語る。

ミュージシャンデザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル~」。

今回のゲストは、松下奈緒さん(女優、ミュージシャン)×河野伸さん(作・編曲家、キーボディスト。ここでは、お二人の最初の出会いについて語り合いました。

松下奈緒さん、河野伸さん



1985年生まれ、兵庫県出身の松下さん。2004年に女優デビューNHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房」でのヒロインをはじめ、数々のドラマ・映画で主演をつとめています。2006年からは、ピアニスト、作曲家、歌手として音楽活動もおこなっています。

一方、1964年生まれ、東京都出身の河野さん。1994年ポップユニット「SPANK HAPPY」を結成。その後は、楽曲の提供やアレンジプロデューステレビドラマサウンドトラック制作やライブサポートなど多岐にわたる活動をしています。

◆お互いの最初の印象は?

松下:私たち、もう10年ぐらいご一緒ですよね。

河野:最初に会ったのは15年ぐらい前。奈緒ちゃんのツアーに加わる前に、アルバム曲のアレンジを依頼していただいて。

松下:私がフランスを旅したときに生まれた曲だったと思います。のどかな田園風景のような曲で、そのアレンジを河野さんにお願いしたのが最初ですね。あのとき、なぜ河野さんにお願いしたかと言いますと、当時ドラマの音楽をやっていましたよね? 私、「流星の絆」(原作:東野圭吾さん、脚本:宮藤官九郎さん、主演:二宮和也さん/TBS系)のサントラが大好きで、すごく聴いていたんです。

河野ありがとうございます

松下河野伸さん(が作る音楽)は、ストリングスアレンジメロディーがきれいだと思って、「ぜひお願いしてみたい」と言ったのが最初でした。

河野:初めて会ったとき、「女優に会う」と構えて行ったんだけど、ノリはバンドマンだと思って。

松下:そうなんですか(笑)!?

河野:すごくホッとした記憶があって。親しみやすいと言うか。音楽と映像では、ちょっと違う感じしない? 奈緒ちゃんは両方の現場に行くから、よくわかると思うけど。だから、あっちの人かな?と思ったら、こっちの人だった。(笑)

松下:よかったです。河野さんには、2012年ツアーからバンマスとしてメンバーをまとめていただいています。10年同じバンドメンバーでやっていると思うと、感慨深いですね。10年前、始めた頃はクラシック曲が多かったけど、ここ数年、ジャズっぽいものにトライしたり、自分のなかでの変化も、河野さんが全部うまくまとめてくださっています。

河野:でもね、最初にお願いされたときに、その前の年の DVD を見せてもらって、1回断ったのよ。「クラシックは無理です」と。

松下:河野さんはオーケストラも書いていらっしゃるし、劇伴の美しい音楽もできる方なので、直感でやってくれると思っていたから、(スタッフを通して)「もう1回お願いしてみてください」と言ったのを覚えています。

河野クラシックばかりでなくて、歌も歌うし、ジャズっぽいのもやりたいし、だからお願いしたということで。最初は、渋々ではないけどチャレンジしようと思いました。

▶▶番組Webサイトでは、この記事の放送内容をPodcastで配信中です。

次回7月1日(金)放送のゲストは、森本千絵さん(アートディレクターコミュニケーションディレクター)×近藤良平さん(振付家、ダンサー)です。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル
放送日時:毎週金曜 17:0017:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/
松下奈緒 “ノリ”はバンドマン…!? 河野伸「“女優に会う”と構えて行ったら…」初対面の印象を語る


(出典 news.nicovideo.jp)

【【芸能】松下奈緒 “ノリ”はバンドマン…!? 河野伸「“女優に会う”と構えて行ったら…」初対面の印象を語る】の続きを読む