芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 歌舞伎役者


    市川猿之助さんが愛らしい柴犬とともに公園へ出かける姿を想像すると、心温まる光景ですね。一家心中から1年、彼の心境も少しずつ変わっているのでしょう。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/27(月) 08:32:37.48 ID:rFhNBixr9
    2024年05月27日

    「一家心中」事件から1年

     昨年5月18日、都内目黒区の自宅で父・市川段四郎(享年76)と母親(同75)と一家心中を図り、自殺ほう助の罪に問われた市川猿之助、本名・喜熨斗(きのし)孝彦(48)。11月17日に下された判決は懲役3年、執行猶予5年の有罪であった。判決に際し、彼は「自分の弱さも自覚し、周囲の方々に相談し、助けていただきながら、一日一日一生懸命に生きていこうと考えています」とコメントしていた。

     その判決から半年、事件発生から1年がたった5月19日の午後4時過ぎ、猿之助は自宅近くの公園にいた。半ズボンにサンダル履き、Tシャツの上にざっくりと羽織った上着が体形を隠すが、引きこもりがちの日々のせいか、かなり痩せたようで、足もすっかり細くなっている。その足元に小さな柴犬が、ちょこちょことまとわりついていた。

    子犬を連れて公園へ

     自転車の前かごに子犬を乗せて向かった先の公園は、住宅街の中にあってもひと気は少ない。近所の人が「最近犬を飼い始めたみたいで、一緒に出かけるのをよく見ますよ」と言うように、そこでおよそ2時間、園内を行ったり来たり、犬を歩かせ、自身も歩き、ときおりベンチに座っては、スマホの画面に目を落としていた。

     その後ろ姿には、かつて見た名優・怪優の存在感はない。帽子にマスクにサングラスといういでたちとはいえ、彼が猿之助であると気付く人はなく、帽子からのぞく後頭部は、坊主頭と言っていいくらい見事に刈り上げられている。

     歌舞伎の世界と縁が切れたわけではない。今年1月に行われた段四郎とその兄猿翁の追悼会で、いとこにあたる市川中車こと香川照之(58)が、息子市川團子(20)の指導に猿之助が当たっていることを明かしている。

     ただし、執行猶予が解けるのはまだ先のこと。罪を償ったあとの本格的な復帰を待望する声もあるという。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2024/05270600/

    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)

    【【歌舞伎】市川猿之助「一家心中」事件から丸1年の激変ぶり 愛らしい柴犬とともに公園へ】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    裏方としての復帰は、猿之助さんにとって新たなスタートとなるかもしれません。

    1 Anonymous ★ :2024/05/19(日) 19:40:13.15 ID:lFOd/KNl9
    https://www.sankei.com/article/20240518-UPTWHIKUHZADRM2R3POQOWXCKY/

    1年前の令和5年5月18日、歌舞伎俳優、市川猿之助=本名・喜熨斗(きのし)孝彦=(48)の東京都目黒区の自宅で、両親が倒れているのが発見された。猿之助はその後、前夜に向精神薬を服用させて両親の自殺を手助けしたとする自殺幇助罪で懲役3年、執行猶予5年の有罪とした東京地裁判決が確定。1年がたつ今も表舞台から消えたままだが、まずは表に出ない形での〝復帰〟も探っているようだ。

    不在の長男
    今年1月28日、東京都内のホテルで開かれた「澤瀉屋(おもだかや) 送る会」。送られるのは、おいの猿之助に委ねるまで長きにわたり澤瀉屋を率い、昨年9月に83歳で死去した市川猿翁さんと、その弟で猿之助の父である段四郎さんの兄弟。だが約700人が献花に訪れた伯父と父をしのぶ場に、猿之助の姿はなかったという。

    ※略


    公判の最終意見陳述で「僕にしかできないことがあればそれをさせていただき、生きていく希望としたい」と語った猿之助。裏方ではありながらも歌舞伎と関わり、自らの非凡な芸を伝えていくことが、「僕にしかできないこと」の一つであることなのは間違いない。一方で取り調べの際にはこう供述していたことも明らかになっている。

    「自分には歌舞伎しかない。許されるなら舞台に立ちたい思いがある」

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1716103263/

    【【芸能】「僕には歌舞伎しかない。許されるなら…」市川猿之助、自殺幇助事件から1年 まずは裏方としての〝復帰〟を模索】の続きを読む


    コメントを出す。

    1 ひかり ★ :2023/05/29(月) 07:50:30.56ID:C/aa1Fgk9
     歌舞伎俳優・片岡愛之助(51)が28日、ブログを更新。「いろいろな思いがあります」とつづった。

     今月18日に自宅で両親とともに倒れているのが見つかり、救急搬送された歌舞伎俳優・市川猿之助(47)について言及したとみられる。

     「塞いだり、考え込んだりしていた日々。いろいろな思いがありますが、舞台が続く限り、しっかりと 自身のやるべきことを勤めたいと思います。」と記し、「六月は 博多座です。3日から19日まで昼の部、夜の部共につとめます。(中略)博多にてお待ち致しておりまする」と投稿した。

    デイリー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d78a787732c00121f428f08f57e941a9b2eef7b8

    【【芸能】片岡愛之助「ふさいだり考え込んだ」と吐露 「いろいろな思いがありますが」と】の続きを読む


    振り返る

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/04(金) 11:05:26.69ID:6bZ/+TmA9
    11/4(金) 10:46配信
    東スポWEB

    市川團十郎が12年前の「暴行事件」振り返る 海外メディアが〝忖度なし〟質問
    笑顔で質問に答えた市川海老蔵改め市川團十郎
     歌舞伎役者の市川海老蔵改め市川團十郎(44)が4日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。

     同協会では海外メディアがたびたび鋭い質問を飛ばす。

     この日の会見でイタリアメディアは團十郎に対し、2010年の市川海老蔵暴行事件について指摘。あれから10年以上たち、著名人のスキャンダルが起きた時、日本国内の反応は当時と比べてどう変わったかと思うかと聞いた。

     團十郎は「おもしろい質問をありがとうございます」と苦笑い。その上で「日本の倫理観は大きく変わってしまって、どんどん過敏になってきている」と切り出す。

    「言わなくてもいいのではないか、指摘しなくてもいいのではないかと個人的に思ったとしても、日本人は批判の対象が現れると、集中的に非難する傾向の割合が多くなってきている」と誹謗中傷の問題に触れた。

     この問題は「正しいか、正しくないかは日本人はジャッジできないと思う。海外の方がどう見られるかが興味深い」と続けた。

     海老蔵事件の発端となった加害者側とのケンカについては「若い時にケンカをするのはよくあることだなと正直に思った」と告白したが、今は大名跡の團十郎を襲名した身だ。

    「今日明日、そのようなことがあったら大変。おそらく起こらないと思う」とケンカ沙汰はないと強調。「もし起こってしまったら、多くの方々におしかりを受けるだろう」と自身に言い聞かせるように語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c213c1837de106f9e64f3c4c52eee72fec6aface

    【【芸能】市川團十郎が12年前の「暴行事件」振り返る 海外メディアが〝忖度なし〟質問】の続きを読む


    ビックリ

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/10/25(火) 19:41:44.10ID:7yqy37OI9
    松本白鸚、文化勲章受章に「びっくり」、長男・幸四郎「こうでなくちゃ」、長女・紀保「おっ! おっ!」、次女・松たか子「おっ、それはめでたい」と反応は三者三様

    2022年10月25日 11時30分

     文化勲章の受章が決まった歌舞伎俳優の二代目松本白鸚(80)は東京都内で会見し「身に余る栄誉に浴し、びっくりしています。役者は一生修行。お客さまに喜んでいただける芝居を*まで続けていきたい」と喜びを語った。
     家族の反応を問われると「(長男の松本)幸四郎は『そりゃめでたい。こうでなくちゃいけません』と。意味がわかりません。長女の松本紀保は『おっ! おっ!』とびっくりして『それはそれはおめでとうございます』と型通りのあいさつをしてくれた。次女の松たか子は『おっ、それはめでたい』。これだけでした。一番男らしかったけれども、いま野田さんの芝居『Q』をやっているのでそれどころじゃない(笑)。これ以上話すと文化勲章の記者会見らしくなくなるので」と芸能一家らしいエピソードで和ませた。
     1946年、3歳で東京劇場「助六」の外郎売の伜役を演じて二代目松本金太郎を名乗り初舞台。49年に東京劇場「逆櫓」の遠見の樋口を演じて六代目市川染五郎を襲名。81年に歌舞伎座「勧進帳」の弁慶ほかで九代目松本幸四郎を襲名。2018年、歌舞伎座「寺子屋」の松王丸ほかで二代目松本白鸚を襲名した。

    https://www.chunichi.co.jp/article/569707

    【【芸能】松本白鸚、文化勲章受章に「びっくり」、幸四郎「こうでなくちゃ」、紀保「おっ! おっ!」、松たか子「おっ、それはめでたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ