芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    復帰する。

    1 尺アジ ★ :2023/01/29(日) 09:54:20.40ID:dOz4ayZF9
    元日本代表MF香川真司(33)がベルギー1部シントトロイデンを退団し、古巣のC大阪に復帰することが28日までに決定的となった。複数の関係者が明かした。香川は10年夏にC大阪からドイツ1部ドルトムント入りし、イングランドの名門マンチェスターUなど6カ国でプレー。実に12年半ぶりのJリーグ復帰となる。地元メディア「HBVL」も同日、Jリーグに復帰すると報じていた。

    【写真】C大阪時代の香川真司…またこの姿が見られる

     ギリシャ1部PAOKを退団して昨年1月にシントトロイデンに加入した香川は、2季目を迎えた今季はリーグ戦12試合に出場して2得点。昨年11月には慢性的な痛みを抱えていた足を手術した。リハビリを終えて今月に復帰し22日ヘント戦でベンチ入りしていた。

     C大阪は昨季J1では5位と躍進し、ルヴァン杯は準優勝、天皇杯8強。復帰するレジェンドとともに17年の2冠(ルヴァン杯、天皇杯)以来となるタイトル奪取を目指す。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    1/29(日) 2:00
    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e1c1d20e06c9cb2a1c307abcda1bcc4f26deda9

    ※関連スレ
    【サッカー】香川真司、シント=トロイデン退団か 「日本のJリーグ復帰」とベルギーメディア報道 [首都圏の虎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674890798/

    【【香川真司】古巣C大阪復帰決定的! 12年半ぶりのJリーグ復帰へ】の続きを読む


    日本の監督になるのかな?

    東南アジア諸国の王者を決めるAFF三菱電機カップ東南アジアサッカー選手権)は、29日にグループステージ第4節が行われた。

    本田圭佑ジェネラルマネージャーとして実質的な監督を務めているカンボジア代表は、ここまで1勝1敗という成績。

    1位のタイ、2位のインドネシアが試合前の段階で勝ち点6となっているため、残り2試合で少なくとも2勝しなければグループ突破は難しい状況だった。

    そして臨んだ29日のブルネイ戦。力でかなり劣る相手ということもあってメンバーを変えて臨んだものの、なかなかペースを握れず。

    さらに21分にはコーナーキックからブルネイに先制点を許してしまい、かなり難しいスタートになってしまった。

    31分には3バックの一角を務めるサムバトが右サイドを突破してチャンスを作り、そのクロスを3バックの中央で出場のチャンチャフがヘディング。ディフェンダー同士のコンビネーションで同点ゴールを奪取する。

    そしてハーフタイムに前線を2枚入れ替えて臨んだ後半は、流れが大きく変わっていく。

    49分に裏への飛び出しを成功させたアメリカ出身のカンボジア代表FWニックテイラーがPKを奪い、自らそれを決めて2-1と逆転。

    さらに73分にはソクペン、80分と88分にはピソスが追加点を奪い、終わってみれば5-1とカンボジアが見事な逆転勝利を飾った。

    他会場ではインドネシアとタイの試合が1-1と引き分けに終わったため、カンボジア1月2日に行われるタイとの試合で勝利すれば決勝トーナメント進出が決定する。

    【写真】Jリーガーも入ってる…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

    タイ:勝点7

    インドネシア:勝点7

    カンボジア:勝点6

    フィリピン:勝点3

    ブルネイ:勝点0(全試合消化)

    本田圭佑のカンボジア、逆転勝利!アメリカ出身のドリブラーが活躍


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】本田圭佑のカンボジア、逆転勝利!アメリカ出身のドリブラーが活躍】の続きを読む


    鉄分補給した。

    1 チミル ★ :2022/12/29(木) 21:50:59.83ID:pIrfAbfg9
    岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」を愛用している姿が話題となったサッカー日本代表の田中碧選手(24)に対し、県は28日、感謝状と鉄瓶を贈呈した。県南部鉄器協同組合連合会も鍋やフライパンを贈った。

    田中選手はドイツ2部リーグに移籍した昨年、現地で鉄分がとれる食材が少ないのが悩みだった。そこで南部鉄器の鉄瓶を使い始めたところ、血液検査の数値が改善したという。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/worldcup/20221228-OYT1T50195/

    【【サッカー日本代表】ドイツで鉄分補給に利用、「南部鉄器」を愛用した田中碧に岩手県が感謝状】の続きを読む


    期待の星なのかな。

    1 マングース ★ :2022/12/25(日) 11:01:34.06ID:hvj4P4Xr9
    アルゼンチン優勝でW杯は幕を下ろした。史上最高と言われる決勝はもちろん、
    ベスト8以降の戦いは熱くハイレベルで日本のベスト16敗退は妥当だったと感じさせる。
    特に日本が敗れたクロアチアは、準々決勝ブラジル戦で見せた内容は日本戦のそれとは全くギアが一段違った。

    まだまだ世界との差は確実にあり、我々が目撃したものは新しい景色ではなくこれまでと同じ境地に過ぎない。
    あと数分で乗り越えられたかに見えた壁は想像よりも高く、まだまだ真摯に挑戦しなくてはならないだろう。

    ◆「森保監督だからこそベスト16の壁を一緒に越えたかった」
    1次リーグでドイツ、スペインという優勝経験国に勝利し、全体で9位というFIFAからの最終結果も出た。賞賛すべき戦いぶりではあった。

    だが、日本戦をあらためて振り返ると、疑問が残ることは多い。
    例えば、クロアチア戦では守らなくてはいけない時間帯にボールを放り込んでもキープできず、
    大迫勇也の存在の大きさを思わせたし、延長戦になり交代カードに苦慮している様子がうかがえた時は原口元気や旗手怜央がいれば解決するようにも見えた。

    さらに、南野拓実という10番の存在にはあらためて疑問符をつけなくてはならないだろう。
    W杯ではスペイン戦を除く3試合に途中出場したがトータルで58分の出場時間に止まっている。
    クロアチア戦で最後に勝敗を決したのがPK戦で、その一番手に南野が名乗り出た経緯は多くのところで報じられている。
    立候補制で順番を決めていき、南野はその一番手に自ら手をあげたがキックを外してしまう。
    南野や、同様に外した三苫薫らも号泣した。
    試合後のロッカールームでは長友佑都に「次の未来につなげろ。問題ない」
    「顔上げて帰れ。勇気あるなマジで。俺は蹴れん。マジありがとう。めっちゃ楽しかったな」などと声をかけられた様子がJFATVの動画にも映し出されている。
    PK戦という、キッカーとGKしかいない戦いに失敗したことで、全ての責任を背負ってしまったような悲壮感で、
    試合後のミックスゾーンでは一言も発さずに通り過ぎた。
    また、翌日の取材で本人が明*ところによれば森保一監督からも「一番手で蹴ってくれてありがとう。
    この大会で大変な役回りになったけど、いやな顔1つせずチームを支えてくれてありがとう」などと声をかけられたという。
    本人は外したことを謝罪したそうだ。 また、南野がリバプールで出場機会獲得に苦しんでいた時期もあったが、それでも4年間招集し続けたことについても、
    「ビッグクラブに挑戦して試合に出られないから代表に呼ばれないと、ビッグクラブに挑戦できない選手が出てくる」と説明を受けた。
    だからこそ「森保監督には感謝しているし、森保監督だからこそベスト16の壁を一緒に越えたかったです」と感謝している。
    最後まで期待に応えようとしたエースナンバー10と、男気で最後まで支えた指揮官の関係というのは美しい話だ。
    だが、もう少し建設的に議論されるべきではなかったか。
    南野はこの夏から所属するモナコではリーグ戦全15試合中先発5試合、途中出場4試合。
    合計332分の出場にとどまっている。
    この短い出場時間の中で1得点2アシストは衰えぬ勝負強さを示すものだが、それでも今大会での状態の悪さを擁護できるものではない。
    これが今季だけならばまだ良いがこれは前所属のリバプールで試合に出られず、出場機会を求めて移った先であるモナコでのこと。
    例えばリバプールでは、プレミアリーグで全38試合中先発(フル出場)1試合、途中出場10試合。
    3得点1アシストを記録しているものの出場は合計でわずかに176 分。国内カップ戦や欧州チャンピオンズリーグもあり全大会トータルで10得点は見事ではあるが、それでもあまりにも短い出場時間だ。
    これで、日本代表に選出するにはやはりそれなりの理由が必要だったのではないか。

    もっとも、本大会での出来については本人が一番不本意に感じているところではあるだろう。
    「非常に悔しい気持ちでいっぱい。個の部分でもチームでもレベルを上げていかないと。この悔しさを忘れることはない」とテレビインタビューに答えている。

    12/25(日) 10:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e43a4930f38e053a385021f3d9bdfcb45122b46f
    続きはソースにてお願いします

    【【サッカー】森保監督は称賛…「10番・南野拓実」を私たちはどう考えればいいのか】の続きを読む


    どうなっているのかな?

    1 マングース ★ :2022/12/25(日) 10:08:30.56ID:+3qR60Xw9
    ◇ベルギー1部 セルクル・ブリュージュ1-1メヘレン(2022年12月23日)
    セルクル・ブリュージュに所属する日本代表FW上田はW杯によるリーグ中断後の再開初戦で先発。
    好機は少なく、後半22分に退いた。

    チームは開始3分で先制も、後半7分に退場者が出て追い付かれ「1人足りないのは大きな差」と嘆いた。
    W杯の出場は敗れたコスタリカ戦の前半のみ。
    「自分がそこまで貢献できていないのは分かっているのでジレンマがある」と話し「経験したからこそ、よりそこへの思いが強くなった」と4年後を見据えた。

    12/25(日) 4:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3038a5590cadbaf1379f3f16ebfb606ef08a15bd

    【【サッカー】上田綺世 4年後は代表の主力に「よりそこへの思いが強くなった」 リーグ中断後の再開初戦で先発出場 後半22分に退く】の続きを読む

    このページのトップヘ