芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    2024年06月



    (出典 ameblo.jp)


    このような言葉が市長から出ることが許されるべきではない。市民のためになる行動を取るべきだ。

    1 nita ★ :2024/06/16(日) 12:17:17.77 ID:ISe1B/Rx9
    6/15(土) 13:51配信
    琉球新報

     野党議員が一般質問で中山義隆市長の過去の答弁が誤りと指摘し、そのまま別の質問に移ったことに市長が自席から「『お前の母ちゃん出べそ』みたいなことをするなよ」と発言した。野党が「不穏当だ」などと批判して議事が止まった。

     野党会派ゆがふの内原英聡氏は、税務行政に関する質問の中で「市長がかつて答弁してきた内容は誤りだと確認できた」と指摘。市長の答弁を求めず次の質問に移った。

     すると、市長が自席から「いつの話をしてるの。言いっ放しいいの」と発言。我喜屋議長が休憩を取り、内原氏に市長の過去の発言とは何を基にしているのか、などと確認した。その最中に、市長が再び発言した内容に野党が反発した。

     再開後、内原氏が市長から「出べそ発言」があったと指摘すると市長や与野党それぞれが言い合いとなって紛糾。内原氏は「不穏当発言の極みだ」と訴え、市長は「『みたいな』話だと言った。あなたに対して言っていない」と反論した。その後、野党市議らが退席した。
     約3時間後、休憩の中で市長は「社会的にふさわしくない発言だった」として取り消すとした。内原氏も「市長の答弁は誤りだった」との発言は議事録から削除する考えを示した。この日最後に予定されていた宮良操氏の質問は、最終本会議のある17日に変更になった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6601397e27859b013ddaafdad148c5bf88edd8ed

    【【沖縄】「お前の母ちゃん出べそ」市長発言で紛糾 石垣市議会 野党「不穏当だ」と退席】の続きを読む



    (出典 serious.blog.jp)


    ランキング1位の泥棒一味のキャラは、他の剣士キャラに比べて圧倒的な強さを感じます。その剣技には、他の追随を許さない魅力がありますね。

    1 muffin ★ :2024/06/16(日) 16:24:22.87 ID:QOp8RpJz9
    https://yorozoonews.jp/article/15307602
    6/16(日) 16:10

    アニメや漫画に登場する剣士のキャラクター。最強は誰かとなると、さまざまな名前が挙がってくると思います。株式会社NEXERはこのほど、「永楽堂」と共同で50代以下の全国の男女1000人を対象に行った「最強だと思う剣士キャラクター」についてのアンケート結果を公表した。

    3位は「緋村剣心(るろうに剣心)68票」だった。主な意見として「不殺の剣の場合でもとても強いので、本気で戦った場合一番強いと感じたから」(30代・女性)、「飛天御剣流は二段構えで隙が無いから」(30代・男性)、「人を*ことなく倒す姿は一番!」(40代・男性)、「ただ強いだけでなく、人情も厚い。人柄も最強」(40代・男性)、「心が強いので相手のレベルに合わせてどんどん強くなりそう」(40代・女性)などがあった。

    2位は「ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)72票」がランクイン。「あの麦わらのルフィの右腕だから」(10代・女性)、「三刀流という新しい形での剣士だから」(10代・男性)、「日々努力し続けているから」(10代・女性)、「世界一の大剣豪を目指して、どんなに強い敵にも負けないので」(30代・女性)、「一回負けた人はもっと強くなる」(30代・女性)、「三刀流の圧倒的な強さと覇気による強さが断トツ」(50代・男性)などの声が寄せられた。

    圧倒的1位は「石川五ェ門(ルパン三世)177票」となった。主な理由として「飛んでる飛行機も切断できる」(20代・男性)、「ほぼなんでも切れるから」(20代・男性)、「剣豪といえばこの人だから」(20代・女性)、「こんにゃく以外は全て切れるのはほぼ最強」(30代・男性)「斬鉄剣でどんなものでもスパスパ切っていく姿が、かっこいい」(30代・男性)「こんにゃく以外は岩だろうと銃の弾であろうと斬ってしまう。近接戦闘で無敵に近い存在」(40代・男性)などが挙げられた。

    4位は「竈門炭治郎(鬼滅の刃)30票」、5位に「犬夜叉(犬夜叉)22票」が続いた。


    (出典 i.imgur.com)

    【【芸能】アニメや漫画の「最強だと思う剣士キャラランキング」 圧倒的1位は愛刀も有名な泥棒一味の人気キャラ】の続きを読む


    父親としてのはなわさんの姿勢が素晴らしいですね。謙虚さを持ちながらも、家族を大切にする姿は素敵だと思います。

    【【芸能】はなわ、家族の密着に最初は抵抗感!? 成長の過程を赤裸々に語る】の続きを読む


    ハイブリッド熊というだけでかなり強そう。。。どうやって対処すればいいのでしょうか

    1 ぐれ ★ :2024/06/15(土) 20:25:18.08 ID:GOS7NGXI9
    ※2024.06.15
    週刊現代

    前編記事『「警察官の鼻が半分もげて、めくれあがり」…秋田のクマ出没現場にいた目撃者が振り返る、エグすぎる「襲撃の瞬間」』より続く。

    「稀グマ」の存在
    高橋さんは、声を上げる余裕もないまま一目散に逃げだした。記憶に残っているのは、後方から聞こえる「助けて」という警察官のか細い声と、自分を追い越して逃げる消防隊員たちの姿だ。

    「消防隊員たちと車に戻って息を整えていると、血だらけになった若い警察官が戻ってきたんです。右耳から顎までが割れていて、鼻の半分はえぐれてなくなっていた。あまりにも凄惨な状態だったもので、脳裏に焼きついてはなれません。

    その後、中年の警察官が身体を引きずるようにして歩いてきました。『腕に力が入らない』と口にしたのを覚えています。腕を攻撃されて神経を損傷したのでしょう。すぐ2人は救急車で搬送されました」(高橋さん)

    その後、クマに襲われないよう重機で遺体を搬送することになり、林道を広げる工事を行った。ようやく遺体を回収できたのは、死亡から1週間が経った22日のことだ。

    「佐藤さんは、山菜やタケノコを売ったわずかな稼ぎと、身体が不自由な奥さんの障害年金でギリギリの生活をしていました。佐藤さん自身も手に障害を持っていて、ずっと定職に就くことができなかった。つい先日、『もう身体が言うことを聞かないから山に入るのが厳しくなった』と話していた矢先の出来事なので、本当に切ないです」(佐藤さんの友人)

    この事件を受けて、県は発令中のツキノワグマ出没警報を延長。佐藤さんを襲ったクマについては、県の緊急対策会議で「人そのものを『食べ物』と認識して攻撃する個体」の可能性があるという衝撃的な分析が出された。まだ佐藤さんを襲ったツキノワグマは見つかっていない(5月29日時点)。

    続きは↓
    https://gendai.media/articles/-/131078?page=1&imp=0
    関連スレ
    クマの攻撃で鼻が半分取れ「顔中血まみれ」の警察官「助けてください」と…秋田でクマに襲われ死亡した男性の「壮絶すぎる捜索現場」★3 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1718232522/

    【【社会】「ヒグマとツキノワグマの悪魔合体が起きている」…!いま秋田の猟師たちが恐れる「最凶のハイブリッド熊」の正体】の続きを読む



    (出典 mondo-libre.com)


    『マミー』は、和歌山毒物カレー事件について新たな視点を提供してくれる貴重な作品だと思います。

    1 ネギうどん ★ :2024/06/16(日) 12:58:34.78 ID:9D7fBPyd9
    「和歌山毒物カレー事件」を多角的に検証した驚愕の問題作、映画『マミー』の特報映像が公開された。

    和歌山毒物カレー事件。1998年7月、夏祭りで提供されたカレーに猛毒のヒ素が混入。67人がヒ素中毒を発症し、小学生を含む4人が死亡した。犯人と目されたのは近くに住む林眞須美。凄惨な事件にメディア・スクラムは過熱を極めた。自宅に押し寄せるマスコミに眞須美がホースで水を撒く映像はあまりにも鮮烈だった。

    彼女は容疑を否認したが、2009年に最高裁で死刑が確定。今も獄中から無実を訴え続けている。事件発生から四半世紀、本作は最高裁判決に異議を唱え「目撃証言」「科学鑑定」の反証を試み、「保険金詐欺事件との関係」を読み解いていく。

    さらに眞須美の夫・林健治が自ら働いた保険金詐欺の実態をあけすけに語り、確定死刑囚の息子として生きてきた林浩次(仮名)が、なぜ母の無実を信じるようになったのか、その胸のうちを明*。林眞須美が犯人でないのなら、誰が彼女を*のか? 二村真弘監督は、捜査や裁判、報道に関わった者たちを訪ね歩き、なんとか突破口を探ろうとするのだが‥‥。

    ▼二村真弘監督 メッセージ
    私は何かとんでもない思い違いをしているのではないか。取材中、何度も自問した。林眞須美は手練れの詐欺師で、ふてぶてしい毒婦で、夫をも*うとした冷酷な人間であったはずなのに、取材によって得た事実はそれとは全く違う姿を映し出していた。これで死刑判決が下されたのか‥‥。空恐ろしさを感じた。

    ▼石川朋子プロデューサー メッセージ
    この企画は、いくつかのテレビ局に持ち込んだが「死刑判決が確定している事件を扱うのは難しい」と言われ実らなかった。それなら映画にしようと監督が撮影に入ると、取材先で度々新聞やテレビの記者に出くわした。しかし、彼らは冤罪の可能性について取材していても、大々的に報じることはなかった。死刑判決にこれだけ疑義があることがわかっていて、なぜ。監督の疑問と憤りが、今回の映画の原動力になっている。

    映画『マミー』は、2024年8月3日(土)より全国順次公開。

    otocoto編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8cfb238d96f3266b6d908b0bae2a2bbc0bd1f584

    【【映画】“母は、無実だと思う。”「和歌山毒物カレー事件」を多角的に検証したドキュメンタリー 映画『マミー』】の続きを読む

    このページのトップヘ