芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ア行 > 浅倉唯



    (出典 pointed.jp)


    告白する。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/25(日) 22:10:10.36ID:CAP_USER9
    スペシャルインタビュー 「アイドル四天王」が『RIZAP』のCMに出演し、プロ雀士になるまで 宮崎訛りに救われた不遇時代/スタントマンなしで爆破! 生傷が絶えなかった『スケバン刑事』/歌番組でのナンパ/中森明菜と秘密の共有ほか

    2022年09月25日NEW

    「どこに行っても人だかりができて、電車にもバスにも乗れない。食事もちゃんと取れず、撮影と取材の合間の3分間でおにぎりを食べるのがやっとでした。当時は『ザ・ベストテン』(TBS系)に『歌のトップテン』(日本テレビ系)、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)と歌番組がたくさんあって、歌いながら『いま、どの番組に出ているんだっけ?』と自分がどこで何をしているのかわからなくなっていましたね(笑)」

    “日本一忙しいアイドル”と呼ばれた浅香唯(52)は、往事をそう振り返った。

    だがそれは『スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇』(フジ系。’86~’87年)と出会って以降の話で、デビューから約1年半は不遇の時代を過ごしていた。

    「初めてのテレビ出演はつくば万博の会場から生放送されていた『EXPOスクランブル』(TBS系)という番組。司会の男性アナウンサーのアシスタントを務めたのですが、一言もしゃべらずに番組が終わってしまったのを鮮明に覚えています。
    新聞広告で見た副賞の『赤いステレオコンポ』が欲しくてオーディションを受けただけで、元々アイドルになろうと思っていたわけではなかったので、自分の置かれた状況がよくわかっていなかったんですね。デビュー曲の『夏少女』はオリコンチャート100位台でした。普通はガッカリするところだと思いますが、私は『レコードを買ってくれた人がいたんだ』って喜んでいましたから(笑)」

    浅香は「デパートの駐車場の隅で、段ボールを並べただけの”ステージ”で歌ったこともあります」と苦笑いする。

    「周囲にいるのは主婦の方ばかりで『なんで私、ここで歌っているの?』と思うこともありました。それでも、すぐ隣でやっているタイムセールや北海道物産展の声に負けてたまるか! って気持ちで頑張っていましたね(笑)」

    キャリアの転機になった『スケバン刑事』のオーディションでは、宮崎訛りが功を奏したと回想する。

    「監督やプロデューサーさんの前で『スケバン刑事Ⅱ』の台本を読んだのですが、南野陽子さん(55)の土佐弁のセリフを見たら宮崎弁のスイッチが入ってしまって、なぜか宮崎訛り全開でしゃべってしまったんです(笑)。
    それを面白いと言ってくださって、その後も『木登りは得意ですか?』『むしろ、それだけが得意です!』なんてやりとりが続きました。初代の斉藤由貴さん(55)や南野さんみたいな”カッコいいお嬢様”とは違う山猿みたいな子を求めていたみたいで、無理がなかったのがよかったのかもしれません」

    当初、放送は半年間の予定だったが、好評のため1年に延び、映画化までされた。アクションシーンも多く、撮影は過酷で生傷が絶えなかった。
    https://friday.kodansha.co.jp/article/264277

    【【芸能】浅香唯が告白「50を過ぎていろいろ欲張りになっちゃって」】の続きを読む


    被害に遭う

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/30(木) 06:32:14.89
    2022年06月30日 06時15分

    「仮面ライダーリバイス」のアギレラ役で知られる女優・浅倉唯(26)の〝ストーカー被害〟が予想以上に深刻であることが関係者への取材でわかった。

     所属事務所は28日、浅倉の公式ツイッターを通じて「撮影現場近辺での付き纏い、自宅への侵入、盗撮など悪質なストーカー被害に遭っており、現在、警察、弁護士に対応をお願いしております」と訴え。
    続けて「今後も従前のような行為が続くようであれば、刑事告訴を含めた断固たる処置を講じる所存でおります」と呼びかけた。

     関係者によると、度重なるつきまとい行為に本人は不安な毎日を過ごしており、現在はホテル生活を余儀なくされているという。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4289042/

    【【芸能】 浅倉唯の深刻ストーカー被害 帰宅したら見知らぬ人…恐怖でホテル生活に】の続きを読む



    注目される。

    女優の浅倉唯が、5月12日に自身のオフィシャルInstagramを更新。同日発売された「週刊ヤングジャンプ」のオフショットを公開し、ファンから注目が集まっている。

    【写真を見る】“アギレラ様”話題の美女・浅倉唯、振り向き&ピースSHOT

    浅倉は1996年6月8日生まれ、青森県出身の25歳。仮面ライダー生誕50周年記念作品となる「仮面ライダーリバイス」(毎週日曜朝9:00-9:30、テレビ朝日系)で、悪魔崇拝組織“デッドマンズ”を束ねる、美しき悪の女王・アギレラを好演している。また、健康的美ボディーを武器にグラビアでも活躍中だ。

    この日、浅倉は「『週刊ヤングジャンプ』24号に表紙巻頭で登場しております。夜の海は寒かったけどたくさん走り回って楽しかった」とつづり、暗い夜の海をバックにまぶしい笑顔を見せる写真を公開した。

    この投稿に、ファンからは「唯ちゃんかわいい」「可愛すぎて見とれてしまった」「スカート似合ってて可愛い」「スマイルの破壊力」「2号連続掲載おめでとうございます」など、さまざまなコメントが寄せられている。


    浅倉唯がオフィシャルInstagramを更新した /  ※画像はWEBザテレビジョン タレントデータベースより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“アギレラ様”浅倉唯、暗い夜の海でも輝く笑顔…!破壊力抜群のスマイルSHOTに反響「見とれてしまった」「唯ちゃんかわいい」】の続きを読む


    表紙を飾る。

    1 冬月記者 ★ :2021/11/04(木) 02:17:21.43

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4816f007f73105fb4bc35dbcec41427a82a9154

    (出典 i.imgur.com)


    <浅倉唯>「仮面ライダーリバイス」で話題の新人女優が水着に 「ヤンジャン」初表紙 今年イチバン可愛い!


     特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)で悪魔崇拝組織デッドマンズの女王・アギレラを演じていることも話題の浅倉唯さんが、11月4日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)49号の表紙に登場した。浅倉さんが同誌に登場するのは初めてで、表紙に抜てきされた。


     浅倉さんは「今年イチバン可愛い新人女優!」「透明感あふれる美少女っぷり」「驚くほどの美ボディー」と紹介され、水着姿を披露した。

     同号は、サンカクヘッドさんの新連載「平成少年ダン」が巻頭カラーを飾った。


    【【芸能】浅倉唯 「仮面ライダーリバイス」で話題の新人女優が水着に 「ヤンジャン」初表紙 今年イチバン可愛い新人女優!】の続きを読む

    このページのトップヘ