サブスクリプションサービスは手軽で便利ですが、配信停止のリスクもあることを再認識しました。安室奈美恵の楽曲とMVが消えてしまったことで、ファンの間で再びCDを買い直す動きが広まっているようです。自分の好きなアーティストの作品は所有しておくことが大切ですね。

1 Egg ★ :2023/12/05(火) 17:19:13.20 ID:G6ndBFFY9
先月半ばごろから、Spotifyなどの定額音楽配信サービスのほか、公式YouTubeチャンネルで特定アーティストの作品を利用できないと騒ぎになった。2018年9月に芸能界を引退した安室奈美恵さん(46)の楽曲やミュージックビデオだ。

 安室さんは初のミリオンセラーとなった「Chase the Chance」(1995年発売)をはじめ、90年代後半から2010年代にかけてヒットを連発。ファッションを真似する女性の間で“アムラー現象”を巻き起こした。突然の配信停止にファンは困惑している。

「Winnyによる違法アップロードが問題になった00年代に、コピー防止機能を備えたCDを発売したり、安室さんは著作権意識の高いアーティストという認識がありました。配信でよく聴いていただけにショックが大きく、CDを断捨離したことが悔やまれます」

 30代の女性ファンがこう話すように、配信サービスが主流の今、現物のCDを所有する人は年々少なくなっている。

「安室さんの配信停止についてさまざまな理由がささやかれていますが、配信の可否はアーティスト本人や所属事務所の意向が大きく作用します。再生回数やダウンロード数で利益配分が変わるなど、プラットフォームのルールに縛られるのを嫌うアーティストはサ*クを避ける傾向にあります」(芸能ライター)

 今年9月、「1/2」などのヒット曲で知られる川本真琴が「サ*クというシステムを考えた人は地獄に堕ちてほしいと思っている」と、サ*クからの上がりの少なさをSNSで訴え、波紋を呼んだ。CDが売れず、配信でも稼げないため、アーティストのビジネスも変化している。

「配信はファンの間口を広げる手段となる一方、稼ぎ方は大きく変化しています。かつて重きが置かれていたCDセールスより、ライブ会場などで販売されるグッズ売り上げが占める割合が大きいようです。数万人のファンがいればビジネスが成立しやすいYouTuberのように、マス相手でなく、売り上げに結びつきやすいコアなファン向けに発信することで、トレンドに縛られず自由に作品づくりができるメリットもあります」(ITジャーナリスト・井上トシユキ氏)

 便利なサ*クサービスだが、アーティスト側の都合などで突然利用できなくなるリスクがあらわとなった。CDに限らず、本やゲームでも本当に大切なものは現物で保有した方がいい。

12/5(火) 9:06配信 日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef4d83102cb6ff7713e41ae1be1ef7c4000ec803

写真 
(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800




2 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:20:29.70 ID:pt5nI+Dl0
>>1
時代遅れ卵おじさんw

4 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:20:46.35 ID:B4/RfDEC0
安室側がお前ら金よこせって話よな

8 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:23:47.16 ID:LeXn2NTh0
>>4
正確には安室はもうすでに一生分は稼いでるから
安室のおこぼれを狙う周りの人間がサ*ク停止を決めたんだろう

22 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:30:51.26 ID:5vAsBN2X0
CD棄てるとかファンなの?

27 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:32:44.16 ID:DG8J4LQv0
>>22
CD保有とか関係なしにスマホとかで自由に聞けるってんでまた買ってるファンも多い

37 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:38:40.89 ID:dyuVEblg0
>>CDを断捨離

ファンは推しのCDを断捨離したりしない

45 名無しさん@恐縮です :2023/12/05(火) 17:41:07.42 ID:VPZJtHhl0
>>37
信者レベルならそうだがライト層はもうCDプレーヤー自体持ってない方が多いだろ