芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:アイドル > モーニング娘。



    人気がスゴいです。

    モーニング娘。’21の佐藤優樹が、2021年12月13日、約10年に渡るアイドル活動に終止符を打ち、グループおよびハロー!プロジェクトを卒業する。周囲から“超問題児”扱いされる一方、圧倒的なカリスマ性とパフォーマンス力で、ファンのみならず、同業のアイドルタレントたちをも魅了してきた佐藤。人気ナンバーワンメンバーとの呼び声も高く、卒業コンサートライブビューイングは、ハロプロ史上最多となる全国93の劇場で行われることが決定した。しかし、歌・ダンス未経験、超問題児イベントでは塩対応という、アイドルとしては“王道”とは表現し難い彼女が、どうして“エース”とまで評されるようになったのか。本記事では佐藤の卒業に際し、その唯一無二の魅力や人気を支える理由を、印象的なエピソードと共に振り返る。

    【写真】佐藤優樹&石田亜佑美、10期のツーショットが可愛すぎる

    ■“卒コン”はチケット争奪戦!前代未聞の規模でライブビューイングが決定

    佐藤は、安倍なつみや飯田香織、藤本美貴ハロプロOGと同じ北海道の出身。約6000人が応募したオーディションを勝ち抜き、2011年9月29日モーニング娘。の10期メンバーとしてグループへ加入することが発表された。加入当時は弱冠12歳。同期で同い年の工藤遥と共に“まーどぅーコンビ”の名で親しまれ、数々の不思議すぎる言動でメンバースタッフたちを困惑させていたという。「緊張がポクポクしてきた」「(自己紹介にて)佐藤優樹こと佐藤優樹です!」などの迷言、“オーディションの合宿審査中、参加者たちが歌やダンスの練習に励む横で鬼ごっこをする”、“元プロデューサーつんく♂から「(佐藤は)不思議ちゃんなんです。別格扱いしたってください」と言われる”などのエピソードは、ファンの間では特に有名なものだろう。

    そんな佐藤が人気メンバーとして頭角を現し始めたのは、当時のエース鞘師里保が卒業した2015年頃と言われている。投票で順位が決まるファン主催のイベントハロプロ楽曲対象」の推しメン部門では、2015年以降、6年連続1位の快挙を達成。また、指原莉乃松岡茉優など、業界内にもファンを公言する人物は多い。そして、この度行われる卒業コンサートは、公演チケットのみならず、ライブビューイングのチケットも完売続出。上映劇場の追加、再追加が行われ、他メンバーの卒業コンサート中継会場の倍以上、またハロプロ史上最多となる、全93館(2021年12月11日現在)でのライブビューイングが決定した。コンサートイベントの開催規模を制限せざるを得ないコロナ禍という状況を加味すると、まさしく前代未聞とも言える劇場数であり、この事態からも佐藤の圧倒的な人気の高さがうかがえる。

    ■音の波形を見て、アクセントの場所を探る。つんく♂も認める音楽的センスとは

    今や誰もが認める人気メンバー、そしてエースだが、このポジションは、決して最初から与えられたものではなかった。メディア露出や歌割りが多いなど、運営が売り出していこうとするメンバー、いわゆる“推されメン”とは違い、佐藤の場合、表立った活躍が特別多かったわけではない。ではなぜ、エースポジションを確立できたのだろうか。その理由は、見るものをひきつけるパフォーマンスを、ファンに対して披露し続けてきたこと、その積み重ねにほかならない。新曲を出すたび、コンサートを行うたびに、「佐藤優樹すごい」という評価が生まれ、佐藤を今のポジションへと押し上げた。

    そんな吸引力のあるパフォーマンスは、彼女の楽曲への理解力と探究心に起因していると考えられる。絶対音感を持ち、幼少期よりピアノドラム、乗馬、バレエを習いリズム感を養ってきた佐藤の才能は、つんく♂から「実は一番音楽を理解している」と評価されるほど。さらに、過去の本人インタビューでは、“(つんく♂楽曲の)16ビートを理解するため、音楽ソフトに楽曲を取り込み、スロー再生して、音の波形を見てアクセントの場所を探ってから、レコーティングに臨んでいる”という驚きの逸話まで登場している。

    もともとの音楽的センスに加え、楽曲に対するあくなき探究心とリスペクト。それらが歌、ダンス、表情、歩き方といった細部にまで宿り、彼女のパートすべてがキリンパート(強烈な印象を残すパート)と言えるほどの、カリスマ性あふれるパフォーマンスに繋がっているのだろう。

    カリスマ的人気を誇るアイドル、気になる今後の進路は?

    前述したような突拍子のない言動・エピソードは挙げればキリがなく、加えて“自由すぎる”そのキャラクターと、集団から浮いてしまうほどのズバ抜けた個性持つ佐藤は、決してアイドルとしては“王道”とは言い難いかもしれない。しかし、ステージに上がった途端、普段の姿からは想像できないほどの豹変を見せ、彼女にしかできないパフォーマンスで人々の心を奪う。佐藤は、いい意味で“邪道”から生まれたエースであり、後にも先にもそんな存在は、佐藤優樹ただ一人なのだろうと思わせてくれる。

    グループ卒業後は、ソロとして音楽活動を続けることが予定されているが、すでにイベントにて自身が作詞作曲した楽曲を披露するなど、彼女の音楽性に触れ、今後の活動を楽しみにしているファンを多いはずだ。佐藤優樹の卒業がモーニング娘。’21に、そして佐藤自身にどんな変化をもたらすのか。卒業の寂しさ以上に、新たな変化や明るい未来を感じさせてくれるような、素晴らしい卒業コンサートになることを期待したい。

    文・佐藤さとり


    2021年12月13日にグループを卒業する佐藤優樹/※画像はWEBザテレビジョン タレントデータベースより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【モー娘。佐藤優樹、卒業ライブ上映館ハロプロ史上最多93館!つんく♂に「別格扱い」と言わしめた個性と才能】の続きを読む


    経験する。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/06(月) 16:20:20.64

    12/6(月) 16:15
    デイリースポーツ

    モー娘。生田衣梨奈 ダーマペン初体験「めちゃくちゃ痛かった」美肌へ執念
    生田衣梨奈
     モーニング娘。’21の生田衣梨奈が4日、自身のブログで「ダーマペン」を初体験したことを明かした。同期の譜久村聖とのツーショット写真を掲載し「はじめて。。。ダーマペンってやつをやってみました!!めちゃくちゃ痛かった笑」と報告した。

     「ダーマペン」とは超極細の針を使用し、肌の表面に高密度に微細な穴を一時的につくる治療法。傷を修復しようとする過程で皮膚が自然治癒力を活性化させるため、美肌効果が得られるという。

     生田は「いやーーーーーやってくれた方が躊躇せずにやってくれて嬉しかった!!!がんばれた!!!!」と感謝を込めてコメント。施術者の技術と、美肌への執念で痛みに耐えることができたとした。

     2日のインスタグラムでは、2ショットと同じタイミングで撮影したとみられるソロのアップ写真を掲載。「ちょっとハーフっぽく撮れた?」と盛れていることをアピールした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2ef141a0979f35130ecd684cd806681e05fc0b35

    ブログ
    https://ameblo.jp/morningmusume-9ki/entry-12713907574.html


    【【芸能】モー娘。生田衣梨奈 ダーマペン初体験「めちゃくちゃ痛かった」美肌へ執念】の続きを読む


    投票に行った。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/31(日) 20:53:48.04

    10/31(日) 19:54
    デイリースポーツ

    モー娘。小田さくら「ザ☆ピ〜ス!」フレーズで投票に「うぃって来ました」
     
     モーニング娘。’21の小田さくらが31日、グループのインスタグラムに動画を掲載し、衆議院議員選挙の投票に行ったことを報告した。

     動画で小田はモー娘。のシングル「ザ☆ピ〜ス!」のワンフレーズ「投票行って外食するんだ」と歌っている。コメントでは「小田さくらです!今のモーニング娘。でこのパートを頂いている者として、うぃって来ました。」と伝えた。

     「ザ☆ピ〜ス!」はモー娘。2002年のシングル。当時、小田は3歳だったが、現在は「投票行って-」のパートを歌唱している。

     この日は午前中にも「投票行って外食」がトレンドワードに。タレント・有吉弘行は「投票行ったので外食します。」。声優の花江夏樹も「投票行って外食した」。野球解説者のG.G.佐藤も「おはようございます!きょうは投票行って外食しましょう、G.G.佐藤です!」と呼びかけるなどしていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/afd65a1d942953ad2435cbd4896f7599faaaab19


    【【芸能】モー娘。小田さくら「ザ☆ピ〜ス!」フレーズで投票に「うぃって来ました」】の続きを読む

    このページのトップヘ