芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 元政治家


    意外なこともある。だからと言って、ゴミを捨ててはいいとは思いせんが。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/25(金) 09:50:43.75ID:PP6UWXjA9
    前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏(73)が25日、自身のツイッターを更新。FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ初戦で、日本のサポーターがスタジアムのゴミ拾いをして世界中から称賛されていることに対し言及した。

      23日の試合で、日本は優勝4度を誇るドイツに2―1で逆転勝ち。FIFA公式ツイッターは、整理整頓された試合後の日本代表のロッカールームの画像をツイッターに投稿し、「日本のサポーターはスタジアムのゴミを片付け、@jfa_samuraiblueは、このようにハリファ国際スタジアムの更衣室を後にしました。ピカピカ。Domo Arigato」とつづった。また、現地で観戦した人々のツイッターには、ゴミ拾いをする日本人サポーターの動画などが投稿され、称賛されていた。

     これに対し舛添氏は「日本のサポーターがスタジアムの清掃をして帰るのを世界が評価しているという報道もあるが、一面的だ」と疑問を吐露、「身分制社会などでは、分業が徹底しており、観客が掃除まですると、清掃を業にしている人が失業してしまう」とし「文化や社会構成の違いから来る価値観の相違にも注意したい。日本文明だけが世界ではない」と指摘した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1471d5dc346d7ba4aa5e615e2b82c7b16064cdfe

    【【社会】舛添要一氏、W杯日本サポーターのゴミ拾い活動に異議「世界が評価しているという報道もあるが」】の続きを読む



    持論を展開する。

     日本の芸能は終わりに近づいていますね。人気があるのは韓国ばっかり。知らない韓国グループがCMに出る時代です。日本は韓国のように、なぜ国をあげてエンタメを盛り上げないのでしょう。このままでは、日本の娯楽は死んでいく気がします。

     経済が暗いんだから、せめてエンタメで明るくしてほしいですよね。ジャニーズも大変な雰囲気ですし、日本の芸能界は大きく流れを変えていく気がします。

     僕はNetflixをよく見ているのですが、人気のコンテンツは、ほとんどが韓国です。実際に、いくつか沼落ちしてしまうくらい面白いドラマや映画があって、ハマりました。バブル期に日本で大流行したトレンディードラマもよかったけれど、それを超える要素が満載な韓流ドラマ。これはもともと日本のお家芸のはずでは‥‥と、寂しい気持ちになります。

     日本文化は昔から、世界で注目されていました。もとは歌舞伎や相撲、雅楽、大衆演劇、そして今の現代芸能。まだ捨てたもんじゃない。これは国民の活力と努力によるものだと、僕は考えています。

     でも政府が関わると、どうしてか、なかなかうまくいかない。例えば「クールジャパン」がありました。ここに芸能も加わっていると思うのですが、クールジャパンとは、日本のコンテンツファッション、食、地域産品、観光等を海外展開し、インバウンド強化に取り組むというもの。先日、国がこの秋をメドに、抜本的な改善策を考える、と発表しました。いやぁ、クールジャパン、まだ続いてたんだ、と驚く人もいるでしょう。コロナ禍があったとはいえ、くすぶりすぎです。

     これは10年前、僕が議員に初当選した時の話です。経済産業省から「クールジャパンを推進してくれ」という通達が。あの時は大々的に何百億円とかけて、ファンドを募りました。

     実は僕、官民ファンドで第1号となる案件を、経産省に繋いだんですよ。その繋がりから、海外で日本食を広めるプロジェクトが立ち上がったのですが、最初はうまくいったものの、数年後には人気に翳りが見え、その後はあまり話を聞かなくなり‥‥。どうしてこうなったのか推測した結果、政治や官僚が問題なんだと。

     実際にこのプロジェクトを推進した中心人物は、叩き上げの民間事業者の社長さん。そこに専門知識のない官僚がああだこうだ口を出してきたので、話が全然進まない、ということでした。よくある話です。

     クールジャパンは設立以来赤字で、昨年の累積損失は309億円だそう。国は失敗しないかどうかの意識が強すぎて、遅々として進まないんだと感じます。

     ここは大きく考え方の転換を図るべきだろうと思います。思い切ってどんどん日本の文化にお金を出し、あとは任せた人に自由にやってもらう。もちろん、不正を含めた細かいチェックはするけれど、指示出しや口出しはしない。そして、明確なルールを設ける。

     ジャニーズの天下が終わるのは、いいことだという気がします。おごれる者は久しからずで、次なる新しい文化が生まれますから。ここで国はしっかりしないと、他国に乗っ取られてしまいますよ。芸能職経験のある議員たち、今こそ立ち上がれ!

    宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタントテレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「政府はなぜ芸能を盛り上げないのか」】の続きを読む



    購入する。

    タレントの杉村太蔵が、30日に放送される読売テレビの情報バラエティ番組『今田耕司ネタバレMTG(ミーティング)』(毎週土曜11:55~ ※関西ローカル)に出演する。

    最初のMTGテーマは「不景気を吹き飛ばす! 芸能界豪快ショッピング」。最近相次いで話題になった芸能人たちのお買い物にスポットを当てる。EXITのりんたろー。が、あこがれの木村拓哉がCMで乗っていた1,000万円超のビンテージカーを爆買いしたほか、平成ノブシコブシ・吉村崇は4,300万円の超高級車を購入。スタジオ一同も「最近買った高額なモノ」を告白していく。

    今田耕司が購入したのは「革のジャケット」。ハイブランドで元の値段は100万円超で「着てみたら俺にピッタリ。しかもセールで……。これは買わな! って」と思い切って買ったことを明かすが、着て行く場所がないという。紅しょうが・稲田美紀の豪快な出費は、「婚活パーティーで知り合った人にお金を取られて、むしゃくしゃしてもうて」と鬱憤晴らしになった「北新地のスナックシャンパンおろして3万円」。相方の熊元プロレスは「“取られた”っていうけど……」とすかさずツッコむ。そんななか、故郷の北海道に「不動産を買いまして……」とケタ違いの買い物を告白したのは杉村。今田を「“薄口コメンテーター”は仮の姿やな」とうならせた、スゴ腕実業家のビッグビジネスが明かされる。

    続いての「ネタバレ的気になるワールドニュース」では、日本だけでなく世界各地で加速する物価高や、来年にも中国を抜いて世界人口ナンバーワン国家となる見通しのインドの現状などを国際ジャーナリストモーリー・ロバートソンがわかりやすく解説する。世界を席巻する韓国エンタメ最新事情を、韓国発6人組ガールグループRocket Punch唯一の日本人メンバージュリが話す場面も。かつてAKB48メンバーとして活動し、卒業後に渡韓したジュリによれば、韓国のエンタメ界には、厳しい練習生システムや週に7回以上もある歌番組など日本との大きな違いが。そのほかアイス研究家・シズリーナ荒井氏がオススメする2022年夏の最新アイスを紹介する。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】杉村太蔵、故郷・北海道に不動産購入 芸能人の高額ショッピングに迫る】の続きを読む



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)


    本当に出演するのかな?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/25(月) 06:15:50.57ID:CAP_USER9
    [2022年7月25日3時0分]

    前宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏(64)が今年12月に予定されている宮崎県知事選への出馬を検討していることが24日、分かった。
    東国原氏は取材に、立候補を「熟慮している」と明かした。東国原氏は2007年(平19)1月、「どげんかせんといかん」のスローガンで宮崎県知事選に初当選し、1期で退任して都知事選に挑戦も落選。
    12年衆院選で日本維新の会から比例近畿ブロックで初当選も13年12月に辞職していた。東国原氏は「地元からの熱を強く感じる」と、9年ぶりの政界復帰に前向きな姿勢を見せている。

         ◇     ◇     

    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202207240001243_m.html

    【【社会】東国原英夫氏が宮崎県知事選へ出馬検討「熟慮している」安倍氏にも心動かされ「最後のチャンス」】の続きを読む


    見解を出す。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/08(金) 15:33:27.01
    7/8(金) 15:20
    デイリースポーツ

    金子恵美氏、声詰まらせ「頭も心も整理が追いつかない」刃物は警戒も「まさかの銃撃で」

     元衆議院議員の金子恵美氏が8日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、安倍晋三元総理が奈良県内で銃撃されたことに声を詰まらせ「頭も心も整理がつかない」と混乱を隠さなかった。

     金子氏はコメントを求められると「私も、頭も心も整理が追いつかない」と声を震わせると「私事で申し訳ないが、第二次安倍内閣発足で衆議院議員に初当選して、安倍政権下で政務官も務めさせていただいて大変お世話になりました」と安倍元総理との関係性を説明。

     選挙時には安倍氏にも応援にきてもらったといい「街宣車の上から演説しても、その後は降りて、もみくちゃにされながらも握手して回って下さった」と振り返った。当然その時もSPや地元警察が警備についていたが「目を光らせていても、どこかで襲われるということは起こりうるんだなと」とコメント。「ただ、やっぱり刃物での襲撃は常に気をつけているが、まさかの銃撃で。ここはなかなか警備しにくかったのかなと思います」との見解も語っていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/40dfd2914ef1e4532917c2b933e04f23a6c0fd35

    【【芸能】金子恵美氏、声詰まらせ「頭も心も整理が追いつかない」刃物は警戒も「まさかの銃撃で」】の続きを読む

    このページのトップヘ