芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:音楽家・歌・舞台 > アーティスト


    紅白で後ろを陣取ってお背中を凝視してしまうなんて、なんだかロマンチックなエピソードですね。

    【【芸能】椎名林檎が告白!初対面で見惚れた有名人とは?】の続きを読む



    (出典 natalie.mu)


    大反響

    1 muffin ★ :2024/06/14(金) 23:17:49.05 ID:xT7LdXYl9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1d6005a723ee6b6e332517a7e26603ba809ae09
    6/14(金) 22:13配信

    テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」が14日、放送された。人気バンド「Mrs. GREEN APPLE」は、ミュージックビデオ(MV)が公開停止となった新曲『コロン*』ではなく、新曲『Dear』と、同番組では6年ぶりとなる『青と夏』を披露した。

    『青と夏』は、同番組企画の「青春夏うた」ランキングで1位を獲得。番組の最後でミセスが『青と夏』を披露した。ボーカルの大森元貴は歌唱後、「本当に歌を歌える環境に感謝です。ありがとうございました」と締めくくった。

    この最後のコメントに対するX(旧ツイッター)での反響は大きく、「どんな気持ちでこの言葉を発したのか胸がギュッとなった」「もっくんの最後の言葉が全てだろうな!」「最後のもっくんのコメントでまた泣いた」「もっくんの涙堪えてたのわかったよ」「ミセスの歌をきける環境に感謝感謝」「出演しないという選択も出来ただろうに堂々とパフォーマンスし大したもの」などのコメントが相次いだ。

    同バンドは12日にデジタルリリースした新曲「コロン*」のMVの内容について「人種差別を助長しかねない」などと非難の声が殺到し、ネット上で炎上。MVは公開停止となり、ボーカルの大森が謝罪文を公表する事態となった。

    【【芸能】Mrs. GREEN APPLE・大森元貴、Mステ歌唱後のコメントにSNSで涙の反響「胸がギュッと」「最後の言葉が全て」】の続きを読む


    やはり歴史や文化に関わる表現は慎重に行わなければなりませんね。

    1 muffin ★ :2024/06/13(木) 14:59:34.35 ID:+FN7JmXs9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e7f1c4ddc6453704ed36f8b644d6b0e1c4dd5c3a
    6/13(木) 14:40配信

    ロックバンド「Mrs.GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)」は13日、前日12日にリリースしたばかりの新曲「コロン*」のMV(ミュージックビデオ)の内容について「理解に欠ける表現があった」として謝罪。レコード会社「ユニバーサル ミュージック合同会社」は、当該MVの公開を停止することを発表した。

    「コロン*」は、ボーカル・大森元貴が大航海時代の探検家クリストファー・コロン*に、若井滉斗がナポレオンに、藤澤涼架がベートーヴェンに扮し、「もしも生きた時代の異なる偉人たちが一緒に旅をしたら?」「道中で500万年以上もの時を越えて出くわした類人猿たちとのホーム・パーティー」という、想像の物語を描いた。「コカ・コーラ」Coke STUDIOキャンペーンソングに起用されていた。

    MVの中では、猿の着ぐるみを着た出演者にピアノを教えるなど“文明を学ばせる”ようなシーンが描かれた。また、猿の着ぐるみを着た出演者に人力車を引かせる様子も描かれ、「コロン*による教化と奴隷扱いを正当化している」などとして物議を醸し、ネット上でトレンド入り。議論が活発化していた。

    ユニバーサルミュージック合同会社は、これらの声を受け「本映像はMrs. GREEN APPLEの所属レーベルであるEMI Recordsと所属事務所Project-MGA で制作いたしましたが、歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていたため、公開を停止することといたしました」と発表。「当社における公開前の確認が不十分であり、皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「今後はこのような事態を招くことのないよう細心の注意を払い、皆様にお楽しみいただける作品をお届けしてまいります」と呼びかけた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【【芸能】Mrs.GREEN APPLE 新曲「コロンブス」MVを公開停止し謝罪「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現があった」】の続きを読む


    YOASOBI現象をきっかけに、日本の音楽やアニメ、ファッションなど、様々な分野で日本文化が注目されているようですね。

    1 @仮面ウニダー ★ :2024/06/10(月) 12:07:32.60 ID:N1E9uUIF
    「ガラパゴス」という言葉は、〝独自の進化によって世界の潮流から取り残される〟という批判的な意味で使われることが多い。
    だが、国際投資アナリストの大原浩氏は、日本の「ガラパゴス文化」こそ、経済的武器になると強調する。
    かつては日本の浮世絵が世界の美術に影響を与えたが、現在は日本の音楽ユニット「YOASOBI(ヨアソビ)」が
    世界でヒットするなど、第2次ジャポニスム(日本趣味)」の時代が到来しているというのだ。

    「クール・ジャパン」という言葉は最近あまり聞かなくなった。しかし、それは決して国策の失敗ではない。
    むしろ、日本がクール(かっこいい)ということが世界中に認知されたから、「ジャパン」という言葉が、
    かっこよさの象徴となったといえる。

    そのかっこよさを世界に知らしめたのが日本のマンガ、アニメ、ゲームなどである。
    安倍晋三元首相が2016年のリオデジャネイロ五輪の閉会式でマリオに扮(ふん)して登場し、
    世界を沸かせたことは読者もよくご存じのはずだ。

    音楽分野でも「日本のかっこよさ」が認識されつつある。昨年、YOASOBIの「アイドル」が
    米ビルボード・グローバル・チャート「Global Excl.U.S.」で首位を獲得したことが話題になった。

    この「YOASOBI現象」を理解するには。音楽プロデューサー、山口哲一氏の鋭い分析が参考になる。

    日本の音楽業界はそれなりに大きな市場だったため、日本市場での成功ばかりを考えていた。たまに「海外進出」と騒がれても、
    結局は「海外に進出したという事実で(日本国内で)箔(はく)をつける」以上の意味はなかったという。

    製造業において「日本品質」という武器を持ちながらも、「広告・宣伝」といった売り込みが弱いといわれたことと共通した現象である。

    だが、人口減少が進むなかで、「本当の意味で海外を意識した活動」を行ったのがYOASOBIなのだという。

    過去にも日本が注目された時代があった。マネ、モネ、ゴッホなどの画家が浮世絵の影響を受けていることは有名だ。

    1862年の第2回ロンドン万博では日本コーナーが設けられ、67年の第2回パリ万博には幕府と薩摩藩、佐賀藩などが出展した。

    73年のウィーン万博には明治政府が参加し、約1300坪の敷地に建てられた神社と日本庭園を含め、広範囲の出品を行った。

    日本の寺社建築は、聖徳太子が招聘(しょうへい)した宮大工の1人が578年に設立した「金剛組」という現存する世界最古の
    会社に遡(さかのぼ)る。日本文化は少なくとも1400年以上にわたって「独自のスタイル」を磨き上げてきたのだ。

    世間では「ガラパゴス」と揶揄(やゆ)されるが、その「世界のどこにもない独自性」こそが、経済的にも「戦略的武器」になる。

    ただ、「第2次ジャポニスム」の流れが形作られるなかで、経済的に成功させるには「非日本的手法」を取り入れる必要がある。

    前出の山口氏によれば、「韓国の音楽業界は、徹底的にジャニーズ(当時)を始めとする日本の音楽業界を研究」したのだそうだ。

    日本人の謙虚さは世界が憧れる美徳の一つだが、世界に売るためには少々のずうずうしさが必要に思える。
    「誰も知らなければ誰も買わない」というのは否定できない事実である。

    「ガラパゴス文化」を「非ガラパゴス的手法」で世界に広げることが、音楽業界にとどまらず、
    日本の産業が目指すべき道ではないだろうか。
    ■大原浩

    2024.6/10 06:30
    https://www.zakzak.co.jp/article/20240610-Q4UHFU6P7FJT5A3HBJPPU7LISE/

    【【芸能】世界で「YOASOBI現象」第2次ジャポニスム時代が到来 世間で揶揄のガラパゴス文化こそ日本の経済的武器に】の続きを読む


    すごいですね!108杯ものわんこそばを食べるなんて、まさにプロフェッショナルですね。お腹が大丈夫なのか心配ですが、健康に気をつけて欲しいです。

    1 冬月記者 ★ :2024/06/10(月) 15:32:51.02 ID:p7eGiTDH9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/da637d672ac87b0904163690ff40782ff1342947


    (出典 i.imgur.com)



    ラルクHyde わんこそば108杯達成に「生命の危機を感じました」

     ロックバンド「L‘ark~en~Ciel」のHyde(55)が10日「X」(旧ツイッター)を更新。わんこそばで108杯を達成したことを報告した。

     Hydeは100杯以上を達成した者がもらえる「証明手形」を手にした写真を貼付。手形には「わんこそば108杯平らげました 立派です」と記されている。

     とはいえ、かなりキツかったようで「生命の危機を感じました」とつづっている。ハッシュタグで「東屋」と添えられており、盛岡の老舗わんこそば屋を訪れたものと思われる。

     わんこそばは、一般男性で60杯前後が平均と言われており、フォロワーからは「108杯はすごい」「感服しました」「よくそんな過酷な試練を耐えましたね」と驚きの声が寄せられている。

    【【芸能】ラルクアンシエルのHyde わんこそば108杯達成 「生命の危機を感じました」】の続きを読む

    このページのトップヘ