芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 出来事


    人気が根強い。

    1 ひかり ★ :2022/08/12(金) 23:32:46.93ID:CAP_USER9
     宮崎駿氏が監督、原作、脚本を担ったスタジオジブリのアニメ映画「天空の城ラピュタ」(86年公開)が、12日放送の日本テレビ系「金曜ロードショー」(午後9時)で18度目のオンエアとなった。

     午後11時25分ごろには、主人公の少年パズーと少女シータが劇中で、滅びの呪文「バルス」を発動。今回もツイッターでは、視聴者がセリフと同時に「バルス」とつぶやく「バルス祭り」を待ち焦がれるSNS投稿が、事前から多くみられた。放送前から「ラピュタ」がトレンド1位を独走。開始後は「バルス」「金曜ロードショー」「ロボット兵」などもトップテン入りと盛り上がった。

     「-ラピュタ」は謎の石・飛行石を巡り、パズーとシータが天空に浮かぶ城、ラピュタを舞台に繰り広げる冒険活劇。物語のラスト付近で主人公2人が叫ぶ「バルス」は、壮大なクライマックスをもたらすため、これまでの地上波放送時も、多数の視聴者が同時にSNSでつぶやいて「バルス祭り」が定着。「滅ぶ」「終わる」などを意味するネット用語としても浸透しており、公開から36年たった現在も同作の根強い人気を示す一例となっている。

     同作は宮崎監督が映画「風の谷のナウシカ」(84年)公開後に立ち上げたスタジオジブリの初作品となる。

     日テレでは今月、スタジオジブリ作品を3週連続でラインアップ。12日の「-ラピュタ」に続き、19日に「となりのトトロ」(88年)、26日に「耳をすませば」(95年)のいずれもノーカット放送を予定している。これらの作品は、11月1日に愛知で開業する「ジブリパーク」に関連施設がオープン予定。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2dd1b46dc4a5f5abe21114f6b9d602fa67b76bd

    【【芸能】今年も「バルス」祭り、日テレが18度目「天空の城ラピュタ」放送 公開36年経ても根強い人気】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 muffin ★ :2022/08/10(水) 18:15:05.73ID:CAP_USER9
    https://www.jprime.jp/articles/-/24844
    2022/8/10

    《17歳差 令和のビッグカップル誕生!》

    『FRIDAY』(8月19・26日号)の表紙に踊ったタイトルだ。ビッグカップルとは、最近では渋みも出てきた人気俳優の高橋一生といま人気急上昇中の飯豊まりえのこと。高橋と飯豊は‘20年末と'21年末に放送されたスペシャルドラマ『岸辺露伴は動かない』(NHK)で共演。交際をスタートさせ、現在では飯豊が高橋のマンションに引っ越したと報じられている。

    コロナ禍で芸能ニュースが少ないなか、久々に飛び出したスクープだ。盛り上がらないわけはないだろう……と思いきや、そこまで“お祭り状態”続かず、一気に萎んでしまった感がある。その背景にはこの話題をスポーツ紙が一斉にスルーしたことにあるという。

    「スポーツ紙が取り扱わなかったことでネットニュース界隈は盛り上がりに欠けました。また、ワイドショーによっては報じた週刊誌でなく、後追いしたスポーツ紙の記事を使用して放送するところもあるので、スポーツ紙が書かないと拡散が極端に少なくなってしまうこともあります」(ウェブメディア編集者)

    なぜスポーツ紙は“乗ってこなかった”のか。要因はふたつあるという。まずは『FRIDAY』に対して両人の事務所が出したコメントだ。飯豊の事務所は《事実ではありません》と回答しており、高橋の事務所に至っては“回答なし”としている。

    「ここ数年は“仲のいい友達です”とか“プライベートは任せています”といったように暗に交際を認めるようなコメントが多いなかで、“事実ではありません”はかなり強い表現といえますね。スポーツ紙界隈は一歩が踏み出せずにいたといいます」(スポーツ紙記者)

    それともうひとつ、記事中に高橋と飯豊のツーショットがないことが挙げられるという。「ふたりが住んでるという都内のタワーマンションに帰宅する姿がキャッチされ、並んで掲載されていましたが、実は一緒に帰宅したところを撮られているわけではなく、別々に帰宅した写真が並べられているだけなんですよ」(同・スポーツ紙記者)

    この一件は単に「共演歴のある男女が同じマンションに住んでいるというだけのこと」なのだろうか。しかし、あるベテランスポーツ紙記者は報道後に“ある情報”を耳にしたと話す。

    「飯豊さんの所属事務所のある社員さんが高橋さんに激怒していると聞きました。『これからもっとという時期に』と。恋愛に年齢差は関係ないですが、歳の差が17もあるというのも彼女のイメージに何か影響がないか気にしているみたい。熱愛報道に対して否定のコメントを出しているはずの同事務所ですが……」

    全文はソースをご覧ください


    (出典 i.imgur.com)

    【【芸能】飯豊まりえ、高橋一生との熱愛報道に所属事務所が激怒していた  “17歳差カップル”で背負うイメージダウン】の続きを読む


    論破される。

    1 Anonymous ★ :2022/08/09(火) 19:10:03.18ID:CAP_USER9
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0809/joj_220809_5388406852.html
    8月8日に放送された『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、元大阪府知事の橋下徹氏(53)が全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹氏(61)に論破されるシーンがあった。ネットでは橋下氏に対して呆れる声が上がっている。


    連日、“旧統一教会と政治家の癒着”について取り上げている『ミヤネ屋』。そこで、この日はカルト認定をするために10の基準を掲げるフランスの反セクト法、通称「反カルト法」を引き合いに出し「カルト宗教を取り締まる法律は、日本でも実現するべきか」について議論が交わされていた。


    司会の宮根誠司(59)らと共にスタジオ出演していた橋下氏。中継先にいた紀藤氏の「反カルト法のような法律を導入すべき」という提言に、「反カルトというのは、あくまでも宗教に絞った規制。でも、(信者が)信じているのはしょうがない。だから教義内容や内心に踏み込むのは危険」と返した。


    すると紀藤氏は「教義に踏み込まない」という橋下氏に対して「’70年から’80年代で欧米で議論されていた、40年前の議論を蒸し返している」といい、「基本的には信教の自由には立ち入らない。諸外国の常識で、カルト規制法もそう。そしてカルト規制法は団体規制なので、宗教団体に限らない」と述べた。

    しかし、橋下氏は「日本では団体に対する規制は慎重になっている。治安維持法で特定の団体や思想を弾圧した経緯があるので」とコメント。そして「日本は、個別に摘発して解散に追い込むというやり方。だから反カルト規制法というものは作れません」と持論を展開した。


    ところが紀藤氏は「難しいからできません、では政治家は成り立たない」と指摘。「他の国では、免税資格を取り消すことと法人格を取り消すことは違う。団体を解散させることも違う。3つの段階がある」といい、「基準を当てはめた時に、どの段階のことをやるのかという議論はきめ細かく進めたほうがいい。解散命令の基準になりうるものも作るべき」と反論した。


    その後、橋下氏が「“難しいから”ではなく危険だから。中国もロシアも弾圧に向かっている。その反省をもとに団体に対する規制は慎重になろうというのが日本のやり方」と語り、2人の応酬は終わった。ところが、この“舌戦”がネットで話題を呼ぶことに。


    「橋下氏は『40年前の議論を蒸し返している』と指摘された上に、エビデンスをもとに紀藤氏から反論されました。また紀藤氏は長くカルト問題と関わってきた分、自身の考えをもとに『解散命令の基準を作るべき』などの提言も行っていました。橋下氏も紀藤氏も共に弁護士という職業であり、その差を比較する声がネットで相次いでいます」(テレビ局関係者)


    そのためTwitterでは「同じ弁護士なのに」といい、こんな声が上がっている。


    《どうやら紀藤弁護士が鋭すぎて。橋下も同じ弁護士だとすっかり忘れてた》
    《橋下さんはソワソワ、スタジオから周りの岸さんなどコメンテーターや宮根さんに目配せして同意を得ながら、話を無理に広げて時間稼ぎをしながら。かたや紀藤弁護士はモニター画面から一人、悠然と待ち、聞かれたときだけ端的に切れ味鋭く》
    《同じ弁護士でもこうも違うものなのか》

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1660031259/

    【橋下徹 「ミヤネ屋」で紀藤弁護士に徹底論破される】の続きを読む


    過去の話

     1991年4月に世間を騒がせた「明治大学替玉受験合格事件」。その主役となったのが、タレント・なべおさみの長男で、「たけし軍団」の一員として知られる、なべやかんだった。

     大学側が行った受験票と学生証写真の突き合わせにより、二部商学部に合格した2人が受験していないことが発覚。結果、大学は2人の入学を取り消し、代わりに受験した浪人生と、事件に関与した関係者を私文書偽造などの罪で、神田警察署に告訴したのだった。

     5月1日、緊急会見を開いた父親のなべによれば、コトの起こりは前年の12年。なべが出演する新宿コマ劇場の楽屋に、50代半ばの紳士が訪ねて来たことから始まった。

    「長男が浪人中だと話すと、『明治に入れりゃいいんじゃないの。名刺1枚くれる?』と。正月が明けたころ、その人から電話があり『書類揃えている? 推薦だからどこにするかはこっちに任せてね。話は上手くいっているから』と名前も言わずに電話を切った」

     3日後、指定された受験書類と受験料計18万円を添え、コマ劇場に持って行ったなべは、それを20代の男性に手渡した。その後、紳士からはなんの連絡もなかったが、突然、明大から合格通知が届き、驚いたのだという。

    「私が明治大学出身で、たまたま多少名前が売れて、『明治大学明治大学』と言っているので、そのことの恩恵をこういう形で返してくれているのかな、という感覚しかなくて…。知人からお祝いをもらい、自宅でも、我が世の春という感じで赤飯まで炊いて祝いました」

     とはいえ、相手の素性も調べず、報酬の要求もなかったというなべの説明は、常識的に考えて理解できない部分が多い。こうした騒動の結果、なべは東京ガスのCMを降板させられることになったのだった。

     だが、捨てる神あれば拾う神あり。渦中の長男は芸名を『なべやかん』として、7月14日放送のフジテレビの深夜番組「北野ファンクラブ」でデビューすることになったのだ。

     番組冒頭、たけしはこう語った。

    「本人が来るって言うんだけど、オイラ、替玉じゃないかと思っているんだ。もう少し、早く事件があって(自身が主演する)『浮浪雲』に出てくれたら、視聴率8%取れたのになあ」

     これにはスタジオ内が大爆笑に包まれた。

     だが当時、私がオフィス北野関係者に話を聞くと、こんな答えが返ってきた。

    「まだド素人ですからね。最初はボーヤとして、お茶くみや雑用をしてもらいます。給与は5万円。殿いわく、今は客寄せパンダですが、タレントとしてダメならクビ、となべさんに対して、はっきり伝えているようです」。  

     やかん2018年3月、たけしの「オフィス北野」退社と同時に事務所を退社。

     現在は「替玉」に頼ることなく、芸能界で活動している。

    (山川敦司)

    1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】「替え玉受験騒動」なべおさみにたけしが断言「やかんはダメなら即クビ」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史】の続きを読む


    退職していた。

    1 Stargazer ★ :2022/08/08(月) 21:47:47.42ID:FKLIEUse9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/58c46ae0c7baa0d8cbc48e28b5f0e3320dec1ec1

    記者として元首相の安倍晋三氏を担当したほか、さまざまな報道番組でも活躍

     NHKの政治部で記者として活躍し、政治・外交を担当する解説委員も務め、さまざまな報道番組でコメンテターを務めてきた岩田明子さんが7月31日付でNHKを退職していたことが8日、関係者への取材で分かった。関係者によるとNHKを退職したものの解説委員の仕事は続けるという。

    【写真】NHK「あさイチ」人気女子アナの高校時代の“ギャル姿”
     岩田さんは東大卒業後、1996年にNHKに入局した。岡山放送局で記者として活躍後、2000年に異動して東京勤務に。報道局政治部に所属し、亡くなった元首相の安倍晋三氏を長く担当するなど政治記者として活躍した。13年7月には解説委員に就任し、政治・外交を担当してきた。

     NHKの番組では「ニュース7」「ニュースウオッチ9」など看板報道番組に出演し、しっかりした取材を感じさせるコメントから確かな情報網とネットワークの広さを感じさせていた。18年からは今年3月まで放送されていた「ニュース シブ5時」の木曜日のレギュラー解説者を務めていた。局内からはネットワークの広さとともにスクープの実績を評価する声が聞こえた。

     関係者は、岩田さんについて、NHK職員という立場を7月31日に退職によって卒業したものの、NHKに残り、解説委員としての仕事を続けるようだと説明した。

     退職後もNHKで仕事をするのは雇用型契約職員という形か出演者契約などが考えられる。8月に入ってもNHKの解説委員室のホームページには岩田さんが紹介されたままになっているが、NHKを退職したことで今後、NHK以外にも活躍の場を広げるのか注目される。

     NHK広報局は「個別の職員の人事上の情報についてはお答えを控えます」とコメントした。

    【【芸能】NHK解説委員・岩田明子さん、同局を7月末で退職していた】の続きを読む

    このページのトップヘ