芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優カ行 > 北川景子


    クールです。

    北川景子2023年オフィシャルカレンダー2022年12月12日 (月)に発売されることがわかった。あわせて、表紙と特典カット全6点が解禁されている。

    女優・北川景子は、2022年5月公開の『大河への道』では江戸時代・現代を生きる二役を演じ、6月公開アニメそれいけ!アンパンマン』では10年ぶりに声優に挑戦。東京国際映画祭のオープニングを飾る映画『ラーゲリより愛をこめて』が12月9日に劇場公開を控えている。また、2023年放送のNHK大河ドラマどうする家康』では、信長の妹で戦国一の美女・お市の方役での出演が決まっている。

    そんな北川の2023年オフィシャルカレンダーは、例年同様、ポスターカレンダーデスクカレンダーの2タイプの仕様で制作。収録カットでは、北川のナチュラルシンプルな飾らない姿が写し出されているとのこと。モードな雰囲気やクールでシックな衣装、ブルーグリーンピンクをあしらったビビッドスタイリッシュカットのほか、ブラック×ホワイトシンプルスタイリングなど、様々なスタイリングカットが全13ページ(表紙+12ヶ月分)に収められているという。

    販売情報や特典などの詳細は、商品公式ページを確認しよう。

    北川景子カレンダー2023 特典カードD


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】女優・北川景子がクール、シック、フェミニンなスタイリング シンプルな飾らない姿を写し出す2023年オフィシャルカレンダー発売が決定】の続きを読む



    整理整頓術

     DAIGOの姉で漫画家影木栄貴が、弟の妻で義妹にあたる女優・北川景子の決断力に感心したという。

     影木は7月26日に一般男性との結婚を発表。8月2日ブログで「先日、区から封書が届きました。『名前変わったから印鑑登録抹消な!』て。そう、結婚したらずっと使っていた内藤のハンコサヨナラなんです」と綴ると同時に、旧姓の印鑑と新たな苗字の印鑑の写真を投稿している。

     そこで、用なしになった旧姓の印鑑をどうするかという問題が浮上。影木は「ワイは取っておこうかなって…名前戻ることもあるかもしれないし」と、万が一のために保管しておくと説明。同じく旧姓の印鑑の扱いを、北川に尋ねてみたところ、これがなかなかの答えだったというのだ。

     影木曰く「景子ちゃんに聞いたらね『もう要らないなーと思ったから北川景子の実印は即捨てた!』。まさかの即捨て!まだ芸名北川景子なのに即捨て!!! あまりの男らしさに改めて惚れ直したよね」。北川の即決力に潔さを感じたと強調したのである。女性誌記者が言う。

    「北川さんは部屋を整頓しておきたいという理由から『洋服は10着ぐらいしか持たない』と、驚きの発言をしています。新しい服が欲しくなった時は『2着買いたかったら、2着処分できるのがあるか考えてから買う』と話すほどのミニマリストぶりでしたね」

     服以外も衝動買いをほとんどしない北川の影響か、かつては倉庫を借りるほど大量に所有されていたというDAIGOの服も、北川の判断で処分されたというエピソードがある。女性誌記者が続けて、

    DAIGOさんの服は、処分してからの事後報告だったそうですから、まさに整理のプロですよね。DAIGOさん本人に聞くと『それは要らない…あっ、やっぱり要る』とグダグダしたりで、なかなか進まない。だから『プロ』がバッサリとやった方がいいんです。それを実行できる北川さんは素晴らしいですよ」

     SNS上では「有名女優なのにあっさり北川姓を捨てられるというのがすごく素敵」「まさに永遠の愛ですよね」と高評価だ。

     結婚後も好感度は上がりっぱなし。女優・北川景子は、妻としても超一流ということかも。

    (塚田ちひろ

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる】の続きを読む


    こだわりがある。

    1 muffin ★ :2022/06/24(金) 17:36:41.59
    https://www.narinari.com/Nd/20220672680.html

    女優・北川景子(35歳)が、6月24日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。「カレーには生卵」と、カレーに対するこだわりについて語った。

    以前、他の番組で夫のDAIGOが「1番好きなのは妻のカレー」と語ったほど、カレーをよく作るという北川が、カレー愛を番組内でプレゼン。北川は、野球選手・イチローが言っていた「大事なことがある時の朝にカレーを食べるといい」という話を聞いて、「そこから結構、大事な日の朝はカレーです」と語る。

    北川が作るカレーは「普通のカレー」とのことだが、マッシュルームを入れたり「生卵が欠かせない」という。北川によると「(卵は)全部、割り入れちゃいます。私は生で、最初は入れないで普通に食べて、半分ぐらいになった時に入れる。ちょっと味を変えたくて」と語った。


    (出典 cdn.narinari.com)


    (出典 cdn.narinari.com)

    【【芸能】北川景子のこだわり「カレーには生卵が欠かせない」北川景子のこだわり「カレーには生卵欠かせない」】の続きを読む



    楽しみになる。

    女優の北川景子6月2日、横浜アンパンマンこどもミュージアムで開催された映画「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル」の公開直前イベントに、タレント戸田恵子、歌手のドリーミングと共に出席。声優を務めた感想や、アフレコ中の心境を明かした。

    【写真】娘について語る北川景子

    北川景子「たくさんの方に勇気を与えられる」

    「変身が苦手なオバケ男の子・ドロリン」の声優を担当した北川は、役を任させれたときの心境について「戸田さんのこともアンパンマンのことも大好きなので『やったー!』って思いました!」と言い、続けて「アンパンマンの映画で感動しなかったことがないので、たくさんの方に勇気を与えられるなと思ってすごく嬉しかったです」と喜んでいた。

    一足先に映画を観た感想を求められた戸田は、北川の声について「景子ちゃんって言われなかったら誰がやっているのかわからないぐらいめちゃくちゃクールなんですよ。少年の役なんですけど、すっごいかっこよくてぴったりだと思いました」と絶賛。これに北川は「『これでいいのかな?』って思いながらアフレコをしていたので、戸田さんがこのように言ってくれてようやく自信が持てました!」と笑顔を見せた。

    北川景子、娘の映画館デビューに期待

    さらに、普段から子どもと同作を観ていると話す北川は「娘がテレビリモコンを持って『アンパンマンつける』と言えるようになってから(アンパンマンを観ようと)催促してくるので、毎日一緒に観ていて大ファンです!」と口に。子どもはまだ映画館に行ったことがないそうで、これについて北川は「娘にとっては映画館デビューの作品になるのではないかなと思っているので、すごく楽しみです」と話した。

    また、同イベントでは、映画に登場する変身が大好きなオバケにちなみ、変身してみたいものについてトークを展開。北川は「宝塚が大好きなので、生まれ変わったらすごくスラッとした170cmくらいになって歌や踊りをして、アンパンマンみたいにキラキラとした夢を与えてみたいです!」と語った。

    ◆取材・文=大野代樹


    映画「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル」の公開直前イベントに出席した北川景子/撮影:大野代樹


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【北川景子、娘の成長ぶりにしみじみ「映画館デビューの作品になるので楽しみ」】の続きを読む



    デビュー当時の話

    女優・北川景子(35歳)が、5月25日に放送されたバラエティ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。デビューした頃は血の気が多く「毎日『今日もやったんぞ!』みたいな感じで家を出てった」と語った。


    時代劇ドラマ「みをつくし料理帖」(テレビ朝日系2012年)で北川と共演したTOKIO松岡昌宏が、北川に「デビューした頃の自分に言ってあげたい言葉は?」と質問。17歳デビューした北川は「えーっと、『落ち着け』。もうちょっと落ち着けって思います」と答えた。

    北川はデビュー当時の自分を振り返り17歳だったんですけど焦ってたんですね、常に。やっぱり子役から上がってこられた方とかは、同い年でも芸歴が15年とか16年とかあるんですけど、私はデビューした時にもう高校生じゃないですか。すでにすごい遅れをとってる気がして、焦ってた。オーディションとかもすごい、今日こそ受からなきゃ、みたいなのがあったんですよ。それはちょっと落ち着けって思うのと、血の気が本当多かった。もう何か『やってやるぞ!』みたいな感じで、毎日『今日もやったんぞ!』みたいな感じで家を出てったんですよ。舐められたくないみたいなのがあったと思うんです。やっぱキャリアとかがないと自分で肩肘張って生きて、やっていくしかないので。共演の大人の方とか監督とかに自分の弱い所を見せたくないみたいなので、ちょっとトガってたなて思うんですけど、落ち着けって今は言いたいですね。もう虚勢を張るしかないし、知り合いとかもそんなにいないじゃないですか。デビューしたての時とか。だから強がってましたね」と語った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【北川景子、デビュー当初は「血の気が本当多かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ