芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 女優ハ行


    語る。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/14(火) 10:16:08.25
    6/14(火) 10:04
    スポニチアネックス

    広末涼子 人生最悪だった27歳 何があったかは「全然言えないです」も、救いだった存在は…

     女優の広末涼子(41)が13日放送のフジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?」(後11・00)に出演。人生の最悪だった時期について明かした。

     人気占い師の星ひとみ氏から「2007年、破壊と鎮星の年」との鑑定を受け、広末は「2006年とか07年は私、人生最悪で、いつも高いところに行ってましたね。“よく生きていた”と思います、私も。私、運動神経悪かったら“落ちてるな”とか、高いところに行っていた時期。悩んだり落ち込むタイプじゃないから、とにかく勉強して回避しようと思って」と人生のどん底だった時期を告白。具体的に「(何があったかは)全然言えないですね。ちょっとキャラクター変わっちゃう。人生にはいろいろありますよね」と苦笑した。

     それでも「信じていた存在が信じられなくなるから」とも。星氏は「本当は寂しがり屋。何かに没頭していれば大丈夫。子どもがいなくてスイッチが切れていた場合よ。(息子は)自分の分身で守ってくれる味方」との指摘に、広末も「本当に良かったです、長男がいてくれて。一番…やっぱり一番の存在だから、そこから自分も成長しなきゃなっていうか」と明かした。

     星氏はその時期を境に「流れが変わっているのですごくよくなっている。常に忙しくしていたほうが良い」とし、「人のため、誰かの為じゃないと頑張れない」とアドバイス。広末は「そうかもしれないです。デカルトの言葉で“自分は考えるから自分があるん”って言葉に対して、どういう終着点で文章がいくかなと思ったら“他者があるから自分がある”って私は結論になって、お芝居も見てくれる人がいないと、意味がないし、監督がほめてくれたり、スタッフが喜んでくれるから、“頑張りたい”と思うし、家事・育児も自分のためじゃなかったりするから」とした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/34e1153e04c18d189238da7bebb622d6ba8e7df3

    【【芸能】広末涼子 人生最悪だった27歳 何があったかは「全然言えないです」も、救いだった存在は…】の続きを読む


    演技力に大反響する。

    1 ジョーカーマン ★ :2022/06/06(月) 10:24:45.86

    俳優の岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル *ない*屋』(2021年)が「金曜ロードショー」(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて地上波初放送。
    佐羽ヒナコを演じた平手友梨奈の迫真の演技にネット上では反響の声が上がった。

    迫真の演技を見せた平手友梨奈 『ザ・ファブル *ない*屋』場面カット

    本作は、どんな相手でも6秒で仕留める伝説の*屋“ファブル”を岡田が演じる、人気コミックの実写映画化第2弾。

    平手が演じたヒナコは4年前、ファブルが*を行なった現場に居合わせ、その際に負ったケガの影響で車椅子生活を送っている少女。
    ヒナコは両親を何者かに*れており、親のいない彼女のためにNPO法人の代表・宇津帆(堤真一)が“保護者”を務めている。
    しかし宇津帆は、裏では*屋の鈴木(安藤政信)らと手を組み、金持ちの親に過保護に育てられた子どもを探り当て、金を脅し取っては“消す”という悪行を繰り返す犯罪者だった。

    クライマックスではヒナコの両親を*たのは、実は宇津帆だったことが判明。
    ヒナコは宇津帆に拳銃を向け発砲するが、弾丸は当たらない。
    全く悪びれることもなく、ヒナコの両親を殺害したときのことを嬉々として話す宇津帆に、ヒナコは怒りと憎悪の表情を見せる。

    ヒナコは、こん身の力を込めて、ついに車椅子から立ち上がった。
    だがその瞬間に彼女は、ファブルを仕留めるために宇津帆が仕掛けていた地雷に足をかけてしまう。
    すんでのところで爆発はしなかったものの、自身の計画を崩されてしまった宇津帆は怒り心頭。
    「早く吹っ飛べよ!」とヒナコをののしる宇津帆。
    そんな宇津帆に憎しみと怒りが極限に達したヒナコは「お前なんか*てやる!」「このゲス野郎ーーー!」と叫びながら宇津帆に向けて引き金を引くのだった。

    この一連のシーンでヒナコを演じた平手は、まさに“憑依”したかのような圧巻の演技を見せ、その眼力はすさまじかった。
    ネット上でも「平手友梨奈の演技マジですごい。鬼気迫る演技」「凄い気迫」「息止まるかと思った」「見入ってしまった」といった声が上がった。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/535a22ccd38a1cefe01c5495c2de17ff2827fbfb

    「鬼気迫る演技」平手友梨奈、映画『ザ・ファブル』で迫真の演技に絶賛の声殺到!

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    元欅坂46 平手友梨奈

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654316552/


    【【女優】「鬼気迫る演技」平手友梨奈(20)『ザ・ファブル』迫真の演技に大反響!】の続きを読む


    大変そうです。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/02(木) 11:08:30.32

    「ベストマザーだなんておそれ多いですが、女優業とママ業の両立はきっとできる、と信じてがんばってきたかいがあったなと感じています」

    今年5月に、第14回ベストマザー賞の授賞式で、広末涼子(41)は感極まった様子でこう語った。

    海外留学中の長男を筆頭に、3人の子どもの育児に取り組んできたが、女優業との折り合いに思い悩むことも少なくはなかった。

    「彼女が20代前半のころ、人気の絶頂期に1年半も育休を取ったことに対して、仕事関係者の中には眉をひそめる人もいました。また、反抗期を迎えた長男との接し方や、ママ友との付き合いに悩むことも多かったそうです」(テレビ局員)

    子どもたちが成長しても、広末の奮闘は続いていたーー。

    「広末さんはこの春、お子さんが通う学校のPTA役員に立候補して、保護者の窓口や雑用をやる事務局の担当になりました。昨年まで広末さんは、仕事の関係で学校行事になかなか出られないことも多かったのです。

    そんなときは、旦那さんのキャンドル・ジュンさん(48)が代わって参加していました。ジュンさんも育児にはかなり熱心で、行事にも積極的に関わっています」(知人)

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/19d50e4da7b5606912f98c1f1cadb942afc62fc0


    【【芸能】広末涼子 PTA役員に立候補で雑務担当に!ベストマザー受賞生んだ奮闘子育て】の続きを読む



    セレブ役を演じる。

     女優の広瀬アリスが主演を務めるドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレフジテレビ系/毎週月曜22時)の第8話(6月6日放送)に、女優の藤原紀香がゲスト出演。パリから突然現れたセレブ役を演じる。

    【動画】松村北斗の“キスの手の位置”が話題『恋なんて、本気でやってどうするの?』

     本作は、27歳恋愛不要女子VS.刹那恋愛主義男子、安定志向早婚レス妻VS.訳ありミステリアスシェフ、愛され中毒パパ活女子VS.不思議陰キャ男子という、恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー

     今回藤原が扮するのは、要(藤木直人)を追いかけてはるばるフランスから日本へやってきた佐藤沙羅デュビビエ役。高貴なドレスに身を包み、高級車の中で要についてのウェブ特集記事を見つめる謎めいた女性を演じる。

     沙羅は、要がパリで料理人として修行していた頃に関係のあった人物で、クライマックスに向けて要に大きな影響を及ぼす存在。第4話で要がスマホで見ていた写真の中に、エッフェル塔を背にして写っていた女性も彼女だった。

     藤原は「物語の終盤に、突然現れて“引っかき回すタイプの謎の多い女性”を存分に楽しませていただきました」と撮影を振り返り、「『サリュー』でのセンセーショナルな登場の仕方は、ご覧になられている方も驚くのではないでしょうか」とメッセージ

     さらに、「監督と相談しながら、時々フランス語でつぶやいてみたり、沙羅ならではのファッションを楽しんだり。ミステリアスな雰囲気は壊さずに、存在感と華やかさが必要な難しい役でしたが、作っていく事がとても楽しかったです。どうぞご期待ください」と呼びかけている。

     ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』はカンテレフジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

     コメント全文は以下の通り。

    ◆藤原紀香

    Q.出演オファーが来た時はいかがでしたか?

     ぜひこの役をやって頂きたいとプロデューサーさんからお話を頂き、“なぜ私にこのお役を?”と聞くと〝佐藤沙羅デュビビエ〟は、紀香さんじゃないと!とずっと考えていました。”と言ってくださり、すぐに台本を読ませていただきました。美学や哲学を携え、ビジネスの能力にとても長けている個性的な役柄でしたが、“この役をお任せしたい”と言って頂けることは大変光栄なことなので喜んでお受けさせて頂きました。

    Q.「佐藤沙羅デュビビエ」を演じてみられてどうでしたか?

     物語の終盤に、突然現れて“引っかき回すタイプの謎の多い女性”を存分に楽しませていただきました。「サリュー」でのセンセーショナルな登場の仕方は、ご覧になられている方も驚くのではないでしょうか。

     役作りとしては、監督と相談しながら、時々フランス語でつぶやいてみたり、沙羅ならではのファッションを楽しんだり。ミステリアスな雰囲気は壊さずに、存在感と華やかさが必要な難しい役でしたが、作っていく事がとても楽しかったです。どうぞご期待ください。

    ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演する藤原紀香 (C)カンテレ・フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【藤原紀香、『恋なんて、本気でやってどうするの?』出演 突如パリから現れたセレブ役】の続きを読む


    セクシー

    1 jinjin ★ :2022/05/27(金) 00:46:09.55

    5月20日発売の美容雑誌「VOCE」(講談社)の7月号で、ノースリーブの黒いドレスから柔らかそうな乳白の美バストの谷を見せつけたのは、女優の本田翼である。

    06年に女子中高生向けのファッション誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルでデビューすると、07年に「ラブベリー」(徳間書店)、10年から18年まで「non‐no」(集英社)と、モデル畑を渡り歩いてきた。

    が、ここまで大胆に肌を出したことに、ファッション誌業界も騒然となっているという。


    「若かりし頃に、水着特集で他のモデルと並んで着用することはありましたが、大人の色香を際立たせるドレスを着て、惜しげもなく胸元をアピールするのは、非常に珍しい。これまでとは違った、新たな引き出しを開けたと話題になっていますね」(女性ファッション誌編集者)

    今回、「VOCE」で初めて表紙を飾り、「愛しいカラダのつくり方」という特集に登場した本田は、5月12日発売の女性ファッション誌「ar」(主婦と生活社)の6月号でも表紙に登場。
    本田の美ボディの作り方を、8ページにわたって特集している。


    この「ar」では、タンパク質の摂取の仕方から、「夕食は必ず18時までに終わらせる」などの食事法、代謝を上げるための効果的なやり方を細かくアドバイスしていた。


    本田の変化について、前出・女性ファッション誌編集者が明*。

    「モデル時代の透明感はピカイチ。素材だけで勝負できていたので、積極的にトレーニングをしている話を聞いたことはありませんでした。しかし、食生活の乱れもあり、コロナ太りを経験したことで一念発起。約1年前から週2回のスポーツジムでの体作りや、体幹トレーニングの『プランク』を毎日続け、肉体改造に取り組んだそうです」

    さらに双方の雑誌で「マッパチェック」をしていると明かした本田は、さらなる艶っぽ攻勢を展開していた──。


    https://www.excite.co.jp/news/article/Asagei_213355/


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】本田翼が『VOCE』で美バスト披露 珍しい大胆露出にファッション誌業界も騒然】の続きを読む

    このページのトップヘ