芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 女優カ行


    中止になる。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/28(火) 17:40:00.92
    6/28(火) 17:17
    オリコン

    上白石萌音、新型コロナ感染「本当に申し訳ございません」 舞台『千と千尋』名古屋公演は新たに6公演中止

     俳優・歌手の上白石萌音(24)が新型コロナウイルスに感染したと、公式サイトで28日、発表された。

     同事務所は「上白石萌音が新型コロナウイルスに感染していることを確認いたしましたので、ご報告申し上げます」とし、今後について「医療機関・保健所の指導に従い、療養及び経過観察をおこなって参ります」と説明。また、現在出演中の舞台『千と千尋の神隠し』については「主催者等との協議を重ねており、改めてご報告をさせていただきます」としている。

     「公演を楽しみにしてくださっていたお客様、いつも応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様方には、御心配や御迷惑をお掛けいたします事、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。
     また、上白石は「舞台を楽しみにしてくださっていた皆様、舞台関係者の皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。公演が再開して大好きな作品が一人でも多くのお客様に届くことを心から願いながら回復に努めます」とコメントした。

     御園座(名古屋市)は同日、公式ツイッターにて、6月25~28日まで中止としていた同公演について、複数の公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたため、同29日~7月2日までの6公演を新たに中止にすると発表した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ceb8b05055f6ad1b5c0a9f8862d8ace5994ef18b

    【【芸能】上白石萌音、新型コロナ感染「本当に申し訳ございません」 舞台『千と千尋』名古屋公演は新たに6公演中止】の続きを読む


    こだわりがある。

    1 muffin ★ :2022/06/24(金) 17:36:41.59
    https://www.narinari.com/Nd/20220672680.html

    女優・北川景子(35歳)が、6月24日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。「カレーには生卵」と、カレーに対するこだわりについて語った。

    以前、他の番組で夫のDAIGOが「1番好きなのは妻のカレー」と語ったほど、カレーをよく作るという北川が、カレー愛を番組内でプレゼン。北川は、野球選手・イチローが言っていた「大事なことがある時の朝にカレーを食べるといい」という話を聞いて、「そこから結構、大事な日の朝はカレーです」と語る。

    北川が作るカレーは「普通のカレー」とのことだが、マッシュルームを入れたり「生卵が欠かせない」という。北川によると「(卵は)全部、割り入れちゃいます。私は生で、最初は入れないで普通に食べて、半分ぐらいになった時に入れる。ちょっと味を変えたくて」と語った。


    (出典 cdn.narinari.com)


    (出典 cdn.narinari.com)

    【【芸能】北川景子のこだわり「カレーには生卵が欠かせない」北川景子のこだわり「カレーには生卵欠かせない」】の続きを読む



    語る。

    女優・すみれと、双子タレント・広海が美のスペシャリストゲストに招いて「わたしHAPPYにする美容」をテーマに、ビューティートークを展開するTOKYO FMの番組「KOSÉ Find My Beauty powered by @cosme TOKYO」。東京・原宿にある日本最大級のコスメ・美容のテーマパーク「@cosme TOKYO」のスタジオから、ゲストメソッドやルーティン、最新の美容トレンドなどを発信します。6月5日(日)~6月19日(日)の3週にわたり、女優・剛力彩芽さんがゲストに登場! 今回は、6月12日(日)の放送内容を紹介。子どもの頃から熱中している“ダンス”のお話や「D.LEAGUE(Dリーグ)」の審査員をされた際のお話などを伺いました。


    剛力彩芽さん


    ダンスコミュニケーションが取れるようになった

    広海:最近、剛力さんの原点とも言えるダンスのお仕事も多いとお伺いしたんですが、剛力さんにとって、ダンスってどういう存在ですか? そもそも何歳からやっていたんですか?

    剛力:5歳から習っています。ダンスがなければ、多分この仕事をしていないんじゃないかなっていうぐらい!

    広海:そんなに好きなんだ!

    剛力:そうなんです! 私ってすっごく超絶人見知りなので、ダンスで人とコミュニケーションを取れるようになった、みたいな感じなんですよね。ダンスで自分を表現する、というのを覚えたので。

    ◆D.LEAGUEの審査員に!

    広海:ダンスといえば、今「D.LEAGUE」という日本発のダンスのプロリーグができて、ダンス業界全体がかなり盛り上がってきているんですが、剛力さんは、この間の「D.LEAGUE」の審査員もされたんですよね?

    剛力:そうなんです!!

    すみれすごい!!

    広海:すごい! プロリーグの審査員よ。

    剛力:いや、もうそんな……ありがたい話です。

    広海:でも、剛力さんが5歳でダンスを始められてから20年近くたった今、こんなに盛り上がっているのは、やっぱり嬉しいですよね?

    剛力:本当に嬉しいですね! なんだか嘘みたいな感覚になりますね。私が始めた頃は、まだ日本でダンスというものがそこまで浸透していなかったので。

    広海:こうやってダンスを広めてくれる「D.LEAGUE」って、どういう目的で発足されたんですかね?

    剛力:“世界中のすべての人にダンスがある人生をもたらす”というのがミッションで、ダンスの見方とか見せ方について、誰でも分かるニュースタンダードをつくっていく、というのがビジョンなんですよね。

    広海:すごい! 壮大でステキね!

    すみれ:すごくカッコいい!!


    (左から)すみれ剛力彩芽さん、広海


    広海:ちなみにですね、僕とすみれは「KOSÉ 8ROCKS(コーセー エイトロックス)」というKOSÉさんのチームを応援しているんですが、剛力さんは、このチームを審査員という立場で見ていかがでしたか?

    剛力:いや、もう、本当にすごかったです!! ブレイクダンスっていう……何ていうんでしょう?

    広海:くるくる回る人たちね(笑)

    剛力:そうですね(笑)。私も昔から見ているジャンルなんですけど、今見たら、めちゃくちゃレベルが上がっていてビックリしました!

    広海:そうなんですね!

    剛力:見せ方がめちゃくちゃ上手なんですよね!“ブレイクダンスって、こんなに楽しめるものだったんだ!”っていうのをすごく感じられて。

    広海:見せ方が上手というのは、具体的にどういうこと? いつもより多く回るの? そういうことじゃない(笑)

    すみれ:技がどんどんすごくなっていってる、ってこと?

    剛力:そうですね、もちろん多く回るのもすごいんですけど(笑)。合わせ技というか、コンビでやる技とかもあったり、それがすごくて。私が小さい頃に見た記憶だと、フロア、ステージ上で踊っているダンサーを“ただ見ていた”っていう感覚だったんです。

    広海:分かります、僕もそういうイメージでした。

    剛力:そうですよね。それが、今回のブレイクダンスは違って、お客さんにちゃんと伝えてくれるんですよね。“なぜ回っているのか?”っていう……その答えを感じるというか、実際には分からないですけど、“何かすごく意味があることをしているんだな”って感じました!

    広海:エンターテインメント性が強くなったんですね。面白い!

    剛力:そう、すごくカッコいいですよね。

    ◆“ダンスメイク”へのこだわり

    広海:僕、「D.LEAGUE」を見ていて思ったんですけど、ダンスって、スポーツ的な踊るスゴさだけじゃなくて、ヘアメイクとか衣装、音楽などのファッション的な要素もすべてあわせ持った、すごい総合エンターテインメントなんですよね。

    剛力:本当にそう思います!

    広海:なので私は“フィギュアスケートみたい”って思った!

    剛力:でもそうですね、カラダ全部で表現できる点が似てますね!

    すみれ:たしかに!

    広海:剛力さんも、やっぱりダンスにおいて、そういうメイクファッション要素も大事だと思われます?

    剛力:絶対に大事だと思います!


    (左から)剛力彩芽さん、広海


    広海:“自分が踊るときはこうしている!”とか、何かこだわりはありますか?

    剛力:実は先日、ダンスイベントに出させていただいて、本当に久しぶりに踊らせていただいたんですけど、そのときも、ダンスをする曲のイメージに合わせて「メイクはこうしたい」っていうのをメイクさんに伝えたりしましたね。

    広海:なるほど! じゃあ、メイクファッションは、ダンスとちょっと遠いところにいるかと思いきや、めちゃくちゃ近い存在ってことですね!

    剛力:そうですね! ステージで映えるように見せるには、メイクやヘア、ファッションが本当に重要な要素だと思います! それで印象が全然変わるので!

    *   *   *

    広海:ありがとうございます! すみれと僕が応援している「KOSÉ 8ROCKS」は、6月5日(日)に開催された、今シーズンの王者を決めるチャンピオンシップでなんと1位でした! すごい!!

    すみれ:イエーイ! おめでとうございます! 本当にすごくカッコよかった!!ブレイクダンスもすごかったし、メイクもすごく素敵だったしね!

    広海:ね!! 頑張ってくれたね!! おめでとうございます


    (左から)すみれ剛力彩芽さん、広海



    <番組概要>
    番組名:KOSÉ Find My Beauty powered by @cosme TOKYO
    放送日時:毎週日曜 9:00~9:30am
    パーソナリティすみれ、広海
    番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/findmybeauty/
    剛力彩芽“ダンス”を熱く語る!「ダンスがなければ、多分この仕事をしてないんじゃないかな」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】剛力彩芽“ダンス”を熱く語る!「ダンスがなければ、多分この仕事をしてないんじゃないかな」】の続きを読む



    語る。

    女優・タレント長濱ねる(23歳)が、6月11日に放送されたトーク番組「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に出演。大親友である女優・上白石萌歌(22歳)について「すごい好きだな」と話し、上白石も「若干なんか恋人みたいな所がある」と語った。


    この日のゲスト・上白石の大親友である長濱がVTR出演し、「(ラジオ番組で共演し)連絡先をその場で交換して、それからちょっとずつ仲よくなっていったんですけど。一緒にプリクラを撮ったり、何か一緒にドーナツ買っておうちで食べたりしてますね。あと、この間お出かけした時に、私が行きたかったお店が満席で、路頭に迷ったことがあって。私、ちょっと焦ってたんですけど。萌歌ちゃんが『ここにする?』って提案してくれて一緒にお店でごはん食べて。そういった優しさもすごい好きだなって思いましたし、その時に沖縄のおそろいの食器をくれて、それと、ミミガーおつまみお土産を一緒に持ってきてくれてて『沖縄で私のこと思い出してくれたんだぁ』ってキュンとしてうれしくなりました」と上白石愛を語る。


    長濱の言葉に上白石は「ありがとう。かわいい」と喜び、「お互い本とか音楽とか映画が好きでお互いそういうものを1番シェアしたい相手でもあるし、温度感が合うというか。若干、なんか恋人みたいなところがあってずっと連絡しちゃったりとか、おうちに遊びに行ったりとか」と語った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】上白石萌歌、“大親友”長濱ねるは「若干恋人みたい」】の続きを読む



    楽しみになる。

    女優の北川景子6月2日、横浜アンパンマンこどもミュージアムで開催された映画「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル」の公開直前イベントに、タレント戸田恵子、歌手のドリーミングと共に出席。声優を務めた感想や、アフレコ中の心境を明かした。

    【写真】娘について語る北川景子

    北川景子「たくさんの方に勇気を与えられる」

    「変身が苦手なオバケ男の子・ドロリン」の声優を担当した北川は、役を任させれたときの心境について「戸田さんのこともアンパンマンのことも大好きなので『やったー!』って思いました!」と言い、続けて「アンパンマンの映画で感動しなかったことがないので、たくさんの方に勇気を与えられるなと思ってすごく嬉しかったです」と喜んでいた。

    一足先に映画を観た感想を求められた戸田は、北川の声について「景子ちゃんって言われなかったら誰がやっているのかわからないぐらいめちゃくちゃクールなんですよ。少年の役なんですけど、すっごいかっこよくてぴったりだと思いました」と絶賛。これに北川は「『これでいいのかな?』って思いながらアフレコをしていたので、戸田さんがこのように言ってくれてようやく自信が持てました!」と笑顔を見せた。

    北川景子、娘の映画館デビューに期待

    さらに、普段から子どもと同作を観ていると話す北川は「娘がテレビリモコンを持って『アンパンマンつける』と言えるようになってから(アンパンマンを観ようと)催促してくるので、毎日一緒に観ていて大ファンです!」と口に。子どもはまだ映画館に行ったことがないそうで、これについて北川は「娘にとっては映画館デビューの作品になるのではないかなと思っているので、すごく楽しみです」と話した。

    また、同イベントでは、映画に登場する変身が大好きなオバケにちなみ、変身してみたいものについてトークを展開。北川は「宝塚が大好きなので、生まれ変わったらすごくスラッとした170cmくらいになって歌や踊りをして、アンパンマンみたいにキラキラとした夢を与えてみたいです!」と語った。

    ◆取材・文=大野代樹


    映画「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル」の公開直前イベントに出席した北川景子/撮影:大野代樹


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【北川景子、娘の成長ぶりにしみじみ「映画館デビューの作品になるので楽しみ」】の続きを読む

    このページのトップヘ