芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 生田絵梨花



    『Dr.コトー診療所』に出演する。

    累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を原作に、2003年から2006年にかけて連続ドラマやSPドラマとして放送され人気を博した国民的ドラマの16年ぶりの最新作にして初の劇場版となる『Dr.コトー診療所』(12月16日公開)。このたび本作の新キャストとして、生田絵梨花が出演することが発表された。

    【写真を見る】吉岡秀隆が語る、映画を作り続けること。「映画は腐らない、時代や時間を超えていく」

    東京から僻地の離島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助と、島の人々との交流を通して命の尊さを描いていく本作。主人公のコトー役を演じる吉岡秀隆をはじめ、柴咲コウや時任三郎、大塚寧々、泉谷しげる、筧利夫、小林薫、大森南朋、朝加真由美、富岡涼らドラマシリーズレギュラーキャストが続投。またドラマシリーズでも演出を務めた中江功がメガホンをとり、中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」が引き続き主題歌となる。

    そんな本作に新たに加わる生田が演じるのは、コトーと共に診療所を長年支えてきた看護師の彩佳に憧れ、数年前から志木那島診療所で働く看護師の西野那美役。乃木坂46卒業後も女優として目覚ましい活躍を続ける生田が看護師役を演じるのはこれが初めて。志木那島で生まれ、幼い頃から島に住む祖母の西野美登里(藤田弓子)と暮らしていたこともあり島民とも顔なじみの那美は、しっかり者で勝気な性格という役どころとなっている。

    「実際に島の景色を目の当たりにした時、とても綺麗で感動し、『Dr.コトー診療所』という作品の世界観に参加している喜びを噛み締めていました」と以前から観ていたというドラマの世界に加わったことを感慨深げに語る生田。共演した柴咲からは「那美ちゃんの学ぼうという向上心と、溌剌としたキャラクターにすごく頼もしさを感じていました。こうして少しずつ人が未来を繋いでいって、島が存在していくんだなという気配を彩佳としても感じていました」と称賛の言葉が。

    16年を経ても変わらない島民たちに新たな風が吹き込み描かれる、志木那島の“いま”。コトーと彼らはどのような物語をつむいでいくのか、公開まで期待は高まるばかりだ。

    コメント

    生田絵梨花

    「実際に島の景色を目の当たりにしたときとても綺麗で感動し、『Dr.コトー診療所』という作品の世界観に参加している喜びを噛みしめていました。いままで皆さんが育んできた世界のなかに馴染めるか不安でしたが、温かく仲間として迎えてくださり…皆さんとお話できている時間がとても感慨深く、今回出演させていただいていることが奇跡のように感じていました。

    那美は明るくて、テキパキといつも動いているという子です。看護師として1人でも多くの命を助けたい、コトー先生と彩佳さんの2人を少しでも支えたいという想いをかかえながら、看護師としての責任感や那美の想いが自然と伝わるよう意識して演じました。

    手術シーンは初めてで、診療所の皆さんは決してそれを段取りとしてやるわけではなく、どう役としてその手術に向き合うか、そこでの言葉はどんなものを背負って発するか、そういった緊張感が張り詰める手術シーンで皆さんの役に挑む姿に刺激を受け学ばせていただきました。

    コトー先生はすべての人に生きてもらいたいと願っている。命と人間そのものを描いているところがこの作品の魅力なんだと撮影を通して改めて感じました」

    文/久保田 和馬


    『Dr.コトー診療所』解禁ビジュアル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】生田絵梨花が看護師役として『Dr.コトー診療所』出演決定!「奇跡のように感じている」】の続きを読む



    語る。

    女優・生田絵梨花(25歳)が、9月3日に放送された音楽番組「Venue101」(NHK総合)に出演。今年やった“夏らしいこと”について語った。


    番組MCのかまいたち・濱家隆一が「いくちゃん、今年の夏も終わりですがなんか夏らしいことしましたか?」と話を振ると、生田は「私は乃木坂46の野外ライブに行きまして。夏、堪能しました」と答える。


    一方、濱家は「吉本(興業)のライブスタンドっていうライブ幕張メッセトロッコに乗ってアイドルばりに手、振ってきました。好評でございました」と話すと、生田は「おお!いいですね。ライブづいてますね」と笑った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】生田絵梨花、今年やった“夏らしいこと”】の続きを読む


    ヒロインになる。

    1 ジョーカーマン ★ :2022/07/27(水) 09:05:21.78 ID:CAP_USER9.net
    2022年12月9日(金)より全国公開となる劇場版アニメ最新作『映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう』に、生田絵梨花の出演が決定。
    特報&ポスタービジュアルが解禁となった。

    小学生の人気No.1児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。
    いたずらの王者を目指すキツネの主人公ゾロリと、その子分で双子のイノシシ兄弟イシシとノシシが、修行の旅をしながら行く先々で活躍する冒険ストーリー。
    これまでに71巻を刊行し、累計発行部数は3500万部を突破。今年で35周年を迎える、長く愛されてきた作品だ。

    12月9日(金)公開の劇場版アニメ最新作には、山寺宏一、愛河里花子、くまいもとこ、梶裕貴ほか豪華なレギュラー声優陣が出演。

    そして、ヒロイン・ヒポポ役を演じるのは、舞台・映画・ドラマと活躍中の生田絵梨花!
    原ゆたか先生や制作サイドから、多くのミュージカル作品に出演し高い歌唱力が評価されている生田にラブコールがあり実現。声と歌での特別出演が決定した。
    劇中披露する歌の中には、ゾロリ役の山寺宏一とのデュエットも。どんな風にヒポポを演じるのか注目が集まる。

    また、生田絵梨花からは「かいけつゾロリは小学生のとき全巻読んでいたくらい大好きだったので、大人になってこんなご縁がいただけるとは夢にも思わず、とても嬉しいです! 少しでも皆さまに元気や勇気を届けられたら嬉しいです。」とコメントが到着した。

    あわせて解禁されたポスタービジュアルに描かれているのは、華やかなステージ。
    歌うヒポポと踊るイシシ&ノシシをプロデュースするゾロリをメインに、ビート、妖怪たち、『かいけつゾロリ』の人気キャラクターが大集合!

    初の映像解禁となる特報では、ゾロリとヒポポの運命的な出会いが映し出される。
    ゾロリがヒポポをスターにするために、一体どんな物語が繰り広げられるのか、どんなエンタテインメントになるのか? 
    山寺宏一によるゾロリのセリフも相まって、期待が高まる。

    音楽で魅せる要素とドラマも加わって、おなじみのゾロリの世界がパワーアップ! 
    今回の映画では、新たな『かいけつゾロリ』が見られるようだ。

    2022年冬、映画でしか体験できない、わくわくの大冒険と感動の音楽エンタテインメントをお楽しみに!

    http://news.yahoo.co.jp/articles/f93a02c07b43255f7c929ed7ba1b6c35a920a0b6

    生田絵梨花、『映画かいけつゾロリ』ヒロイン決定!

    (出典 pbs.twimg.com)

    ヒポポ役 生田絵梨花コメント

    (出典 pbs.twimg.com)

    「映画かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう」

    (出典 pbs.twimg.com)


    元乃木坂46 生田絵梨花

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【女優】元乃木坂46生田絵梨花、『映画かいけつゾロリ』ヒロイン決定!高い歌唱力が評価され原作者がラブコール 「とても嬉しい!」】の続きを読む



    盛岡冷麺が好き。

    女優・生田絵梨花(25歳)が、TBS公式YouTubeチャンネル7月14日に公開された、バラエティ番組「せっかくグルメ!」の限定配信に出演。自分にとっての夏バテ防止グルメについて語った。


    連続ドラマオールドルーキー」に出演中の生田に、バナナマン夏バテ防止のために食べているものを尋ねると、生田は「私は俄然、盛岡冷麺」と答える。

    生田は「大好きで!食べに行ったりもするし、お家でいつも3袋ぐらいストックがあって。日村(勇紀)さんが、盛岡(冷麺)の本店に行かれてたじゃないですか。見ててめっちゃうらやましかった。大好きです。韓国とかの細い麺も好きですけど、盛岡冷麺の麺が大好きです」と盛岡冷麺愛を語った。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】生田絵梨花「大好きで!」夏バテ防止グルメは…】の続きを読む



    クセがある

    女優・生田絵梨花(25歳)が、4月3日に放送されたバラエティ番組「ニノさん」(日本テレビ系)に出演。スマホに関する“変わったクセ”について語った。


    番組のゲストとして登場した生田が「私、スマホバッテリーが1%になるまで充電しないというクセがあって。いつも電源が落ちるか、私がコンセントに繋ぐか、どっちが早いかのせめぎ合いをしている」と話し、番組のレギュラー出演者に「皆さんは何%くらいで充電するものなのかな」と質問する。


    Sexy Zone・菊池風磨(27歳)は「僕も1、2%まで粘ります。負けた気がするんですよ、20、30%で充電しちゃうと負けた気しません?」と生田に同意を求めると、「わかります」と頷く生田。

    3時のヒロイン・福田麻貴が「おなか減りきってないのに食べちゃう感じ?」と聞くと、生田は「あ、でも、そんな感じです」と語った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【生田絵梨花、スマホに関する“変わったクセ”告白】の続きを読む

    このページのトップヘ