芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ハ行 > 藤原紀香



    藤原紀香さんの若き日の貧困体験は、努力と忍耐の賜物であり、尊敬に値するものです。

     女優・藤原紀香の下積みエピソードに対し、まさかのパクリ疑惑を指摘する声が相次いだという。12月20日に放送された「1周回って知らない話 3時間SP」(日本テレビ系)にゲスト出演した藤原は、30年の芸歴を振り返る中で、新人時代の知られざる苦労エピソードを紹介した。

    「ミス日本コンテスト」でのグランプリを受賞を機に芸能界入りを決意し、親の反対を押し切って上京すると、キャンペーンガールなどで地道に活動。真冬に水着でビールのキャンペーンに駆り出されるなど、壮絶な下積み時代だったようで、お金が全くない極貧時代でもあったと振り返る。

     そんな藤原によると、当時の食事は白米のみで、「煙」の香りをおかずにしていたこともあったと告白。自宅の1階に焼肉店が入っていた影響で、ダクトから漏れる煙でご飯を食べていたといい、「これは本当にリアルオーディションを受けに行かなアカンから、食よりも美容に使っていたので、お金が無くなっていた」と明かしている。

    「この強烈なインパクトを放つ“ダクト飯”について、ネットには『オードリーの春日のパクリ?』『それ春日さんのやつ…』など、倹約家で知られるオードリー春日俊彰と全く同じエピソードだと指摘する声が並びました。春日は2010年と11年に『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)の『芸能人節約バトル 1ヶ月1万円生活』企画で、2度の王者に輝いた実力者。白米と箸を持って近所の飲食店にあるダクトに顔を寄せ、幸せそうにご飯を食べる様子が世間に衝撃を与えました。この印象があまりにも強すぎたのか、藤原が実際に体験したという“ダクト飯”には春日からのパクリ疑惑をかけられてしまったようです。春日は企画以降も芸能界随一のドケチキャラとして一貫していますが、藤原にはゴージャスセレブイメージが根付いているため、そのギャップのせいで、理不尽なことに、春日ほどの説得力が得られなかったのかもしれません」(テレビライター

     1円でも多く美容代に費やしたいとの思いがあったのだろうが、藤原に相当なガッツがあったことも伝わるエピソードだといえそうだ。

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】藤原紀香が若き日の極貧食生活を告白も「春日のパクリ呼ばわり」被害の“理不尽”】の続きを読む



    藤原紀香さんのオファー断った理由、ちょっと意外なものかもしれませんね。興味深いトピックですし、記事を読んでみるのが楽しみです!

    女優の藤原紀香(52歳)が12月21日、公式ブログを更新。ゲスト出演した20日放送のバラエティ番組「1周回って知らない話3時間SP」(日本テレビ系)について、オファーを一度断っていたことを明かした。


    この日、「2023/12/21」と題してブログを更新した藤原。「仕事帰りの素敵な空」「美しく、ぼんやり見ていて癒されました」と切り出し、車の中で撮影したプライベートショットを公開。


    続けて「さて...【1周回って知らない話】放送が終わりました」と、前日放送した「1周回って知らない話3時間SP」について触れると、「初め、『自身の俳優業と役者の妻業との密着を撮らせてくださいとの話が来ています』とマネージャーさんから聞いた時、“役者の妻としての密着などは、さすがに私などおこがましいので...”と一度お断りをしました。私は完璧ではないし、もっと完璧にされている方や、それに相応しい方は山ほどおられるので、と」と番組出演のオファーを断っていたことを理由とともに明かした。

    しかし、「それでも再度オファーをしてくださり、こんな私でもそんなことを言ってくださるのは本当に有難いと、普段の生活でよければと数日密着をついていただいた次第です」と番組に出演する経緯を説明した。


    藤原は「役者の妻としてまだまだ足りない部分も多い私が、いまこうして立っていられるのも、結婚して7年、知らないことを教えてくださる沢山の方々がいたからです。完璧ではない私を、助けてくれている方々がいたからです」といい、「季節の心得や日本古来の雅な文化、書の心得、着物、お花などの知識を与えてくれる雅藝倶楽部の川邊りえこ先生や、劇場など夫の現場で、私が気づかなかったことや足りなかったことを教えてくださる関係者の皆さんや先輩方、夫の番頭さんも昔からのご贔屓方のことを細かに教えてくれたり、京都の踊りの先生からも多くのことを教わったり、そして、印刷やデザインのことなどサポートしてくださる方々 日々が勉強で、本当にこの7年有り難く学ばせていただきました」と7年間の結婚生活を振り返った。

    また、「私のエナジーの源は、ご贔屓方やお客様から届く舞台の感想であったり、親愛なる仲間たちの愛のある連絡であったり 体のケアをしてくれるドクター方や、健康と美容に関してメンテナンスしてくれるプロフェッショナルな方々、そして、何よりここでのコメントのように、ファンのさんからの応援でまた元気をもらえる」と述べ、「そんな学びや応援があるからこそ、今の私があるのだなといつも感じています 紀香さんすごい,なんて言ってくださる方もいますが、そうではなく、私ひとりじゃできないことで、多くの方々の助けと愛のある応援があってこそなのです」とつづった。

    最後は「限りない感謝と愛を込めて 紀香」と記し、ゲスト出演した際のオフショットブログを締めくくった。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】藤原紀香「1周回って知らない話」一度オファーを断っていた、理由明かす】の続きを読む



    セレブ役を演じる。

     女優の広瀬アリスが主演を務めるドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレフジテレビ系/毎週月曜22時)の第8話(6月6日放送)に、女優の藤原紀香がゲスト出演。パリから突然現れたセレブ役を演じる。

    【動画】松村北斗の“キスの手の位置”が話題『恋なんて、本気でやってどうするの?』

     本作は、27歳恋愛不要女子VS.刹那恋愛主義男子、安定志向早婚レス妻VS.訳ありミステリアスシェフ、愛され中毒パパ活女子VS.不思議陰キャ男子という、恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー

     今回藤原が扮するのは、要(藤木直人)を追いかけてはるばるフランスから日本へやってきた佐藤沙羅デュビビエ役。高貴なドレスに身を包み、高級車の中で要についてのウェブ特集記事を見つめる謎めいた女性を演じる。

     沙羅は、要がパリで料理人として修行していた頃に関係のあった人物で、クライマックスに向けて要に大きな影響を及ぼす存在。第4話で要がスマホで見ていた写真の中に、エッフェル塔を背にして写っていた女性も彼女だった。

     藤原は「物語の終盤に、突然現れて“引っかき回すタイプの謎の多い女性”を存分に楽しませていただきました」と撮影を振り返り、「『サリュー』でのセンセーショナルな登場の仕方は、ご覧になられている方も驚くのではないでしょうか」とメッセージ

     さらに、「監督と相談しながら、時々フランス語でつぶやいてみたり、沙羅ならではのファッションを楽しんだり。ミステリアスな雰囲気は壊さずに、存在感と華やかさが必要な難しい役でしたが、作っていく事がとても楽しかったです。どうぞご期待ください」と呼びかけている。

     ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』はカンテレフジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

     コメント全文は以下の通り。

    ◆藤原紀香

    Q.出演オファーが来た時はいかがでしたか?

     ぜひこの役をやって頂きたいとプロデューサーさんからお話を頂き、“なぜ私にこのお役を?”と聞くと〝佐藤沙羅デュビビエ〟は、紀香さんじゃないと!とずっと考えていました。”と言ってくださり、すぐに台本を読ませていただきました。美学や哲学を携え、ビジネスの能力にとても長けている個性的な役柄でしたが、“この役をお任せしたい”と言って頂けることは大変光栄なことなので喜んでお受けさせて頂きました。

    Q.「佐藤沙羅デュビビエ」を演じてみられてどうでしたか?

     物語の終盤に、突然現れて“引っかき回すタイプの謎の多い女性”を存分に楽しませていただきました。「サリュー」でのセンセーショナルな登場の仕方は、ご覧になられている方も驚くのではないでしょうか。

     役作りとしては、監督と相談しながら、時々フランス語でつぶやいてみたり、沙羅ならではのファッションを楽しんだり。ミステリアスな雰囲気は壊さずに、存在感と華やかさが必要な難しい役でしたが、作っていく事がとても楽しかったです。どうぞご期待ください。

    ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演する藤原紀香 (C)カンテレ・フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【藤原紀香、『恋なんて、本気でやってどうするの?』出演 突如パリから現れたセレブ役】の続きを読む



    公開する。

    NO.10212636 2022/02/27 10:04
    藤原紀香、すっぴん顔の公開にネット困惑「バーチャル人形みたい」
    藤原紀香、すっぴん顔の公開にネット困惑「バーチャル人形みたい」
    女優の藤原紀香(50)が公開した“すっぴん”写真に困惑の声が集まっている。

    藤原は23日にインスタグラムを更新し、「大阪公演2日目」と、主演舞台『サザエさん』が大阪公演の2日目を迎えたことを報告。「劇場は、目には見えないけれど多くのものが生み出される特別な空間」とつづりつつ、カップを手に撮影した自撮り写真を公開した。

    写真に映る藤原は化粧っ気がなく、ほぼすっぴんの状態。

    自身の美しさを存分にアピールしつつ、「お客様の息吹を感じられ、私たちもまた元気になれる特別な空間だと思っています」と舞台への思いを語っていた。

    この写真にネット上からは、「美人だしオーラあるしスタイルもいいし、すごいな」「めっちゃ美人!」という声が集まっていたが、一方では、「加工しまくってたまにバーチャル人形みたい」「テレビとインスタの写真が違いすぎ」「最近加工が凄いな。加工だから形や角度がヘンじゃん」といった声も見受けられた。

    完璧なスタイルを保つ藤原とはいえ、あまりに不自然すぎるショットに、多くのネットユーザーが困惑してしまったようだ。
    【日時】2022年02月27日 10:00
    【提供】デイリーニュースオンライン

    【藤原紀香、すっぴん顔の公開にネット困惑「バーチャル人形みたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ