芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 内田有紀


    いつもいる

    1 フォーエバー ★ :2022/05/09(月) 19:33:44.53

    「撮影の空き時間には共演者の満島ひかりさんと2人で、『木村(拓哉)さんいいですよね』『癒し系だよね~』とキャッキャと話していました」(ドラマ関係者)

    【画像】内田の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”

     ドラマ『未来への10カウント』(テレ朝系)で30年ぶりにキムタクと共演している女優の内田有紀(46)。今もなお変わらない溌剌さには理由があって――。

    ◆ ◆ ◆

    結婚、引退、そして離婚後の女優復帰で再ブレイク

    今年が女優生活30周年の内田

     モデル活動を経て、17歳で女優デビューした内田。2002年には『北の国から』(フジ系)で共演した俳優の吉岡秀隆と結婚し、芸能界を引退。しかし、僅か3年後に離婚すると、06年に女優復帰を果たした。

    「演技コーチを付けるなど努力を重ね、12年に『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレ朝系)で再ブレイク。その後も大河や朝ドラなど話題作への出演が相次いでいる」(芸能記者)

     16年にはドラマ『ナオミとカナコ』(フジ系)で広末涼子とW主演を飾った。監督の金井紘氏が振り返る。

    「夫のDVに怯えながら、友人と共に夫の殺害を企てるという難役を演じられた。実力もキャリアもある方なのに、デビューしたての女優さんのようなハングリーさがあって、DVに関する資料も丁寧に読み込んでいました。雨でずぶ濡れになる大変なシーンでも、終わった瞬間に笑顔で『寒い~』と現場の空気を明るくしてくれて。美術部のアシスタントの子が肌荒れした際には家からクリームを持ってきてあげるなど気配りもあり、みんな内田さんのファンになっていましたね」

    内田の現場にいつもいる“スーツ姿のイケメン”
     そんな彼女の現場には、「いつもスーツ姿のイケメンがいる」と関係者の間で話題になっているという。いったい誰なのか。

    「俳優の柏原崇(45)です。94年のデビュー後、ドラマ『白線流し』(フジ系)などで脚光を浴び、04年に女優の畑野ひろ子と結婚しました。ところが結婚半年後、路上駐車を巡って傷害事件を起こして書類送検され、06年に離婚。芸能活動からも遠ざかっていき、14年の映画出演を最後に俳優としての活動はしていない」(スポーツ紙デスク)

     一方、内田とデートをする姿は度々目撃されている。

    「95年にCMで初共演し、01年にドラマ『ビッグウイング』(TBS系)で再会。友人関係が続いた後、09年末から交際がスタート。これまでも競馬場や中目黒のレストラン、コンビニ帰りに手を繋いでいる姿など、仲睦まじいツーショットが報じられている」(同前)

     10年以上連れ添う2人だが、結婚はしていない。

    「互いに離婚経験があるからこそ、再び失敗したくないようで“事実婚”状態を続けている。内田自身も女性誌の取材で結婚観を問われた際、『形を持つことには、あまり意味を感じなくなってきた』と答えています」(前出・記者)

     では、なぜ柏原が内田の現場にいるのか。


    内田を“マネージャー”として支える柏原。その仕事ぶりとは?
    「車で内田さんの送迎をするなど“マネージャー”として女優活動を献身的に支えているんです。時にはスタッフに『僕も使って下さいよ~』と冗談混じりに言うこともありますけど(笑)」(前出・ドラマ関係者)

     柏原の“出番”は現場のみに留まらない。

    「実は、内田さんのインタビュー原稿も彼が目を通しているんです。記事を送ったら、返信メールの署名に『柏原崇』の名前がありました。確認もスピーディで、修正もこう直した方が確かに伝わりやすいと思うような的確な赤字ばかり。さらに原稿を褒める言葉まで添えてあって、凄く仕事の出来る“マネージャー”でしたね」(前出・記者)

     柏原の所属先に内田との関係や今後の活動などを問い合わせると、「現在柏原は裏方業を中心としているため、お答えする事は控えさせていただきたく存じます」と回答があった。

     内田自身は今後もドラマに引っ張りだこのようで、

    「7月クールの日テレ系ドラマへの出演も決まっているそうです」(民放関係者)

     最強の“裏方”をセコンドに、幸せな未来へのカウントを刻み続けている。

    5/9(月) 17:12配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/71b7ac68df6c68131049aff9b7e74416d139f160?page=1

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】内田有紀の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”は柏原崇だった】の続きを読む



    驚きです。

    女優の内田有紀(46歳)が、5月5日に放送された情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)に出演。本気でオリンピックを目指していた青春時代を振り返った。


    番組にはこの日、連続ドラマ「未来への10カウント」の番宣を兼ねて、内田のほか、生瀬勝久安田顕が出演。青春時代想い出について聞かれた内田は「私は器械体操とフェンシングをやっていて、なんか腕が…なんて言うんですかね、長めだったので、(フェンシングで)すぐ相手に(剣を)突けたんですね。腕が…(笑)。本当に、すぐ勝てちゃって。勝てる!勝てるじゃんってなって、(フェンシングでは)個人の都大会で5位くらいまで行った」と語る。


    そして「(器械体操とフェンシング)どっちもオリンピックを目指していたんですね、本気で。だからそういう学校に行って、そういう練習もして、すごく強化してたんですけど、芸能界デビューさせていただいて、全くナシになっちゃいましたけど(笑)」と笑いながら振り返った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【内田有紀、2競技で「オリンピック目指してた。本気で」】の続きを読む


    キレイです

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/03/03(木) 19:42:30.77

    エンタメ その他 2022年3月3日(木) 15時43分

     内田有紀が、3日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に24年ぶりに出演。その変わらない姿にネットから驚きの声が広がっている。

     1998年の初出演以来、24年ぶりに同番組に登場した内田。彼女が入ってくるなり、黒柳徹子は「あなた、背が伸びたんじゃないの?」と指摘。これに内田自身も「なんか私もそんな気がするんですけど。景色が変わりました」と、番組セットに24年ぶりに入った感覚についてコメントした。

     今年デビュー30周年、46歳になった内田。だが「46っていっても自分の中ではあまり…」と実感が沸かないよう。続いて、そんな彼女の番組初登場となった回がプレイバックされた。当時は22歳。多忙のため3ヵ月休養したことなどを語っていた。

     そんなかつての自分を見返した内田は「今より大人な気がします」と笑っていたが、ネットでは見た目と年齢のギャップに「内田有紀が46歳だと? 嘘だろ…」「内田有紀46歳!? 時空歪んでるのか?」「昔より可愛くなってる」「女神としかいいようがない」「この歳でロングポニテがこんなに似合うのもすごいよな」「同い年には見えん・・」など衝撃に包まれている。

    https://www.rbbtoday.com/article/2022/03/03/196528.html


    【【芸能】 内田有紀、46歳の美しさにネット衝撃「時空歪んでる」「同い年には見えん・・」】の続きを読む


    苦しい時もある。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/30(火) 11:25:04.38

    11/30(火) 11:03配信
    スポニチアネックス

    内田有紀

     女優の内田有紀(46)が30日、フジテレビ「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)にVTR出演。芸能界デビューしてからの苦悩について語った。

     17歳で女優デビューをしてから、来年で芸能生活30年周年を迎える内田。これまでの芸能生活を振り返る中で、デビューした年が「1番苦しいときでした」と明かした。「自分の名前が世の中に知られていく速度よりも自分の中身がそぐわなくて、ついていかなくて。まだ実力やスキルもない中、皆さんに応援していただいてたっていう気持ちが強いので、非常に申し訳ない気持ちでいた1年でした」と話した。

     「歌だって下手くそだし、お芝居だって下手くそだし。なんでそれなのにこんなにお仕事…」と、当時の心境を明かし「だから、それはやっぱり事務所の方だったりスタッフの方が私をバックアップしていただいて成り立っているっていうことも重々分かっていましたし。逃げてしまいたいかもって少し思いました。苦悩の日々でしたから」としみじみ語っていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4cd3ec1a7a05e3395cd50059aefc8f732006912


    【【テレビ】内田有紀 10代で女優デビューも「1番苦しいときでした」…苦悩の日々に「逃げてしまいたいかもって」】の続きを読む

    このページのトップヘ