芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優マ行 > 宮沢りえ


    告白する。

    1 はな ★ :2023/02/15(水) 19:49:46.24ID:eRcIBwKC9
    宮沢りえ「中卒コンプレックス」の苦悩を告白…難字対策で愛読書が漢字辞典の時期も
    2023/02/15 15:50 女性自身
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2178400/


    「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の“悪女”りく役で再び脚光を浴びた宮沢さんが、2月下旬から主演舞台『アンナ・カレーニナ』で、“アサシン善児”こと梶原善さんと再共演します。東急百貨店本店の閉店にともない今春から休館する『シアターコクーン』での上演ということもあり、宮沢さんも『熱量の高い舞台にしたい』と連日、稽古に余念がありません」(舞台関係者)

    宮沢りえ(49)はそのPRの一環で登場した『婦人公論』’23年2月号のインタビューで、多忙を縫ってでも「なるべく本を読むようにしている」と語った後、意外な悩みを吐露していた。

    《私は中学を卒業してすぐに仕事を始めたので、子どもの頃は難しい言葉に対するコンプレックスがありました。同時に、まわりの大人たちの、知的でインテリジェンスが感じられる会話を聞きながら、「あんな大人になりたいな」と憧れもしました》

    11歳からモデル業を始めた彼女だが、女優デビューは’88年の映画『ぼくらの七日間戦争』。ヒロイン・中山ひとみ役に約1万2千人の中学生から選ばれたのだ。りえは当時のインタビューで「将来は世界的な女優になりたい。(略)高校を卒業したら1年ぐらいアメリカに留学したい」(『夕刊フジ』’89年1月7日号)と将来の夢を語っていたが、ある理由から高校進学を断念することになる。

    映画『ぼくらの七日間戦争』の菅原浩志監督は、『文藝春秋』’19年5月号で、当時の彼女についてこう振り返っている。

    《突然、りえが『高校1校受けたけど落ちちゃった。私、女優になります』と言い出した。 私は映画に抜擢した責任を感じ、『りえ、今からでも行ける高校を一緒に探そう。業界に同じ年の友だちはいないよ。女優になるのはそれからでもいいじゃないか』と説得にかかりました。でも、彼女の決意は非常に固かった》


    ※全文はリンク先で

    【【芸能】宮沢りえ「中卒コンプレックス」の苦悩を告白…難字対策で愛読書が漢字辞典の時期も】の続きを読む


    公開する。

    1 湛然 ★ :2022/08/25(木) 05:59:44.19ID:CAP_USER9
    49歳・宮沢りえ、10代の超ミニワンピ姿を公開「この時は、心も体も弾けていたなぁ」
    2022年8月24日 21時15分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20220824-OHT1T51150.html?page=1


     女優の宮沢りえ(49)が24日、自身のインスタグラムを更新し、少女時代の写真を公開した。

     超ミニのワンピース姿で振り向いた、当時10代とみられる頃のショットを披露。写真について「友達が不意に送ってきた若い頃の私の面影。。。」と説明し、「この時は、心も体も弾けていたなぁ。年を重ね、生きる鮮度というものは、与えられるものではなく、見出す事だと感じてます。明日も鮮度を見出したい。鮮度を持って人と関わりたい。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    宮沢りえのインスタグラム(@riemiyazawa0406_official)より
    https://scontent-sjc3-1.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/300613467_116035337758041_1148476654931634431_n.jpg?stp=dst-jpg_e35_p1080x1080&_nc_ht=scontent-sjc3-1.cdninstagram.com&_nc_cat=1&_nc_ohc=qp4A2gVx6sYAX-ug4wg&edm=AP_V10EBAAAA&ccb=7-5&oh=00_AT8h64jLZ4_aLZj2Y5K-Z7ojbFhfQIFGMd1ii0XXJeZENw&oe=630CA47A&_nc_sid=4f375e&.jpg

    【【芸能】宮沢りえ、10代の超ミニワンピ姿を公開「この時は、心も体も弾けていたなぁ」 [湛然★]】の続きを読む

    このページのトップヘ