芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:映画 > アニメ



    アニメーションだからこそ可能な世界観『アンネ・フランクと旅する日記』場面写真
    …不朽の名作「アンネの日記」を“空想の友達”キティーの視点で描くアニメーション『アンネ・フランクと旅する日記』より、場面写真が解禁された。 アニメーシ…
    (出典:cinemacafe.net)


    公開された。

    【『アンネ・フランクと旅する日記』より、場面写真が公開された。】の続きを読む



    『呪術廻戦 0』祈本里香役・花澤香菜「嫉妬」「狂気」も魅力なキャラ3選
    …(金)より全国ロードショーとなる『劇場版 呪術廻戦 0』。『呪術廻戦』の原点ともいえる前日譚を描く『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』を原作とした…
    (出典:マグミクス)


    人気アニメ

    【『呪術廻戦 0』祈本里香役・花澤香菜「嫉妬」「狂気」も魅力なキャラ3選】の続きを読む



    裏話

     アニメ雑誌『アニメージュ』(徳間書店)の歴史を通してアニメ史を回顧する『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』が9日、大阪市北区の「はんきゅう梅田本店」で始まった。

    【写真】『機動戦士ガンダム』映画化当時の誌面

     オープニングゲストとして声優・島本須美三鷹の森ジブリ美術館シニアアドバイザーの高橋望氏が登場し、展示を見ながらトークを行った。

     『アニメージュとジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の原画などの貴重な資料が楽しめるほか、『機動戦士ガンダム』や押井守監督作品など、歴史に残る名シーンが200点以上展示されている。

     高橋氏は、宮崎駿監督や富野由悠季監督らにふれ、「この時代の作り手がいて、ファンがいたからこそ、現在のアニメがある」と説明。なかでも「『機動戦士ガンダム』がないと『アニメージュ』はなかった」と指摘し、「『機動戦士ガンダム』がなければ『風の谷のナウシカ』は生まれなかったと、宮崎さんがそう言っていた」と明かした。

     また、高橋氏は「『機動戦士ガンダム』に携わった中村光毅氏が『風の谷のナウシカ』の美術スタッフもやったんです。メカや宇宙から腐海まで描いて、それだけ才能ある方がいたのが当時のアニメ業界だった」と振り返った。

     「『アニメージュ』の創刊が、アニメ業界に作家がいることを知らしめた」と語った高橋氏。今回、未来に向けた展示でもあり、「これからも新しい作家でどんどん出てくるともう。新しい作家の登場に期待したい」と思いをこめていた。

     東京、宮城・石巻を経て大阪で開催。来年1月10日まで開催される。

    (左から)三鷹の森ジブリ美術館シニアアドバイザーの高橋望氏、島本須美 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジブリ美術館・高橋望氏、『ガンダム』がなければ「『ナウシカ』は生まれなかった」】の続きを読む


    上映される。

    【元記事をコミックナタリーで読む】

    モンキー・パンチ原作によるアニメルパン三世」のアニメ化50周年を記念し、映画「ルパン三世 カリオストロの城」と、スクリーン初登場となるモンキー・パンチ総監督短編作品「ルパンは今も燃えているか?」が、10月1日より2週間限定で同時上映される。

    【大きな画像をもっと見る】

    1979年に公開された「ルパン三世 カリオストロの城」は、宮崎駿監督の映画初監督作品。ヨーロッパの小国・カリオストロ王国を舞台に、ルパンと王女クラリスの出会いや冒険が描かれる。今回の上映では4K映像と7.1chの多次元サウンドで、視覚と聴覚の両面から臨場感と迫力を味わうことができる。また「ルパンは今も燃えているか?」は、「ルパン三世」の原作誕生50周年を締めくくる記念作品として制作されたもの。摩毛狂介、百地三太夫、パイカル、ミスターX、ストーンマンなどルパンたちを苦しめた歴代キャラクターが登場し、再度ルパン一味に戦いを挑む。併せて予告映像も解禁された。

    さらに1996年に公開された劇場版第6作目「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」のレンタル・セル配信が9月15日りスタート。そして8月25日にはTVアニメルパン三世 PART4」のBlu-ray BOXも発売される。

    「ルパン三世 カリオストロの城」4K+7.1ch/「ルパンは今も燃えているか?」

    2021年10月1日(金)より2週間限定全国ロードショー

    「ルパン三世 カリオストロの城」4K+7.1ch

    スタッフ

    監督・脚本:宮崎駿
    原作:モンキー・パンチ

    キャスト

    ルパン三世山田康雄
    峰不二子増山江威子
    次元大介小林清志
    石川五ェ門井上真樹夫
    銭形警部納谷悟朗
    クラリス島本須美
    ほか

    「ルパンは今も燃えているか?」

    スタッフ

    原作・総監督:モンキー・パンチ
    監督:川越淳

    キャスト

    ルパン三世栗田貫一
    峰不二子沢城みゆき
    次元大介小林清志
    石川五ェ門浪川大輔
    銭形警部山寺宏一
    ミスターX茶風林
    摩毛狂介:村治学
    パイカル:家中宏
    百地三太夫浦山迅
    プーン:斧アツシ
    アナウンサー:松浦裕美子

    「ルパン三世 カリオストロの城」より。原作:モンキー・パンチ (c)TMS


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「カリオストロの城」「ルパンは今も燃えているか?」が2週間限定で同時上映】の続きを読む


    「となりのトトロ」は人気あります。


    NO.9688672 2021/07/24 09:28
    「スタジオジブリ映画」ランキング、3位「千と千尋の神隠し」2位「天空の城ラピュタ」大接戦を制した1位は?

    7月20日は、スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」が劇場で初めて公開された日だ。2001年に公開された同作は空前の大ヒットとなり、2020年に「劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編」に抜かれるまで、日本映画の歴代興収トップの座を19年もの間守り続けてきました。

    そんな記念すべき日にちなみ、ねとらぼ調査隊が実施したアンケート調査「何度も見たジブリ映画ランキング」の結果が発表された。。何回見ても新しい発見や感動を得られるジブリ作品の中で、最も票を集めたのはいったいどの作品だろうか。

    © 1988 Studio Ghibli

    となりのトトロの世界で夏休みを過ごしてみたい…!

     

     第1位となったのは「となりのトトロ」。得票数は785票、得票率は23.4%。第2位は「天空の城ラピュタ」、得票数は713票、得票率は21.3%という結果に。

     アンケートに寄せられたコメントには「トトロは何度見たかわからないくらい。巻き戻すとビデオテープが凄い音立てるようになって、切れるんじゃないかと心配していた」などの声が。そういえば、トトロの公開は1988年。文字通りレンタル“ビデオ”屋で借りたり、テレビで放映されたものを家庭のビデオデッキで録画して見ていたりした、という人も多いのでは。また、公開当時子どもだった世代が親となり、今では親子2代で楽しんでいるというメッセージも多く見られた。

     第2位の「ラピュタ」は王道の冒険譚だ。悪役のムスカや空賊のドーラなど、脇を固めるキャラクターの濃さも人気の理由か。ラピュタ語の「バルス」がツイッターでトレンドに入った“バルス祭り”でも話題になった。コメント欄では「もはや何度見たことか……セリフが普段の生活でも口をついて出る」「ラピュタ序盤の追跡シーンが面白くて面白くて。もう20回以上は見たと思う」などの声がった。

     人気の2作がデッドヒートを繰り広げることとなったが、3位の「千と千尋の神隠し」や4位の「風の谷のナウシカ」、以降「もののけ姫」、「魔女の宅急便」など誰でも知っているジブリ作品が並ぶ。しかしランキング下位には「聞いたことがない」という人も多いだろう作品がランクインしている。

    © 2016 Studio Ghibli - Wild Bunch - Why Not Productions - Arte France Cinéma - CN4 Productions - Belvision - Nippon Television Network - Dentsu - Hakuhodo DYMP - Walt Disney Japan - Mitsubishi - Toho

    2016年公開と、そこそこ新しい作品だということで2度驚く

     「レッドタートル ある島の物語」は、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督がスタジオジブリとの協力で挑んだ初の長編アニメーション。無人島に漂着した男性と突然現われた女性との人生を詩的な映像で綴っている。登場人物たちに台詞はなく、ジブリの長編作品としては初の試みとなった。批評家たちによる評価はおおむね好評なようだが、ちょっと素人がエンターテインメントとしてみるには解釈に迷う、つまり難しい映画であることは否めない。それこそ、何度もリピートして見たら意味や意図がわかりそうだが…そこまでたどり着けないということなのか、単純に知名度の問題なのか。

     また、映画公開よりも先行して地上波で放送され、さらに初の全編3DCG制作となるのが21位にランクインした「アーヤと魔女」。当初2021年のゴールデンウイークに劇場公開予定だったが、新型コロナウイルス流行のため2021年8月に劇場公開が延期。いよいよ公開間近だが…何度もリピートして見たくなる作品となるのか。気になるところである。

    出典元:何度も見た「ジブリ映画」ランキングTOP24! 2位の『ラピュタ』を上回る1位は?【ねとらぼ調査隊】

    ※サムネイル画像(Image:ghibli.jp)
    となりのトトロ © 1988 Studio Ghibli、天空の城ラピュタ © 1986 Studio Ghibli、千と千尋の神隠し © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

    【日時】2021年07月24日 09:00
    【提供】オトナライフ

    【「スタジオジブリ映画」ランキング、3位「千と千尋の神隠し」2位「天空の城ラピュタ」大接戦を制した1位は?】の続きを読む

    このページのトップヘ