芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ナ行 > 永野芽郁


    ファンなのかな?


    女優の永野芽郁さんが、自身のインスタグラム11月4日に更新。青山テルマさんのワンマンライブに参加したことを報告しました。永野芽郁さんといえば青山テルマさん推しを公言しており、11月4日いい推しの日ライブに参加できたことで、推しへの愛が爆発。推し活をしている永野芽衣さんの様子が可愛すぎると話題になっていました。

    永野芽郁いい推しの日にオタ活

    デビュー15周年を迎えた青山テルマさんが、11月4日に初の東京・日本武道館にてワンマンライブ『Thelma Aoyama 15th Anniversaryおにぎりフェスティバル(仮)』を開催しました。

    青山テルマさん推しを公言している永野芽郁さんも、ワンマンライブに参加。ライブ終了後にはインスタライブを行い、青山テルマ愛を爆発させていたのです。

    //www.instagram.com/embed.js

    11月4日にはインスタグラムを更新し、「いい推しの日すぎる!!!!」と、コメントしています。

    青山テルマ愛が爆発、推し活が最高過ぎると話題に

    インスタライブを見たファンが、「インスタライブ可愛すぎました。」「芽郁ちゃんオタクやってるのかわいすぎるよ。」「芽郁ちゃんがオタクしてて共感しかなかったよ。」「テルマさんのオタクする芽郁ちゃん本当に可愛すぎたしお互いから愛が伝わってくるめいテル尊すぎるよ!」と、ネット上にコメントを寄せていました。

    また、青山テルマさんも「ああああああああああんんんんん もおおおお本当にありがとう。私は一生めい推しです。」とコメントを寄せ、相思相愛な様子が微笑ましいですね。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    インスタグラムだけでなく、ツイッターにも同じ写真を投稿。推し活をしている永野芽郁さんが可愛すぎますね!

    永野芽郁プロフィール

    芸名(読み):永野芽郁ながのめい)
    生年月日:1999年9月24日
    出身地:東京都
    血液型AB型
    小学校3年生の時にスカウトされ、芸能界入り。2009年公開の映画『ハードリベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビュー

    sourceタレント辞書



    画像が見られない場合はこちら
    永野芽郁(23)青山テルマが好きすぎて、いい推しの日に最高のオタ活をしてしまう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】永野芽郁(23)青山テルマが好きすぎて、いい推しの日に最高のオタ活をしてしまう】の続きを読む



    語る。

    女優・永野芽郁(22歳)が、9月20日に放送された情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)に出演。“忘れられない誕生日”について語った。


    先日、映画「マイ・ブロークン・マリコ」の公開直前イベントでのこと。共演した友人の女優・奈緒から、23日に誕生日を迎える永野にサプライズで手紙が読まれ、永野は大粒の涙を流した。そうした出来事にちなみ、番組がこれまでで“忘れられなかった誕生日”について質問する。

    永野は「母と一緒にお酒を飲むってずっと決めていたことだったので、20歳の誕生日の日は前日の夜、実家に帰ってお母さんと乾杯しました。いざ自分が飲めるってなった時に一気に大人になった気がして、その時『大人ってすごい』って思った記憶がありますね」と振り返った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】永野芽郁の“忘れられない誕生日”】の続きを読む



    悩みがある。

    モデルプレス=2022/07/01】女優の永野芽郁が、6月30日放送のTBS系バラエティー番組「櫻井・有吉THE夜会」(毎週木曜よる10時~)に出演。子役から芸能界にずっと身を置く永野ならではの悩みを明かした。

    【写真】永野芽郁、美脚全開ボディコン姿で踊る「スタイル良すぎる」「色気すごい」と反響

    永野芽郁、悩みを告白

    今年23歳になるという永野。4年制大学に進級している同級生も卒業し、社会人になる年だが「私はアルバイトも経験してないし、小さい頃から芸能界にいるからどこか社会人としての経験って違う」と悩みを吐露した。

    永野が自身よりも年上の共演者たちに「20代前半の時、皆さんどんなお気持ちで過ごされてたのかなって…」と質問すると、嵐の櫻井翔は「仕事が大変とか嫌だとかじゃなくて、単純に周りの人たちの環境が変わるから?」と確認。永野は「自分が(その環境に)乗っかれてない感じ。『私は本当に平気かな?』ってたまに自問自答しちゃう時がある」と心境を明かした。

    永野芽郁、仕事への思い語る

    さらに小学3年生で芸能界デビューしたという永野に、有吉弘行が「2年ぐらい休みちょうだいって思わない?」と問うと、永野は「思います」と笑いながら即答。

    しかし「仕事も好きなんですよ。だから実際1ヶ月休みもらって丸々海外行ったこととかあるんですけど、1ヶ月休んじゃうと仕事がしたくて…。きっといざ1年休みを取るってなったらできない」と仕事への思いを語った。(modelpress編集部)

    情報:TBS

    Not Sponsored 記事】

    永野芽郁(C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】永野芽郁、芸能生活での悩み明かす「本当に平気かな?」】の続きを読む



    祝福の声相次ぐ

    NO.10136755 2022/01/20 22:33
    永野芽郁、日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞!映画ファンからの祝福の声相次ぐ!
    永野芽郁、日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞!映画ファンからの祝福の声相次ぐ!
    永野芽郁、主演映画で優秀主演女優賞受賞!
    映画「そして、バトンは渡された」の公式Twitterが18日、更新された。
    アップされたのは第45回日本アカデミー賞に関する投稿である。
    同作から、第45回日本アカデミー賞、優秀主演女優賞に永野芽郁が、優秀助演女優賞に石原さとみが選ばれた。
    【写真を見る】 複雑な家庭環境をもつ主人公優子を演じた永野芽郁
    投稿には作中の永野と石原の写真が添えられており、作品での親子の絆を思い出させる。
    永野はこの映画の中で、大人の都合で家庭環境が何度も変わっていく主人公という難しい役どころを誠実に演じ遂げた。
    この受賞はそんな永野の姿勢が評価されてのことだろう。
    投稿には「めいちゃんの演技がたくさんの人に愛されて嬉しいです」など、多くの祝福の声が寄せられた。
    第45回日本アカデミー賞は3月11日に最優秀賞が発表される。
    永野芽郁の画像・ニュースをもっと見る
    引用元:Twitter
    【日時】2022年01月20日
    【提供】UtaTen

    【永野芽郁、日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞!映画ファンからの祝福の声相次ぐ!】の続きを読む


    バッチリ

    1 jinjin ★ :2021/11/20(土) 23:26:07.76

    永野芽郁、素人は真似できない「薄いデニム」の穿きこなし


    10月下旬、都内の人気アパレル店から出てきたのは、ライトイエローのブラウスと薄いブルージーンズとスニーカー、プラダのバッグの組み合わせがバッチリの女優・永野芽郁(22)。

    秋が深まりつつあっても、まだ肌寒さはなくコートを羽織る必要はない。
    黒縁メガネとマスクで顔を隠していても、細身のスタイルは、店内でも街中でもひと際目立っていた。


    あるテレビドラマ制作関係者は「約400万人のフォロワーがいるInstagramでも、いつも笑顔とおしゃれな服装を公開しています。私服ではパンツ姿が多いですね」と話す。


    11才のころに小学生向けファッション誌『ニコ☆プチ』でモデルデビュー。
    若手女優の登竜門的な中学生向けファッション誌『ニコラ』でも活躍してきた。ベテランスタイリストが語る。

    「ファッションのセンスは小さい頃から鍛えられているんでしょうね。薄いブルーのデニムは野暮ったく見えることもあり、穿きこなすのが難しいアイテムなんですが、トータルで洗練された着こなしです。身長は163センチとそれほど大きくはありませんが、小顔で手足も細いから、スタイルが映えて、服もピタリと決まるんです」


    仕事は順調そのものだ。9月まで放送されていた戸田恵梨香とのダブル主演連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)が終了。
    時を置かずして、10月29日からは主演映画『そして、バトンは渡された』が公開された。
    CMもコーセー『雪肌精』や花王『フレアフレグランス』など大手企業9社と契約中と、まさに引っ張りだこである。


    「20代前半女優では、今や広瀬すずさん(23才)と人気を二分する存在だと言えるでしょう。永野さんの強みは、同じ女性からの支持が高いところと、清楚でパブリックイメージが抜群なところです」(前出・ドラマ制作関係者)


    趣味は音楽。中学2年からエレキギターを始めて、ドラムも叩ける永野。
    コロナで自粛が続いた期間には、アコースティックギターを猛練習していたという。


    12月24日には、季刊のフォトブック「team mate vol.2」と来年のカレンダーの発売も決定した。
    来年以降のドラマや映画の出演オファーも山ほど届いていると言われている。
    当面は芸能界のメインストリームを走り続けることになりそうだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/03742e32f860dbcbbf81926db2055bc7a54387cb

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】永野芽郁、素人は真似できない「薄いデニム」の穿きこなし 「今や広瀬すずと人気を二分する存在に」】の続きを読む

    このページのトップヘ