芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:映画 > 新作



    解禁される。

     女優の堀田真由が主演を務める映画『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』より、全ての始まりである赤い隕石(いんせき)の落下から幕を開ける予告編が解禁された。

    【動画】『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』 恐怖の予告編が解禁

     本作は、これまでも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!シリーズなどで自身がカメラマンとなり、POV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)で展開する臨場感あふれる映像を届けている白石晃士が監督・編集・脚本を務めるオリジナルPOVホラー劇場版である本作のほか、ドラマオカルトの森へようこそ』も7月22日よりWOWOWにて放送される。

     異界とつながるたたりの森を舞台に、ホラー映画監督の黒石光司(白石)率いる5名が次々と迫りくる恐怖から逃げ惑い、時に立ち向かう。黒石のカメラが恐ろしい出来事を撮り続ける、ノンストップジェットコースターホラーアドベンチャーとなっている。

     黒石(白石)を厳しくも愛情をもって支える助監督の市川美保役には堀田真由オラオラ系の美しきカリスマ金髪霊能者・ナナシ役に飯島寛騎。映画監督・黒石光司のファンであり、恐ろしい体験の発端となる精神錯乱気味の美女・三好麻里亜役に筧美和子行方不明女の子を捜索中に黒石たちと森で出会い、行動を共にする“自称・正義の味方”のスーパーボランティア・江野祥平役を宇野祥平が務める。

     ホラー映画監督の黒石光司(白石)は助監督の市川美保(堀田)を引き連れ、実録映画の撮影のため山奥の家を訪れる。そこには黒石の映画のファンだという精神錯乱気味の美女・三好麻里亜(筧)がいた。彼女は必死に訴える、「私が体験した出来事は、監督の映画の内容そのものなの」と。そして不気味な麻里亜の家で、黒石のカメラが思いもよらぬ現象を捉え始める。事態はより恐ろしく、不可解で危険な方向へと猛スピードで向かっていく。

     次々と恐怖が迫りくる森の中、“スーパーボランティア”の江野祥平(宇野)に助けられ、さらにイケメン霊能者・ナナシ(飯島)も加わり、カメラは絶えず恐ろしい出来事を記録していく。麻里亜を救うため、そして傑作映画を作るため、撮影隊の冒険が始まる。

     全ての始まりである赤い隕石から幕を開ける予告編では、黒石の元に送られてきた映像に映る謎の存在、張り紙だらけの異様な雰囲気を放つ家、うごめく小袋、ポルターガイスト現象、湖から出現する謎の巨大生物カルト宗教団体など、たたりの森で起きるさまざまな怪現象の数々が映し出される。そして、魅力的でクセの強すぎる実録ホラー撮影隊の面々。最終的には、映画を撮りに来ただけなのに、いつの間にか世界を救う決断をする男前すぎる主人公・市川の覚悟を決めた表情で幕を閉じる、本作の魅力をぎゅっと詰め込んだ仕上がりとなっている。

     映画『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』は、8月27日より全国公開(3週限定)&デジタル配信開始。

    映画『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』場面写真 (C)2022WOWOW・KADOKAWA・ひかりTV


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】全ての始まりは赤い隕石――『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』予告解禁】の続きを読む



    公開される。

     女優の清野菜名と俳優の松坂桃李ダブル主演する映画『耳をすませば』の追加キャストとして、山田裕貴内田理央らの出演が発表された。併せて場面写真が解禁された。

    【写真】原作から10年後の杉村&夕子のストーリーにも注目 『耳をすませば』場面写真

     1989年、柊あおい少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画『耳をすませば』。読書が大好きな中学生女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に思いを寄せていく健気な姿が共感を呼び、1995年スタジオジブリアニメ映画化してヒット。本作はそんな伝説的漫画の実写化となる。
     
     漫画・アニメ映画で描かれた中学時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わった。大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李が演じ、中学時代の二人には安原琉那、中川翼が抜てきされた。監督は平川雄⼀。

     この度解禁されたのは、中学時代および10年後の杉村竜也と原田夕子のキャスト情報。

     野球部に所属し、幼なじみである雫へ好意を寄せている杉村と、杉村へ恋心を抱いている雫の親友・夕子。本作では原作で描かれた杉村・夕子の物語の10年後も描かれている。25歳になった杉村を演じるのは山田裕貴、夕子を内田理央が演じる。

     山田は「その10年があるから今が、未来が、輝く。そんな、作品になっているんじゃないかと思います。この作品がどんな形で皆さんに受け取ってもらえるか楽しみです」と、撮影から2年がたち、無事に作品が完成した喜びをコメント

     内田は「夢中になって台本を読ませていただきました。原作から10年後という時代背景なので、平成の懐かしさも感じつつ、成長したみんなの姿にちょっとドキドキしながら撮影をしました」と語っている。

     また、中学時代の二人のキャストも解禁。杉村役(中学生)には『あなたの番です』の荒木飛羽、夕子役(中学生)には映画『糸』の住友沙来というフレッシュなキャストが抜てきされている。

     場面写真は、中学時代の杉村と夕子のあの印象的な場面を切り取った写真をはじめ、25歳となった二人が共に笑顔を見せている2ショット写真も。雫と聖司だけでなく、杉村と夕子が10年の時を経て、どのような物語を紡いでいくのか期待させる写真となっている。

     映画『耳をすませば』は、10月14日より全国公開。

    映画『耳をすませば』場面写真 (C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】『耳をすませば』25歳になった杉村役に⼭⽥裕貴、⼣⼦役に内⽥理央が決定 場面写真も公開】の続きを読む



    ハリウッドデビュー

     主演:ニコラス・ケイジ、監督:園子温ハリウッド映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』に出演し注目の中屋柚香、「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 平和の象徴 に主演する田村心らが所属する芸能プロダクションABP inc.」が、オーディション情報サイト「デビュー」掲載の「2022年ホープに続け!特別オーディション」にて新人を募集している。

    【写真】ABP inc.所属・田村心

     今年さらなる飛躍が期待される次世代タレント・役者・モデルが所属する芸能プロダクションの新人募集を特集する「2022年ホープに続け!特別オーディション」。「ABP inc.」は女性モデルを中心としたモデルエージェンシーとして設立。ファッション誌やCMが中心だった所属者の活動の場が広がるにつれ、ドラマバラエティ、映画などにも進出している。

     実力派女優の貫地谷しほり、同じく女優の小島藤子、ファッション誌の表紙を飾っている人気モデル・田中美保はじめ、テレビNHK「旅するためのイタリア語」に出演の渡辺早織、2.5次元系舞台などで活躍する田村心など、あらゆるジャンルで活躍する役者、モデルが多数所属。個々のキャラクターに合わせてプロモーションをしていく方針。

    ABP inc.所属・中屋柚香


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【園子温ハリウッドデビュー作に出演の中屋柚香、「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 平和の象徴 主演の田村心所属「ABP inc.」が新人を募集】の続きを読む



    コロナに負けない。

    新海誠監督が12月15日、都内で行われた最新作「すずめの戸締まり」(2022年秋全国公開)の製作発表会見に出席した。

    日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービー。新海監督は「ロードムービーですから本来であれば、(ロケハンのために)全国各地に行きたかったが、それもコロナ禍でできない状況。当たり前のことが、当たり前にできるようになればいいなという願いはこめている。渇望にも似た気持ちが、お客さんにも届けばいいなと思う」と話していた。また、「登場人物がマスクをするかしないかも迷った。(コロナを)連想させるものがなくはないが、マスクはほとんどしていない」と明かした。

    最新作「すずめの戸締まり」について、「日本列島をめぐるロードムービーである」「扉を開くのではなく、閉じていく物語」「映画館に足を運ぶ理由になるような作品づくりを目指す」という3つのポイントを挙げた新海監督。プロモーションで全国各地を飛び回った経験を踏まえ「ファンの皆さんに『次は僕の町、わたしの町を舞台にしてください』とよく言われた。今回はちょっと欲張り、さまざまな風景と人々、特別な出会いを描いている」と説明した。

    また、「どんなことでもそうですが、何かを始めるよりも、終わらせるほうが難しい」と語り、「今作るべきは、可能性を開くことではなく、散らかった可能性を見つめて、ある手段で閉じることで、本当に新しい場所を今作るべきじゃないかと思った」と作品のテーマ性に言及。「新しい土地を開くとき、地鎮祭が行われるが、各地でさみしい風景が増えるなか、その逆は何だろうと。ヒロイン主導というよりは、まずは『戸締まり』という発想が先にあった」と振り返った。

    配信全盛の時代にあって、劇場公開へのこだわりも強く「感情移入する、物語に没入するという人間が持っている特別な能力が発揮される場所が映画館だと思う。配信もそうかもしれないが、劇場に足を運んで暗闇で集中することで(特別な能力が)強く引き出される」と強調。「そういうことが実現できる絵づくり、音づくりをしている」と自信を示した。

    作風に関しては「ヒロインが戦うアクションムービーでもある。それも今までとは少し違ったアクションが盛りだくさん」と明かした他、「君の名は。」「天気の子」との関連付けを問われると「アベンジャーズ的なものを期待されるファンの方もいらっしゃるが、そこはそんなに……。過去のキャラクターが登場するかはわからない」と“ユニバース展開”については明言せず。「アニメーションは総合力。ほかでは見ることができない、力のあるアニメーションを届けたいと思っている」と完成への強い思いを語った。

    会見には「君の名は。」の上白石萌音宮水三葉役)、「天気の子」の森七菜天野陽菜役)が駆けつけ、すでに鑑賞したビデオコンテの感想を「めちゃくちゃ面白いです。圧倒されましたし、ストーリーにも魅力がある。これまでの新海イズムを保ちつつ、新たな扉が開かれたようで、ゾクゾクした。明るい明日を信じたくなる、前向きな終わり方」(上白石)、「ゾクゾクして鳥肌が。悩み事が増えていて、その解決法がわからないときもあるけれど、心と心がぶつかれば、どうにか結末はまっている。扉の開き方を教えてくれた」(森)と興奮しきり。新海監督によると、現時点で声優オーディションは始まっておらず、上白石は「さっき、七菜ちゃんに『(オーディション)受けない?』って」。これには新海監督も苦笑いだった。

    すずめの戸締まり」は、2022年秋に全国東宝系で公開される。

    会見には「君の名は。」の上白石萌音(宮水三葉役)、「天気の子」の森七菜(天野陽菜役)が駆けつけた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新海誠監督、最新作「すずめの戸締まり」にコロナ禍の“願い”こめる】の続きを読む



    石原さとみ、愛情注いだ子役・稲垣来泉に贈るアドバイス「“ダメな笑顔”を活かして」
    …瀬尾まいこ氏による小説の実写映画『そして、バトンは渡された』が29日より公開される。血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった森宮優子(…
    (出典:マイナビニュース)


    公開する。

    【『そして、バトンは渡された』公開】の続きを読む

    このページのトップヘ