芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > マラソン


    【名古屋ウィメンズ】日本人トップ鈴木亜由子「出し切りました」自己ベストに笑顔 MGCにも闘志
     ◇名古屋ウィメンズマラソン(2023年3月12日 バンテリンD発着 42・195キロ)  21年東京五輪19位の鈴木亜由子(日本郵グループ)が、日…
    (出典:スポニチアネックス)
    (出典:スポニチアネックス)


    自己ベストに笑顔

    【【名古屋ウィメンズ】日本人トップ鈴木亜由子「出し切りました」自己ベストに笑顔】の続きを読む


    完走する。

    1 ◆8iY.HttYmFe3 愛の戦士 ★ :2023/02/26(日) 17:06:24.85ID:kOdegERC9
    日刊スポーツ 2023年2月26日12時59分

    <大阪マラソン>
    ◇26日◇大阪府庁前~大阪城公園前(42・195キロ)

    阪神、ロッテで活躍した鳥谷敬氏(41=日刊スポーツ評論家)が、初マラソンに臨み、3時間16分前後で完走した。

    ゴールから十数分後、テレビ出演した鳥谷氏は「3時間半を目指して、ハプニングがあっても(対処できるように)と。イメージ通りです」と笑顔で振り返った。同時に、目標タイム(3時間45分)を大きくクリアした安心感からか「これで自由だと思った」とも口にした。

    平然とした表情でフィニッシュのゲートをくぐった鳥谷氏だが、その本音は「きついよ」。ゴール地点では、阪神時代の同僚だった能見篤史氏が待ち構えており、能見氏からの取材を受けた。

    この直撃時にも、鳥谷氏は「きついよー、やばい。疲れた」と言いつつ、表情を崩さず。能見氏からは「めちゃめちゃ普通ですね~」とつっこまれ、鳥谷氏も苦笑した。

    今大会は、NHKから読売テレビ、MBSテレビで“リレー”中継も。正午前後に38キロ地点を走る鳥谷氏の様子が映し出され、能見氏は、淡々とし、表情を変えずに走る鳥谷氏への不満? も漏らしていた。

    能見氏は「(鳥谷氏が)もっと苦しい表情するかと思ったけど、全然しないですね。(鳥谷氏の苦しむ顔を)僕見たことないので、ぜひぜひ見たかった」と残念そうだったが、結局最後まで、苦しむ鳥谷氏の姿は見られず。

    ただ、鳥谷氏自身は「38キロ地点から泣きそうでした。息は大丈夫でしたが、足回りが…。きつかった~。もう走りたくない」と思い起こしていた。

    また、かつて大阪マラソンでリタイアも、完走も経験している*マヨネーズ小杉竜一は、表情を崩すことなくゴールした鳥谷氏に「すごい…。舌ぺろりですよ。かっこええ~」。現役時代、プロ野球歴代2位の1939試合連続出場を記録した鉄人の強さにぼうぜんとしていた。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202302260000478_m.html?mode=all

    (出典 i.imgur.com)

    【【大マラ】元阪神の鳥谷敬氏、初マラソン完走  目標3時間45分を約30分上回り「これで自由だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ