芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 映画


    おめでとうございます!日本のアニメが世界で評価されることは素晴らしいですね。

    【【芸能】「窓ぎわのトットちゃん」が仏アヌシー映画祭でポール・グリモー賞受賞!】の続きを読む



    (出典 bungakubu.com)


    「原作者が激怒」というニュース、驚きました。

    1 muffin ★ :2024/06/15(土) 19:53:08.71 ID:OOsEwc/r9
    https://magmix.jp/post/237187
    2024.06.15

    先日配信したマグミクスの「『すべて違ってる』『悔しかった』 何が起きた?「原作者が激怒」したアニメ」という記事で、「原作者が苦言を呈したアニメ」について取り上げたところ、記事に多くのコメントが寄せられました。そのなかでも多かったのが、2006年にスタジオジブリが制作した、宮崎吾朗監督のアニメ映画『ゲド戦記』に関する反応です。

    「原作者激怒、記憶に鮮明なのは『ゲド戦記』」
    「『宮崎駿が監督すると聞いていた』と怒られたそう」
    「『ゲド戦記』は原作者が激怒するのも理解できた…」

    などの声が上がっていました。はたして、実際はどんなことが起こっていたのでしょうか?

    中略

    2006年8月アメリカでル=グウィン氏のために試写会が開かれます。宮崎吾朗監督と対面して感想を求められたル=グウィン氏は、「It is not my book. It is your film. It is a good film. (これは私の本ではない。あなたの映画であり、良い映画です)」と答えたそうです(「ゲド戦記監督日誌」2006年8月7日)。

    そして同月、ル=グウィン氏は日本のファンからの質問に答える形で、公式ホームページに映画『ゲド戦記』についての感想を記しました。

    「本の著者に『どうしてあの映画は……』と質問してもむだです。著者も『どうして?』と思っているのですから」というまえがきから始まる文章は、かなり辛辣なものです。

    まず、これまでの経過について、ル=グウィン氏は、交渉時には宮崎駿監督が責任を持つと言っていたのに実際には制作にまったくタッチしていないこと、「引退するつもり」だから息子にこの作品を作らせたいと述べていたのに結局引退しないで次回作を制作していたことに、怒りと失望を露わにしています。

    作品自体については「全体としては、美しい映画です」と認めながら、『トトロ』のような細密な正確さも『千と千尋』のような豊かなディテールもないとして、登場人物たちによる暴力も原作の精神に大きく背くものだと指摘しています。

    さらにストーリーの統一性と一貫性のなさ、作品の掲げるメッセージに疑問を呈し、全体的な説教臭さ、「父*」の意味不明さ、さらには悪役「クモ」を倒して終わることによって物語が解決してしまう単純さを批判していました。

    ル=グウィン氏は、原作と映画は異なるものだと承知しつつも、「同じ題名を冠した、40年にわたって刊行の続いている本を原作にしたと称するからには、その登場人物や物語全体に対して、ある程度の忠実さを期待するのは当然ではないでしょうか」「本だけでなく、読者をも軽視するこのやり方は、疑問に思います」と記しています。

    全文はソースをご覧ください

    (出典 magmix.jp)

    【【アニメ】「原作者が激怒」はなぜ? ジブリ『ゲド戦記』は何が問題だったのか】の続きを読む



    (出典 conan-mobile.jp)


    完璧な声優さんがそろっていた中で、やはり1位は納得ですね。あの女優の演技は見事で、劇場版を盛り上げてくれました。

    1 muffin ★ :2024/06/12(水) 17:40:21.26 ID:+roQgeuF9
    https://eiga.com/news/20240612/7/

    公開中の「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」が、6月2日までの公開52日間で、観客動員1006万人、興行収入144億円を突破し、シリーズ初の観客動員数1000万人を達成しました。これを記念して、劇場版「名探偵コナン」シリーズの「ファンが選んだ好きなゲスト声優トップ10」を発表。
    中略

    【劇場版「名探偵コナン」 好きなゲスト声優トップ10】

    第1位:天海祐希/第20作「純黒の悪夢(ナイトメア)」 878票
    第2位:大泉洋/第27作「100万ドルの五稜星」 468票
    第3位:白石麻衣/第25作「ハロウィンの花嫁」 391票
    第4位:沢村一樹/第26作「黒鉄の魚影(サブマリン)」 259票
    第5位:柴咲コウ/第17作「絶海の探偵(プライベート・アイ)」 253票
    第6位:山崎育三郎/第23作「紺青の拳(フィスト)」 251票
    第7位:浜辺美波/第24作「緋色の弾丸」 225票
    第8位:上戸彩/第22作「ゼロの執行人」 213票
    第9位:福士蒼汰/第18作「異次元の狙撃手(スナイパー)」 135票
    第10位:吉岡里帆/第21作「から紅の恋歌(ラブレター)」 108票

    2位に400票以上の差をつけて第1位に輝いたのは、2016年公開の第20作「純黒の悪夢」の天海祐希さん。オッドアイを持つ謎の女性キュラソー役で、ゲスト声優として初めて「黒の組織」のメンバーを演じました。
    中略

    【主なコメント】
    「演技うますぎます。組織として対峙するところと、少年探偵団に対して優しく接するシーンでの声のトーンや息遣いを見事に使い分けていて素晴らしいです。必死に少年探偵団を守るシーンが素敵で、ラストシーンの『止まれーー!!』というセリフに圧倒されました」

    「記憶のなかった状態から少年団との触れ合いで人としての心の変化を見事に演じられていて驚きました。ラストの絶叫には胸のつまる思いでしたし、キュラソーの気持ちを思うとウルウルしてしまいました。声優さんにもひけをとらない名演技だったと思います」

    「演技力がすごい! 黒の組織の一員であると言う悪役声、記憶喪失になった女の人の声、探偵団と楽しく話す声、映画の中で流れる声全てに引き込まれる」

    続き・全文はソースをご覧ください


    (出典 eiga.k-img.com)

    【【芸能】劇場版「名探偵コナン」ファンが選んだ歴代最高ゲスト声優ランキング ぶっちぎりの1位はあの女優「声優さんにもひけをとらない名演技」】の続きを読む


    スター・ウォーズは宇宙を舞台にしたファンタジー

    1 ネギうどん ★ :2024/05/31(金) 10:21:30.74 ID:nqG+DOKh9
    『スター・ウォーズ』生みの親であるジョージ・ルーカスは、映画業界への貢献が認められ、第77回カンヌ国際映画祭で最高栄誉パルムドールが贈与された。映画祭の閉会式でルーカスは談話に応じ、『スター・ウォーズ』は白人キャラクターばかりであるとする一部の批判に意義を唱えた。米Varietyが伝えた。

    ルーカスは「“みんな白人じゃないか”と言われるのですが、大体がエイリアンですからね!」と述べ、「大きい者だろうと、毛に覆われた者だろうと、緑色だろうとなんだろうと、全ての人々は平等であり、ありのままを受け入れる、そういう考え方です」と、『スター・ウォーズ』銀河の原理を説明。さらに次のように続けた。

    「あれは、人は常に何かを差別していて、早かれ遅かれそうなるのだ、ということを言いたかったんです。AIでもそういうことが既に始まっていますよね。“あのロボットは信用できない”って。」

    オリジナル3部作では、ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、レイア・オーガナが、プリクエル三部作はアナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービが主要人物として描かれた。確かに彼らは白人俳優が演じているが、大事なキャラクターは他にもいることをルーカスは話している。「1作目(『新たなる希望』)では、肌の暗いチュニジア人が何人か出ていたし、2作目(『帝国の逆襲』)ではビリー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン役)を起用しました」。プリクエルでは「これも批判されたけど、サム・ジャクソンを起用した。それもランドのような悪党ではなく、トップのジェダイ役ですよ」と振り返っている。

    ディズニー売却後の続編映画については、「多くのアイデアが失われた」と失望も隠さないルーカスだが、多種多様なキャラクターを登場させるというアイデアについては、ディズニー傘下でもひとまず守られている。続三部作では、黒人のキャラクターであるフィンが主要人物として描かれている。

    ただしフィンは、作品を追うごとに明らかに出番が減っていき、演じたジョン・ボイエガもそのことについて直接的な批判を口にしたことがある。「黒人キャラクターを、シリーズで必要以上に大々的に売り出しておいて、それなのに脇に追いやる。そんなことはしないで欲しい。良くない」。

    https://theriver.jp/lucas-sw-white-men/

    【【映画】『スター・ウォーズ』は白人ばかりとの批判にジョージ・ルーカス反論「だいたいエイリアンだぞ」】の続きを読む


    エヴァの続編が製作されるとしたら、どんな展開になるのか気になりますね。

    2 社説+で新規スレ立て人募集中 :2024/05/12(日) 18:38:53.61 ID:xmvpGy8Z0
    エヴァ-1.0

    【【庵野秀明監督】「エヴァ」続編は「あるかもしれない」】の続きを読む

    このページのトップヘ