芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 女優サ行


    監督が泣いてしまうほどの演技力というのは本当にすごいですね。齋藤飛鳥の表現力には本当に感心します。

     俳優・タレントの齋藤飛鳥(25)、佐々木蔵之介(56)、高橋恭平(23/なにわ男子)が26日、東京・秋葉原UDXシアターで開催された『マイホームヒーローDAY〜ドラマと映画イッキ観イベント』に参加した。

    【全身ショット】モスグリーンのシックな衣装で登場した齋藤飛鳥

     17年より「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の同名漫画(原作:山川直輝、作画:朝基まさし)が原作。連続ドラマでは、どこにでもいる普通の父親が娘のDV彼氏を殺してしまう衝撃の場面から始まり、殺した彼氏が所属する半グレ組織から狙われる、命がけの騙し合いが描かれた。

     『映画 マイホームヒーロー』(3月8日劇場公開)はその7年後が舞台となる。“娘を守るために殺人犯になった父”鳥栖哲雄役の佐々木をはじめ、夫の秘密を守り、支える妻・歌仙役の木村多江、何も知らない娘・零花役の齋藤、哲雄を殺人犯と疑い、執拗に追及する半グレ集団のリーダー格・間島恭一役の高橋、鳥栖一家を追い込んでいく犯罪組織「間野会」の殺し屋・窪役の音尾琢真らが引き続き出演する。

     齋藤は「自身の役柄に共感できるところは?」と問われ、「まったく共感できていませんでした。私は人の感情がなにもわからないタイプなので、1から10までなにも考えずに生きています…」と吐露。佐々木から「グループでセンターやってたんやから、そんなわけないやろ」と強烈なツッコミが入った。

     演じる際にも「本当に何も考えていないんです」と言う齋藤。作中で印象的な涙を流すシーンについても「台本に涙を流すというト書きがあったんですけど、(撮影に向けて)泣くことを覚悟していなかったんです。監督さんからの指示や、その場の空気を見て演じることが多いんです」と明かした。

     しかし、同シーンは「零花ちゃんにとって重要なシーンだった」とし、プレッシャーを感じていたと告白。「もともとアイドルをやっていて、たくさんお芝居をやってきたわけでもない。きっと共演者の方たちの中には『こいつやれんのか?』という気持ちもあったと思います」と言い、「そういう期待に応えられるかなという不安もありながら、お芝居の技術的なことはわからないので、もう気持ちで、思うままにやるしかないと思っていました」と振り返った。

     この言葉を受け、青山貴洋監督は「飛鳥ちゃんは謙そんされるタイプなので…」と笑いながら、「涙のシーンは本当にすばらしくて、僕も撮っていながら泣いてしまった。ご本人が思っている以上に、人に伝わる演技をされているんです」と太鼓判を押す。

     続けて「実際に使っていないシーンでも涙を流していたんですが、あまり泣くシーンが多すぎてもいけないなと思って、涙を消す加工をしたこともありました。それくらいやっているときの入り込み方がすごかった」と絶賛。「撮影中、カメラマンが飛鳥ちゃんの芝居に引き込まれすぎて、レールから落ちたこともありましたね(笑)」と明かし、会場を驚かせた。

     この日のイベントでは、ドラマ全話を特別編集した『ドラマ「マイホームヒーロー」スペシャル』と『映画 マイホームヒーロー』を一気に上映。ドラマスペシャルは、MBSで今月28日午後8時から、TBSで3月3日午後1時30分から放送される。

    「気持ちの演技」に絶賛を受けた齋藤飛鳥 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】齋藤飛鳥「気持ちの演技」に絶賛の声 監督は泣き、カメラマンは滑落「本人が思っている以上に人に伝わる演技」】の続きを読む



    この写真を見て、酒井法子さんの不屈の精神と美しさに深く感銘を受けました。歳を重ねるごとに、ますます魅力が増していくようです。本当に素晴らしいですね。

     歌手の酒井法子さんが2月10日Instagramを更新し、雑誌の表紙を飾ったことを報告。深くスリットの入った肩出し衣装のオフショットも公開したところ、2月14日に53歳の誕生日を迎えるとは思えない若々しさに注目が集まっています。

    【画像】“53歳目前に迫る”酒井さん近影

    ●「お色気ダダ漏れ」の表紙に負けない美しさ

     酒井さんは「カバーガールって呼んでくれてもいいよ」と冗談を交え、2月5日発売の『週刊大衆』(双葉社)の表紙を飾ったことを報告。「お色気がダダ漏れしている感じの表紙に(あくまでも、周りの皆様の)私もいるわぁ。。」と恐縮した様子でありながらも、右肩を大きく露出したボルドー色のワンピース姿を披露しました。

     右腕部分の肌を大きくさらした大胆な写真に、ファンからは「美しい通り越え、貫禄」「お色気に昇天してます」「筋トレで鍛えられたフォルムも美し過ぎます!!」「のりピー自身も、のりピーの曲も色褪せないなあ」など、酒井さんの日ごろの努力を称える声が寄せられています。

     もうすぐ53歳になろうとしている酒井さん。1月14日に更新したInstagramでは、同日開催のイベント「東京オートサロン2024」で着用したスパンコールやファーがちりばめられた膝上15~20センチほどのピンクのミニワンピ姿を公開。

     年齢を超越した姿に「ピンクの衣装メチャメチャ可愛かったー」「美しいの一言です」「のりピーはいくつになってもかわいい」と憧れの声が寄せられていました。

    大胆な衣装がお似合い(画像は酒井法子公式Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】酒井法子、雑誌表紙飾った“肩むき出しワンピ”姿が破格のあでやかさ 53歳目前で「美しい通り越え貫禄」「色褪せないなあ」】の続きを読む


    白石麻衣さんのユニクロコーデにメロメロです。どのコーディネートもシンプルながら、彼女ならではのこなれ感がありますね。さすがモデルさんだけあって、いつ見ても魅力的です。

     元乃木坂46メンバーで女優の白石麻衣(31)が2月7日に自身のInstagramを更新し、『ユニクロ』のタグを付け鮮やかなブルーのコーディネートを披露した。

     この日の投稿では、「BLUE」とつづり、ブルーベリー絵文字などとともに投稿。「@uniqlo_jp」とユニクロをタグ付けし披露されたのは、鮮やかなブルートップスとブルーのバッグを持ち、電車の中に立っているショット。白石はUNIQLO : Cのイメージキャストを務めており、『ユニクロ』公式サイトでは、「ひと足早く春物を取り入れ、冬のコーデを明るく、軽快に。 白石麻衣さんが着こなす、ユニクロの新提案スタイルをご紹介します」と春らしいコーデを披露している。

     この投稿にフォロワーからは、「まいやんって青が特に似合うね」「もう世界一可愛い天使ちゃんすぎます」「どんな洋服も似合ってしまう人この世界でまいやん1人だけです」「可愛すぎて何度も見ちゃうくらいお綺麗です」など称賛するコメントが多く寄せられていた。

    Instagram:白石麻衣(@m.shiraishi.official)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】BLUEのユニクロコーデ披露の白石麻衣、「可愛すぎて何度も見ちゃう」】の続きを読む


    清野菜名さんの表情が素晴らしいですね!あいみょんの楽曲と相まって、感情が高まってしまいます。CMの撮影秘話が明かされているなんて興味津々です!

    モデルプレス=2024/01/18】女優の清野菜名が18日、都内で行われた発表会に女優の市川実日子とともに出席。あいみょんの楽曲に感動したことを明かした。

    【写真】清野菜名、金髪に大胆イメチェン

    清野菜名あいみょんの楽曲に「感情が高まっちゃって」

    市川とともに「資生堂」新ブランドミューズに就任した心境を聞かれた清野は「本当に嬉しかったです。普段から健康や美容にとても気をつけていたので、インナービューティーを掲げるブランドミューズに就任できて本当に光栄です」と笑顔で語った。

    また、2人が出演し、1月28日から全国で放映開始される新CMの楽曲は、あいみょん初となるCM書き下ろした楽曲『リズム64』が採用されているが、清野は「すごく素敵な曲で、コンセプトにもぴったりでした」とコメント。「実際に(CMを)撮影しながらあいみょんさんの楽曲を聞いて、(涙を流す)車のシーンでも聞いて、すごく感情が高まっちゃって。本当に素敵な曲でした」と感動したことを明かした。

    ほかにCM撮影時のエピソードはあるか聞かれると「街中や海など、いろんなロケーションで撮影をしていて、特に海の撮影ではきれいな夕焼けが落ちるタイミングで、自分も心が解き放たれたというか、自然体で演じることができましたし、景色にも癒されました」とにっこり。「この時もあいみょんさんの曲を聞いて撮影していたので、気持ちを高めて撮影することができました」と振り返った。

    そして、ブランドコンセプトである『美しい、は生きている』を最初に聞いた心境を尋ねられると、清野は「私は食生活アドバイザーの資格を取得していて、内側から体を整えるということにとても興味があるので、今回、同ブランドが提唱する“美を育てていく”という考え方は、まさに私の土台になるなって思いましたね」と目を輝かせた。

    清野菜名、“2024年に始めたい新習慣”とは?

    さらに、“2024年に始めたい新習慣”を聞かれた清野は「一歩踏み出す」と答え、「自分はやりたいことがたくさんある人で、例えば魚を捌けるようになりたいとか、ミシンができるようになりたいとか、本当に小さいことなんですけど、なかなかそういったことを去年は『よいしょ』って一歩前に行けなかったので、それを今年は習慣にして、少しでも何かを得られたらなと思いました」と前向きな思いを口に。

    何から手をつけたいか問われると「まずは魚を捌きたいです(笑)」と話し、「まず小さいのから練習して、最終的には大きな魚をやってみたいです」と意気込んだ。(modelpress編集部)

    Not Sponsored 記事】

    発表会に出席した清野菜名(C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】清野菜名、あいみょんの楽曲に感動「感情が高まっちゃって」CM撮影秘話明かす】の続きを読む


    鈴木京香さんの回復が進んでいると聞いて安心しました。青森へのアート旅行、本当に楽しそうですね!体力も回復したようで、ますます元気な姿を見せてくれることを楽しみにしています。

    鈴木京香

    女優・鈴木京香の公式インスタグラムが29日に更新され、療養中の鈴木の近況についてスタッフが報告した。

     

    ■ドラマを降板して療養

    鈴木は今年5月、出演を予定していた7月クール放送のドラマ『この素晴らしき世界』(フジテレビ系)を病気治療のために降板。

    1ヶ月後の6月には、療養中に髪をショートカットにした様子が明かされるなど、ときおり近況がつづられていた。

     

    関連記事:休養中の鈴木京香がインスタを自ら更新 有吉弘行の呼びかけに“反応”も

    ■青森へ「アートを楽しむ旅」

    この日は、「いろんなことがあった一年でしたが、おかげさまで鈴木はすっかり体力が戻り、青森までアートを楽しむ旅に行ったようです」と、鈴木自らが撮影したとみられる、雪をかぶった木の写真や、深い雪の中にたたずむ足元の写真を紹介。

    2023年も応援いただき、本当に有難うございました。スタッフ一同、心より感謝申し上げます。皆さま、良いお年をお迎えください!」と結んだ。

     

    関連記事:鈴木京香、「建築学会文化賞」受賞でネット沸く 「素敵」「憧れる」の声

    ■「ホッとしました」「無理せずゆっくり」の声

    この報告に、ファンからは「体調回復されてホッとしました」「京香さん、体調が良くなり本当に本当によかったです」「京香さん、体調快気されて良かったです」と安堵の声が寄せられた。

    また、「来年は、京香さんの素敵な笑顔を見れることを楽しみにしてます」「まだまだ無理せずゆっくり休んだり好きなことして、完全回復されたらまた素敵なお姿を見せてください」「来年は京香さんをたくさん見たいです。応援してます」「無理なさらずマイペースでご活躍されることを心から祈っております」と気遣いのコメントも届いている。


    関連記事:有吉弘行、誕生日に“あの人”へ「これだけは言わせて」 年に一度の関係に反響

    ■鈴木の近況を報告


    療養中の鈴木京香、スタッフが近況を報告 青森へアート旅行「すっかり体力が戻り…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】療養中の鈴木京香、スタッフが近況を報告 青森へアート旅行「すっかり体力が戻り…」】の続きを読む

    このページのトップヘ