芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:映画 > アニメ



    快挙です。

     新海誠監督のアニメーション映画すずめの戸締まり(英題:『Suzume』)』(公開中)が、2月16日から2月26日までドイツで開催される「第73回ベルリン国際映画祭」コンペティション部門に正式出品されることが明らかになった。日本アニメーションでは『千と千尋の神隠し』以来、21年ぶりのコンペティション部門選出となる。映画祭には、新海監督と、ヒロイン・岩戸鈴芽を務めた原菜乃華がレッドカーペット、そしてプレミア上映に参加する予定だ。

    【動画】『すずめの戸締まり』予告編

     今回、正式出品が決まったベルリン国際映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であり、カンヌ国際映画祭ベネチア国際映画祭と並び“世界三大映画祭”の一つとして数えられている。最高賞の“金熊賞”は、コンペティション部門に選出された作品を対象としており、日本作品では、1963年に公開された今井正監督『武士道残酷物語』、2002年に公開された宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』の2作品が受賞しているのみ。

     新海監督は「『すずめの戸締まり』は、12年前に日本で起きた巨大な出来事が物語の根底にあります。この映画が海外の観客にどのように映るのか、なにが伝わり、なにが伝わらず、なにを共有し得るのか。私たちの創作が外部からはどのように見えるのか。それを自身の耳目で確かめる好機をいただけたと考えています。ここまで導いてくれたスタッフたちの才能と尽力、そして応援してくださった皆さまに、心より感謝します」とコメント

     原は「私自身、海外に行くこと自体初めてで、それも、歴史あるベルリン国際映画祭すずめの戸締まりチームで行くことが出来るなんて、とても光栄で、夢のようです。改めて『すずめの戸締まり』という作品に携わることが出来てうれしく思います。映画祭で直接世界中の方々のお声を聞くことがとても楽しみです。『すずめの戸締まり』が世界中で愛されますように!」と、喜びと期待のコメントを寄せている。

     昨年11月11日に全国420館(IMAX41館含む)で封切られ、今月22日までの73日間で観客動員数963万人、興行収入128億円を突破。この大ヒットを記念して、新ビジュアルが登場。壮大な草原をすずめと草太が幼い少女と手をつないで歩く後ろ姿と、21年12月発表のティザービジュアルで登場して以来、作品を象徴するもう一人の主役として描かれてきた「扉」の姿も。日本各地を巡ったすずめと草太の旅からの帰還を感じさせるビジュアルに仕上がっている。また、初めてすずめが描かれたビジュアルに添えられた「いってきます」に対し、物語の終盤で出てくる重要な言葉である「おかえりなさい」が添えられている部分にも注目だ。

     今週末の28日からは入場者プレゼント第4弾として、新海監督が書き下ろした「小説 すずめの戸締まり~芹澤のものがたり~」の配布(全国50万人分限定)がスタートする。

    映画『すずめの戸締まり』(公開中)新ビジュアル(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】新海誠監督『すずめの戸締まり』ベルリン国際映画祭コンペ出品 『千と千尋~』以来21年ぶり】の続きを読む


    ビックリ

    1 muffin ★ :2023/01/08(日) 18:03:22.21ID:jhzSDAgu9
    https://magmix.jp/post/131191
    2023.01.08

    大好きなマンガ、アニメが映画化されて、楽しみに見に行ったら、「アニメオリジナル」のキャラクターや展開に驚かされたことはありませんか? この記事では、良くも悪くも「好き放題やりすぎてしまった」劇場版アニメをご紹介。

    ●『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年公開)
    2022年10月からの「令和版」新作アニメも絶賛放送中の『うる星やつら』(原作:高橋留美子)では、初代TVシリーズの劇場版第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は、完全アニメオリジナルで描かれています。前作『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年公開)から続投した、奇才・押井守監督の代表作のひとつとなった作品です。

    主人公・諸星あたるやラムたちが通う友引高校の、「文化祭前日」が繰り返される様子をミステリータッチで描いており、タイムループものの先駆けともいわれるストーリーや、SF表現はファンからも高く評価され、今もなお傑作アニメ映画として語り継がれています。

    一方、シリアスで陰鬱なシーンやメタ的なセリフも多く、本来のラブコメらしい雰囲気からはかけ離れている面もあり、原作初期のようなドタバタ感の『オンリー・ユー』を賞賛していた高橋先生が、激怒してしまったという逸話も残されています。また、終盤のあたるの言動には、原作やTVアニメからは考えられないものもあり、一部ファンの間では「解釈違い」「パラレルワールドだと思いたい」といった意見もあったほどです。


    ●『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005年公開)
    2022年公開の『ONE PIECE FILM RED』も話題となった『ONE PIECE』(原作:尾田栄一郎)の劇場版シリーズから、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』をご紹介します。 『時をかける少女』などで知られる細田守監督にとって、初の長編アニメーション作品となった本作は、TVシリーズで見慣れた明るい雰囲気の前半と、まさかの「トラウマ」シーンが繰り広げられる後半のギャップが衝撃的で、今でも賛否両論を巻き起こしています。
    中略

    ●『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』(2013年公開)
    アニメで「好き放題」やっていた作品といえば、『銀魂』(原作:空知英秋)を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。そのなかでも、劇場版第2作にして、当時「アニメシリーズ完結編」と銘打たれていた『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は、原作者の空知先生がストーリーとキャラクター原案を手掛けた完全オリジナルエピソードとなりました。
    中略

    全文はソースをご覧ください


    (出典 magmix.jp)

    【【アニメ】やりたい放題? 原作者もびっくりした人気作の「アニメオリジナル」映画をご紹介 あの傑作アニメも「作者が激怒」の逸話が】の続きを読む


    大人気です。

    1 ひかり ★ :2023/01/04(水) 16:32:01.26ID:kykfF4iN9
     井上雄彦さんの名作バスケットボールマンガ「SLAM DUNK(スラムダンク)」の新作劇場版アニメ「THE FIRST SLAM DUNK」が、2022年12月3日の公開から32日間で興行収入が67億円を突破したことが分かった。観客動員数は約461万人を記録した。12月31日、2023年1月1日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では、5週連続で首位を獲得するなど勢いが止まらない。

     「スラムダンク」は、1990~96年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたバスケットボールマンガ。赤い髪の不良少年・桜木花道がひょんなことから湘北高校バスケットボール部に入部。安西先生の下、主将の赤木剛憲や流川楓、宮城リョータ、三井寿、木暮公延らとともに全国制覇を目指す……というストーリー。コミックスのシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。
     テレビアニメが1993~96年に放送され、ゲーム化もされた。2006年には、若いバスケットボール選手を支援するため「スラムダンク奨学金」が設立された。2018年にコミックスのカバーを井上さんが新たに描き下ろした「新装再編版」(同)、2020年にイラスト集「PLUS/SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2」(同)が発売されたことも話題になった。
     新作劇場版アニメは、原作者の井上さん自身が監督を務め、脚本を手がけた。木村昴さんが湘北高校バスケットボール部の桜木花道を演じるほか、神尾晋一郎さんが流川楓役、仲村宗悟さんが宮城リョータ役、笠間淳さんが三井寿役、三宅健太さんが赤木剛憲役として出演する。

    まんたんウェブ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ed65bdc38e44b05dd02bc86ff2c4af3bde83978

    【【映画】<THE FIRST SLAM DUNK>公開1カ月で興収67億円突破 461万人動員 5週連続動員1位 勢い止まらず】の続きを読む


    人気がありますから。

    1 muffin ★ :2022/12/10(土) 15:40:24.42ID:REyOcX639
    https://diamond.jp/articles/-/314249
    2022.12.10

    いくつかの理由から、公開前に大炎上となっていた映画『THE FIRST SLAM DUNK』。言わずと知れた国民的漫画『SLAM DUNK』の映画版だ。炎上は原作人気の表れともいえるが、果たして映画版の出来栄えは?(フリーライター 武藤弘樹)

    中略

    まず、おさらいである。映画版『スラムダンク』公開前に、何が炎上したのか。

    とりわけ話題になったのは、「前売り券発売後の声優発表」であろう。映画版『スラムダンク』はアニメということで、かつてテレビで放映されていたアニメ(1993~1996年)の声優がこの新作映画も続投するもの……とみていたファンは多かった。しかし、前売り券の発売開始後に「前アニメとは声優陣を一新します」と発表され、前アニメ版の延長を念頭に思い描いていたファンが「だまされた」と感じ、怒り、炎上したのである。

    また、井上雄彦氏の公式サイトに載せられた映画版制作者のインタビューの中に、「原作をよく知らない」や原作へのリスペクトを欠くような発言があったことが散見され、これにも批判が集まった。

    中略

    筆者も、公開前の評判の悪さもあり、映画に対するポジティブなイメージが持てなかった。公開前のネガティブなムードそのままの内容であったら……と、一抹の不安を胸に映画館へ足を運んだ。

    ここからは実際に見ての感想である。もしつまらなかったら正直に「つまらなかった」と書く覚悟であったが、単刀直入に、ものすごく面白かった。期待していないどころかマイナス評価を予想していたことを謹んでおわび申し上げたい。

    さて、どこが面白かったか。

    全文はソースをご覧ください

    【【芸能】映画「スラムダンク」は最悪の前評判にだまされるな、原作ファンが勧める訳】の続きを読む


    タイトルが決まる。

    劇場版名探偵コナン』の最新作となる第26弾のタイトルが『名探偵コナン 黒鉄(くろがね)の魚影(サブマリン)』に決定。公開日は2023年4月14日(金)となり、原作者・青山剛昌描き下ろしのビジュアルが公開された。

    最新作のポイントとなるのは、<コナン><灰原哀>と、因縁の関係である<黒ずくめの組織>。ビジュアルでは「死ぬな、灰原――」というキャッチコピーとともに、水に沈みゆく灰原に手を伸ばすコナンの姿から、灰原に命の危機が迫ることが予感される。

    そして工藤新一に薬を飲ませた張本人で、組織のボスである<あの方>とも直接連絡を取りあう幹部格の人物<ジン>が中央で不敵な笑みを浮かべ、ビジュアルの右サイドには、<あの方>の側近にして組織のNo.2として名高く、劇場版シリーズには本格的初参戦となる最高幹部<ラム>、コナンと灰原の正体を知っているが組織には報告せず謎の行動が多い<ベルモット>、CIA諜報員(=本堂瑛海)で組織に潜入している<キール>、さらには私立探偵(=安室透)や公安警察(=降谷零)としての顔を持ちながら、黒ずくめの組織に潜入する<バーボン>までもが描かれている。

    サイドに描かれるのは、鋭い目線の警視庁捜査一課・管理官の≪黒田兵衛≫、不安げな眼差しを向ける≪蘭≫と≪阿笠博士≫、さらには<ライ>のコードネームで組織に潜入捜査をしていた過去を持ち、現FBI捜査官で狙撃の名手の≪赤井秀一≫。コナン・灰原・ジンを中心に、左右対称に描かれたキャラクターの配置が示すものとは――?劇場版では『純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016年)以来となる赤井と安室(バーボン)2人揃っての登場は、どのようにストーリーに関わってくるのか――?因縁の関係にあるコナン・灰原と黒ずくめの組織が激突し、ついに正体が暴かれてしまうのか――。まだまだベールに包まれた本作の続報にも引き続き注目したい。

    劇場版名探偵コナン 黒鉄の魚影』は、2023年4月14日(金)より全国東宝系にて公開予定。各詳細は公式サイトにて。

    (C)2023 青山剛昌名探偵コナン製作委員会

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アニメ】劇場版『名探偵コナン』、第26弾のタイトルが『黒鉄の魚影』に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ