共演NGにされていたというのは意外です。

【モデルプレス=2024/05/26】お笑いタレント明石家さんまが、25日放送のMBS「痛快!明石家電視台」(午後3時~)に出演。人気アイドルから「さんまさんを控えていました」と告白される場面があった。

明石家さんまを“共演NG”にしていた人気アイドル

さんま、“共演NG”にされていた人気アイドルと対面

今回、番組にゲストとして登場したのは、さんまと初共演のWEST.の小瀧望。さんまから「『さんま御殿』も出てない?」と自身がMCを務める番組に出演した経験はないのか尋ねられると、「僕『さんま御殿』控えていて…実はさんまさんを控えていまして」とさんまとの共演を避けていたと明かした。

「さんまさんとちゃんとお会いするのは初めてなんですけど、レジェンドじゃないですか」と凄さを語るも「『ほいで?』というので寿命が縮まりそうで…」と番組でさんまからの問いかけを恐れていたという小瀧。「ほいでハラスメント!ほいハラ」とユーモアを交えつつさんまに理由を伝えた。

そのため、『さんま御殿』については「マネージャーとかに他のメンバーとかどうかな?」と出演を断るように依頼していたという。今回の共演については「スケジュールが入ってまして…盲点」と語っていた。

また、メンバーの濱田崇裕がさんまと共演した際の出来事についても触れ、「『ほいで?』に対応できなくて…」と頭が真っ白になったというエピソードを振り返り「あの空気が怖くて…デビューして10年なんですけど控えさせていただいていた」「今日は、5年寿命削って来ています!」と話し、共演者からは「大丈夫!」と励ます声が飛んでいた。(modelpress編集部)

情報:MBS

【Not Sponsored 記事】

明石家さんま(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)