芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 有村架純



    感謝していた。

    モデルプレス=2022/12/30】年末恒例の音楽賞「第64回輝く!日本レコード大賞」の最終選考会(TBS系17時30分~22時)が30日、東京・新国立劇場で開催され、女優の有村架純が司会を務め上げた。

    【写真】BE:FIRST・NiziUらが豪華パフォーマンス

    有村架純「レコ大」初司会完走

    番組放送終了後は、受賞者が再び壇上へ上がり司会の安住紳一郎アナらが祝福。初司会を務め上げた有村は、感想を聞かれると「最初はすごく緊張したんですけど、楽しく皆さんと一緒に時間を共有できて、とても楽しかったです」と振り返り、「本当にありがとうございました」と何度も感謝を口にしていた。

    なお、今回の最優秀作品賞はSEKAI NO OWARIの「Habit」。最優秀新人賞は現役女子大生の演歌歌手・田中あいみが獲得した。

    ◆「第64回輝く!日本レコード大賞

    同番組は、17時30分から4時間半にわたりTBSにて生放送。今年は2年ぶりに有観客で行われた。今年29年ぶりに再始動し、来年8月末までの期間限定で活動中の男闘呼組をはじめ、7人組ダンスボーカルグループ・BE:FIRST、9人組ガールグループNiziUなど個性豊かな受賞者がステージに勢ぞろい。一夜限りの夢のステージを届けた。(modelpress編集部)

    Not Sponsored 記事】

    江藤愛アナ、有村架純/「第64回輝く!日本レコード大賞」放送終了後の会場の様子(C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】有村架純「レコ大」初司会完走 放送終了後に感謝語る<第64回輝く!日本レコード大賞>】の続きを読む



    振り返る。

     女優の有村架純が、2023年1月2日より全国で放映開始される東芝の新CMに出演する。

     ​>>全ての画像を見る<<​​​

     同CMでは、「さあ、超えていこう。あらゆる壁を、軽々と」というナレーションと共に、“現実の世界”と“データの世界”を華麗に飛び回る有村を通し、未来を切り拓く東芝を表現している。楽曲は、名曲『銀河鉄道 999』(唄:真琴(E.scene))を起用。観る人の心を躍らせる力強い歌声と、未来への希望に満ちた有村の表情が印象的なCMに仕上がっている。

     撮影では、有村が自身初となるワイヤーアクションに挑戦。最初は吊り上げられる高さに緊張し、思い通りの動きが出来ずに悔しがる場面も。シーンを重ねるごとにコツをつかみ、空中での難しい動きをするシーンでは、入念に映像をチェックするなど演技に対するこだわりの強さを見せていた。

     CM撮影の感想について有村は「ワイヤー撮影は経験がなかったので、ワンカット目、できなかったことがすごく悔しくて、『こんな出来ないもんかぁ』ってちょっと落ち込みました」とコメント。また、2022年については「今、大河ドラマを撮影しているんですけど、ちょうど30歳になる年に放送がはじまるんですね。大河ドラマに出演してみたいなっていうのがデビューした頃からなんとなく目標にはあって。でも出演できるのは、30代とかになってからなのかなと思っていたので、タイミング良く自分の節目に関われることがすごく幸運だったなと思います」と振り返った。

     来年の目標については、「今までだと『こういう役はこうだから、こうでこうで…』って、結構組み立てることがあったんですけど、そうすると、それにがんじがらめになってしまう自分がいたんですね。それを一回取っ払って応用もできる空白の部分を残しておかないといけないなと思って、それを今年に参加させてもらった作品で色々トライしてみたんです。引き続き、来年も挑戦してみて、ああでもない、こうでもないって思いながら、また別のところに行けたらいいなと思います」と意気込みを明かした。

     同CMは、東芝の公式YouTubeチャンネルでも公開予定。

    東芝公式YouTubeチャンネル
    https://www.youtube.com/@adtoshiba

    ⒞東芝


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】有村架純「ちょっと落ち込みました」初ワイヤーアクションに挑戦、複雑な動きも! 東芝新CM出演、2022年の活動振り返る】の続きを読む



    語る

    女優の有村架純(29歳)が、3月9日に放送されたバラエティ番組「水曜NEXTAround the Corner 前編」(フジテレビ系)に出演。“最初にハマった芸人”を明かした。


    アンタッチャブル山崎弘也が運転する車で、2ショットトークをする企画に登場した有村。「お笑いがすごく好き」で、バラエティ番組も録画して見るほど好きだという有村に、山崎は「物心ついて、まず最初にハマった芸人さん」をたずねる。


    有村は「エンタの神様」(日本テレビ系)が「すごく好きだった。小学校から、中学校から」といい、中でも好きだった芸人は「陣内(智則)さん」だったそう。山崎は「波田陽区とかは?」と“ギター侍”で一世を風靡した波田の名前を挙げると、有村は「あっ、波田さんも…(笑)」と笑った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【有村架純が“最初にハマった芸人”】の続きを読む

    このページのトップヘ