芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > オリンピック


    遠藤航のパリ五輪へのOA枠内定、おめでとうございます!日本代表として3大会連続五輪出場は、その実力と人間性が評価された証ですね。リバプールからも注目されているとのこと、これからの活躍に期待が高まります。

    1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/06/09(日) 07:07:18.64 ID:nXhce0PU9
    日本代表で主将を務めるMF遠藤航(31=リバプール)がパリ五輪に出場するU―23日本代表のオーバーエージ(OA)枠に内定したことが8日までに分かった。遠藤自身が出場を強く希望した中、日本協会がリバプールと粘り強く交渉を続け、派遣の承諾を得たという。遠藤は日本史上初の3大会連続五輪出場が決定的となった。日本代表はこの日、11日のW杯アジア2次予選最終戦のシリア戦(Eピース)に向けて広島入りし、練習を再開した。

    世界屈指の名門リバプールで活躍する遠藤が、日本サッカーに新たな歴史を刻むことになった。複数の関係者によれば、この日までにOA枠でパリ五輪出場が内定。世代で選出された16年リオデジャネイロ大会、OA枠で出場した21年東京大会に続く五輪3大会連続出場は、日本史上初の快挙となる。五輪メンバー18人は7月3日発表の見通し。68年メキシコ大会以来のメダル獲得へ、最強のピースが加わる。

    強い思いがかなった。五輪は開催時期が国際Aマッチウイーク外で招集には各クラブとの交渉が必須。世代の久保や鈴木唯らがクラブの派遣拒否により不参加となり、3枠のOAに関しても日本協会と各クラブとの交渉は難航を極めた。谷口、板倉、守田らが有力候補に挙がる中、リオで1次リーグ敗退、東京でもメダルを逃した遠藤は早くから出場を希望。6日のミャンマー戦前にも「五輪は凄く特殊で難しいけど個人的には代表でプレーすることは常に光栄だと思っています。その気持ちは変わらない」と出場へ強い思いを明かしていた。

    遠藤は昨夏、シュツットガルトからリバプールに電撃移籍。今季はアンカーとして公式戦43試合に出場し、当初の懐疑的な声を覆す活躍で評価を高めた。来季から今季限りで勇退したクロップ監督を継ぎ、フェイエノールトのスロット監督が新指揮官に就任するが、8日付の地元紙「リバプール・エコー」は、アンカーの先発に遠藤を予想。揺るがない評価もあってリバプールも派遣を承諾したもようだ。

    大岩ジャパンは4―3―3が基本布陣。遠藤はA代表同様に主将を託され、ポジションもA代表と同じアンカーで起用される可能性が高い。世代の同位置にはU―23アジア杯で輝きを放った藤田譲瑠チマ(22=シントトロイデン)が君臨するが、遠藤の加入で経験値はもちろん、中盤にさらに厚みが加わることになりそうだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/23d4d248c7c6dd57e0a2243cd3d83d528445620d

    【【サッカー】遠藤航 パリ五輪OA枠内定 リバプール”GOサイン” 日本選手では史上初の3大会連続五輪へ】の続きを読む


    SASUKEが五輪競技になるなんて信じられない!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/10/25(水) 14:47:16.56 ID:Znc4aTZs9
    16日に行われた国際オリンピック委員会(IOC)第141回総会において、『SASUKE』を基に考案された障害物レースを新たに加えた近代五種が2028年ロサンゼルス五輪の実施競技として採用された。IOCによる協議を経て、TBSの人気番組『SASUKE』の海外版である『Ninja Warrior』を基に考案された障害物レースが、馬術に代わる新しい種目として採用されることもあわせて決定した。

     近代五種は水泳、フェンシング、馬術、レーザーラン(射撃とランニング)の5種目で争う競技。このうち馬術については、国によって競技環境整備の問題や安全面が課題となっており、国際近代五種連合(UIPM)は2028年のロサンゼルス大会までに、馬術に代わる別の種目に変更することを検討してきた。

     障害物レースについては、昨年テスト大会が4度実施された。TBSから『Ninja Warrior』の撮影セットを貸し出し、大会によっては雲梯(うんてい)に似た器具や、反り返った壁などが障害物としてコース設定され、タイムを競う形式で行われた。この新しい種目を取り入れたことにより、近代五種はオリンピック競技の中で最もエキサイティングで親しみやすく、人気のある競技のひとつとなる可能性を秘めている。

    ■国際近代五種連合(UIPM) 専務理事 Shiny Fangコメント
    テレビにおける『Ninja Warrior』現象のパイオニアであり、そのオリジナル番組『SASUKE』の発明者であるTBSからの継続的なインスピレーションは、UIPMがNinja (Warrior)スタイルの障害物レースを、広く認知されたスポーツとして、より発展させるための大きな力になると信じています。我々は『Ninja Warrior』以上の興奮とダイナミズムを五輪競技レベルで再現し、他の近代五種種目とシームレスに融合させることを望みつつ、2028ロサンゼルス五輪でのデビューを期待しています。

    ■TBSホールディングス代表取締役社長 佐々木卓コメント
    SASUKEというテレビコンテンツがベースとなった種目が五輪に正式採用されたのは画期的なことだと思います。TBSとして大変光栄で喜ばしい事だと感じております。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d0500bb0d81c548d9b9c20f52f7d4fe52cb609bf

    【【オリンピック】『SASUKE』が五輪競技に決定 2028年ロス大会の近代五種に「障害物レース」採用】の続きを読む


    28年ロス五輪で野球とソフトボールが復活するのは素晴らしいニュースですね!大谷翔平選手や他のMLB選手が集結するなんて、ますます注目度が高まりますね。日本代表チームの活躍に期待しています!

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/10/16(月) 17:17:18.53 ID:IMfP33oD9
    2023年10月16日16時43分

    野球の「ドリームチーム」が、再び五輪の金メダルへ-

    国際オリンピック委員会(IOC)は16日、インドのムンバイで総会を行い、2028年ロサンゼルス五輪の追加競技として野球・ソフトボールが2大会ぶりに採用されることが正式に決まった。

    世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長は13日に同地で取材に応じた際に、ロサンゼルス五輪の追加競技に野球が採用された場合、米大リーグ側からトップ選手の参加を確約する文書を受け取ったことを明かしていた。選手会も合意しているといい、五輪史上初めて大リーグの一流選手が集う公算が大きくなっている。

    夏に開催される五輪では、これまで大リーグのシーズンを中断できないなどの理由でトップ選手の参加は実現しなかった。21年の東京五輪もマイナー選手を中心にチームを編成したが、正式に決まればエンゼルス大谷翔平投手(29)ら日本人メジャーリーガーの五輪出場も可能になる。28年7月には大谷は34歳となっている。オリックス山本由伸投手(25)、ヤクルト村上宗隆内野手(23)ら、世界一に輝いた3月のWBCのような「ドリームチーム」を五輪の舞台で見られる可能性が出てくる。



    ■侍ジャパンの今後の国際大会

    ◆11月16~19日 アジアプロ野球チャンピオンシップ(出場資格は24歳以下、または入団3年目以内の選手。オーバーエイジ枠は3選手)

    ◆24年11月 プレミア12(世界ランキング上位12チームが出場。日本、台湾などで開催)

    ◆26年3月 第6回WBC

    ◆28年7月 ロサンゼルス五輪

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202310160000188.html

    【【28年ロス五輪】野球・ソフトボールが復活、IOCが正式決定 大谷翔平らMLB選手も集結か】の続きを読む



    傷心癒えず

    NO.10209690 2022/02/25 18:19
    高梨沙羅を追い詰めたJOCの悪しき「事なかれ主義」…傷心癒えず、W杯再開初戦を欠場
    高梨沙羅を追い詰めたJOCの悪しき「事なかれ主義」…傷心癒えず、W杯再開初戦を欠場
     24日、全日本スキー連盟はスキージャンプの高梨沙羅(25)について、今後の試合出場の予定は未定と発表。25~27日のW杯(オーストリア)再開初戦を欠場する。

     一部報道では3月2日のW杯(ノルウェー)から出場予定というが、高梨は7日、北京五輪混合団体1本目のジャンプがスーツ規定違反により失格に。おえつを漏らし、号泣した。その後、自身のSNSで真っ黒な画像とともに、謝罪文を掲載していた。

     引退すら囁かれる中、13日には日本オリンピック委員会(JOC)理事の原田雅彦総監督が「元気になった。W杯に出場し、元気な姿を見せたいと思っていると思う」と話していたが、傷心は癒えておらず、すぐには試合に出られる状態ではなかったのだ。

     これでハッキリしたのは、山下泰裕会長率いるJOCの「選手ファースト」の意識の低さだ。「元気になった」と言ってのけたJOC理事の原田総監督は、騒動の火消しを最優先したと思われても仕方ない。

     混合団体では4カ国5人もの失格者が出た。行き過ぎたジャッジに各国から批判の嵐が巻き起こったが、JOCは誰が高梨に違反スーツを着させたのかという責任の所在を明確にしないばかりか、「今すぐこのルールに対して我々が抗議するということではない」(日本選手団・伊東団長)と選手の矢面に立たなかった。

     フィギュアスケートのワリエワのドーピング騒動の際も、JOCは日本が3位に入った団体でのメダル授与式の延期決定に抗議せず、「係争中であり、コメントは差し控えたい」と頬かぶり。日本の悪しき「事なかれ主義」が選手を追い込んでいる。

    【日時】2022年02月25日 16:17
    【ソース】日刊ゲンダイ

    【高梨沙羅を追い詰めたJOCの悪しき「事なかれ主義」…傷心癒えず、W杯再開初戦を欠場】の続きを読む



    インスタで語る

    NO.10177889 2022/02/09 02:55
    高梨沙羅「私の失格のせいで皆んなの人生を変えてしまった」「今後について考える」インスタで心境つづる
    高梨沙羅「私の失格のせいで皆んなの人生を変えてしまった」「今後について考える」インスタで心境つづる
     北京五輪スキージャンプ混合団体で1回目にスーツの規定違反で得点無効となった高梨沙羅が8日、自身のインスタグラムを更新した。高梨は真っ黒な画像を掲載し、自身の心境をつづった。

     インスタ全文 ※ ※ ※

     日本チームを応援して下さっている全ての皆様

     今回、私の男女混合団体戦での失格で日本チーム皆んなのメダルのチャンスを奪ってしまったこと、そして、今までチームを応援してくださった皆様、そこに携わり支えて下さった皆様を深く失望させる結果となってしまった事、誠に申し訳ありませんでした。

     私の失格のせいで皆んなの人生を変えてしまったことは変わりようのない事実です。

     謝ってもメダルは返ってくることはなく責任が取れるとも思っておりませんが今後の私の競技に関しては考える必要があります。

     それ程大変なことをしてしまった事深く反省しております。

     そして、私のせいでメダルを取れなかったにも関わらず、最後の最後まで支え続けてくれた有希さん、幸椰さん、陵侑、そして日本チームのメンバーの皆さま、スタッフの皆さまには感謝してもしてきません。

    【日時】2022年02月08日 22:49
    【ソース】スポーツ報知

    【高梨沙羅「私の失格のせいで皆んなの人生を変えてしまった」「今後について考える」インスタで心境つづる】の続きを読む

    このページのトップヘ