どうなるのかな?

NO.10236110 2022/03/11 22:23
桐谷美玲とも“修復不可能”でついに独立…「女版ジャニーズ」事務所が迎える窮地
桐谷美玲とも“修復不可能”でついに独立…「女版ジャニーズ」事務所が迎える窮地の画像
桐谷美玲

 女優の桐谷美玲が16年間所属した事務所・スウィートパワーを3月いっぱいで退所し、独立することが7日、発表された。

 同事務所は公式サイトで、「この度、弊社所属タレント桐谷美玲が、2022年3月31日をもって契約満了となり、弊社を退所し、独立することとなりましたことをご報告いたします」とし、今後について「自らの力でモデル業を中心とした活動に注力していきたいという本人の気持ちを尊重し、円満に契約を終了する運びとなりました」と説明するなど、円満退所を強調した格好だ。

 桐谷は、「16歳でデビューして以降、モデル、女優、タレントとして、様々な分野で活動する機会を与えてくれた所属事務所の皆様や関係者の皆様、そして、いつも私を応援してくださっているファンの皆様に、心から感謝を申し上げます」とコメントを寄せたほか、自身のSNSでも事務所退所と独立について報告。「田舎の高校生だった私を、厳しい芸能界という世界で仕事をしていけるように一から育ててくださった事務所の方々、関係者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです」とつづった。

 円満に運んだかのように見えるこの退所報告だが、しかし桐谷と事務所との関係は修復不可能だったようだ。テレビ局関係者は次のように語る。

「桐谷は2018年7月に俳優の三浦翔平と結婚し、2020年7月には第1子出産を発表。今は家族といる時間が最優先で、モデル業・CM以外のオファーを受けず仕事をセーブしていた。女優業をやらせたがる事務所に対し、桐谷はことごとくオファーを断っているそうで、実際に2017年を最後に女優としての出演作はない。その背景には、かつて黒木メイサが赤西仁とのデキ婚でCMの賠償金などを支払った際、その穴埋めのために過密スケジュールで働いたことが影響しているとか。また、2015年に山本耕史と結婚し、2017年に引退した堀北真希の後を継ぐ看板女優として事務所社長から期待をかけられていたが、それも精神的に負担が大きかったそう。スウィートパワーは2019年にはマネジャーの大量退社も一部で報じられたが、桐谷が信頼するスタッフも退社してしまったようで、そのあたりから桐谷は独立を画策していたようだ」

 かつては、らつ腕女性社長の卓越した新人発掘・育成で「女版ジャニーズ」とも呼ばれたスウィートパワー。しかし、元KARAの知英、俳優の高杉真宙、女優の南沢奈央らが相次いで退所。売り出し中だった俳優の岡田健史からは契約解除を求められ、裁判沙汰にまで発展した。おまけに、事務所社長は所属女優へのセクハラ疑惑、事務所スタッフへのパワハラ疑惑も報じられてしまった。

「退所が続いた上、黒木メイサもこの数年は女優業から遠ざかり、たまにモデル仕事などをこなす程度。ほかに名のある女優はベテランの内山理名か、桜庭ななみくらい。オダギリジョー監督映画『ある船頭の話』でヒロインに抜擢された19歳の川島鈴遥をプッシュしていきたいところだが、堀北退所後は得意のバーターも難しくなってきている。ついには、動物タレント部門の『スウィートパワーアニマル』を昨年設立したが、売り上げは大幅に減ったはず。事務所はこれまでにない窮地を迎えそうだ」(芸能記者)

 岡田健史も来年3月いっぱいで退所することが決まっている同事務所。はたしてこの窮地をどう乗り切るだろうか。

【日時】2022年03月11日 19:00
【提供】日刊サイゾー

【桐谷美玲とも“修復不可能”でついに独立…「女版ジャニーズ」事務所が迎える窮地】の続きを読む