芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:音楽家・歌・舞台 > ヴァイオリニスト


    高嶋ちさ子さんの息子さん、可愛いエピソードですね!

    1 ネギうどん ★ :2024/05/30(木) 10:07:43.29 ID:RAZ4d9Qj9
     バイオリニストの高嶋ちさ子(55)が、29日放送の日本テレビ「1周回って知らない話2時間SP」(後7・00)にゲスト出演。“ゲーム機バキバキ事件”について語る場面があった。
     “ゲーム機バキバキ事件”とは8年前、「平日はゲーム禁止」というルールを破った息子たちのゲーム機を高嶋がバキバキに折ったというエピソードのことで当時、賛否両論を巻き起こして大きな話題となった。

     番組では、米国に留学している高嶋の長男(17)が当時を振り返った。

     高嶋の長男は「これ言っていいのかわからないけど、ゲーム機折られて炎上したじゃないですか。自分は“申し訳ない”と思ってたんですけど、意外とお母さんがシュンってなるじゃないですか、いろいろ言われて。見てて気持ちよかったです」と不敵な笑み。これに高嶋は、開いた口が塞がらないと言うかのように唖然とした表情を見せた。

     さらに長男が「“最近ママ静かじゃない?やったー”みたいな」とコメントすると、「面白いね」と肩をすくめながらつぶやいた。

     最後に「“ざまあみろ”って思ってたね?うすうす感じてましたよ、パパも本当うれしそうだったから」と感づいていたことを明かした。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/29/kiji/20240529s00041000555000c.html

    【【芸能】高嶋ちさ子、 “ゲーム機バキバキ事件”を語る 息子は「お母さんがシュンってなってて気持ちよかった」】の続きを読む


    こんな素敵な話を知ると、やはり人との出会いには偶然という言葉では収まらない何かがあるんだなと感じさせられます。


    高嶋ちさ子

    ヴァイリニスト・高嶋ちさ子が20日、自身の公式インスタグラムを更新。仕事現場で俳優の毒蝮三太夫と遭遇したことを報告した。

     

    ■なんと隣のスタジオに

    高嶋は「なんとラジオ収録に行ったら、隣のスタジオに『毒蝮三太夫さん』がいらしてびっくり!!」と1枚の写真をアップ。

    高嶋、父で音楽ディレクターの高嶋弘之氏、ダウン症の姉「みっちゃん」こと未知子さん、そして毒蝮の姿が。毒蝮に会えた高嶋家は満面の笑みを浮かべている。

     

    関連記事:高嶋ちさ子、ダウン症の姉に「死にそう」と伝えたら… LINEの返信に「私まで幸せ」と反響

    ■毒蝮との関係性

    「僭越ながらご挨拶させて頂きました。居合わせたみっちゃんと父も大喜び! と言うのも、みっちゃんと父と同じ町内住んでらっしゃるんです」と説明。

    「すごい偶然です!! 嬉しかった〜」と振り返り、87歳の毒蝮は「とってもお元気で、勢い半端なかったです!!!」と伝えた。

     

    関連記事:高嶋ちさ子のダウン症の姉、初対面の人から「1万円頂きまして…」 バス車内で起きた“謎の出来事”LINE公開

    ■「アラシ隊員」の声も

    コメント欄には「すごい偶然ですね」「みっちゃんさんもちさ子さんも嬉しそうな笑顔」「お父様もさることながら、毒蝮さんもお元気ですねぇ。お変わりない!!」との声が。

    また「アラシ隊員 私もお会いしたいです」「超懐かしい、アラシ隊員ダァ」と毒蝮が特撮シリーズ『ウルトラマン』(TBS系)で科学特捜隊アラシ隊員役を務めていたことを思い出すファンも見受けられた。

    関連記事:高嶋ちさ子、ダウン症の姉の“リサーチ力”に驚き 「あるわけないと思った…」

    ■高嶋ファミリー&毒蝮


    高嶋ちさ子、仕事現場で遭遇した人物に驚き「すごい偶然」 じつはダウン症の姉&父と同じ…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】高嶋ちさ子、仕事現場で遭遇した人物に驚き「すごい偶然」 じつはダウン症の姉&父と同じ…】の続きを読む


    ドラえもんの映画公開を記念して、葉加瀬太郎さんが素晴らしい楽曲を披露してくれるとは嬉しいです!

     『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)』の公開を記念し結成される、全国の子どもたちによる楽器隊のために、バイオリニスト・葉加瀬太郎が書き下ろした楽曲「キミのぽけっと」が、10月28日17時放送のテレビアニメドラえもん』(テレビ朝日系)で初公開される。

    【動画】ドラえもんたちが交響楽を奏でる! 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』特報

     私たちの日常に当たり前のように存在する“音楽”。しかし、もしも地球から“音楽”が消えてしまったら…? シリーズ第43作『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』では、そんな音楽の力に注目。ドラえもんたちが奏でる交響楽(シンフォニー)で地球を救う大冒険が始まる。

     映画公開を記念し、「みんなで響き合う音楽の楽しさ」を感じてもらい、子どもたちの「音楽に挑戦してみたい!」「楽器を弾いてみたい!」「もっとうまくなりたい!」といった気持ちを応援するプロジェクトドラドラシンフォニープロジェクト」が始動。その一環として、ドラえもんの楽器隊・ドラドラシンフォニー楽団を結成することとなり、参加したい子どもたちを全国から広く募集した。

     そんな楽器隊を応援するスペシャルサポーターに就任したのが、葉加瀬太郎。「キミのぽけっと」は、葉加瀬がドラドラシンフォニー楽団のために書き上げた。

     最初の打ち合わせのあと、すぐにメロディーが浮かんだという葉加瀬。「打ち合わせでは藤子・F・不二雄先生にとっての“SF”は“サイエンスフィクション”ではなく、“少し不思議”な物語だとうかがったので、そのキーワードをもとに曲を書きました」と楽曲にこめた思いを明かしたほか、「ドラえもんの楽曲を作ることができるのは、ひとり日本人として大きな誇り。制作しながら、ずっとドキドキワクワクしていました」と、作品へのリスペクトも語っている。

     また、28日の放送では、オーディションで決定したドラドラシンフォニー楽団の子どもたちも初紹介。楽器経験のある子どもから、そうでない子どもまで個性豊かなメンバーが集結。バイオリンチェロ管楽器に加え、オカリナ三味線などさまざまな楽器を演奏する。彼らはこれから映画関連イベントなどでの披露に向けて、楽器を練習していく。

     葉加瀬も「すでに僕の頭の中では子どもたちが楽しく演奏する風景が出来上がっていますが、それを早く見たい。そして僕も早くその輪に参加したいです」としている。

     『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)』は、2024年3月1日より公開。

    『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)』よりティザービジュアル (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】葉加瀬太郎「日本人として誇り!」 『ドラえもん』映画公開記念楽曲をアニメ放送で初披露】の続きを読む


    高嶋ちさ子さんが小学生の頃、「俺様」と言っていたなんて意外ですね。でも、そんなお茶目な一面もあるんですね。

    1 湛然 ★ :2023/04/08(土) 06:17:46.11ID:ucVb0OfF9
    高嶋ちさ子 ショートカットの小学校時代「自分の事“俺様”」と言っていたと明* 母の厳しい教育に感謝
    [ 2023年4月8日 01:16 ] スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/04/07/kiji/20230408s00041000097000c.html
    高嶋ちさ子インスタグラム(@chisakotakashima)から
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/04/07/jpeg/20230408s00041000090000p_view.webp


     バイオリニストの高嶋ちさ子(54)が8日、自身のインスタグラムを更新し、小学校時代の写真を披露した。

     ショートパンツ姿で自転車にまたがり、大きなスヌーピーのぬいぐるみを抱いた姿で「いつも男子と間違えられてた。これ多分小学校で天下取ってた頃。自分の事『俺様』と言ってました。要するに、幼稚で、男勝りで、ヤンチャと言う枠を超えた、やばい子でした」とつづり、「母の厳しい教育のおかげで、今があります。私の場合、『個性を伸ばして育てる』とか言ってたらとんでもないことになってたと思います」と振り返った。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】高嶋ちさ子 ショートカットの小学校時代「自分の事“俺様”」と言っていたと明かす 母の厳しい教育に感謝】の続きを読む


    心よりご冥福をお祈りいたします。

    1 ブギー ★ :2023/04/02(日) 22:55:44.30ID:qjkTD+0F9
    「世界のサカモト」と評された音楽家の坂本龍一(さかもと・りゅういち)さんが3月28日、死去した。71歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで営まれた。

     スポニチ本紙の取材では都内の病院で亡くなった。日本における坂本さんのマネジメント会社「キャブ」も「坂本龍一が去る2023年3月28日71歳にて永眠いたしましたした」と発表した。20年6月に直腸がんと診断され、両肺などにも転移しステージ4と公表していた。「キャブ」は「癌の治療を受けながらも、体調の良い日は自宅内のスタジオで創作活動をつづけ、最期まで音楽と共にある日々でした」とした。

     1980年代に3人組バンド「イ*ー・マジック・オーケストラ」(YMO)で世界的ヒット曲を生み出した。映画音楽でも知られ、88年には米映画「ラストエンペラー」で米アカデミー作曲賞を日本人で初めて受賞した。晩年はがん闘病が続いたが、最後まで音楽作りに情熱を注いだ。

     昨年12月11日に全世界配信されたピアノのソロコンサートが、最後の公の場になった。同9月中旬に事前収録。体力面を考慮し1日数曲ずつ演奏し、数日かけてコンサートに仕立てた。今年1月に「YMO」で共に活躍した高橋幸宏さん(享年71)が死去した直後には、SNSにグレーの画像を1枚投稿。コメントはなく、それが逆に悲痛な思いをうかがわせた。

     3月初旬には、東京・明治神宮外苑の再開発見直しを求め、東京都の小池百合子知事らに手紙を送った。3月29日に配信された共同通信の書面インタビューでは「音楽制作も難しいほど気力・体力ともに減衰しています」と現状を明かしていた。坂本さんは同28日に死去しており、その翌日にインタビューが配信された形になった。

    続きはソース元にて
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c170a5cc79afd9f79eb542edd5f8b51b3b33fe7

    ※前スレ
    【訃報】坂本龍一さん死去、71歳 「YMO」「世界のサカモト」がん闘病力尽く ラストエンペラーで日本人初快挙 2★ [ブギー★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1680440750/

    【【訃報】坂本龍一さん死去、71歳 「YMO」「世界のサカモト」がん闘病力尽く ラストエンペラーで日本人初快挙】の続きを読む

    このページのトップヘ