芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 俳優



    (出典 prtimes.jp)


    中村獅童さんの言葉には、愛情と強さが感じられました。息子さんが幸せになれるよう、一生懸命サポートしていることが伝わってきますね。

    1 冬月記者 ★ :2024/06/14(金) 22:09:35.83 ID:lWs0OQQ49
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f8140ee3d1489d753abbd0e29fb0d4cb98cf7472

    中村獅童 両手の小指欠損の次男への思いを涙ながらに告白「乗り越えていくかは本人次第」


     歌舞伎俳優の中村獅童(51)が14日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)に出演。長男・小川陽喜(はるき)さん(6)、次男・小川夏幹(なつき)さん(3)とともにスタジオに登場し、次男への思いを涙ながらに語った。

     獅童は昨年11月、「十二月大歌舞伎」の取材会で次男・夏幹さんについて、両手の小指が欠損していることを公表した。

     しかしこの件を公にすることは当時「めちゃくちゃ悩みました」と振り返る。それでも「本人が歌舞伎をやりたいということを言ったときに何とかかなえてあげたいと思った」と公表に至るまでの思いを明かした。

     ただ「本人はまだ分かっていないので。今は幼稚園に入って周りは普通に接してくれてるみたいで。これから小学校に上がった時、徐々に自分の置かれた状況が分かってくる。その時に表舞台に立つ仕事ですから、みんなと違うということで嫌になるのか、それを乗り越えていくかは本人次第。これから彼がどう捉えてくれるかということですね」と将来を見据えた。

     また「アメリカでは“Challenged”って言う言葉があって」神様から挑戦という使命や課題を与えられた人を意味する。障がいがあるがゆえの体験をポジティブに生かそうという考えがある。その言葉に出会い、獅童は「とってもいい言葉だと思ったんです」と話す。

     そのうえで「せっかくこういう仕事をやらせていただいてるから、彼には同じことで悩まれてる皆さまに勇気を与えられるような役者になってもらいたいという思いがある」と告白。

     続けて「これから彼にしか分からない悲しみが出てくる。でも役者だったら悲しみを乗り越えて芝居につなげることができたら僕は敵わないと思う」と目に涙をためながら、次男に寄せる思いを打ち明けた。

    【【芸能】中村獅童 両手の小指欠損の次男への思いを涙ながらに告白 「乗り越えていくかは本人次第」】の続きを読む


    チェンさんの日本語あいさつ、とても上手ですね!日本のファンもとても喜んでいるでしょう。また日本での活動を楽しみにしています。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/06/11(火) 21:05:52.48 ID:AtuTsubd9
    [2024年6月11日19時22分]

    中国の俳優ジャッキー・チェン(70)が11日、東京・丸の内ピカデリーで行われた主演の中国映画「ライド・オン」(ラリー・ヤン監督)集大成舞台あいさつに登壇した。来日は、約13年ぶりとなる。
    「皆さん、こんばんは! お久しぶりです。映画見た!?」と日本語であいさつし、観客から「おかえり」とコールを浴びた。ジャッキーは「本当にとってもうれしい」と満面の笑みを浮かべ、右手を振った。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202406110001034.html

    【【芸能】ジャッキー・チェン、日本愛で実現13年ぶり来日「お久しぶりです、映画見た?」日本語あいさつ】の続きを読む


    水曜どうでしょうの発明コーナーは本当に面白かったです!

    1 夜のけいちゃん ★ :2024/06/10(月) 12:44:23.20 ID:xEGeD/pN9
    6/10(月) 12:38配信
    スポニチアネックス

    俳優の大泉洋(51)が9日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(後10・00)に出演。出世作となった北海道テレビの伝説の番組「水曜どうでしょう」について語った。

     演劇研究会所属の大学生で教育実習も受けていた大泉。ローカル番組の出演をきっかけに、同番組と出会った。1996年に放送開始。深夜番組ながら高視聴率で、全国各地で放送されるように。

     親からは「30歳までには定職に就きなさい」と言われていたが「『水曜どうでしょう』はやっぱり楽しいし。ここから普通の仕事には就けない。ここから教師には恥ずかしくてなれない。この仕事で生きていくしかないって感じになった」と振り返った。

     番組の魅力についても話し「あの番組の発明は何かって言うと、演者を撮らないこと」。車の移動シーンでは、車内での大泉とスタッフの会話を、声のみで放送したことも。「これをやる人、あんまりいない。(ディレクター兼カメラマンの)嬉野さんって、記録用に撮る車窓が長い。ずっと車窓を撮ってる。据えたカメラを動かさないっていう美学がある。俺がしゃべり始めても動かさない。そうすると、声だけが残る。それが異常に面白かった。俺と(ディレクターの)藤村さんのただの会話が偶然録音されてるのが1番面白い」と熱弁した。

    ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/6b8d315ec998b2c65282d57ee910f93bc5f2d2a6

    【【芸能】大泉洋が語る「水曜どうでしょう」の“発明”とは 「それが異常に面白かった」】の続きを読む


    10刷目の重版というのはすごいですね!ますます人気が高まっているんだなと感じます。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/06/09(日) 18:20:18.17 ID:xhwU1r/19
    2024-06-09 12:00

     2020年1月に発売された俳優・今田美桜(27)の2nd写真集『ラストショット』(講談社)が、発売から4年近く経過した現在もロングセールスを続け、9度目の重版が決定した。合計で記念すべき10刷となり、累計発行部数7万部(デジタル版を除く)を達成する。

     本作は2019年、ほほ笑みの国・タイで撮影。当時22歳の今田のみずみずしい表情、熱気あふれる街でみせる女優としての表現力、リゾート地で披露した貴重な水着姿など、多彩な魅力が存分に全144ページにわたり収録されている。

     9度目の重版を記念し、同書のデジタル版に特典として収録されているカットから1点が特別公開。写真集の裏表紙に採用されている夕景のシーンのアザーカットで、夕焼けで赤く染まるタイの海辺で、真紅のワンピースを身にまとった今田が立ち尽くす、まるで絵画のようにドラマチックな一枚となっている。

     現在日本テレビ系で放送中の連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』(毎週土曜 後9:00)の主演を務めるるほか、CMや雑誌にも多数出演中。2025年度前期のNHK連続テレビ小説『あんぱん』のヒロインも決定し、飛躍が続いている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2330847/full/


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    【【芸能】今田美桜、4年前刊行の大ヒット写真集がまた重版 “大台”10刷で7万部達成・記念カット公開】の続きを読む


    アジア人であるだけで差別やいじめを受けることがあるなんて、本当に残念ですね。でも山崎さんのように立ち向かって前向きに乗り越える姿勢が勇気を与えてくれます。

    1 muffin ★ :2024/06/09(日) 19:04:00.74 ID:gIX4tvaK9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a44a3b0c8d00da5394cb7dea00a8f7152086dbc9
    6/9(日) 18:51配信

    歌手で俳優の山崎育三郎(38)が8日、TBS系で放送された「人生最高レストラン」に出演。高校時代にアメリカに留学していたことを振り返った。

    4人兄弟で、長兄、次兄も米留学しており、長男から、英語上達のため、田舎の学校に行くようアドバイスされたという。選んだのは、「2000人の生徒で、僕だけアジア人」という学校。しかし、入学初日、体の大きな生徒3、4人に囲まれ、「バンッって投げ飛ばされた」という。「(なぜ?)差別です。もうアジア人、っていうだけで、頭をバンッ!と叩かれて」とアメリカでのいじめを明かした。

    「みんな(僕を)からかうし、笑ってくるし。萎縮しちゃって、怖いから。とにかくみんなに合わないように、授業の合間はトイレに隠れて、みんなが入ってから教室に戻る、それを3カ月ぐらいずっとやってた。ただ、(先に留学した)自分のお兄ちゃんたちが乗り越えたのが悔しくて」と話した。

    そんな時、ダンスパーティーがあり、1人で参加。500人ほどの生徒の真ん中で、歓声を浴びながら踊るダンスの上手な生徒の姿に、山崎も意を決して「うわぁ~!」と声をあげながら円の真ん中へ。ヒップホップに合わせて、ミュージカルダンスを踊ったところ、同じクラスの女の子が「IKU(イク)!!」と声をあげてくれ、それをきっかけに「500人が『IKU!IKU!』。IKUコールになったんです(笑)」。

    「もうその日を境に、次の日から、大スター」と全てが変わったそうで、

    続きはソースをご覧ください

    【【芸能】山崎育三郎、高校時代の米留学で受けた差別といじめ「アジア人っていうだけで頭を叩かれて…」逆境を変えた出来事明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ