芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:TV・ラジオ・CM > CM



    16年もの間、同じCMが続いているなんて驚きですね!

     「タイヤマルゼン!」のフレーズで送るカーポートマルゼンのCMでタイヤを転がしていた人が、X(旧Twitter)で「このCMめっちゃ好き」「頭から離れないあのCMの人」などと大きな注目を集めています。令和だぞ!?

    【画像】CM撮影の裏側について語るよね社長

     話題になっているマルゼンのCMでタイヤを転がしていた人とは、Xユーザー・よね社長こと、現在はマルゼンホールディングスの社長を務めている米岡功二さんです。

     カーポートマルゼンのCMといえば、「ホイールマルゼン!」「タイヤマルゼン!」など、独特なフレーズが繰り返される内容で知られ、小気味よいリズムで耳に残っているという人も多いはず。そのCMの中で「タイヤマルゼン!」と元気よく、タイヤを転がしていたメンバーの1人がよね社長でした。

     CM制作から16年が経った今も現役でタイヤを転がす役のセンターを務めていることに、Xでは「芸能事務所所属の新人達がやったのかと思ってたら社員だったのか…」「頭から離れないあのCMの人」「子供たちがCM良くうたってましたねぇ」といった反応が寄せられ、昔を懐かしむ声もみられます。

     そんな長く愛される定番CMはどのようにして誕生したのか。よね社長こと米岡功二さんに経緯を聞きました。

    ―― CMでセンターを務めることになった経緯を教えてください

    よね社長 あのCMを初めて流したのは大阪・枚方店。オープニングセールの時です。放送エリアは関西のみで、出演スタッフは枚方店の若手オープニングスタッフたちでした。

     出演したのは3人だけではなく、当時はシーン毎に変えて計6人ほどが出演していました。たまたま私がタイヤを転がすシーンのセンターを務めることになり、CM放送後にSNSで「笑顔がいい!」「爽やかな笑顔だ!」「イケメン好青年だ」「誰このイケメン」「目は笑ってない」など有難いことに話題沸騰でした。

    ―― 当時、16年もタイヤを転がし続けることになると予想していましたか

    よね社長 正直、その後16年に渡って流し続けることになるとは全く予想していませんでした。実はそれまでは2年毎にCMの内容を変えていたのです。変えながら当たるCMを手探りの状態で検証していました。

     人が1日に見るCMは数千にも及び、その中でいかに人々の記憶に残って、話題性があり、見た人たちが家族や友だちと一緒に楽しんでもらえそうなCMは作れないものかと考えていました。それまでのCMはそこまで話題にならず、記憶にも残らない普通のCMでした。なので、今回も当たらなければトライ&エラーでまた変えようというくらいでした。

     でもやるからには、自分たちスタッフが皆プロ意識を持って本気で思い切って渾身の笑顔で取り組もうと決めていました。その結果、放送直後にはホームページにアクセスしても繋がらなくなるほどの注目を集めたことを覚えています。人気というよりも「この会社はなんだ?」という興味を引けたのだと思います。

    ―― 16年間CM出演を続けている理由はなんですか

    よね社長 続けているのは、やはり話題性があり、人々の記憶に残るフレーズとメロディで、ご家族からも楽しんでいただけて、なおかつ一番良かった点は、我々は小売業なので実際にお店で働いているメンバーが全面に出ることによって親しみが湧きやすいことです。

     お客様との距離感が縮まり、お店でも「おー、CMのお兄ちゃんやん」「ほんまに働いてるんや」「会えてよかった」「君たちに会いに来たよー」と有難い言葉を直接頂き、商談に繋がりやすいという業種独特のメリットも有りました。

     また、SNSをうろうろしていると、このCMを真似した大人たちや子どもたちの動画をいろんなSNSで拝見し、自然にどんどん拡散してエンターテイメント性があることも知り、「このCMは当たりだな、継続しよう!」と判断して全国放送に展開しWEB販売へと繋げていきました。

    ―― 左側の方はカーポートマルゼン現社長の米岡孝展さんかと思いますが、右側の方はどなたでしょうか

    よね社長 仰る通り、左側は弟の米岡孝展で彼は私が入社した2年後に入社しております。右側は、当時の成績優秀な販売スタッフです。現在は昇進して業績を支える中核、重要なポジションである「購買部門」に移って商品全般の仕入れの責任者を務めております。

    ―― この16年でCMに関連して特に印象に残っていることはありますか

    よね社長 今まではTVやラジオ媒体に力を入れていましたが、最近はYouTubeやTikTokなどSNS動画の媒体にも力を入れております。

     既に誰もが知るブランディングが地固めされているため、発見されると頭の中でリンクして評価いただけるので更に伸ばしたいと考えております。SNSのいいところは、単なる宣伝目的とは全く違い、お客様と直接キャッチボールできコメントのやり取りや、いいねの反応数、シェア数など反響を確認できる点です。

     企業色を出すのではなく、常に視聴者に楽しんでいただくことを重視して取り組んでいます。その結果、知名度が上がり集客に繋がればなお良いですが、まずは見て頂く方々のことを考えることがSNSでは重要だと認識しています。

     余談ですが、SNS内で「タイヤマルゼン」のCMを知っているかアンケートを取る企画を実施したのですが大阪はなんと驚異の95%、愛知で89%。東京で84%でした。これも長年の継続の賜物だと感じております。

    ―― 昨年のCMの裏側の動画で、アレンジを加えた新しいCMができないかな?と言っておられましたが、もし新バージョンのCMを作る場合もセンターで出演されますか

    よね社長 もし新CMを作るとなったら……ですが、実は思いは錯綜しております。私はそろそろ別のメディア担当を決めて自走してもらえるように頑張ってもらいたいのですが、16年も社長が出ていて会社の顔でかつメディア担当だったので、「後任はハードルが高すぎる。社長の代わりは出来ません」と、中々候補者は見つからない状況です。

     私はむしろ、現場にいるお客様に近い立場のスタッフをアイドル化してプロデュースする側に回りたいと考えてはいるのですが、いつまでも出演者側に社長が立ち続けるというのも中々難しいことなので模索している最中です。

    ―― X(旧Twitter)での反響について一言コメントをお願いします

    よね社長 最初に別の方があげられた投稿を見て、想像以上にバズっていたので純粋に驚きました。ここまで大きな話題になるとは思っていなかったです。まさか自分の引リツも伸びると思っていなかったので「有難う御座います。バズってますね」と普通の反応をしてしまいましたが、その直後にそれも大きく伸びていきました。ここまで伸びるなら普通のコメントではなく、もっとしっかり考えたコメントを書けばよかったなと反省しております。

     ただ驚きの声や応援が多く寄せられた事について、驚きの反応を見て、自分が外部から見た時の期待や責任を再認識できたと共に、それらの期待に対して応えていかなければならないという強い使命感を今一度 感じました。また応援の言葉も多かったので素直に嬉しく思っております。

    よね社長こと米岡功二さんの近影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】タイヤを転がし続けて16年!? マルゼンCMが令和にバズる CM誕生のきっかけや16年継続した理由を本人に聞いた】の続きを読む



    まさか課長と部下がサロンパスのCMで共演するとは思いませんでした!面白そうだな。

    女優の広瀬アリス(29歳)が、発売90周年を迎える、久光製薬の経皮鎮痛消炎プラスター剤「サロンパス」ブランドの新イメージキャラクターに起用され、5月31日より新CM「すぐ貼る課 登場」篇の放映を開始する。


    ついつい放っておいてしまう身体のちょっとしたコリに、すぐ「サロンパス」を貼ってほしいという使命を掲げる特命組織“すぐ貼る課”の課長役として、広瀬が登場。部下役のCGキャラ“はるお”とタッグを組み、コリに悩む現代人に「サロンパス」を勧めるシーンを通じて、すぐに貼って今日の疲れを癒やし、元気な明日を迎えてほしいという思いを込めた、「今日貼って、いい明日」というブランドメッセージを訴求していく。


    肩こりに悩む女性の前に、思いも寄らない場所から姿を現す広瀬たちの登場シーンをはじめ、「すぐ貼る課 課長の広瀬です!」と自己紹介する時の表情、部下の“はるお”をCGだと紹介する茶目っ気たっぷりの挨拶など、思わずクスッと笑ってしまう見どころ満載のCMが完成した。


    撮影終了後のインタビューで、広瀬は「初めての課長役でしたが、正直まったく課長感がなかったです(笑)。でも、楽しく撮影させていただきました」とコメント。

    また、「サロンパス」の新CMキャラクターに選ばれた心境を聞かれると、広瀬は「学生の時から知っている広告でしたので、とても嬉しかったです。貼るサロンパスしか知らなかったのですが、今回いろいろな種類があることを知って、撮影で大変な時や体を動かすアクションシーンがある時、貼りたいなと思いました」と語った。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】“課長”広瀬アリス、“部下”CGのはるおと「サロンパス」新CMに】の続きを読む


    吉高由里子が今回、どん兵衛CMでオススメされる側になった理由は、彼女の存在そのものが食欲をそそりますね。彼女が食べる姿を見てると、自然と食べたくなりますよね

    1 ネギうどん ★ :2024/05/29(水) 10:45:53.11 ID:yC3Hm6CD9
     日清食品は「どん兵衛」の新テレビCM「どん兵衛食べてほしい篇」を5月23日より全国にて放送開始。起用されたのは、女優・吉高由里子と俳優の板垣李光人だった―のだが、耳と尻尾をつけた「どんぎつね」のキャラクターを板垣が、そして吉高が「お姉さん」を演じる展開に、驚きの声があがっている。

     同日、吉高と板垣のインタビューがオリコンのYouTubeチャンネル「oricon」で一部公開された。

    「え、私、きつね、どっち…みたいな気持ちがまずあったりとか、嬉しかった気持ちも、もちろんですけど…」

     と吉高。オファーを受けた直後は戸惑いもあったという。板垣も同様のコメントだ。

    「ボクもまったく一緒で、最初“どっちだろう”って思いました。お話聞いた時は、きつねのほうかなとか同じことを思って、そうしたら『どんぎつね』ってことで、スゴい嬉しかったです」

     俳優でシンガーソングライター・星野源と、女優・吉岡里帆のコンビで「どん兵衛」のTVCMが流れたのは、2017年。「どんぎつね」に扮した吉岡の可愛さがインパクトを残したこともあり、吉岡はORICON NEWS発表の「2017年ブレイク女優ランキング」で1位を獲得した。

     それにしても、「どん兵衛を食べる人」が、かつての星野から、現在35歳の吉高に変更(食べてはおらず「食べてほしい」とおねだりされる)された経緯にはいったい何があったのか。食品ライターがあるデータをもとに推察する。

    「2012年のことですが、日本即席食品工業協会が、全国の15~69歳の男女3000人を対象に、『昨年と比較して、カップめんを摂取する機会が増えたと思うか』アンケートを行ないました。『増えた』『やや増えた』の項目に着目すると、合計が男性20.1%に対し、女性は22.5%とやや多いです。また、年代別の女性を見ると、15~19歳が33.2%でもっとも多く、次いで30代の29.8%に。30代の男性は22.2%ですから、こちらも女性のほうが多いことになります。かなり以前の統計ではありますが、このペースで行けば、女性、それも30代の女性がカップめんを食べる人は毎年増えていると言えなくもないかもしれません」

     バリバリはたらく女性の割合も昔よりも多くなっているとすれば、「増えた」「やや増えた」と思っている女性は、さらに増加しているのかも。そんなことも今回の人選と関係あるのかどうか。何バージョンも制作された星野・吉岡コンビのように、今後の板垣どんぎつねと吉高お姉さんの展開が気になる。吉高が満を持してどん兵衛をおいしそうに食べる日も近そうだ。

    https://asajo.jp/excerpt/214297


    (出典 news.biglobe.ne.jp)

    【【どん兵衛新CM】吉高由里子が「どんぎつね」ではなくオススメされる側になった“理由”を考察】の続きを読む



    「ゼクシィ」CMで二人が初の試みに挑戦するとは、ますます注目度が高まりそうですね。

    【モデルプレス=2024/05/22】女優の茅島みずきと俳優の兵頭功海が、2年連続でゼクシィCMガール&ボーイを務めることが決定。23日より新テレビCMゼクシィアプリ「私も、ゼクシィです」式場探し篇(15秒)が放映される。

    【写真】茅島みずき&兵頭功海、2年連続“新郎新婦”に

    茅島みずき&兵頭功海「ゼクシィ」CMガール&ボーイ続投

    今回のCMでは、茅島と兵頭演じる新郎新婦がソファで楽しそうに話す様子をバックに、アニメキャラクターになった2人が画面狭しと『ゼクシィ』アプリを紹介する。

    キャラクターになった兵頭が『ゼクシィ』誌面で結婚式場を探し、気に入った式場に「いいね!」と付箋を貼ると、こちらもキャラクターになった茅島がアプリを使って「いいね!からのすぐ予約」と応酬。同じ会場を選んでいたことに気付いた2人は、「おそろ~」と口をそろえて喜ぶ。オリジナルのアニメーションと2人の仲むつまじくほほ笑み合う様子が交差する、ポップでキュートなCMが完成した。(modelpress編集部)

    茅島みずきコメント

    今年もゼクシィCMガールを務めさせていただけること、とても嬉しく思います。2人らしい幸せでかけがえのない瞬間になりますように、CMを通して引き続き全力で応援させていただきます!

    ◆兵頭功海コメント

    今年もゼクシィCMボーイをやらせていただけるということで、とても嬉しいです。撮影中、茅島さんと2人でいろいろな話をしてたくさん笑って、そんな2人ならではの空気感が今回のCMにはにじみ出ていると思います!!

    結婚って本当にすてきだなと思えるポップでキュートなCMになっていると思います。今年もよろしくお願いします!!!

    【Not Sponsored 記事】

    兵頭功海、茅島みずき/新TVCMゼクシィアプリ「私も、ゼクシィです」式場探し篇(提供写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】茅島みずき&兵頭功海「ゼクシィ」CMガール&ボーイ続投決定 初の試みも】の続きを読む



    小芝風花とドラえもんのコンビネーション、最高です!

    【元記事をコミックナタリーで読む】

    ドラえもんが出演する、日清オイリオグループ「日清やみつきオイル」CMシリーズの第1弾「『ド満足』篇」が、明日5月17日より全国で放映される。

    【画像】「ド満足ー!」な笑顔を浮かべるドラえもん

    ドラえもんは女優の小芝風花とともに、「日清やみつきオイル」の新CMに出演。CMはドラえもんと小芝がふたりで仲良く「ドれ選ぶ?」と話しながら、好きな「日清やみつきオイル」を選ぶシーンから始まる。小芝はタンドリーチキンに「衝撃のカレーオイル」をチョイス。ラストシーンでは2人でお腹をさすりながら、声を合わせて「ド満足ー!」と幸せそうな表情を浮かべた。

    小芝はドラえもんとの共演について「うれしかったです! (ドラえもんは)国民に愛されているキャラクターなので、まさか一緒に出演させていただける日が来るとは……!と思いました」とコメント。また「ドラえもんに1つお願いごとができるとしたら?」という質問には「四次元ポケットをください! あのポケットさえあれば無敵だから……! 1個道具をと言われたら『どこでもドア』が欲しいですね。割とずっと寝ていたいタイプなので、仕事現場に一瞬で行けたらギリギリまで寝れるなあー、と思って。できれば四次元ポケットがほしい……!!(笑)」と語った。

    「日清やみつきオイル」CMシリーズの第1弾「『ド満足』篇」より。(c)Fujiko-Pro, Shogakukan, TV-Asahi, Shin-ei, and ADK


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】ドラえもんが小芝風花とCMで共演、日清やみつきオイルに幸せ笑顔で「ド満足ー!」】の続きを読む

    このページのトップヘ