改善は必要ですね。他のところでは、枕営業がある可能性もあります。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/14(木) 11:55:04.75

4/14(木) 11:40
デイリースポーツ

鈴木砂羽、映画監督と会食で罵倒受けた過去告白 業界の改善願う
 
 女優の鈴木砂羽が12日にウェブサイト「note」に文章を掲載し、過去に映画監督から罵倒された経験を明かした。

 鈴木は「無性に書きたくなって。」と題して文章を掲載。自身を次回作の主演に指名していた監督の作品の試写会を訪れ、その後に監督と関係者をまじえて会食した際の出来事を伝えた。

 監督は鈴木が思ったような感想を語らなかったことで機嫌を損ね、次第に鈴木の過去の作品やその作品の監督を罵倒し始めた。となりに居たプロデューサーも監督と一緒になって怒りをあらわにしていた。さらに、監督は過去に交際していた女優の名前を出し、自身の功績で売れるようになったとも語った。

 途中でかかってきた電話に鈴木が思わず出てしまったため、監督の怒りはピークに。鈴木のマネジャーは謝罪したが、鈴木自身は当然のようにその監督の作品に出演する気はうせており、その場を去ったという。

 鈴木は記述について「あくまでワタシ側の主観」と説明。監督の名前を見ても「もう自分には関係のない人物だと処理してきた」とした。

 当時、表沙汰にしなかったのは「この世界、沈黙は身を守る事だ。事を荒立てたくなかったら沈黙。」と教えられていたから。しかし、「でもこれからは違う。泣き寝入りしてはいけない。事務所も見て見ないふりはしてはいけない。長いモノに巻かれてやり過ごす時代は終わった。」と流れが変わったことを強調した。

 弱い立場の人々を「現場で立ち向かう勇気を持って欲しいと願う。」と激励。「敢えてそういう『枕営業』する女性もいることは事実」と認めた上で「あなたに対して真剣な人の顔を思い浮かべてみて欲しい。」と呼びかけた。

 性加害報道については「あんな性の悪鬼みたいな人たちだけがこの業界を作っているわけではないのだ。自分たちが変わると決めて、映画業界がまた新しい息を吹き返すことを願い、これから自分たち世代もまだまだ映画を諦めず、俳優、スタッフ互いの尊重と尊敬、感謝を忘れずに盛り上げていきたい。」と改善のきっかけになることを期待した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad455023ac1198cdc925a0606b6e206c01867d3


【【芸能】鈴木砂羽、映画監督と会食で罵倒受けた過去告白 業界の改善願う】の続きを読む