芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優サ行 > 柴崎コウ



    通訳への気遣いも素敵ですね。

    映画『蛇の道』(6月14日公開)の日本外国特派員協会 上映会が5日に都内で行われ、柴咲コウ、黒沢清監督が登場した。

    同作は、巨匠・黒沢清監督の最新作で、セルフリメイク作品。全編フランスロケ、フランス語で撮影された。何者かによって8歳の愛娘を殺された父、アルベール・バシュレ(ダミアン・ボナール)は、偶然出会った精神科医の新島小夜子(柴咲コウ)の協力を得て、犯人を突き止め復讐することを生きがいに、殺意を燃やす。とある財団の関係者たちを2人で拉致していく中で、次第に真相が明らかになっていく。
    ○■柴咲コウフランスは「居心地よかった」「仕事がしやすい」

    海外メディアの前に登場した柴咲は流暢な英語を披露。「みなさん、本日はお招きいただきありがとうございます。この背後にある青い幕は何度も拝見していますが、このように黒沢監督と一緒に作品を携えて、ここに登壇させていただけることを大変光栄に思います。そして黒沢監督と一緒にお仕事ができたことも大変嬉しく思っております。きょうはぜひフランス語で自己紹介をと思っていたのですが、ただ、残念ながら現在はほとんどフランス語ができません。(フランス語で)ごめんなさい。皆さんに作品を楽しんでもらえたら嬉しいです」とフランス語も交えながら挨拶した。

    この挨拶が日本語に通訳されると、柴咲は一瞬驚いたような表情を見せ「すみません! 日本語も自分で言うべきでしたよね…… ご丁寧にありがとうございます」と気遣いを見せていた。

    また、「作中にはフランスに馴染めた日本人とそうでない日本人が登場するが、フランスには馴染めましたか?」という質問が寄せられると、柴咲は「私はフランスはとても居心地よかった」と回答。その理由について「ちゃんと議論ができて、私はこう思う! 私はそうは思わない! と言っていいような雰囲気というのが空気ににじみ出ていて、とても仕事がしやすいなと思いました」と説明した。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】柴咲コウ、流暢な英語&フランス語を披露 通訳への気遣いも見せる】の続きを読む


    スカウトが3回もあったなんて、柴咲コウさんの異例の人気ぶりがうかがえますね。彼女の独特な魅力と演技力は間違いなくファンを惹きつけるものがあるのでしょう。これからもさらなる飛躍を期待しています。

    9月10日放送のフジテレビ系『ボクらの時代』に、柴咲コウが出演。14歳でスカウトされた当時を振り返った。

    【関連】柴咲コウ福山雅治との深い“信頼関係”明かす「やっぱり包容力が素晴らしい方」

    番組内で、芸能界に入ったきっかけを聞かれた柴咲は、「私はスカウト。14歳の時」と切り出し、「その頃、すごくたくさんお声がけいただきまして」「同じ事務所から3回声かけられたのが以前の(所属事務所の)スターダストプロモーション」と説明した。

    さらに、同じスカウトマンが3回声をかけてきたのではなく、3人のスカウトマンがそれぞれ声をかけてきたと補足しつつ、「池袋・原宿・恵比寿みたいな。あれ?また一緒だ!と思って」と振り返った。

    また、“それまで芸能界に興味があったのか?”という質問には、「興味がないとかそういうレベルではなくて。自分が関係できるなんて、1ミリもそういう発想がなかったというか」とも明かし、スカウトを受けた14歳当時は、将来の夢も特になかったと話していた。

    柴咲コウ、同じ事務所から3回スカウトされた過去明かす「すごくたくさんお声がけいただきまして」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】柴咲コウ、同じ事務所から3回スカウトされた過去明かす「すごくたくさんお声がけいただきまして」】の続きを読む


    柴咲コウさんの姫ワンピ姿がとっても可愛いですね!まるで少女のような透明感があります。若々しさがあふれていて、本当に驚きました。

    1 湛然 ★ :2023/08/12(土) 05:57:57.84 ID:EVKMprEf9
    柴咲コウ42歳、イメージ激変!姫ワンピで少女感 エグい透明感「か、か、可愛いすぎ!」「お顔ツルツル」
    2023年8月12日 5時23分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20230811-OHT1T51093.html?page=1
    柴咲コウのインスタグラム(@ko_shibasaki)より

    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)



     女優の柴咲コウ(42)が11日に自身のSNSを更新し、熊本県の阿蘇くじゅう国立公園で撮影した写真をアップした。

     「湧水が其処(そこ)ここに」と、緑が美しい場所で湧き水を手にすくう。別の写真では「大カルデラは圧巻!」と絶景で記念撮影した。ここは思い出の場所で「映画『黄泉がえり』の舞台でした」としみじみ。「RUI」の名義で自身が歌った主題歌「月のしずく」も大ヒットした2003年の映画だ。

     柴咲はパフスリーブの真っ白ワンピース姿。甘めコーデでクールな印象から一変してみせた。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】柴咲コウ42歳、イメージ激変!姫ワンピで少女感 エグい透明感「か、か、可愛いすぎ!」「お顔ツルツル」】の続きを読む


    柴咲コウがパチンコCMに出演しているとは驚きですね。

    1 冬月記者 ★ :2023/05/02(火) 07:43:37.94ID:bww5ZpOd9
    https://www.jprime.jp/articles/-/27738?display=b

    柴咲コウがパ*CM出演で驚きの声 関係者やユーザーからは「藤田ニコルの方が適任では?」


     4月21日から柴咲コウが出演する『KIBUN PACHI -PACHI委員会』のテレビCMがスタートし、話題を集めている。

    「同委員会はパ*メーカー37社で構成される日本遊技機工業組合が発足したもので、ホールやメーカー、そのほか全ててのパ*業界関連団体が参加して行う初めてのイメージアップ施策です。たび重なる規制によりファン離れが進む業界の救世主として期待されているスマパチとスマスロがデビューしたタイミングとあり、かなり気合いが入っていますね」(パチスロライター)


    パ*好きを公言する藤田ニコルの方が適任?

     大河ドラマの主演も務めた彼女がパ*業界のイメージキャラクターに就任したことで、SNS上ではさまざまな声があがっている。

     《パ*のイメージはあまり良くないから、プラスになって欲しいと思います》

     と、業界のイメージアップに期待するものから、

     《柴咲コウさんのパ*のCM見る度、会社の経営って大変だなあって思う》
     《柴咲コウって仕事ないのかな? パ*のCM出るって女優としてはイタイと思うんだが…独立したから金回りに困ってんだろう。可哀想》

     と、大手芸能プロダクションから独立をしたことで仕事に困っているのでは……と心配する声もあったが、広告代理店関係者はこう語る。

    「かつてJRA(日本中央競馬会)以外の公営ギャンブルやパ*、パチスロ関連の仕事は旬が過ぎたタレントがやるものというイメージが強かった。しかしボートレースは渡辺直美さんや田中圭さんなど人気のタレントをCMに起用。若い世代のファンも増えたことで2022年度の売り上げは2兆4142億円を記録し、過去最高額を更新しました。競輪もmixiなどIT企業が続々参入。サイバーエージェントが運営する『WINTICKET』はオダギリジョーさんと窪塚洋介さんを広告に起用するなど、イメージアップに成功しています。ギャンブル系の仕事はギャラの単価も高いとあり、今では大手芸能プロも積極的に“取りにいく”仕事になっていますよ」

     
     一流俳優の柴咲がイメージキャラクターに就任したことで、パ*ユーザーや関係者からは歓迎されているかと思いきや、意外にも評判はイマイチだ。

    「まずどこの層を狙っているかわからないですね。公言していないだけで柴咲さん本人がパ*ファンという可能性はありますが、パ*を打つイメージがまったくないので“楽しんでる?”というキャッチフレーズにまったく説得力がない。番組や雑誌などでパ*愛を語っている藤田ニコルさんの方が適任だったのでは」(パ*歴20年の女性)

    「まるで高級ブランドのようなポスターで柴咲さんが身につけているアクセサリーはよく見るとパ*玉など、ツッコミどころだらけ(笑)。パ*を打つイメージがなさすぎて、展示してあるポスターのモデルが柴咲さんだと気づいていないお客さんも多いですね。高いギャラを払ってまで起用した効果があるとは思えません」(ホール関係者)

     コロナ禍で大打撃を受けたパ*業界だけに、一流俳優の起用がプラスになるといいが……。

    【【芸能】柴咲コウがパチンコCM出演で驚きの声 「藤田ニコルの方が適任では?」「独立したから?」「パチンコのCM出る女優…」】の続きを読む



    柴咲コウがサプライズ「されたくない派」の思い力説「お芝居しなきゃ。また仕事かぁ、と」
     女優柴咲コウ(41)が21日放送のフジテレビ系バラエティー「ホンマでっか!?TV」2時間SPに出演し、サプライズについて「されたくない派」の思いを力説した。
    (出典:日刊スポーツ)


    サプライズについて「されたくない派」の思いを力説した。

    【【芸能】柴咲コウがサプライズ「されたくない派」の思い力説】の続きを読む

    このページのトップヘ