芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 芦田愛菜


    大活躍している。

    1 冬月記者 ★ :2022/08/08(月) 01:22:36.36ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cc43bc1f72e42b84adacb63c6cf07ea711b8e20

    芦田愛菜が新CM女王に!“国民の”孫、娘、妹、同級生の肩書きまでゲットし全世代に見せつける存在感


     ビデオリサーチは8月4日、2022年上半期(1~6月)のテレビCMに関する調査結果を発表した。その中で女優の芦田愛菜が、タレント別テレビCM起用社数1位に輝いた。

     “CM女王”のイメージが強い川口春奈や本田翼を抑え、契約社数はなんと16。正真正銘の“女王”の座を手にした形だ。

    「子役時代から、強い人気を獲得してきた芦田さん。有名私立の慶應中等部に入学し、現在は慶應女子高校に進学しています。一部メディアでは『慶應医学部への進学が内定したのでは?』とも報じられており、芸能活動と学業を完璧なまでに両立させる姿は、いまだに親世代、シニア世代の人気をほしいままにしています」(芸能記者)

     まさに、“国民の娘”、“国民の孫”とも言える芦田。さらに「ランキングー!」が4月、1万2064名に調査した「24歳以下女優から選ぶ<国民の妹>ランキング」でも、1位を獲得。

     さらに、高校生マーケティングを手掛ける会社「アイ・エヌ・ジー」が4月におこなった調査によれば、「高校生が選ぶ同世代で憧れているまたは、目指している人は?」というアンケートでも、1位の人気ぶり。“国民の同級生”ともいえるポジションにまで就いているのだ。

    「昔から読書に勤しんでいたことは知られており、出版した『まなの本棚』(小学館刊)はベストセラーにも。

     やはり、学業も優秀なイメージがあり、品行方正さは芸能界でもトップクラス。クライアントも安心できるのです。スキャンダルと無縁なのはもちろん、清潔感もある。

     2022年、もっとも“株を上げた”芸能人といえるのではないでしょうか」(広告代理店関係者)

     現在、学業も考慮し、テレビのレギュラー出演は『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)のみ。

     にもかかわらず、芦田はすべての世代で存在感を見せつけている。大学進学を控え、まだまだ引く手あまたといえそうだ。

    【【芸能】芦田愛菜が新CM女王に! “国民の”孫、娘、妹、同級生の肩書きまでゲットし全世代に見せつける存在感】の続きを読む


    スゴいです。

    1 牛丼 ★ :2022/05/23(月) 19:49:50.17

    (C)週刊実話Web
    女優の芦田愛菜が、来年から慶応大学医学部に進学することが内定したという。彼女は今、付属の慶応女子高3年生。医学部は他学部とは違い、慶応女子からは5人前後しか進学できないらしく、内部進学でも超狭き門だという。

    「純粋に評価していいと思いますよ。彼女は中学受験の際、J学院と慶応女子に合格したのは有名な話。J学院は東大を目指すトップクラスの中高一貫校ですが、学校から芸能活動を禁止された。それで慶応女子に入った経緯があります。進学してからは『医者になりたい』と言っていたので、実現間近でしょう」(芸能ライター)

    まだ少々早いが、一部週刊誌は芦田が病理医を目指していると報道。

    「病理医は、診察はしないのです。患者の組織を採取して、その性質をジャッジしたり細胞診断などをします。よく知られているのは、死因不明の患者の病理解剖などを行う解剖医の存在。今、日本の医学界は解剖医が圧倒的に不足し、授業も困るほどです。彼女がもし解剖医になったとしたら、医学界に大きく貢献できますよ」(医学誌ライター)

    順調にいけば、芦田は来年4月から医学部生ということになる。

    『ドクターX』ならぬ『ドクターM』!

    「そんな彼女に、来年の秋以降の医療ドラマが殺到しているといいます。来年1年生ですから、座学だけで実務はないのですが、仮にも医学部生。本物の医者の卵が出るとなれば、ドラマも大ウケすること間違いナシでしょう」(テレビ誌ライター)

    (出典 i.imgur.com)

    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/62648
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1653295505/


    【芦田愛菜、慶応大学医学部進学内定! 芸能界初の快挙】の続きを読む



    共感がある。

    「容姿も地位も学歴も全て負ける」 同世代にとっての芦田愛菜さんのスペックの強烈さが話題に 大谷世代や羽生世代も思わず涙
    2011年の「マル・マル・モリ・モリ!」で鈴木福さんと共にあどけない歌と踊りを披露し、一躍スター子役となった芦田愛菜さん。

    そんな彼女もこの4月で高校3年生。近頃ではすっかり大人びた女性の魅力を見せるようになった。

    今、SNS上ではそんな芦田愛菜さんの、同世代におけるスペックの強烈さが大きな注目を集めている。

    きっかけになったのはしらたまさん(@shiratama0152)の

    「同学年に芦田愛菜いるせいで、どんなに頑張っても上がいるの悲しい容姿も地位も学歴も全て負ける」

    という投稿。

    たしかに芦田愛菜さんは申し分ないルックスで名門・慶應義塾女子高等学校に通い、タレントとしての地位や好感度もこれ以上ないところにいる。そのスペックにはほとんどの同級生が足元にも及ず、劣等感を抱くのも無理のない話だ。

    しらたまさんの投稿に対し、SNSユーザー達からは

    「分かります僕も同じ学校に大谷翔平さん居たので野球辞めたくなりました」

    「同学年として思うことは時々あります。一緒に泣きましょうか。」

    「通りすがりのおばちゃんですが、ひと言言わせて下さい。芦田愛菜ちゃんは恐らく人生を何周かされています!!!」

    「うちの息子は羽生結弦と同い年。見るたびに、、、」

    など数々の共感のコメントが寄せられている。

    しらたまさんにお話をうかがってみた。

    ーー同級生に芦田愛菜がいることを意識された時期やきっかけをお聞かせください。

    しらたま:同じ学校に芦田愛菜と同じ小学校だった友達がいて、割と身近に感じていました。多分04世代の人は、小1の運動会とかでマルモリを踊らされてるから、..

    【日時】2022年03月30日 17:00
    【ソース】まいどなニュース

    【「容姿も地位も学歴も全て負ける」 同世代にとっての芦田愛菜さんのスペックの強烈さが話題に 大谷世代や羽生世代も思わず涙】の続きを読む



    公開される。

    芦田愛菜、NHKドラマ『エンディングカット』で主演!「あたたかくて優しい気持ちになれる作品」
     スペシャルドラマ『エンディングカット』(NHK総合)が19日21時から放送される。同ドラマに主演する芦田愛菜のインタビューが公開された。

     同作は、2019年に「FMシアター」で放送され、令和元年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞を受賞。今回、当時主演を務めた芦田を再び主演に据えてテレビドラマ化。芦田演じる迫田結は海辺の町に住む高校3年生。美大への進学を目指し、街の画塾に通っている。自分に足りないものは何かと思い悩むが、それとは別に気になることがあった。ちなみに、同作のタイトルである「エンディングカット」とは、納棺する遺体の髪を切る仕事を指す。

    ーー今作はオーディオドラマが原作ですが、映像化すると聞いていかがでしたか?

    芦田:素敵な作品に声をかけていただきとても嬉しかったです。ラジオでは声や音の表現だったものが、テレビドラマになると結の表情や風景などがより鮮明に表現されるのでまた新たな気持ちで参加させていただきました。

    ―ー思い入れのあるシーンはありますか?

    芦田:オーディオドラマの中にもありましたが、父の職業である亡くなった方の髪を切っているところを結がお願いして見せてもらうシーンです。このドラマの中でエンディングカットを結が見るシーンは、結にとって大きな転機であり、成長していく上で重要なシーンだと思いました。

    ーーエンディングカットという実際の活動について思うことを教えてください。

    芦田:エンディングカットという活動をされている方がいらっしゃることは、この作品を通して初めて知りました。大切な人を失う悲しみは決してうすれること..

    【日時】2022年03月18日 09:58
    【ソース】RBB Today
    【関連掲示板】

    【芦田愛菜、NHKドラマ『エンディングカット』で主演!「あたたかくて優しい気持ちになれる作品」】の続きを読む



    朝ドラのヒロインになるのかな?

    NO.10081720 2021/12/26 10:58
    芦田愛菜、朝ドラヒロインへ着実前進 好感度、実力ともに申し分なし 来年3月NHKドラマ「エンディングカット」主演
    芦田愛菜、朝ドラヒロインへ着実前進 好感度、実力ともに申し分なし 来年3月NHKドラマ「エンディングカット」主演
    女優、芦田愛菜(17)が、未来の朝ドラヒロインに向けての第一歩を踏み出したようだ。先日、来年3月に放送予定のNHKドラマで主演を務めることが発表された。NHKの朝ドラヒロインといえば、オーディションのほかに、同局のドラマで実績を積むこともチャンスをつかむ経路と目されている。大学進学も注目される中、国民的女優への道を邁進(まいしん)するのだろうか。

    芦田が主演を務めるのは、来年3月19日にNHK総合で放送予定の「エンディングカット」。納棺の際に故人のヘアセットをするエンディングカットをめぐり、生と死、家族のあり方に向き合う人々の姿を描くドラマだ。

    「もともとは2019年にNHK―FMで放送されたラジオドラマでした。芦田はこのときに続いての主演となります。ナレーションにも定評のある芦田です。このドラマは令和元年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞に輝きました」と演劇ライターは話す。

    芦田にとっては、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で細川ガラシャを演じて以来のNHKドラマとなる。

    「NHKドラマとしては18年の『花へんろ』の特別編でヒロインを演じていますが、主役は久々です。朝ドラでは『まんぷく』(18年)のナレーションを史上最年少で務めるなど、NHKでの実績を重ねています」とテレビ誌編集者。

    やはりNHKの朝ドラでヒロインを演じることは、国民的女優へのステップであることは間違いない。女性誌編集者はこう話す。

    「芦田さんは2019年には『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で祝辞を述べるなど、10代にもかかわらず落ち着..

    【日時】2021年12月25日 17:00
    【ソース】夕刊フジ

    【芦田愛菜、朝ドラヒロインへ着実前進 好感度、実力ともに申し分なし 来年3月NHKドラマ「エンディングカット」主演】の続きを読む

    このページのトップヘ