芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ハ行 > 広末涼子


    仰天する。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/22(水) 19:49:23.29
    女優の広末涼子(41)が22日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭2022夏~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~」(水曜後5・30~)に出演し、「KinKi Kids」の堂本剛(43)との思い出を語った。

     「KinKi Kids」の堂本光一と剛が出演し、歌のスタンバイに向かうと、総合MCの国分太一から「広末さんも、『KinKi Kids』との共演も今まであったと思いますけど」と聞かれた。広末は「そうですね。結構若い時にドラマで剛さんと共演させていただいて」と答えた。

     国分から「剛くんとの思い出は結構あるんですか?」と尋ねられると、広末は「結構若かったので、打ち上げで花火したりとか、プールに落とされたりとかしましたね~」と振り返った。

     さらに「バックドロップされたことあります」と明*と、国分は「バックドロップ!?打ち上げで?」とびっくり。広末は「はい。打ち上げで。その勢いでみんなプールに落ちるみたいな」と懐かしんだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a648d46efae72e7ed9f0f81672de292456e8546

    【【芸能】広末涼子 KinKi堂本剛に打ち上げで「バックドロップされた」に国分太一が仰天】の続きを読む


    振り返る

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/22(水) 19:34:50.69
    女優の広末涼子(41)が22日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭2022夏~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~」(水曜後5・30~)に出演し、お酒の失敗談を語った。

     男性6人組ユニット「DA PUMP」が歌のスタンバイをしている間に、同局の田中瞳アナウンサーが「DA PUMPのみなさんはお酒がお好きということなんですけど、広末さんは何かお酒で“やってしまった”ということありますか?」と話を振った。

     この質問に広末は「え~」と少し考え込み「大学時代の友達とか、女の子4人が(自分の)家に飲みに来ると、散々飲んで、やっぱり泊まっちゃって。次の日の1限、2限は休んでしまうっていう。そして、うちのベッドのせいにする。定番でしたね。(家だと)安心して飲んじゃう」と笑顔で振り返った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a42fa0799d26255807db9f744a8e4a498d7d9e67

    【【芸能】広末涼子 お酒の失敗談を笑顔で振り返る「散々飲んで、泊まっちゃって。うちのベッドのせいにする」】の続きを読む


    披露する。

    1 ひかり ★ :2022/06/17(金) 20:07:16.55
     女優の広末涼子が17日、都内で映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」初日舞台あいさつを俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典らと行った。

     2019年にフジテレビで放送されたドラマ「シャーロック」の映画版。犯罪捜査コンサルタントの誉獅子雄(ディーン)と元精神科医の若宮潤一(岩田)が、瀬戸内海の離島の華麗なる一族の闇に迫る。

     物語の舞台で、蓮壁家のリフォームを担当する冨楽朗子役を演じた広末は、ピンク色の超ミニ丈の衣装で登場し、美脚を惜しげなく披露した。

     本作内容にちなみ“自分にとってのナンバーワンのもの”を聞かれると「実は(本作の)本を読んだ時に役を引き受けるか悩んだんです。私は、悲しくて暗い作品が嫌い。(本作は)誘拐とか、自傷行為とかが描かれていてどうしようかと」と告白。

     ディーンが「死亡率高いですもんね」とフォローすると、広末は「そうなんです。でも受けてよかった。私は、娘への愛情深さゆえに翻弄される母親役なので、私にとってのナンバーワンは私の母親です。ママあっての自分。今日この舞台に立てているのも、ママのフォローがあってこそなので」と感謝を語っていた。

     共演の女優・新木優子は、新型コロナウイルス感染が判明し、本イベントを欠席した。
    報知新聞社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c86350c8d38446b66db78c399eb0e49e689d52b3

    (出典 hochi.news)

    【【芸能】広末涼子、超ミニ丈衣装で美脚披露「悲しくて暗い作品が嫌いで出演悩んだ」】の続きを読む


    告白する。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/14(火) 10:29:37.56
    6/14(火) 10:28
    スポニチアネックス

    広末涼子 情熱的な恋愛観を告白「うまくいかなくても」「好きだったらもうそれで良いって感じ」

     女優の広末涼子(41)が13日放送のフジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?」(後11・00)に出演。情熱的な恋愛観を明かした。

     人気占い師の星ひとみ氏は広末について「すごい変化するから、いろいろな色をしている。ちょっと変です」「本当に姿はめちゃくちゃ綺麗なんだけど、誰にも見せていない」と鑑定され「いいの、それ?仕事で見せた方がいい?」と動揺。「少年の星が入っている」との言葉には、一緒に出演した俳優の椎名桔平も「あるよね、涼子ちゃんは、昔からね。元気だし」と賛同した。

     広末も「桔平さんは昔から私の事をご存知なので、ちょっとバレちゃっているかもしれないけど、大人になってからは少年感は封印してるんです。昨日も現場でシャボン玉するのをぐっとこらえたし、大人らしくしなきゃな、女優さんらしくしなきゃなとは(思ってます)」と告白。そんな広末に、星氏は「格好つけないほうがいいです。この年齢だからとか、42歳になるからとかはもうやめて、とにかく全力で楽しいんだほうがいい」とアドバイス。さらに、星氏は「めちゃくちゃ面白いですよ。自分で気づいていない以上に“変人”が入ってます」とキッパリ。広末もその言葉に笑うしかなかった。

     また、星氏は恋愛観についても鑑定。「タツノオトシゴの星。愛を求めあう、とにかく2人で」と指摘すると、広末は「好きだったらもうそれで良いって感じです。自分が好きなことが幸せだから、何なら別に、うまくいかなくても好きであることが楽しくて」と認めた。星氏からのフェロモン度が「LV1000ぐらいある」との言葉には「やったー!」と大喜びした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/41ae8f91610096372782a324c45c24ad2f73f237

    【【芸能】広末涼子 情熱的な恋愛観を告白「うまくいかなくても」「好きだったらもうそれで良いって感じ」】の続きを読む


    語る。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/14(火) 10:16:08.25
    6/14(火) 10:04
    スポニチアネックス

    広末涼子 人生最悪だった27歳 何があったかは「全然言えないです」も、救いだった存在は…

     女優の広末涼子(41)が13日放送のフジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?」(後11・00)に出演。人生の最悪だった時期について明かした。

     人気占い師の星ひとみ氏から「2007年、破壊と鎮星の年」との鑑定を受け、広末は「2006年とか07年は私、人生最悪で、いつも高いところに行ってましたね。“よく生きていた”と思います、私も。私、運動神経悪かったら“落ちてるな”とか、高いところに行っていた時期。悩んだり落ち込むタイプじゃないから、とにかく勉強して回避しようと思って」と人生のどん底だった時期を告白。具体的に「(何があったかは)全然言えないですね。ちょっとキャラクター変わっちゃう。人生にはいろいろありますよね」と苦笑した。

     それでも「信じていた存在が信じられなくなるから」とも。星氏は「本当は寂しがり屋。何かに没頭していれば大丈夫。子どもがいなくてスイッチが切れていた場合よ。(息子は)自分の分身で守ってくれる味方」との指摘に、広末も「本当に良かったです、長男がいてくれて。一番…やっぱり一番の存在だから、そこから自分も成長しなきゃなっていうか」と明かした。

     星氏はその時期を境に「流れが変わっているのですごくよくなっている。常に忙しくしていたほうが良い」とし、「人のため、誰かの為じゃないと頑張れない」とアドバイス。広末は「そうかもしれないです。デカルトの言葉で“自分は考えるから自分があるん”って言葉に対して、どういう終着点で文章がいくかなと思ったら“他者があるから自分がある”って私は結論になって、お芝居も見てくれる人がいないと、意味がないし、監督がほめてくれたり、スタッフが喜んでくれるから、“頑張りたい”と思うし、家事・育児も自分のためじゃなかったりするから」とした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/34e1153e04c18d189238da7bebb622d6ba8e7df3

    【【芸能】広末涼子 人生最悪だった27歳 何があったかは「全然言えないです」も、救いだった存在は…】の続きを読む

    このページのトップヘ