芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:社会人 > 政治家



    休養するのかな。

    今井絵理子

    自由民主党今井絵理子参院議員が、5日、自身の公式ツイッターを更新。政治活動の一環として訪れた徳之島で怪我をしたことを報告した。

    【画像】闘牛から落下して骨盤骨折を報告した今井議員


    ■闘牛祭りに参加

    今井議員がツイートしたのは、5日夜9時43分。昨日は鹿児島県徳之島で、「闘牛祭り」に参加していたとのこと。黄色い闘牛Tシャツに身を包み、「徳之島の伝統行事に触れることができ、また、皆さんの熱気にたくさんの元気をいただきました」と述べている。

    2016年参院選で初当選し、今年改選を迎える今井氏。芸能活動での知名度を活かして前回は比例区で当選したが、今回も比例区とすると、幅広い地域でのアピールが必要となる。


    関連記事:フワちゃん、骨折したくりぃむ上田からのプレゼントに喜び 「かわいすぎ」

    ■牛から落下して骨盤骨折

    ところが、応援していた牛が勝利したことから悲劇が。「牛の上に乗せていただいたところ、バランスを崩して落下してしまいました」と報告した今井氏。

    「その後、立てなくなり、病院へ搬送され、、、骨盤骨折と判明。しばらくは安静、少なくとも1ヶ月は歩くことはできないとのことです。徳之島の皆さんにも心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした」としている。


    ■しばらくは車椅子生活に

    今年の参議院通常選挙は、来月にも公示、7月初旬の投票が予想されており、今井議員の再選に向けた活動もこれからさらに激しさを増すはずだったが、「しばらくは車椅子の生活となりますが、私は元気です!!」としている。

    ツイッターには、「大丈夫ですか? ゆっくり休んでください」「ゆっくり治してくださいお大事に」「大丈夫でよかった」といった励ましのコメントが多く寄せられた。


    ■今井議員のツイート





    ・合わせて読みたい→東国原英夫、ジョギング中に転倒し肋骨骨折 「肺などには問題ないよう」

    (文/Sirabee 編集部・タカハシマコト

    今井絵理子、闘牛から落下し骨盤骨折 「しばらくは車椅子の生活」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【今井絵理子、闘牛から落下し骨盤骨折 「しばらくは車椅子の生活」】の続きを読む



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    そうなるのか。

    1 ボラえもん ★ :2022/04/23(土) 16:21:51.78

    ニュージーランド アーダーン首相との朝食会に出席しました。
    NEW!2022-04-22 14:43:04

    こんにちは。小泉進次郎です。

    今朝はニュージーランドのアーダーン首相と朝食。
    久しぶりに再会してお互いの子どもの成長を写真や動画を見せ合い、有意義な政策の意見交換もできました。

    ニュージーランドのアーダーン首相とは、2018年9月に初めてニュージーランドでお会いしました(首相招聘プログラムでお招き頂きました。)。
    翌年の2019年9月には来日中の首相と環境大臣として面会し、直後にニューヨークでも再会しました。
    更に12月にはスペインのマドリードで開催されたCOP25で再会し、今日はそれ以来です。

    政策の意見交換で特に印象的だったのは、カーボンニュートラルと自動車政策についてでした。

    日本とは違い、ニュージーランドは自動車メーカーがありません。つまり、日本を含めた海外メーカーから自動車を買います(中古車も)。

    カーボンニュートラルで自動車業界は100年に1度の大変革期を迎え、
    3年後にはノルウェーががガソリン車の販売禁止をする中で、日本も2035年以降は新車販売は100%電動車になる予定です。

    ニュージーランドも国内に流通する自動車を電動車に転換していく上で、課題は十分な電動車を確保することだそうです。
    日本は世界でも代表的な自動車製造大国ですが、電動車の取り組みは遅れています。
    この日本の遅れは、ニュージーランドをはじめとする自動車輸入国の交通分野の脱炭素を遅らせることにも繋がるだけでなく、
    他国の電動車が日本車よりも先に海外のマーケットを獲ってしまうことになりかねないことを意味します。

    繰り返しますが、日本の電動車の普及の遅れは、日本の国内問題にとどまらず、
    世界の脱炭素の流れにブレーキをかけ、日本の産業競争力の低下、海外マーケットを失うことを意味します。

    ニュージーランドのアーダーン首相から、自動車輸入国の立場からの見方を披露して頂き、改めて日本が脱炭素を加速させる必要性を痛感しました。

    日本では、原油価格の高騰に伴うガソリン価格の上昇対策に補助金でガソリン価格を下げることが中心になっていますが、
    短期的には合理的だとしても、中長期で考えれば、今こそガソリン依存度を下げる経済社会への移行を加速させるための電動車普及策を大胆な投資で強化すべきです。

    アーダーン首相とはまた再会できる日を楽しみにしています。朝7時過ぎからという早朝の意見交換は、早起きの甲斐がある素晴らしい時間でした。
    https://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/entry-12738812106.htm

    ※前スレ
    小泉進次郎氏「ガソリン価格が高騰している今こそ、EVを普及させてガソリンに依存しない社会への移行を加速させよう。」 ★2 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650693672/


    【小泉進次郎氏「ガソリン価格が高騰している今こそ、EVを普及させてガソリンに依存しない社会への移行を加速させよう。」】の続きを読む



    ショックを受けた。

    NO.10218092 2022/03/02 09:40
    小泉進次郎「次の総理」ランキング圏外にショック…番記者に「目立ち方」を相談していた
    小泉進次郎「次の総理」ランキング圏外にショック…番記者に「目立ち方」を相談していた
    かつては、メディア各社の世論調査でも“次の総理”の呼び声が高かった小泉進次郎前環境相(40)。昨年の自民党総裁選では、河野太郎・自民党広報本部長(59)を石破茂元幹事長(65)とそろって支持し、“小石河連合”と注目を集めたものの、河野氏は岸田文雄首相(64)に敗れた。

    岸田政権発足後は、総務会長代理というポストに落ち着いたが、永田町での存在感低下に歯止めがかからない。

    「当選回数が少ない福田達夫さん(54・総務会長)よりも下の役職で、完全な“冷や飯食い”の状態です。進次郎さんは本人は総裁選の後、『私は蟄居する』と言っていましたから、それでいいのかもしれませんが……。

    でも、2月上旬に自民党神奈川県連会長に立候補。届け出たのは進次郎さんだけでしたから、無投票で選出されて、3月に正式に就任します。あっという間の“蟄居”でしたが、政治的な求心力低下に手を打ちたいんでしょう」(自民党関係者)

    じつは、小泉氏が焦るのには理由があってーー。

    「じつは、『文藝春秋』2月号での「次の総理、5年後の総理」というアンケート記事の結果に、小泉氏はずいぶん大きなショックを受けているそうなんです。123人の政治記者が選ぶという企画内容なのですが、“次の総理候補”や“5年後の総理候補”のどちらにもランクインしていなかったのです。

    3票入ればランクインするという集計方法だったのですが、環境相時代の番記者からもさほど入らなかったそうで、小泉氏は周囲からも見限られてしまったというわけです」(与党担当記者)

    ちなみに、“次の総理候補”1位は林芳正外相(61)、“5年後の総..

    【日時】2022年03月01日 11:05
    【ソース】女性自身

    【小泉進次郎「次の総理」ランキング圏外にショック…番記者に「目立ち方」を相談していた】の続きを読む



    最強の美人ペア

    NO.10130532 2022/01/18 12:50
    今井絵理子氏、三原じゅん子氏との2ショットに絶賛の嵐「最強の美人ペア」「美人すぎる議員さん」
    今井絵理子氏、三原じゅん子氏との2ショットに絶賛の嵐「最強の美人ペア」「美人すぎる議員さん」
    元「SPEED」の今井絵理子参院議員が18日までに自身のインスタグラムを更新。自民党の三原じゅん子参院議員、山東昭子参院議長とのショットをそれぞれ公開した。

    今井氏は「永田町の母」「#山東昭子#参議院議長」とコメントし、和服姿の山東氏との2ショットを投稿。さらに連続投稿で「永田町の姐さんと」「#三原じゅん子#大臣補佐官#参議院議員」とつづり、三原氏と顔を寄せたショットをアップした。

    フォロワーからは「豪華なショットですね」「まさに最強」「最強の美人ペア」「目力が半端でない」「美人過ぎる議員さん」などの声が上がっている。

    今井氏は20年9月に内閣府大臣政務官を退任。現在は党の内閣第一部会長代理を務めている。

    【日時】2022年01月18日 12:10
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】

    【今井絵理子氏、三原じゅん子氏との2ショットに絶賛の嵐「最強の美人ペア」「美人すぎる議員さん」】の続きを読む



    美しすぎる国会議員になるのかな?

    NO.9919261 2021/10/15 11:57
    パリピな自民党候補「元ミス日本」に“不仲の父”松野頼久・元衆院議員が語ったこと
    パリピな自民党候補「元ミス日本」に“不仲の父”松野頼久・元衆院議員が語ったこと
    自民党が10月11日に発表した衆院選の公認候補で、さっそく“世襲候補”かつ“タレント候補”として注目を集めているのが、比例代表東京ブロックで擁立された元「ミス日本」の松野未佳氏(26)だ。
     
    10月15日発売の『週刊ポスト』は〈自民党候補「元ミス日本」松野未佳氏の“水着”“彼氏”“パリピ”写真〉を報じている。

    未佳氏の父は旧維新の党代表の松野頼久・元衆院議員。祖父は自民党総務会長などを歴任し、政界引退後も「政界ご意見番」として細川護煕氏や小泉純一郎氏らの政治指南役を務めたことで知られる松野頼三氏で、曾祖父の鶴平氏から国会議員を三代輩出した政界の名家である。
     
    幼稚舎から慶応に入った未佳氏は、慶大在学中の2016年にミス日本コンテストでグランプリを獲得し、ハズキルーペのCMに出演するなどタレント活動を行なっていた。

    昨年9月には、未佳氏は小泉元首相と共に自民党本部を訪れ、当時幹事長だった二階俊博氏と面会し、国政選挙への出馬の意向をアピールして話題になった。

    全国紙政治部記者が語る。

    「政界進出を後押ししているのは母親で、未佳氏が党本部を訪ねた時も付き添っていました。ただ、その際に現在何をしているのかと聞かれた未佳氏が『法科大学院を目指しています』と答えていたため、社会人経験がほぼない状態で次期衆院選に出馬するのはまだ早いだろうというのが永田町関係者の反応でした。

    【日時】2021年10月15日 11:05
    【ソース】NEWSポストセブン
    【関連掲示板】

    【パリピな自民党候補「元ミス日本」に“不仲の父”松野頼久・元衆院議員が語ったこと】の続きを読む

    このページのトップヘ