芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優マ行 > 松下奈緒


    松下奈緒さんの多彩な演技力には本当に感動しました。ピアニストとしての美しさから、仕事人としてのかっこよさまで、どのシーンも見応えがありました!

    女優の松下奈緒が、12月30日に自身のInstagramを更新。12月29日に放送された「必殺仕事人」(テレビ朝日系)に出演した際の着物姿で写ったオフショットを投稿し、撮影を振り返った。

    【写真】松下奈緒、「CODE-願いの代償-」最終話放送後のオフショット

    仕事人を完璧にこなす、松下の演技力と魅力

    この日、松下は「昨夜の『必殺仕事人』ご覧頂きありがとうございました。 棗は自分の生きる道を見つけることができ良かったです。チャララ〜 と聞こえてくると、来たきた〜!と思いながら私も見てました」「50年という歴史ある作品に参加させていただき、殺陣や髪結のしぐさなど沢山教えていただきました。本当にうれしかったですし、楽しい撮影期間でした」などのコメントを添えて、5枚の写真を投稿した。美貌の仕事人“棗”が着ていた萌黄色のやわらかい着物に身を包み、優しいほほ笑みを浮かべている姿だ。

    この投稿を見たファンからは、「ピアニストから仕事人まで、振り幅すごすぎる」「とても奇麗な奈緒ちゃんだから見応え充分!」「まさに仕事人でした。すごかったです」などのコメントが寄せられている。


    松下奈緒が自身のInstagramを更新/※画像は2022年ザテレビジョン撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】松下奈緒、「必殺仕事人」衣装で撮影を振り返る「ピアニストから仕事人まで、振り幅すごすぎる」の声多数】の続きを読む


    レギュラーになる。

    1 湛然 ★ :2023/03/06(月) 05:18:03.70ID:/7MLtVSD9
    松下奈緒、4月から『旅サラダ』レギュラー出演「旅に出る準備はいつでもしておきたい」
    3/6(月) 5:00 オリコン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4d38baaaf6e9b8d4d164117f89b55d50d4f520f
    『朝だ!生です旅サラダ』新メンバーに決定した松下奈緒

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



     俳優の松下奈緒(38)が、4月1日の放送からABCテレビ・テレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』(毎週土曜 前8:00)の新メンバーとして出演することが6日、決定した。スタジオのレギュラーメンバーが加わるのは約12年ぶりとなる。

     同番組は日本全国のおいしいものから、温泉、週末のおすすめスポットなど、多彩な旅のスタイルを提案する生放送の情報バラエティー。3月いっぱいで放送開始から丸30年となる同番組に、松下が新しい風を吹き込む。

     1993年4月の番組開始当初からレギュラー出演していた向井亜紀(58)と、2009年4月から出演している三船美佳(40)は3月いっぱいで卒業となることが発表されている。

     松下は「旅好きにはたまらない『旅サラダ』のMCのお話をいただき本当にうれしく思います」と声を弾ませ、「国内外問わず、まだまだ知らない旅の醍醐味を私も楽しみにしながら、皆様にお伝えしていきたいです。旅に出る準備はいつでもしておきたいと思います!」と力強く語った。

    ■各コメント
    ・松下奈緒
    旅好きにはたまらない『旅サラダ』のMCのお話をいただき本当にうれしく思います。
    コロナによる移動制限がかかる前は毎年、旅に出ていました。
    海外ではアーティストの軌跡を追い、国内では各地おいしい物をいただいて来ました。
    最後に行ったアフリカでは自然の雄大さに圧倒され涙した事を思い出します。
    国内外問わず、まだまだ知らない旅の醍醐味を私も楽しみにしながら、皆様にお伝えしていきたいです。
    旅に出る準備はいつでもしておきたいと思います!

    ・山下浩司プロデューサー
    松下奈緒さんが旅サラダファミリーに加わります!
    旅サラダには旅とは別のウリがあります。それは神田正輝さんをはじめ出演者の皆さんが作り出す家族のような空気感です。緊張しているゲストの方も自然とリラックスしてしまうほど。そんな家族に松下さんをお迎えできることになりました。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】松下奈緒、4月から『旅サラダ』レギュラー出演「旅に出る準備はいつでもしておきたい」】の続きを読む



    疲れがくる。

    女優の松下奈緒が25日、東京・上野の東京都美術館で行われた『レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才』の内覧会に登場。同展の魅力をアピールするとともに、自身のアート愛を炸裂させた。


    画像をもっと見る

    ■あまりの絵の力に…

    松下奈緒 松下奈緒

    『エゴン・シーレ展』は、世紀末を経て芸術の爛熟期を迎えたウィーンに生き、28歳で亡くなったオーストリア人画家エゴン・シーレの生涯と作品を振り返る展覧会。

    イーヴ感受性をもって自己を深く洞察し、ときに暴力的なまでの表現で人間の内面や性を生々しく描き出しているのが特徴で、一足先に展示を観た松下も「どっと疲れが来ますよね(笑)」と笑う。

    「あれだけの絵の力があって、本当に至近距離で見せていただけて…。今のパワーを全部シーレに吸い取られたかのような気持ち。世界が明るく見えますね」と、作品の凄さを表現する。


    関連記事:ゴッホの『ひまわり』にトマトスープを浴びせ抗議 「芸術と命、どちらが大切?」

    ■シーレの絵は「癖になる」

    松下奈緒

    2017年にはシーレ作品を多く所蔵するオーストリア・レオポルド美術館を訪問しており、「『この絵は、一体何を私に訴えかけているんだろう?』っていう。一度観ただけで理解するのはなかなか難しい、ハードルの高い絵だなと感じたのを覚えています」と振り返る。

    その魅力を「絵を観てシーレを理解しようと思っても『簡単には見せないぞ』って言われる感じ。病みつきになる、癖になる絵が多い。彼自身もそういう人だったんだろうなって思いますね」と熱く解説。


    ■おすすめは「自画像」

    松下奈緒

    お気に入りの作品は、同展のポスターにも使用されている『ほおずきの実のある自画像』。

    「色味が好きで、シーレにはこういうふうに花が見えていたんだろうなと思える。そして、ちょっと上から目線で何を考えているのかわからないような表情が好き」と笑顔を見せた。

    『エゴン・シーレ展』は、4月9日(土)まで開催される。

    ・合わせて読みたい→木村カエラ、長男作「木村カエラです」にツッコミ 「手どうなってんの?」

    (文/Sirabee 編集部・たつき あつこ

    松下奈緒、『エゴン・シーレ展』の絵にパワーを吸われた? 「どっと疲れが…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】松下奈緒、『エゴン・シーレ展』の絵にパワーを吸われた? 「どっと疲れが…」】の続きを読む



    語る。

    ミュージシャンデザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル~」。

    今回のゲストは、松下奈緒さん(女優、ミュージシャン)×河野伸さん(作・編曲家、キーボディスト。ここでは、お二人の最初の出会いについて語り合いました。

    松下奈緒さん、河野伸さん



    1985年生まれ、兵庫県出身の松下さん。2004年に女優デビューNHK朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房」でのヒロインをはじめ、数々のドラマ・映画で主演をつとめています。2006年からは、ピアニスト、作曲家、歌手として音楽活動もおこなっています。

    一方、1964年生まれ、東京都出身の河野さん。1994年ポップユニット「SPANK HAPPY」を結成。その後は、楽曲の提供やアレンジプロデューステレビドラマサウンドトラック制作やライブサポートなど多岐にわたる活動をしています。

    ◆お互いの最初の印象は?

    松下:私たち、もう10年ぐらいご一緒ですよね。

    河野:最初に会ったのは15年ぐらい前。奈緒ちゃんのツアーに加わる前に、アルバム曲のアレンジを依頼していただいて。

    松下:私がフランスを旅したときに生まれた曲だったと思います。のどかな田園風景のような曲で、そのアレンジを河野さんにお願いしたのが最初ですね。あのとき、なぜ河野さんにお願いしたかと言いますと、当時ドラマの音楽をやっていましたよね? 私、「流星の絆」(原作:東野圭吾さん、脚本:宮藤官九郎さん、主演:二宮和也さん/TBS系)のサントラが大好きで、すごく聴いていたんです。

    河野ありがとうございます

    松下河野伸さん(が作る音楽)は、ストリングスアレンジメロディーがきれいだと思って、「ぜひお願いしてみたい」と言ったのが最初でした。

    河野:初めて会ったとき、「女優に会う」と構えて行ったんだけど、ノリはバンドマンだと思って。

    松下:そうなんですか(笑)!?

    河野:すごくホッとした記憶があって。親しみやすいと言うか。音楽と映像では、ちょっと違う感じしない? 奈緒ちゃんは両方の現場に行くから、よくわかると思うけど。だから、あっちの人かな?と思ったら、こっちの人だった。(笑)

    松下:よかったです。河野さんには、2012年ツアーからバンマスとしてメンバーをまとめていただいています。10年同じバンドメンバーでやっていると思うと、感慨深いですね。10年前、始めた頃はクラシック曲が多かったけど、ここ数年、ジャズっぽいものにトライしたり、自分のなかでの変化も、河野さんが全部うまくまとめてくださっています。

    河野:でもね、最初にお願いされたときに、その前の年の DVD を見せてもらって、1回断ったのよ。「クラシックは無理です」と。

    松下:河野さんはオーケストラも書いていらっしゃるし、劇伴の美しい音楽もできる方なので、直感でやってくれると思っていたから、(スタッフを通して)「もう1回お願いしてみてください」と言ったのを覚えています。

    河野クラシックばかりでなくて、歌も歌うし、ジャズっぽいのもやりたいし、だからお願いしたということで。最初は、渋々ではないけどチャレンジしようと思いました。

    ▶▶番組Webサイトでは、この記事の放送内容をPodcastで配信中です。

    次回7月1日(金)放送のゲストは、森本千絵さん(アートディレクターコミュニケーションディレクター)×近藤良平さん(振付家、ダンサー)です。お楽しみに!

    <番組概要>
    番組名:三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル
    放送日時:毎週金曜 17:0017:25
    ナビゲーター:田中麗奈
    番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/
    松下奈緒 “ノリ”はバンドマン…!? 河野伸「“女優に会う”と構えて行ったら…」初対面の印象を語る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】松下奈緒 “ノリ”はバンドマン…!? 河野伸「“女優に会う”と構えて行ったら…」初対面の印象を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ