芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: TV・ラジオ・CM


    ツイートされる。もしかして、心霊現象?

    テレビスタジオ(ozanuysal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    12日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、スタジオの”ある異変”が視聴者のあいだで話題に。セットの裏に隠れていた怪しい影とは…。


    ■スタッフによるサプライズ演出

    ゲストに女優の石原さとみを迎え、始まった2時間SP。番組中盤、しゃべくりメンバーと石原の「間違い探し」対決で盛り上がる。

    過去の石原の写真集を題材に「加工なし」「加工あり」のそれぞれを比較し、間違いを指摘できた数を競う展開に。なかなかの難問ながら全てのゲームを終えると、突然スタッフから「今日のこのセットの中にオープニングから、ずっとある間違いが」とのカンペが。

    これに、「ええ」「何…?」とどよめくメンバーセットの隅々をそれぞれが探していると、カーテンに近づいた堀内健がその裏に隠れていた”人影”を発見。


    関連記事:渡部建、『ガキ使』での復帰報道 本当なのか所属事務所に聞いた

    ■序盤からのぞいていた人物は…

    その人影は、堀内に見つかるとすぐに身を隠し、セットの裏からゆっくりと回り込んでくる。「怖い怖い」とスタジオに緊張が走るなか、なぜか息を切らした俳優の袴田吉彦が登場。

    「どういうこと?」と驚くスタジオメンバーに向けて、「正解は『袴田吉彦がずっとセットの奥でのぞいていた』です」と発表する。どうやら番組序盤から、ずっと隠れていたようだ。

    番宣でもなく、石原と共演しているわけでもないという袴田。登場理由が最後まで明かされない謎展開となった。


    ■「誰かいる」との声多数

    番組終盤にようやく”正体”が分かったものの、種明かしがされるまで、ツイッター上では「さとみちゃんをずっと見てる人がいる」「泰三さんの後ろに誰かいるんだけど」「怖くて内容が入ってこない…」とさまざまな指摘が上がっていた。

    袴田が登場すると、ネット上では「何で袴田さんなの?」「これだけのために登場…扱いが雑すぎて面白い」「顔が疲れてる」と相次ぐツッコミの声が。

    いつものセット」と「今回のセット」の違いを、メンバー総出で探すという大掛かりな展開となった今回の放送。ちなみに、はじめから袴田だと気づいていた視聴者もいたようだ。

    ・合わせて読みたい→渡部建、『ガキ使』見送り報道に賛否  「厳しすぎる」「そこまでの人だった」

    (文/しらべぇ編集部・清水 翔太

    『しゃべくり』放送中の違和感に指摘ツイート相次ぐ 「誰かいる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『しゃべくり』放送中の違和感に指摘ツイート相次ぐ 「誰かいる」】の続きを読む


    いろいろあります。

    マツコ・デラックス

    12日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックス村上信五テレビ業界のコンプライアンスについて語った。


    ■1年ぶりにセットが復活

    1年ぶりにセットが復活し、10人の観客を入れての収録となった今回の放送。ソーシャルディスタンスを保った形ではあるが、マツコと村上のテンションは普段よりも高めに見えた。

    そんなか、話題はコンプライアンス問題に。マツコは「なんか、洒落がきかなくなってきたよね、ホントに」と嘆く。村上も「そこやねん。冗談が通じひんもん」と同調した。


    関連記事:マツコ、『月曜から夜ふかし』で唯一の望みを告白 内容に共感の声

    ■コンプライアンスに持論

    さらにマツコは「1年も経っちゃうとさ、お客さんイジリもどこまでやったらいいかわかんないわよ。全部なんとかハラスメントかつくわよ、私の発言は」と話す。

    村上は「ブスもアカンねんでだから」とツッコミを入れ、「ホントに気をつけないと、もうブスなんて大変よ」と応じるマツコに「ここはずっとこの感覚やん」と危機感をにじませる。マツコは「いやいやでも、これだって見てる人が不愉快ですって言ったらダメなのよ」と同調した。


    ■ジェンダー論にも言及

    さらに村上は、「これを真似しましたっていう子が出てきたらアカンねんな」と話し、マツコも「そう、子供たちが真似しますって」と応じる。

    そして「レディースアンドジェントルマンがダメになったんだよね。私オカマですけど、レディースアンドジェントルマンって言われて、『なんでオカマって言わないのよ』って思わないからね」と、ジェンダー論にも言及。村上も「思わんよなあ」と同調した。


    ■ギリギリで奮闘する『夜ふかし』

    TV業界ではコンプライアンス遵守の流れが進み、昭和から平成初期のようなバラエティ番組での「イジり」や過度な演出は、姿を消しつつある。そのようなことから、「TVがつまらなくなった」という声も少なくない。

    しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女2,168名に実施した調査では、ほぼ全ての世代で「多少の演出があってもいい」と回答した人が、5割を超える結果となっている。

    バラエティ番組演出

    コンプライアンスが厳しくなるなか、奮闘している感がある『月曜から夜ふかし』とマツコ・村上。これからもギリギリのところで、視聴者を楽しませてもらいたい。

    ・合わせて読みたい→マツコ、アウトドア派に「印象はバカ」と持論 飯盒カレーも「店のほうが美味い」

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年7月3日2020年7月7日
    対象:全国20代~60代の男女2,168名 (有効回答数)

    『月曜から夜ふかし』マツコ、テレビ番組の現状に嘆き 「洒落利かなくなった」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『月曜から夜ふかし』マツコ、テレビ番組の現状に嘆き 「洒落利かなくなった」】の続きを読む


    漫画が大好き

    【元記事をコミックナタリーで読む】

    4月15日放送の「アメトーーク!」では、マンガを愛する芸人たちが大好きな作品について熱く語り合う「マンガ大好き芸人」と題した企画が展開される。

    【大きな画像をもっと見る】

    番組にはケンドーコバヤシバカリズム川島明麒麟)、山内健司(かまいたち)、濱家隆一(かまいたち)、太田博久ジャングルポケット)が登場。マンガ好きとして知られる女優の広瀬アリスゲストとして参加し、山内は自身のある意見に同意した広瀬と作品の好みが似ていることを知り「本物や!」と驚嘆する。またフリップに書ききれないほど多くの作品をピックアップした山内がその中から選んだ“意外”な1冊や、自分の好きなマンガを読んでほしいがために“やらかしてしまう”というバカリズムの失敗談についてもトークが繰り広げられる。さらにメンバーそれぞれの趣味嗜好が明らかになる中、マンガ知識に疎いMCの蛍原徹は「今回こそは買って読む!」と宣言。果たして蛍原が選んだ作品とは。「アメトーークマンガ大好き芸人」は、4月15日23時25分よりテレビ朝日系24局でオンエアされる。

    (c)テレビ朝日

    「アメトーーク! マンガ大好き芸人」より。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「アメトーーク!」でケンコバ、かまいたち、広瀬アリスらのマンガ愛が炸裂】の続きを読む


    順調なスタート

    モデルプレス=2021/04/12】女優の広瀬すずと嵐の櫻井翔がW主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「ネメシス」(毎週日曜よる10時30分~)が、11日に放送スタート。初回放送は、個人視聴率6.2%(世帯視聴率11.4%)を叩き出す、スタートとなった。

    【写真】広瀬アリス&すず、コスプレでバブル全開「美人姉妹」「最高」

    ◆「ネメシス」日テレ日曜ドラマ初回視聴率、過去5年で1位

    世帯視聴率11.4%は、日本テレビ制作の日曜ドラマの過去5年間で最高の視聴率となる(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    これは、日本テレビ制作ドラマとしては、2016年の1月クール以降、実に5年ぶりの好視聴率(YTV制作の「極主夫道」は除く)。日曜ドラマ枠は、これまで「今日から俺は!!」(2018年10月クール放送)「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(2019年1月クール放送)「あなたの番です」(2019年4月クール放送)など社会現象となった話題のドラマを放送してきた。それらを抑えて、「ネメシス」の初回放送視聴率が歴代1位となり、今後の展開に期待が高まる。

    放送前から、練りこまれた「謎解き」やメインテーマ曲を使用した「特別予告」、総勢80名を超える出演者が掲載されている「細かすぎる全体相関図」(公式HPに掲載)など、放送前から視聴者らによる推理、結末予想が拡散する盛り上がりを見せていた。

    放送中にも、Twitterのトレンド1位を獲得し、多くのファンから「アンナ広瀬すず)がカワイイ」「風真(櫻井翔)が思った以上にポンコツでウケるw」「映画みたいなクオリティ」「次回が楽しみ」という声も寄せられた。

    広瀬すず櫻井翔の凸凹バディが誕生

    同作は、広瀬演じる天才助手・美神アンナと、櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希の凸凹バディが、探偵事務所ネメシスに舞い込む難事件を次々と解決していくミステリー。ネメシスの社長であり探偵歴30年のベテラン・栗田一秋を演じる江口洋介のほか、豪華俳優陣が出演している。(modelpress編集部)


    Not Sponsored 記事】

    広瀬すず、櫻井翔(C)日本テレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【広瀬すず&櫻井翔「ネメシス」、初回視聴率が「3年A組」「あな番」超え】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)


    次の『相棒』はどうなるのかな?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/12(月) 05:21:02.51

     シーズン19が終了し、『相棒ロス』に陥っている人もいるのでは?開始から21年という長きにわたり、高視聴率を誇り続けるドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。水谷豊演じる杉下右京とさまざまな事情を背負う“相棒”との秀逸なストーリーが、多くの人の心をつかんできました。そんな次の『相棒』を、ファンのみなさんに大胆予想してもらいました!

    もはや恒例! 次の「相棒」は誰だ!?
     3月17日にドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン19が最終回を迎えた。同作は2000年に2時間の単発ドラマで放送されて人気を博し、その後連続ドラマ化、映画化、スピンオフ映画など幅広く展開。20年ものあいだ多くのファンを魅了し続けている。

    『相棒』は、水谷豊演じるキレ者すぎて警察組織内で疎まれている警視庁特命係の警部・杉下右京が事件に首を突っ込んで、勝手に解決する刑事ドラマ。英国紳士な振る舞いをする“右京さん”とともに捜査に奔走する“相棒”とのやりとりが見どころだ。

     初代相棒の亀山薫(寺脇康文)を筆頭に、2代目神戸尊(及川光博)、3代目甲斐享(成宮寛貴)と代替わりをして、反町隆史が4代目相棒の冠城亘を6年間演じている。

    『相棒19』のラストで冠城の卒業は発表されなかったが、シリーズが終了するたびに“次の相棒は誰か”という考察がファンのあいだで盛り上がり、もはや風物詩となっている。テレビ朝日関係者は相棒選びについてこう明*。

    「相棒の選定は、水谷豊さんの意向をうかがいつつ、ドラマに深みが出る人物を選ぶ傾向があります。偶然にも男性の相棒が続いていますが、もちろん女性も対象になります。ただ、人気作というプレッシャーやシーズンが続くと拘束期間が長くなるなど、ハードルが高い仕事なのも事実。引き受ける側も慎重にならざるをえない事情はありますね」

     性別や年齢を問わず、人気作の重圧に打ち勝ってスケジュールの調整もできる人物……凶悪犯を探し出すレベルの難問かもしれない。

     そこで今回はシーズン19の終了を記念して、相棒を愛するファンたちに「次の相棒」を大胆妄想、もとい大胆予想してもらった。

    脳筋系→知的系、繰り返しの法則
     まず名前が挙がったのが、子役出身の若手俳優・神木隆之介だ。

    「ちょっと若すぎるかもしれませんが、優しくて素直な印象がある神木クンからは実直な“亀山イズム”を感じます! ただ、初代は頭脳担当の右京さんと体力担当の亀山というバランスでしたが、神木クンの場合は文系のバディになりそうですね」(40代/女性)

    https://news.livedoor.com/article/detail/20007982/
    2021年4月11日 16時0分 週刊女性PRIME


    (出典 Youtube)

    水谷豊さん / カリフォルニア・コネクション


    【【芸能】『相棒』水谷豊の“5代目相棒”は誰だ?人気俳優にジャニーズ、女性候補まで大胆予想!】の続きを読む

    このページのトップヘ