芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:映画 > 新作


    豪華なゲスト

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/08/26(木) 20:13:30.87

    ニュース 2021年8月25日(水)12:00

    「科捜研の女 劇場版」に俳優の伊東四朗、声優の福山潤が出演していることがわかった。伊藤は沢口靖子演じる榊マリコ(榊は木偏に神)をナンパする老紳士役、福山はキーとなるシーンで現場の状況を伝えるアナウンサーを演じている。

    シリーズ初の劇場版となる本作は、これまで数々の難事件を解明してきた科捜研の面々が、京都、ロンドン、トロントなど世界同時に発生する科学者不審死事件に挑む。

    伊藤が演じたのは、京都の美しい街並みが一望できるおしゃれなカフェで、一人読書をしているマリコをナンパする老紳士というユーモアあふれるキャラクター。沢口とは舞台やドラマで度々共演し、伊東が主演を務めるテレビ朝日系テレビドラマ「おかしな刑事」シリーズでは、2020年に「科捜研の女」とコラボしたことも話題を呼んだ。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://anime.eiga.com/news/114162/


    【【芸能】 「科捜研の女 劇場版」に伊東四朗 福山潤はアナウンサー役「恥ずかしくなるくらい緊張」】の続きを読む


    ホラー映画


    (C)東映

     桃月なしこ寺本莉緒工藤遥が共演するミステリーホラー『ようこそ東映殺影所へ』が8月13日金曜日TVOD配信(デジタルレンタル)が開始。それに伴い本予告と新場面写真が解禁となった。

     映像配信作品ブランド「Xstream46」の第三弾。東京・練馬区に実在する「東映東京撮影所」が舞台。ヤマモト監督がメガホンをとる大ヒットホラー映画『ユガミ』の続編の出演オファーが届いた、売れないアイドルグループウィッシュ」のサキ、カホ、メイ。ヒーローや怪人の撮影現場や、豪華なロケ弁当に大興奮の3人はこのチャンスを絶対ものにする、と決意を新たにするが、この撮影所には、これまで隠されてきたある秘密があった…。

     撮影所ならではのギミックを活かした恐怖要素や、東映作品のファンなら周知のあの場所、あのキャラクターが登場する。

     公開された本予告では、東映の撮影所にいる“何か”によって、ドラマの出演者が次々と襲われ消えていくことが示唆される。テロップで煽られる「アカデミー死演女優賞を賭けた恐怖の賞レース」とは、果たして虚構か現実か? そして東映のドラマが信じられなくなる衝撃の結末とは!?

     また、生々しい血の匂いが漂う戦慄の場面写真も解禁となった。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【桃月なしこ×寺本莉緒×工藤遥、東映殺影所で恐怖体験】の続きを読む



    解禁される

    NO.9567874 2021/06/16 11:07
    吉沢亮&山田裕貴の“マイキー&ドラケン”がハマり役!実写映画『東京リベンジャーズ』タケミチ(北村匠海)との出会いを描くキャラクターPV解禁


    3月に累計発行部数1000万部を突破したばかりで重版に重版を重ね、累計発行部数2000万部超の『東京卍リベンジャーズ』の実写映画である『東京リベンジャーズ』(7月9日に公開)の劇中に登場するキャラクター達の関係性を描いたPV第4弾、主人公タケミチ(北村匠海)と“東京卍會”(トーマン)無敵の総長マイキー(吉沢亮)、熱き副総長ドラケン(山田裕貴)の映像が解禁となりました!

    かっこ良すぎる登場人物たちや、人生にリベンジするため過去に戻るたびに成長を遂げていく主人公タケミチの姿、共に力を合わせ立ち向かう熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」が実写化。

    フリーターとしてどん底の生活を送っていたタケミチは、人生唯一の彼女だったヒナタ(今田美桜)が事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープ。彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘することになる。

    10年前に戻ったタケミチはヒナタの死の原因がヤクザさえ恐れる一大巨悪組織“東京卍會”(トーマン)にあることを知り、トーマンを消滅させるため、総長であるマイキーとの接触を試みる。そして出会ったのは現代のトーマンを統べる男とは思えない、穏やかなマイキーと副総長のドラケン。ひょんなことから2人に気に入られたタケミチは一緒に行動を共にするようになり、あることで彼らと揉めたヒナタに手を上げない姿や、トーマンを熱い絆でまとめ上げ、仲間のために必死になる姿を目の当たりにすることで、タケミチの心は揺れ動く。

    なぜトーマンは一大巨悪組織となってしまったのか? マイキー、ドラケンとの熱い絆、そして2人との出会いによってタケミチの運命がどう変化するのか、ぜひ映画館で確かめてください!

    今回、タケミチ、マイキー、ドラケンの新規場面写真とPVが解禁! 原作でも描かれているあの名シーンを観ることができます!


    ・映画『東京リベンジャーズ』キャラクターPV(タケミチ×マイキー×ドラケンver.) 2021年7月9日(金)公開
    https://youtu.be/-Wr0pA97xAg

    映画『東京リベンジャーズ』2021年7月9日公開

    【STORY】
    「これは、オレの人生のリベンジだ!」
    ヘタレ男子のタケミチが、人生唯一の彼女〃ヒナタを救うため、熱い仲間と共に現在(いま)を変える!!
    人生唯一の彼女だったヒナタが、事故に巻き込まれ命を落とした―
    不良だった高校までの絶頂期から一変、今はどん底生活を送るタケミチが高校時代へタイムリープし警察も手に負えない最凶の組織“東京卍會”へ潜入。
    出会った熱い仲間たちと共に、彼らの暴走を止められるのか!?
    ヒナタを救い逃げ続けた人生を変えるタケミチのリベンジが今、始まる!

    映画『東京リベンジャーズ』おうちでプレミアムナイト!アーカイブ配信 URL:https://youtu.be/SkX8UY47Tc0
    ※アーカイブ配信期間:2021 年 8 月 31 日(火)まで

    ◇原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)
    ◇監督:英勉
    ◇脚本:髙橋泉
    ◇出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮
    ◇主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
    ◇配給:ワーナー・ブラザース映画
    (C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
    ◇公式サイト:tokyo-revengers.jp[リンク]
    ◇公式 Twitter:@revengers_movie #東京リベンジャーズ
    ◇公式 Instagram:@revengers_movie

    【日時】2021年06月16日
    【提供】オタ女
    【関連掲示板】

    【吉沢亮&山田裕貴の“マイキー&ドラケン”がハマり役!実写映画『東京リベンジャーズ』タケミチ(北村匠海)との出会いを描くキャラクターPV解禁】の続きを読む


    映画に出演

    映画『シノノメ色の週末』が2021年秋に公開されることが決定した。

    『シノノメ色の週末』は、桜井玲香が映画初主演を飾る作品。桜井は、2012年乃木坂46一期生としてデビューし、グループ初代キャプテンも務めた。2019年9月に同グループを卒業してからは、女優として活動している。

    本作で描かれるのは、20代となり、母校・篠の目女子高校の校舎で数年ぶりに集まった、3人の元シノノメ放送クラブメンバーの物語。彼女たちは、かつての女子校生活を思い出しながら、互いに現在の不満をぶつけあい、週末の度に何度も校舎を訪れるようになる。

    桜井玲香が演じるのは、高校時代に読者モデルだった大月美玲。現在もモデル事務所に所属しているが、その仕事は順調とはいえない。媚びるのが苦手で、黙っていれば「可愛い」とよく言われるという人物だ。

    また、今泉力哉監督『mellow』などへの出演で知られる岡崎紗絵が、放送クラブの元部長で、現在は大手広告代理店子会社で働く「まりりん」一ノ宮まりを演じる。さらに、NHK連続テレビ小説『おちょやん』で知られる三戸なつめが出演。三戸は、写真家を目指していたが挫折し、実家暮らしで教育関連の事務職として働く「アンディ」こと安東雅美を演じる。そのほか、まりりんの仕事仲間で広告代理店プランナー・上川龍之介役で工藤阿須加、『ミスiD 2019』グランプリの中井友望が篠の目女子高校最後の学生・杉野あすか役、山田キヌヲがパタンナー・酒井役で出演している。メガホンをとったのは、本作が長編商業映画デビュー作となる穐山茉由監督。

    主演の桜井、共演の岡崎、三戸、穐山監督のコメントは以下のとおり。

     

    桜井玲香

    撮影期間は短くも、とても濃い時間でした。

    岡崎紗絵ちゃん、三戸なつめちゃんのお二人がとても素敵な方々でずっと笑っていた気がします。

    映像にもその様子が表れていて、観てくださった方にも伝わるんじゃないかと思います。

    映画初主演、ということでどうなることかと不安もありましたが、

    やはり周りの方々に沢山支えていただき、みんなで一緒に作品を作れたことが不安より、楽しい記憶となりました。

    クラブメンバーで夜中にスタンバイして東雲を見に行くシーンがあったのですが、とっても力強い光景で感動した事を今も鮮明に覚えています。

    この映画を観終えた時、フッと肩の力が抜けて楽になった・・・。

    皆さんにとってそんな作品になれば嬉しいです。

     

    岡崎紗絵

    女子高生時代に戻ったかのような気持ちで、とても楽しく撮影していました。

    桜井玲香さん、三戸なつめさんとは、すぐに仲良くなれて、お二人ともとてもお話ししやすく、終始和やかな雰囲気の現場でした。

    過去の関係性から大人になった今の関係へ。

    変わったところもあれば、変わらずにいるところもあって、三者三様のキャラクターでみんな違うけれど、

    放送クラブでの繋がりが強くあったからこそ大人になっても一緒に関係を続けられるのだと思います。

    大人になった三人の関係性の変化は見どころです!

    学生時代に心を巻き戻して青春に浸って観て頂ければと思います。

     

    三戸なつめ

    私は、カメラが好きでオタク気質な「アンディ」こと安東雅美を演じさせて頂きました。

    アンディは常にワクワクすることを考えている子で、演じていてすごく楽しかったです!

    3人での撮影期間はとても居心地が良くて、本当に学生に戻った様な懐かしい気持ちでした。

    見所は3人が誰もいない学校で好き放題するところ(笑)

    いけないことしている時ってなんであんなにニヤニヤしちゃうんだろうってくらいみんな楽しそうなので表情にも注目して見てほしいなと思います!

     

    穐山茉由(監督)

    私自身女子校出身なのですが、平和で力が抜けていて、世間知らずな女子校の独特な雰囲気を今になって愛しく思うことがあります。世間でイメージされがちな女同士のドロドロした戦いからはちょっと距離を置いて、大人になって漠然とした悩みの中にいる元放送クラブ3人の空気感を大切に描きました。主演の桜井さんの持つ真っ直ぐさと器用でいて不器用な人間らしさが、美玲というキャラクターに命を吹き込んでくれました。観てくれた方へ彼女たちの魅力が届きますように。

     

    『シノノメ色の週末』は今秋、全国ロードショー

     

     

    映画『シノノメ色の週末』


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【元乃木坂46・桜井玲香が映画初主演 岡崎紗絵・三戸なつめ共演『シノノメ色の週末』公開が決定】の続きを読む


    それは杉咲花氏です

     今冬公開予定の松本潤主演映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」のヒロインに女優の杉咲花が決定したことが公式サイトの発表で明らかになった。

     今回の劇場版は16年と18年に放送され、人気を博したドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系)の続編。16年の「SEASON I」では榮倉奈々が、18年の「SEASON II」では木村文乃ヒロインを演じていた。

     杉咲が演じるのは司法修習を終えたばかりの新米弁護士・河野穂乃果。杉咲は公式サイトで「もともと拝見していた好きな作品で、私も現場に参加してみたいなという思いがあったので今回お話をいただけてすごく嬉しかったです」とコメント。「何年もかけて過ごされてきたチームの中に参加する緊張感もありますが、『99.9』という作品のテンポ感や温度感を自分なりに汲み取って、楽しみながら頑張りたいと思います」と意欲を語った。

    「今年2月に映画化決定が特報映像とともに発表された際、新ヒロインは誰かとネットで予想が白熱しました。というのも当初解禁されたビジュアルは、タイトルロゴに主演の松本、共演の香川照之、そして女性のシルエットが重なったものだったからです。予想で挙がった女優たちは戸田恵梨香北川景子比嘉愛未黒木華有村架純など。しかし、特報映像に隠されていた『1=7 II=23 M=87』というキーワードから7は榮倉“奈々”、23は木村“文”乃、そして87は名前に“はな”が入る人物ではないかと予想され、杉咲が有力視されるようになりました。結果的にその通りとなり、正解でネットが盛り上がったようです」(芸能記者)

     ネットでは《花ちゃんの新人弁護士役、楽しみです。前のヒロインの方たちより、ずっと若いですが、花ちゃん存在感・演技力もあるので、期待しています》《杉咲花ちゃん、上手だし可愛い! 楽しみです》などと期待の声が集まったほか、《やはり予想通りでした!個人的に榮倉奈々がよかった‥‥でも楽しみにしてます》《楽しみです。榮倉奈々さん、木村文乃さんも、ちらっと出てくれると嬉しい》といった歴代のヒロイン登場を期待する声も。

     無事に最終回を迎えたNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」では圧巻の演技力を世に知らしめた杉咲。映画ではどのような演技を見せてくれるのか、歴代ヒロインの登場はあるのか、期待は高まるばかりだ。

    (柏原廉)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【松本潤主演「99.9」劇場版、謎の女性シルエットはやっぱりあの女優だった!】の続きを読む

    このページのトップヘ