芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:映画 > 新作


    スゴイです。

    1 ギズモ ★ :2022/12/20(火) 19:45:24.47ID:q56ZW9Us9

    (出典 pctr.c.yimg.jp)


    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の全世界週末興行収入は4億3500万ドル(約591億円)でスタート コロナ禍以降で第3位のオープニング記録
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221219-00000006-ignjapan-movi

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が公開され、北米の週末興行収入では1億3400万ドル(約182億円)、全世界合計は4億3500万ドル(約591億円)と、堂々たる成績を収めた。

    Varietyが報じたところによれば、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』はコロナ禍に公開された映画のオープニング週末における世界興行収入で、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の6億ドル(約815億円)、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の4億4200万ドル(約600億円)に次ぐ3位の座を確かなものにした。

    北米に絞れば、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は『THE BATMAN-ザ・バットマン-』と並び、2022年のオープニング週末興行収入ランキングで5位となった。前作の『アバター』を含むジェームズ・キャメロンの映画は、スタートこそゆっくりだが、翌週、そして翌々週と、徐々に売り上げを伸ばしていくことが多い。

    2009年に公開された『アバター』の北米興行収入も、初週末はたったの7700万ドルだったが、最終的には7億6000万ドルまでその売り上げを伸ばし、全世界合計では29億2000万ドルとなり、世界興行収入1位に君臨している。

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は北米以外で3億100万ドル(約409億円)を稼いだが、「1作目が1億1600万ドルを稼いだ」ロシアでは上映されないことを踏まえると、前作と同じような高みまで上り詰めるのは難しいことが予想される。中国もまた前作の成功に大きく貢献した巨大市場であるものの、続編の初週末興行収入は予想を下回り、たったの5710万ドル(約78億円)にとどまった。

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』のチケット購入者の62%は、IMAXなどのプレミアムフォーマットで映画を鑑賞したようで、IMAXだけに絞っても全世界合計で4880万ドル(約66億円)の売り上げを達成している。これは、IMAXの週末興行収入史上2位の成績であり、12月公開の作品としては史上最高となっている。

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が興行収入を今後どれだけ伸ばすことができるのか、そして3億5000万ドル(約476億円)にも及ぶ製作費や、莫大な宣伝費をどれだけ越えることができるのか、注意深く見守りたいものだ。キャメロンによれば、この映画が利益を上げるためには歴代3位か4位の世界興行収入が必要だという。

    なお、北米週末興行収入の2位は、公開から5週間に渡って1位に君臨し続けてきた『*パンサー/ワカンダ・フォーエバー』となっており、540万ドル(約7340万円)の売り上げを達成した。同作品は現在、北米で4億1800万ドル(約568億円)、海外で3億6700万ドル(約499億円)、全世界合計で7億8650万ドル(約1069億円)までその興行収入を伸ばしている。

    関連記事
    『アバター』最新作が世界同時公開、日本以外全部1位の反響
    https://www.oricon.co.jp/news/2261413/full/

    【【映画】『アバター』最新作の全世界週末興行収入は4億3500万ドル(約591億円)でスタート 日本以外のすべて(135カ国・地域)で1位に】の続きを読む



    「シティーハンター」日本初の実写映画化&鈴木亮平が冴羽リョウ役!Netflixで24年全世界配信
     漫画家・北条司の代表作「シティーハンター」が、鈴木亮平主演で実写化され、Netflix映画『シティーハンター』として2024年に全世界配信されるこ…
    (出典:シネマトゥデイ)


    Netflix映画『シティーハンター』として2024年に全世界配信される。

    【【芸能】「シティーハンター」日本初の実写映画化&鈴木亮平が冴羽リョウ役!】の続きを読む


    解禁される。

    1 jinjin ★ :2022/12/03(土) 18:10:06.70ID:m6/hrh739
    キーワードは“孤高” ヒロイン・浜辺美波の『シン・仮面ライダー』ティザーポスター第1弾が解禁


    池松壮亮が主演し、23年3月に公開する映画『シン・仮面ライダー』より、浜辺美波演じるヒロイン・緑川ルリ子が登場するポスタービジュアル「孤高ver.」が解禁された。


    1971年『仮面ライダー』放送から50周年の記念日となる2021年4月3日に、製作および2023年3月の公開が発表された『シン・仮面ライダー』。
    脚本・監督には、大ヒット作品を送り出し続けている庵野秀明、主人公・本郷猛/仮面ライダーには池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子には浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号に柄本佑を迎え、新たなオリジナル作品として制作されている。


    今回解禁されたのは、『シン・仮面ライダー』の新しいティザーポスター2(孤高ver.)。
    5月に解禁された、仮面ライダーとサイクロン号で構成されたティザーポスターから一転、今回はメインキャストである浜辺美波演じる緑川ルリ子が振り返り、何かを見つめているような顔をしているドラマ性を感じさせるポスタービジュアルとなっている。


    そして、デザインには、「言ったでしょ。私は用意周到なの。」という彼女のセリフと、「孤高」という文字が大きく書かれ、『シン・仮面ライダー』の物語やルリ子のキャラクターの一端がうかがえるようなポスターとなっている。

    このポスタービジュアル以外にもあと2種類、計3種類のティザーポスターが本日12月3日より映画館で掲出される。
    残り2種のビジュアルは、明日、明後日と解禁される予定だ。
    また、3種類のビジュアルを使用したティザーチラシ2も本日より全国の映画館に設置されている。

    映画『シン・仮面ライダー』は、2023年3月公開。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4702717e298b9898dee918b462697de3eb3d578

    (出典 i.imgur.com)

    【【芸能】映画『シン・仮面ライダー』 ヒロイン・緑川ルリ子役に浜辺美波、ポスタービジュアル解禁】の続きを読む


    ドラえもんの声優は世代交代した。

    1 muffin ★ :2022/11/07(月) 16:34:49.27ID:3MprKiN19
    https://magmix.jp/post/119924
    2022.11.07


    2022年11月4日、来月に公開が予定されている『SLAM DUNK』の新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』の声優がTVアニメ版から変更されることが明かされました。その直後から各SNSでは旧来のファンによる悲痛な投稿が相次ぎ、ショックを受けた方が大勢いることが明らかになりました。なぜ声優交代に否定的な意見が多かったのでしょうか?

    中略

    声優の交代自体は珍しい話ではありません。先日、2年にわたる再アニメ化を終えた『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は1991年に1度目のアニメ化が行われていますが、新作では新たな配役が行われ、特に問題なくファンにも受け入れられています。

    これは「1話から全編リメイク」という違いとあわせ、第1作で主人公のダイ役を務めた藤田淑子さんが2018年に惜しまれつつも他界されたことも、大きな要因のひとつとなっているでしょう。再び演じてもらいたくても、どうにもなりません。なお、藤田さんは2019年に発売されたゲーム『JUMP FORCE』でダイ役を演じており、これが遺作となっています。収録は2018年と思われるので、足掛け27年にわたりダイ役を演じてくれました。

    対して『SLAM DUNK』はTVアニメ版の桜木花道役・草尾毅さん、流川楓役・緑川光さん、赤木剛憲役・梁田清之さん、宮城リョータ役・塩屋翼さん、三井寿役・置鮎龍太郎さんの5人全員が現役で活動しています。塩屋さんは講師や音響監督へと仕事が移行しているようですが、今もたまにですが声の仕事もされているようです。

    また、声優交代が発表される前から前売りチケットの販売が開始されていたこと。現在千葉テレビやテレビ愛知などでTVアニメの再放送が行われ、過去の記憶が呼び覚まされた方が多かったことなど、さまざまな理由から否定的な意見がSNS上に数多く投稿されてしまったと思われます。

    アニメは映像とストーリー、音声で構成されていますが、このなかで最も強く心に刻まれるのは「音声」です。子供の頃に見たアニメのストーリーは忘れてしまっても、オープニングやエンディング、キャラクターたちの声はいつまでも心のなかに残り続けています。

    中略
    とはいえ、さまざまな事情から声優の交代をしなければいけないことが多いのもまた事実です。

    全文はソースをご覧ください

    【【アニメ】新作映画『スラムダンク』声優交代にファン激怒の理由 炎上を避けるにはどうすべきだったか】の続きを読む



    来年ですね。

     東宝は11月3日映画『ゴジラシリーズの最新作が製作決定したと発表した。

     公開日時は2023年11月3日(金)となっている。


     今回の発表では無骨な「G」の文字と公開日時が記されたメインビジュアルのほか、本作の監督を山崎貴が務めるという情報が明かされている。

     山崎貴氏はALWAYS 三丁目の夕日アニメ作品宇宙戦艦ヤマトの実写版であるSPACE BATTLESHIP ヤマトドラゴンクエストV 天空の花嫁ベースとした3DCGアニメ映画ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の監督として知られている。

     人気漫画やアニメゲームの映像化を手掛ける監督として知られる一方、同氏はCMや映画でのミニチュア製作からキャリアをスタートし、伊丹十三監督作ではSFXデジタル合成を担当した。

     また、ジュブナイル映画として親しまれる同氏の代表作『ALWAYS 三丁目の夕日』でも、ミニチュアやVFXを駆使して再現した昭和30年代の町並みが評価されている。このように「特撮」の周辺技術と密接な山崎貴氏が制作する新たなゴジラに要注目だ。

     ちなみに、本発表は3年ぶりに現地開催された『ゴジラシリーズイベントゴジラフェス 2022」にあわせて発表された。イベントの模様はYouTubeにて配信されている。

     新作のゴジラの続報は『ゴジラ』シリーズの公式Twitterアカウントをフォローして待とう。

    ゴジラ / Twitterはこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】映画『ゴジラ』シリーズの最新作が製作決定。監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』で知られる山崎貴氏が担当。公開日は2023年の11月3日(金)】の続きを読む

    このページのトップヘ