。劇画調のリアルな絵が好きな自分としては、やや絵が荒くなってしまった感はありますが、それはそれで少年漫画っぽさが出たかなと思います」

    「漫画はキャラクターだ」と教わった
    (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 禁・複写&転載

     苦闘の中で生まれた魅力的なキャラクターの数々には、細部にまで至る思いがあった。

    「もともと子どもの頃から、カッコいいと思っていたブルース・リーや、松田優作を描くのが好きだったんです。その後、漫画原作者の小池一夫先生に『漫画はキャラクターだ』と教わった際、自分が憧れる実在の人たちの『キャラクターとしてカッコいい魅力』をエッセンスとして描き込めば、魂のこもった愛されるキャラクターになると気づき、これなら漫画家としてやっていけるのではないかと思いました」

     登場するそれぞれの脇役も、全員主役になり得るつもりで手は一切抜かなかったという。

    「例えば、南斗五車星の『炎のシュレン』は登場してすぐに*でしまう役割でしたが、だからこそ主役以上に思いっきりデザインを入れました。継続するキャラクターの場合、衣装に凝ってしまうと同じデザインを描き続けるのが大変ですが、逆に脇役だと『今回で*から、思いきり描き込もう!』というのができます。そうすると、数話限りのキャラクターでも、主役と同じくらい読者の印象に残っているんです」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/de05d2abf59080156ddf897aba1fac73bbd60c7e


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    【【漫画】「北斗の拳」連載開始40周年 生みの親が語る 原哲夫「すぐ死ぬ脇役こそ手を抜かずに描いた」】の続きを読む


    スゴいです。

    1 フォーエバー ★ :2022/10/14(金) 07:54:31.75ID:CAP_USER9
    10/14(金) 6:01配信

    週刊女性PRIME
    ロバートの山本博

    《ロバート秋山さんがどんなコメントするのかも楽しみ》

     10月8日、TBS系で放送された『お笑いの日2022』。番組内ではコント師の頂点を決める大会『キングオブコント』の決勝が行われたが、SNS上には放送前から冒頭の声が寄せられていた。

    【写真】ロバートの若い頃が溌剌としすぎ!『はねるのトびら』全盛期のレアショット

    「'11年大会王者のお笑いトリオ・ロバートから、去年に引き続き、秋山竜次さんが審査員の1人として出演。ロバートは、秋山さんや馬場裕之さんが強烈なキャラに扮し、山本博さんがツッコむスタイルが人気。近年は、秋山さんが実在しそうな架空の人物たちになりきる『クリエイターズ・ファイル』や、95万人以上の登録者がいる馬場さんの料理系YouTubeチャンネル『馬場ごはん』が好評です。馬場さんは9月、沖縄の宮古島に冷麺のお店を開きました」(テレビ誌ライター)

     9月19日放送の『ラヴィット!』(TBS系)で、馬場は店の開業に「1870万円注ぎ込みました!」と明かしていたが、山本はそれを超える“大きな買い物”をしていた。

    一軒家を購入、妻の家族の支援もあって
    「1億円以上する一軒家を5月に購入したんです。都内の閑静な住宅街にある2階建ての家で、35年ローン。購入には、奥さんのお父さんの支援もあったと聞きます。一緒に暮らす家族のために、覚悟を決めたそうです」(山本の知人)

     山本は'15年に一般人の女性と結婚し、'17年に長男、'20年に長女が誕生。そのあふれる家族愛は、一部では有名だ。

    「今年の2月まで、『mamagirl』というWebサイトで3年半にわたって子育てエピソードの連載をしていました。'20年にはテレビ朝日系『アメトーーク!』の“奥さん大好き芸人”に出演したほどの愛妻家です」(芸能プロ関係者)

     山本家について、新居の周辺で話を聞いてみると……。

    「犬を2匹連れて家族で散歩する姿を見かけましたが、最初は山本さんとは気がつきませんでした。優しい雰囲気で、てっきり一般人のパパかと(笑)」(近隣に住む女性)

     新たな生活拠点にもすっかりなじんでいる様子。仕事面では、過酷な企画にも臆せず挑んできた過去がある。'08年に、テレビ番組の企画でボクシングのプロテストに挑戦し、見事合格。'14年には、36歳にして最初で最後の試合に挑み、後の東日本新人王となる選手に勝利した。

    「今ではインストラクターの資格も持っていて、昔から“ここぞ”というときに根性を見せてきた。趣味の“歴史好き”も仕事につながっており、インタビューでは《城は、その土地の人にとって精神的な支え》という“お城愛”を語っていました。最近はYouTubeでのゲーム実況も人気。秋山さんは“ロバートは俺以外、料理人とボクサーだ”と言ってますけど、お笑い以外の仕事もできるのは強みですね」(前出・芸能プロ関係者)

     相方たちの活躍で“じゃないほう芸人”と呼ばれる山本だが、築いた“愛の城”と家族が支えになるはず!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d498cd35c245ad20bc4901e43b2ce3a12b337e86


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    【【芸能】ロバート山本博が“1億円豪邸”を購入していた! 『奥さん大好き芸人』が受けていた義父からの支援】の続きを読む

    このページのトップヘ