芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > グラビアアイドル



    出場する

    グラビアアイドルタレントの片岡沙耶さん。
    3月26日に開催された、バーチャル自転車レースMOVING 2022バーチャルサイクリング 渋谷CUP!』に出場し、汗を流しました。

    バーチャル自転車レースとは、オンラインスポーツゲーム
    実際に自転車をこぐことで、画面内のアバターコースの勾配度合いや、風の抵抗に合わせてペダルの負荷が変わるなど、非常に“リアル”な走りが楽しめます。

    自転車は持ってないから、普段は乗らない」という片岡さんではあるが、今回で2回目の参加。 お笑い芸人のねんねんさん、ニッチローさんらと対決しました。
    自転車にまたがると「どうしたら良いかわからないよ〜。」と叫び、緊張した様子。

    そんな中、レーススタート
    「もうヤダ〜!」と言いながら、全力でペダルを漕ぎました。
    他の出場者たちも負けじと走り、レースは激戦。
    「やばい、やばい、速い!」と叫びながら、片岡さんも本気でダッシュ

    約1キロ走り、無事ゴールを迎えると「ハアハア」と息を切らし、「やばい!メッチャ足が痙攣している!」と足が“ぷるぷる”と震えた様子が伺えました。
    隣にいた、ねんねんさんが「もうすぐ爆発するよ!」とツッコミ
    会場にはクスクスと笑いに包まれました。

    片岡さんの成績は、このレース終了時点で全体の7位。
    しかし、記録は1分54秒34。
    普段から自転車を乗っているという、他の出場者の記録を抜き「ヤッター!ヤッター!」と満面の笑みを浮かべ、嬉しそう(笑)

    レースの合間には、インタビューにも対応し、参加した理由を「(バーチャル自転車レースは)転ぶ心配もなく、安全。あとおウチ時間が増えていく中で、新しい運動の仕方で面白いと思ったから。」と語りました。
    普段自転車は乗らないが、自転車を買ったら「空気の澄んだところを走ってみたい。自然が好きなので富士山が見えるところ。この辺はバイクで走っている方をみたことあるが『気持ちよさそうだな』と眺めていた。」とのこと。

    間も無く始まる新年度。
    目標を尋ねると「常に自分らしく」とし「やっていて自分が『楽しい』と思える仕事をずっとやってきたから、これからも自分が『楽しい』と思える状況を作っていきたい。グラビアも好きですが、ランジェリーなども作っているので、マルチに色んなジャンルに挑戦したい。」と意気込みました。

    中でも、1番やりたいことは「自作の水着やランジェリーをより多くの人に着てもらえるような活動をしていきたい。」とし、今作っているランジェリーについては「誰がみても美しいと思えるような、芸術的なものを意識している。」とアピールしました。

    片岡沙耶さんの今後の活動については、本人のSNSに随時告知。
    また、MOVINGのバーチャル自転車レースは、定期的に開催中!

    The post “超ぷるぷる” グラドル・片岡沙耶が自転車レースで激走 first appeared on フィールドキャスター.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“超ぷるぷる” グラドル・片岡沙耶が自転車レースで激走】の続きを読む



    改善して克服した。

    モデルプレス=2022/01/04】170cm・Gカップと抜群のスタイルを武器に、グラビアアイドルモデルアイドルなど、幅広いジャンルで活躍する、清瀬汐希(きよせ・ゆうき)。美しいボディを持つ彼女も、過去には肌トラブルに悩んだことがあると話す。モデルプレスでは、清瀬が肌トラブルを改善するまでにしたことや最近のスキンケア事情について聞いた。

    【写真】“ミスコン日本代表グラドル”清瀬汐希のSEXY美ボディにドキッ

    清瀬は、今年4月に「週刊プレイボーイ」(集英社)が発表した「進撃の長身グラドル番付 2021年春場所」で、数々の「長身グラドル」の中から東日本のトップと言われる“東の横綱”に選出された、話題のグラビアアイドル

    2020年には、世界5大ミスコンの1つである「MISS SUPRANATIONAL JAPAN 2020」の京都代表に、2021年には「MISS QUEEN GALAXY 2021 JAPAN」の日本代表のほか、タイで行われるミスコン「On 8 November 2021」の日本代表に選ばれるなど、その美貌はグラビアを超え、あらゆるフィールドで評価されている。

    さらに、人気グラビアアイドルを中心に、2015年に結成された本格アイドルグループsherbet」と、その派生グループ「Can-on!」に所属し、アイドルとしても活躍。「sherbet」のYouTubeチャンネル「シャベチャンsherbetchannel】」は、チャンネル登録者数が40万人を突破し、グラビアならではの攻めた動画を中心に、人気を集めている。

    透明感の溢れる美しいボディを持つ清瀬の“スキンケアのこだわり”とは?

    ◆清瀬汐希、冬場のスキンケア事情明かす

    ― 乾燥する季節になりましたが、清瀬さんは最近どんなスキンケアを行っていますか?

    清瀬:最近は口元やフェイスラインの乾燥が気になるので、毎朝毎晩必ずパックをしたり、乾燥する部分は化粧水や乳液を重ね塗りしたりして対策しています。私はオイリー肌なので冬場でも特別なことはせず、毎日続けているケアを徹底することを意識しています。

    ― 保湿で特にこだわっていることは何ですか?

    清瀬:塗るタイミングです!同じスキンケア用品を何度も塗るときは、肌を手で触って半分くらい浸透していることを確認した上で塗るようにしています。保湿の過程ごとに時間を置いたりもしているので、スキンケアにとても時間がかかってしまうのが悩みです(笑)

    ― 保湿を徹底されているんですね!顔以外の保湿はどのようなことをしていますか?

    清瀬:お風呂からあがって60秒後には肌の乾燥が始まると聞いたことがあるので、顔の保湿が終えたら全身にボディクリームを塗るという習慣をつけています。冬は足の裏も乾燥しやすいし、昼間に汗をかかない分、服の繊維で擦れて荒れてしまうことがあるので、足から背中までしっかり保湿することを意識しています。

    ◆清瀬汐希、肌荒れに悩んだ過去明かす

    ― スキンケアを徹底されている清瀬さんですが、これまでに肌の乾燥や肌荒れに悩んだ経験はありますか?

    清瀬:私は元々敏感肌でニキビもできやすい体質なので、肌荒れにはずっと悩まされてきたんです。枕の摩擦で肌が赤くなったり、スキンケアをちょっとサボっただけでニキビができてしまったり、肌トラブルがつきなくて…。コロナ禍になってからはマスク荒れも加わって、余計に肌の管理が大変になりました。

    ― 様々な悩みがあるんですね。肌荒れを改善するためにしていることはありますか?

    清瀬:顔の皮脂が出やすい部分はこまめにティッシュオフすることや、洗顔のときに皮膚を擦りすぎないようにする、メイクをしっかり落として寝るといった基本的なことを徹底しています。

    でも、1番肌トラブルに効果的だったのは、本当に自分に合ったスキンケア用品を使うことです。値段が高いものを使っていたとしても、それが自分に合っていなかったら肌トラブルは起こるので、色々なアイテムを試すことが大切だと思います。

    ― 値段にとらわれないことも大切ですね。保湿以外にも肌のためにしていることはありますか?

    清瀬:私はスナック菓子が大好きなのですが、食べすぎると分かりやすく肌に変化が出てしまうので、お菓子は「今日はこれだけ」と決めて食べるようにしています!あとは、何より睡眠時間を取ることが大切だと思うので、大事なお仕事の前は早めに寝ることも心がけています。

    ― 睡眠時間を取るということは昔から意識していたのですか?

    清瀬:昔はむしろショートスリーパーだったのですが、半年前くらいから睡眠時間をしっかり取ることを意識し始めたんです。早く寝ることを続けていたら毛穴がしっかり閉じるようになって、以前より肌荒れも減ったので、睡眠は本当に大切なんだと実感しました。

    ― 基本的な生活習慣が大切なのですね!ありがとうございました

    modelpress編集部)

    ◆清瀬汐希(きよせ・ゆうきプロフィール

    1997年2月25日生まれ。モデルグラビアアイドルグループsherbet/Can-on!」のメンバー、さらにはRISEラウンドガールと幅広く活動。2021年には、タイで行われるミスコン「On 8 November 2021」に日本代表として選出。12月3日デジタル写真集「Mi-muse写真集シリーズVol.5 清瀬汐希 Kindle」を発売した。

    2021年5月より、グラビアアイドルコスプレイヤー専門のサブスクリプションファンコミュニティラットフォーム「Mi-muse by Mi-glamu」(ミーミューズ)でファンクラブ「きよちゃんの秘密基地」を開設。1月21日には限定撮影会&ファンミーティングを開催する。

    Not Sponsored 記事】

    モデルプレスのインタビューに応じた清瀬汐希(C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“注目の長身グラドル”清瀬汐希、肌トラブルに悩んだ過去 改善に繋がった「生活習慣」明かす<モデルプレスインタビュー>】の続きを読む


    人気あるみたいです。

    1 れいおφ ★ :2021/12/25(土) 19:09:33.26

    俳優でグラビアアイドルの浅倉唯が、「めちゃくちゃかわいい」とネット上で評判になっている。

    浅倉は12月19日に自身のインスタグラムを更新。《「グラジャパ!アワード2021」グランプリをいただきました。驚きとうれしい気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございます。そして、来週発売の『週刊プレイボーイ』1-2合併号に表紙巻頭で登場させていただいています。ぜひご覧ください》と、
    『週刊プレイボーイ』主催のコンテストのグランプリ獲得を報告した。

    浅倉の投稿に、フォロワーからは
    《唯ちゃん、グランプリ受賞おめでとうございます! 週プレ速攻買ってきました!》
    《今年は大躍進の年になりましたね。初めてグラビアを見て一発でファンになりました。来年の活躍を期待しています》
    《もうグラドルの中で一番でしょ。かわいすぎて目が離せないわ》
    《DVDも飾るんですね! 買いに行きますよ~》
    など、祝福の声が寄せられている。

    浅倉唯の関連商品が早くもプレミア価格に!
    「浅倉は青森県出身で、大学2年生の時からアイドルとして3年ほど芸能活動をしていました。
    今年9月からスタートした特撮『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)にて、悪魔崇拝組織『デッドマンズ』の女王であるアギレラ役で出演すると、一気に注目が集まりました。
    また、同月に発売された『週刊プレイボーイ』では自身初の水着グラビアを披露。読者たちから歓喜の声が上がりました。
    今年はコスプレイヤーのえなこがグラビア界を席巻しましたが、恐らく来年は浅倉が1番の対抗馬として台頭してくるでしょう』(グラビア誌ライター)

    現在、浅倉のクリアファイル付きの雑誌は、ネットのオークションサイトでプレミアが付くほどの人気になっていて、グラビアファンの間で争奪戦になっている。
    グラビアデビューしてからたった3カ月しか経っていない中での大ブレークとなった浅倉。今後の活躍にも注目だ。

    https://myjitsu.jp/archives/323923

    浅倉唯

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 youngjump.jp)
     

    (出典 youngjump.jp)
     

    (出典 youngjump.jp)
     

    (出典 youngjump.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】「めちゃくちゃかわいい…」 浅倉唯がグラビア界を席巻! グラビアデビュー3カ月で大ブレーク、関連商品が早くもプレミア価格に】の続きを読む



    インタビューを受ける。

    小悪魔ageha』編集長でグラビアタレントの百瀬りえが発売中の『週刊プレイボーイ』に初登場。今回アザーカットインタビューが到着した。

    ――『週刊プレイボーイ出演』おめでとうございます!

    ありがとうございます!! とってもうれしいです! 芸能を始めた時からとにかくグラビアをやりたいと思っていたので、今回、出演させて頂けることをすごく嬉しく思います!! 本当にありがとうございます!

    ――現在は『小悪魔ageha』で編集長を担当していますね。

    芸能を始める前から裏方の仕事をしたいと思っていました。その上で、表に立つ側の気持ちもわからないといけないと思ったのもあり芸能活動を始めました。芸能活動をしつつも、裏方の仕事をしたい、就職をしたいという意思は残っていたので、大学4年の時に今の会社のインターンに参加しました。

    インターン中は主に動画の編集などをしていました! その中でわたしの仕事を認めてくださり、『小悪魔ageha』が復刊すること、そしてその編集長にならないかというお話を頂きました。初めは、まだ年齢も若く、学生だったので自分にできるのか自信が持てずお断りしました。その後、親や友人に相談し、後押しを受けてやはり編集長をやらせてほしいと自分からお願いしました! 編集長という誰もが経験できるわけではない仕事を今できていること、本当に嬉しく誇りに思います!

    ――今回はどのような撮影でしたか?

    今回は、わたしが編集長ということもあり、編集部でも撮影をしました! 普段グラビアの撮影はスタジオがほとんどなので、自分が普段裏方として働いている現場での撮影はすごく新鮮でした。この仕事をしている自分にしかできない撮影だと思うので、すごく嬉しかったです!!

    ――11月20日には生誕祭も行われたそうですね。

    人生で初めてこの様なイベントをさせて頂きました! 今までに会える機会も少なく、自分の生誕祭に来て頂けるのか正直すごく不安でした。でも、ゲストで出てくれた同じ事務所の竹内星菜さんや、イベント開催にあたって内容など一緒に考えて頂いた事務所マネージャーさんたちの支えもあり、なんとか当日を迎えることができ、当日、応援して頂いている方々に会った時、本当に嬉しいという感情でいっぱいでした。

    自分のために会いに来てくれて、すごくすごくうれしかったし、応援して頂いている方々が大好きだなって改めて思いました。会える機会がもっと増やせるよう、もっと大規模で出来るよう、頑張りたいと改めて思いました!!

    (C)佐藤裕之/週刊プレイボーイ

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『小悪魔ageha』編集長・百瀬りえが『週刊プレイボーイ』に初登場!アザーカット&インタビュー到着】の続きを読む


    ホールインワン

    グラビアアイドル志田音々が、10月11日に自身のオフィシャルInstagramを更新。笑顔も美脚もまぶしいゴルフウエア姿が話題を集めている。

    【写真を見る】まさにホールインワン級…!美脚輝くゴルフウエア姿の志田音々 

    志田は1998年7月15日生まれ、埼玉県出身の23歳。2014年に「ミス・ティーンジャパン」で準グランプリ、「グラジャパ!アワード2019」では最優秀新人賞を受賞し、雑誌のグラビアで活躍する。ほか、女優、情報番組のリポーターとしても活動している。

    この日、志田は「ワタシの最高スコア142です カラブリもカウントしてマス 打ちっぱなし練習するところどこですか」とつづり、キャップをかぶり、白のゴルフウエアにオレンジの上着をまとった姿で笑みを浮かべる写真を投稿。

    絶対領域”の美脚もまぶしいゴルフウエア姿に、ファンからは「ウェアー姿めっちゃ似合って可愛いね」「かわいい」「可愛いコーデ」「キレイな脚線美」「本当にスタイルよくて素敵ですね」「これぞナイスショット」「僕の心にホールインワンです」などと、称賛の声が多数寄せられている。


    志田音々がオフィシャルInstagramを更新した/ ※画像はWEBザテレビジョン タレントデータベースより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【志田音々、“絶対領域”の美脚まぶしいゴルフウエア姿に「可愛いコーデ」「僕の心にホールインワン」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ