事実無根な情報を拡散することは非常に問題だと思います。

芸能事務所・アミューズは5月23日、暴露系インフルエンサー・滝沢ガレソ氏の投稿により「星野源の名前を挙げての憶測が拡散」していることを受け、「星野源において当該投稿にある事実は一切なく、また当社が記事をもみ消した事実も一切ありません」と強く否定した。


アミューズ法務部のTwitter(X)は23日、「滝沢ガレソ氏によるXでの投稿に関連して、アミューズ所属の星野源の名前を挙げての憶測が拡散され当社にも多くのお問合せが寄せられています。星野源において当該投稿にある事実は一切なく、また当社が記事をもみ消した事実も一切ありません。虚偽の情報の拡散、発信には法的措置を検討いたします」とコメント。

そして「滝沢ガレソ氏の投稿に関して」と題した文書を投稿した。全文は次の通り。  

※※※ ※※※ ※※※


滝沢ガレソ氏による「超有名女優とドラマ共演して電撃結婚した男性歌手がNHKアナウンサーと不倫をしており、その男性歌手の所属事務所が10億円を払って記事をもみ消した」との趣旨のXでの投稿は当社所属の星野源のことを言っているのではないか、との指摘がインターネット上で出ており、また当社にも多くのお問合わせが寄せられています。

しかし、星野源に関してそのような事実は一切ありません。
また、当社が記事をもみ消したという事実も一切ありません。

当社所属アーティストを名指しし、あるいは名指ししなくても、当社所属アーティストであることが分かるような情報を示して虚偽の事実を摘示、投稿することは名誉毀損その他の違法行為に当たります。また、SNSなどを通じたアーティストに対する誹謗中傷などの違法な投稿、コメント、ダイレクトメッセージ等については、随時、証拠保全をおこなっています。
名誉毀損などの違法行為については、当社あるいは当該アーティストにて、法的措置を含む対応を検討いたします。

皆様におかれましては、憶測や虚偽の投稿にくれぐれもお気を付けください。


(出典 news.nicovideo.jp)