芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:映画 > 出来事



    (出典 pbs.twimg.com)


    大コケする。

    1 jinjin ★ :2022/05/07(土) 21:00:49.33

    阿部寛の主演映画もまさかの爆死! 2022年に公開された大コケ映画


    2022年も5月に突入し、映画業界では大ヒット作品が数多く生まれている。
    しかし逆に目も当てられないほど大爆死した作品もあるようだ。その原因はどこにあったのだろうか。


    1つ目に挙げられるのが、4月8日に公開された阿部寛の主演映画『とんび』。

    原作は小説家・重松清が執筆した同名小説で、妻を事故で亡くした不器用な主人公のヤス(阿部)が、周囲の助けを借りながら男手一つで息子のアキラ(北村匠海)を育てていくハートフル人情物語だ。

    人気俳優の起用&感動系の物語で万人受けすると思えたが、342館で公開された直後の4月9日から10日にかけた『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)では、初登場7位というさえない順位に。
    同日に166館の中規模公開された『チェリまほ THE MOVIE 30歳まで*だと魔法使いになれるらしい』よりも下位の結果だった。

    ただ劇場に足を運んだ人からは好評の声も多く、一部では、同作が過去にドラマ化されているため伸び悩んでいるのでは、という意見も飛び交っていた。


    キャスティング以外の爆死理由は…

    また、4月1日に公開された俳優・田中圭の主演映画『女子高生に*れたい』も、悲惨な結果を招いてしまった。

    同作は、女子高生に*れたいという理由で高校教師になった男・東山春人(田中)の物語。
    漫画界の鬼才・古屋兎丸の原作を映像化し、一部で大きな注目を集めていたが、公開直後の4月2日から3日にかけての「国内映画ランキング」ではトップ10入りを逃している。

    『とんび』同様に劇場に足を運んだ人からの評判は良かったが、そもそも古屋ファンしか足を運んでいないことが敗因だと思われる。
    同日のランキングには、公開館数34館のアニメ映画『オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』がランキング入りしていたため、爆死っぷりが顕著だった。


    最後は人気漫画を実写化した映画『嘘食い』。若手俳優・横浜流星や元『乃木坂46』白石麻衣を起用し、宣伝にもかなり力を入れていた。
    しかし、そもそも漫画の実写化は失敗作が多く、同作にも公開前から批判の声が続出。
    そしてご多分に漏れず、意味不明な内容改変などがあり、前評判通りに「国内映画ランキング」初登場5位という順位だった。


    ちなみに公開後にもネット上では、《典型的なダメ邦画だった》《古いタイプの実写化という感じで、脚本や監督が自分の色を出そうとして駄目になった作品》などと散々な評価だったことは言うまでもない。

    まだ2022年が始まって半年も経っていないが、大爆死作品は密かに量産されている。
    公開前から爆死候補の映画はまだまだあるが、結果はどうなるのだろうか…。


    https://myjitsu.jp/archives/349512


    【【映画】阿部寛主演の『とんび』まさかの爆死! 田中圭主演の『女子高生に殺されたい』、横浜流星&白石麻衣の『嘘食い』も悲惨な結果に】の続きを読む



    (出典 dtg3yjoeemd2c.cloudfront.net)


    新吹き替え版に早見沙織&浪川大輔になる。

    1 muffin ★ :2022/04/22(金) 15:09:29.52

    https://eiga.com/news/20220422/11/

    オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックが共演した名作「ローマの休日」のデジタルリマスター版が、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて、5月13日に放送されることが決定した。金曜ロードショーでは18年ぶりの放送となる。

    オリジナルの新吹き替え版となっており、アン王女(ヘプバーン)を早見沙織(「鬼滅の刃」胡蝶しのぶ役、「宇宙よりも遠い場所」の白石結月役、「映画 聲の形」西宮硝子役)、新聞記者のジョー・ブラッドレー(ペック)を浪川大輔(「ルパン三世」石川五ェ門役、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ギルベルト役)が担当。

    また、カメラマンのアービング(エディ・アルバート)を関智一(「ドラえもん」スネ夫役)美容師のマリオ(パオロ・カルリーニ)を関俊彦、(「鬼滅の刃」鬼舞辻無惨役)ヘネシー支局長(ハートリー・パワー)を茶風林(「名探偵コナン」目暮警部役)、伯爵夫人(マーガレット・ローリングス)をすずき紀子が務めている。

    早見と浪川は、今回の情報解禁にあわせて、それぞれコメントを発表。「吹き替えオファーが来た時の心境は?」という質問には、以下のような言葉を紡いだ。

    早見「子どもの頃、声優というお仕事を認識したきっかけが、池田昌子さんの吹き替えのオードリー・ヘップバーン作品を見たことでした。マネージャーさんからは初め、タイトルを聞かずに『劇場版の吹き替えがある』とだけ聞いていて、その後さらっと“『ローマの休日』をやる”と言われ、それを聞いた瞬間、心拍数が上がり、手に汗握って、全身の温度が上がるかのような何とも言えないドキドキと緊張感につつまれました」

    浪川「名作中の名作なので、喜びと共に、驚き、プレッシャーが同時に押し寄せてきました。すごく嬉しかった一方で、『本当にやるの?できるかな?』と…。グレゴリー・ペックの吹き替えはやった事がなく、とても空気感のある役者さんなので本当に緊張します。でもやはり『嬉しい!』という気持ちが一番強かったです」
    中略

    なお、今後の「金曜ロードショー」のラインナップは、以下の通り。

    ・4月22日 「名探偵コナン 緋色の弾丸」(本編ノーカット、初放送)
    ・4月29日 「魔女の宅急便」(ノーカット)
    ・5月6日 「崖の上のポニョ」(ノーカット)

    https://eiga.k-img.com/images/buzz/96213/d1bf86785af2bed1/640.jpg
    https://eiga.k-img.com/images/buzz/96213/409a0e92e2b1ab30/640.jpg


    【【映画】「ローマの休日」18年ぶりに金曜ロードショーで放送 新吹き替え版に早見沙織&浪川大輔】の続きを読む


    『湯を沸かすほどの熱い愛』が1位

    よくできた映画は観客の感情を大きく揺さぶってくれるもの。胸を打つシーンでは、思わず涙してしまうこともありますよね。
    そこで今回は、ハンカチ無しでは見られないような、泣ける邦画についてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    3位 しゃぼん玉
    2位 ミッドナイトスワン
    1位 ???
    全てのランキング結果を見たい方はこちら!

    1位は『湯を沸かすほどの熱い愛』!


    余命2カ月の宣告を受けた母親と、その家族の絆を描いた『湯を沸かすほどの熱い愛』。優しさと強さを兼ね備えた母親・幸野双葉役を宮沢りえが、気が弱く引きこもり寸前の娘・安澄役を若手実力派の杉咲花が演じた感動の一作です。
    持ち前の明るさと強さで子どもたちを育てていた双葉は、残りの人生で「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行に移していきます。ぶつかり合いながらも、より強い絆で結ばれていく家族の姿に、涙をこぼした人も多いのではないでしょうか。
    想像もつかない物語の展開とラストシーンに驚き、感動で心をつかまれる。『湯を沸かすほどの熱い愛』が1位となりました。

    2位は『ミッドナイトスワン』!


    草なぎ剛トランスジェンダー役を演じることで話題となった『ミッドナイトスワン』。「第44回 日本アカデミー賞」で最優秀作品賞および最優秀主演男優賞を受賞し、「2020年を代表する日本映画」と評されている作品です。
    心と体に葛藤を抱えながら夜の街で生きる凪沙(草なぎ剛)は、ある日親戚の少女・一果を預かることになります。育児放棄によって孤独な人生を過ごしてきた一果と暮らすうちに、凪沙の心には「母になりたい」という思いが芽生えはじめます。
    はじめはぎこちない関係だった二人が、次第に親子のような愛情を育てていく姿に涙した人も多いのではないでしょうか。『ミッドナイトスワン』が2位となりました。

    3位は『しゃぼん玉』!


    直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説を映画化した『しゃぼん玉』。親の愛情を知らずに育ち、老人や女性を標的に犯罪を繰り返してきた青年が、老婦人との出会いをきっかけに人生を見つめ直していく物語です。
    林遣都演じる青年・伊豆見翔人は、逃亡先の小さな村でけがをした老婦人・スマを助け、彼女の家で暮らしはじめます。スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は自らが犯した罪の大きさを自覚するようになります。
    スマを演じた女優・市原悦子の遺作でもある本作。彼女の包容力あふれる名演技に涙した人が多かったのかもしれませんね。『しゃぼん玉』が3位となりました。

    情をテーマにした作品が上位に選ばれた今回のランキング。いずれの作品にも、それぞれ違う「愛の形」がありましたね。気になる4位~55位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが一番泣いた邦画は、何位にランク・インしていましたか?

    写真タレントデータバンク
    杉咲 花|1997/10/2生まれ|女性|B型|東京都出身)

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:5,900票
    調査期間:2021年6月29日2021年7月13日
    一番泣いた邦画ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【一番泣いた邦画ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ