30年ものの高級外車とは、さぞかしスケール感が違うのでしょうね。

 音楽デュオ「コブクロ」のYouTubeチャンネルが5月10日に更新。メンバーの黒田俊介さん、事務所会長の坂田美之助さんの愛車を紹介しており、ファンからは「黒田さんの車を見られて嬉しい」「さすがミノスケ会長!」など反響が寄せられています。

【画像】黒田さん初披露の“30年モノ高級外車”

●愛する30年前製造の1台を初めて公に

 黒田さんは、「恥ずかしいんですけど、ついにポルシェ964ターボを」と初公開だという愛車「ポルシェ911 964型」を紹介。

 約30年前に製造された1台だと説明しつつ、「ちっちゃいでしょ? 見た目もかっこいいです」「乗ってたら本当に面白い!」など白いボディーの相棒を気に入っていることを明かしたほか、「こっちからの角度が1番かっこいい。もうちょっと下、もうちょっと下」とカメラマンに“ベストアングル”を指定するなどこだわりも見せていました。

●事務所会長が所有の日本限定車と“共演”

 今回は和歌山県にある所属事務所「ミノスケオフィスコブクロ」で撮影しており、坂田会長も同席。黒田さんは、「ぼくの車なんかよりスゴい車がいっぱい止まってる!」「最新最高のベンツ!」と坂田会長の愛車として、日本35台限定の激レア車「メルセデスAMG GT 63S Eパフォーマンス F1エディション」を紹介しています。

 2023年に発売された同車は、メーカー希望小売価格が3270万円(税込み)と会長にふさわしいお値段に。

 黒田さんは大の車好きとして、時速315キロメートルの最高速度や、驚くほど静かなエンジン音など最新鋭の技術が詰まった1台に「これは次世代や!」「ブルゥゥゥンって言わないんですか!」など驚きを隠せないリアクションを取っていました。

 ファンからは、「964ターボカッコ良すぎ。愛車シリーズもっとやって下さい!」「実家が和歌山なので、道路で探してしまいそう」「ミノスケ会長のお姿を見れて嬉しい」など反響が寄せられています。

黒田さんと事務所会長の坂田美之助さん(画像はYouTubeから)


(出典 news.nicovideo.jp)