ADやスタッフの健康管理がおろそかにされている場面が少なくないですね。安全第一を徹底してほしいと思います。

千原ジュニア

お笑いコンビ・千原兄弟千原ジュニアが21日深夜、トーク番組『にけつッ!!』(読売テレビ)に出演。芸能界の“悪しき風習”について語った。

 

■収録中にAD倒れる

「テレビって変わっていかなあかんというか。気付いてなかったけど、悪しき風習がずっと続いてる」と切り出したジュニア。じつは以前、スタジオで番組収録しているときに、若い女性ADが倒れたそう。

受け身も取らず後頭部を打ち、現場は「(収録)止めろ!」「救急車!」「すぐ医務室に!」と騒然。ADは無事だったようだが、ジュニアは「バーンって倒れて。ほんまに亡くなったと思った…」と振り返る。

 

関連記事:千原ジュニア、酔った自分の“謎の行動”にびっくり 「ヤバいわ~!」

■「立ってる必要ない」

後から聞いたところ、ADは新入社員。その日が初の収録で、緊張や貧血が原因だったのではと推測した。

収録現場では当然のようにスタッフは立っているが、この出来事をきっかけに「立ってる必要ないやん」と感じたジュニア。「我々演者は座ってVTR見てる中…。言われたら動いたらええだけで。全員座って見てたらええやん」「パフォーマンスが下がるだけ」と持論を述べた。

 

関連記事:千原ジュニア、若いマネージャーの衝撃発言に絶句 「それで吉本興業は…」

■「座って」伝えると…

その後、自身MCの生番組に出演した際も、眠気に襲われフラフラするカメラアシスタントの女性が。「この間のことがあるから、めっちゃ怖いねん。それでCMなった瞬間に『座って』って言った」。

しかし、「眠たくなってたってことをその子は認めたくないから。『全然眠たくないですけど』って感じやった。隣でカメラマンの上司が立ってる。そこでやっぱり座られへんのやろうな。結局2時間立ちっぱなしだった」という。

自身の番組では、座るようスタッフに伝えていきたいといい「ADは立っておくもんだみたいなことが続いているけど。立ってていいことない」と述べた。

千原ジュニア、収録中にADが倒れ「亡くなったと思った…」 芸能界“悪しき風習”に持論


(出典 news.nicovideo.jp)