芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:女優ヤ行 > 米倉涼子



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    インスタ更新

    1 湛然 ★ :2022/09/13(火) 05:36:02.88ID:CAP_USER9
    ベリーショートの米倉涼子、花束持った姿に「花に負けないくらい美しい」の声…花束は友人・ヨンアから
    2022年9月12日 22時41分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20220912-OHT1T51183.html?page=1
    米倉涼子のインスタグラム(@ryoko_yonekura_0801)より

    (出典 hochi.news)



     女優の米倉涼子が12日までに自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。

     米倉は、「ヨンから素敵なお花いただきました!いつもありがとう!」とつづり、友人の韓国出身モデル・ヨンアからもらった花束を持った最新ショットをアップ。

     この投稿には、「よねさんに似合ってます」「お花に負けないくらいよねしゃん美しいです」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】ベリーショートの米倉涼子、花束持った姿に「花に負けないくらい美しい」の声…花束は友人・ヨンアから】の続きを読む



    公演日程決まる 。

    1 湛然 ★ :2022/08/01(月) 05:15:29.16 ID:CAP_USER9.net
    米倉涼子、11月開幕の主演ミュージカル「CHICAGO」ブロードウェー&東京公演日程決まる
    8/1(月) 5:01日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ddc3e405a85da619888748fd2af7f5062c1a628a
    ミュージカル「CHICAGO」で4度目のブロードウェー主演を飾る米倉涼子

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



     米倉涼子(47)が主演する11月開幕のミュージカル「CHICAGO」の公演日程が7月31日、明らかになった。

     米ニューヨーク・アンバサダー劇場でのブロードウェー公演は11月7~20日で、米倉は同14日に迎える「CHICAGO」26周年記念日も舞台に立つ。東京国際フォーラムでの凱旋(がいせん)公演は、クリスマス、大みそかを含む12月14~31日に決まった。

     米倉は12年に同作でブロードウェーデビューし、17、19年にもロキシー・ハート役を務めた。今年、日本人女優として初となる4度目のブロードウェー主演を飾る。

     昨年予定していた25周年記念公演は新型コロナウイルスの影響で延期となったが、米倉は「今年改めて挑戦できる機会を頂けたこと、素直にうれしく思います」とコメント。3年ぶりの主演に体力の不安をのぞかせつつ、「このまたとない念願の舞台に向けて今はプレッシャーと不安でしかありませんが、ゼロからしっかりトレーニングに取り組んで、カンパニーメンバー・スタッフと最高の時間を分かち合いたいと思います」と気持ちを新たにしている。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】米倉涼子、主演ミュージカル「CHICAGO(シカゴ)」ブロードウェー&東京公演日程決まる】の続きを読む


    キレイです。

    1 湛然 ★ :2022/07/13(水) 05:12:29.59ID:CAP_USER9
    米倉涼子:ベリーショートヘアにイメチェン ますます短くなって「雨かと思ったら自分の汗」
    2022年07月12日毎日キレイ
    https://mainichikirei.jp/article/20220712dog00m100003000c.html

    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    (出典 storage.mainichikirei.jp)



     女優の米倉涼子さんが7月12日、東京都内で行われたトータルボディーケアブランド「ドクターエア」のブランドアンバサダー就任記者発表会に、ベリーショートヘアにイメチェンした姿で出席した。今年3月に登場したイベントではトップが長めのショートヘアだったが、この日はさらに短く、耳を出したショートヘア。長めのイヤリングを合わせていた。

     米倉さんは「髪の毛が短いので、雨が降ってきたと思ったら自分の汗だったことがある」と最近夏を感じたエピソードを披露した。

     同ブランドは、「*ケアイノベーション」という考えのもと、「癒し」「運動」「美容」の観点から全方位的に健康にアプローチ。フィットネス器具やマッサージ器具などを展開する。米倉さんはアンバサダーに就任し、7月13日から放送されるボディーケア器具「エクサガン ハイパー」の新CMに出演する。:

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【芸能】米倉涼子:ベリーショートヘアにイメチェン ますます短くなって「雨かと思ったら自分の汗」】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)


    蒸し返すのはよくないです。

    1 Anonymous ★ :2022/04/02(土) 16:15:23.63

    https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12311-1554521/

    大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)を代表作に持つ大女優・米倉涼子が、まさかの〝黒歴史〟を蒸し返され、ネット上に衝撃が走っている。


    それは、3月30日夜のことだった。この日は日本テレビ系で4時間の音楽特番『Premium Music 2022』が生放送され、最新の楽曲から懐かしの名曲までを一挙にオンエア。

    また、番組後半からは、日テレ系の人気番組『THE夜もヒッパレ』が一夜限りの復活を果たすこととなった。

    「ヒッパレ」は三宅裕司・中山秀征・赤坂泰彦らが出演し、1995年から2002年まで放送された人気音楽番組。最新のランキングを出演者でカバーするというのが他の音楽番組と異なる最大の特徴で、平成のレジェンドグループ『SPEED』もこの番組で名付けられている。


    復活企画では「ヒッパレ」さながらのスペシャル歌唱が行われた他、今では貴重な当時のコラボ映像も次々と放出。志村けんさん、MCハマー、篠原涼子、三浦大知、『少年隊』、『KinKi Kids』など、大物たちが他アーティストのカバーをする映像に、スタジオは大いに沸いていた。


    そんなイメージはなかったのに…
    この過去映像振り返りにて〝今では貴重な歌唱姿〟として流れたのが、20年前、当時27歳の米倉の映像。マルシア、森口博子、柴田倫世、知念里奈とともに、『モーニング娘。』の『LOVEマシーン』をノリノリで歌っている。


    米倉は歌い出しを担当したのだが、「あんたにゃもったいない~」と発したその瞬間、お茶の間には衝撃が…。その後の「どんなに不景気だって~」のパートもズッコケレベルの歌声で、ネット上には、


    《米倉涼子の歌唱力ヒドいな…》
    《ヘタ過ぎてびっくりした》
    《マジあかん マジ音痴すぎてたまらんw》
    《音痴でびっくりしました》
    《こう… 歌唱力の差が如実ですね》
    《放送事故レベルwww》

    などといった感想が殺到。20年の時を経て〝黒歴史〟が蒸し返されてしまったのだ。

    これまであまり音痴なイメージを持たれていなかったのは、うまく歌の仕事から逃げてきたのか、はたまた歌が上達したのか…。


    【【話題】米倉涼子、20年前の〝黒歴史〟映像を蒸し返されネット上に衝撃走る!】の続きを読む


    ビミョー

    1 数の子 ★ :2022/02/08(火) 19:56:41.55

    現在、Netflixで全世界配信中の米倉涼子主演のドラマ「新聞記者」。原案は、国有地払い下げをめぐる決済文章改ざんの森友学園問題や、理事長が安倍首相(当時)とお友達であることから特別な便宜が疑われた加計問題などを取材していた東京新聞社会部・望月衣塑子記者の同名著書で、同社も本社屋をロケ場所に提供するなど撮影に協力している。

    ヒットが難しいとされる政治色の強いドラマだが、ストーリーは今も国会などで取り上げられる森友学園問題をモチーフにした、かなり踏み込んだ内容。話題性の高さから配信前から地上波の連続ドラマとは比較にならないほど関連記事が紹介され、現職の国会議員たちもSNSなどでこぞって取り上げている。


    実際、米倉も政府の汚職疑惑を暴こうとする記者役を熱演。一般視聴者からの反応も上々で、彼女をトップ女優へと押し上げた「ドクターX」シリーズ(テレビ朝日系)同様、代表作になるとの声も出ている。だが、「評価されているのは、あくまで彼女の演技。作品自体の評価はさほど高いわけではない」と指摘するのはテレビ誌記者だ。

    「Netflix作品ということで海外メディアも紹介していますが、なかでも英国ガーディアン紙は『新聞のジャーナリズムと政府の不正行為について、幼稚な見解を示す』『権力を描く複雑なドラマというより善良な市民の生活が不正に奪われる愚直なメロドラマ』とバッサリ斬っている。一部で〝左翼ファンタジー〟などと評された19年公開の劇場版『新聞記者』のときと同様に、現職の記者たちからは『実際の現場との違いに違和感を覚える』といった意見が聞かれます」(同)

    ネットの強みを生かし、忖度当たり前の地上波のテレビ局では制作不可能な作品を映像化。国内では一定の成功を収めたとも言える「新聞記者」だが、政治ドラマの難しさか、世界的な評価は決して高くない様子。「ドクターX」に肩を並べるにはまだ遠い道のりのようだ。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Asageibiz_38514/


    【【芸能】米倉涼子主演ドラマ「新聞記者」の評価がビミョーな理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ